Hatena::ブログ(Diary)

パメラのパラメ(配分)とか書くとこ

2017-12-29

Zジャラランガ軸 高火力ビートダウン

ウルトラサンムーンで追加された新Z技、ブレイジングソウルビート
この技は威力185特殊全体技かつ全能力1段階アップと勝ち筋形成の面で過去最高クラスの性能を誇っています。
なのでこのわかりやすく強い要素を軸とし、同じく強力な技の使い手を複数用意。
どの選出においてもビートダウンにより勝利を目指せる、ブレイジングソウルビートのようにわかりやすく強いパーティを目指して構築。

f:id:pamela_emuritto:20171229053122p:image


リザードン 179(204)-×-101(20)-183(28)-136(4)-167(252) 179-×-101-133-106-167 
ズルズキン 172(252)-154(236)-136(4)-×-137(12)-79(4)
ギルガルド 143(60)-63-171(4)-112(252)-171(4)-104(188)  143-153-71-222-71-104
ジャラランガ 151(4)-×-145-167(252)-125-137(252) 
カプ・コケコ 149(28)-×-106(4)-142(212)-97(12)-200(252)
カプ・ブルル 147(12)-178(220)-136(4)-×-118(20)-139(252)


【構築の流れ】

強力な全体技使いかつ積みによりビートダウンの動きの中で耐性詰めも容易に狙うことができるZジャラランガからスタート。

高火力全体技+全能力上昇の圧倒的性能によってブレイジングソウルビートさえ通してしまえば多少不利程度以下の相手はすべて薙ぎ払って勝利できます。
なので問題となる点として以下の2つ
1.ブレイジングソウルビート後でも勝てない圧倒的不利相手である対フェアリー
2.ブレイジングソウルビートを放てる有利対面の形成

これらをうけてまず相方として採用したのはメガリザードンY
1の問題に対してフェアリー半減のポケモンであり、圧倒的な範囲火力である晴れねっぷうはコンセプトのビートダウンを狙う上で最高峰の性能です。
2の問題に対してもリザードンYを見て選出されるダブルのメジャーポケモンの多くがジャラランガの有利な相手でありどちらかを通しやすい相互補完の形。
(具体的には霊獣ランドロスメガガルーラバンギラス、サンダー、ヒードラン)
リザランガを並べたとしてどちらが通っても放たれるのは強力な特殊範囲打点であり大きなアドバンテージを保障されているのが◎。

3匹目は上記ロジック通用しない相手、すなわちリザランガの両方に有利でありメジャーどころのカプ・コケコ/カプ・レヒレを強く意識してスカーフカプ・ブルル
コケコ/レヒレの両者に後出し可能かつ縛っており、グラスフィールド回復居座り前提となるジャラランガと相性良好、文句なしの奇跡的性能。

3匹目までで火力耐久素早さの全てにおいて相当の数値とタイプ耐性を確保できたのでここからは補完要員
普段ならタイプ耐性面で穴埋めしていくが今回はジャラランガという立てれば勝ちのスーパーエースが存在する為耐性面より優先してジャラランガの穴埋めとして
4匹目にねこだまし+威嚇要員のズルズキンを特別に採用。
これによりジャラランガに薄めな相手に対してはズルズキンジャラランガ選出でねこだましブレイジングソウルビート選択するだけでイージーウィンが可能となる。
メガリザードンYとの並びも強力で相手にフェアリーが複数いてもジャラランガ共々死に駒にならないのがミソ。

上記4匹が決まった時点でキツめのメジャーどころがカプ・テテフ/メガグロス/メガマンダ/ジャラランガ/アーゴヨン等だったので
これらに対しての補完としてカプ・コケコとギルガルド
コケコは高速高火力かつ耐性も良いので1回ぐらいの後出しにも対応と補完にとどまらずビートダウンのコンセプトにも非常にマッチしている。
ギルガルドは現状で厳しい相手全てに耐性面で有利、火力耐久も申し分なくここまで薄めであったトリックルーム耐性も担う。


【個別解説】
f:id:pamela_emuritto:20131216143111p:imageリザードン
179(204)-×-101(20)-183(28)-136(4)-167(252)※メガシンカ
晴れかえんほうしゃでH167-D171ギルガルド/H146-D95カプ・コケコ確定一発
ダブルダメ晴れ熱風でH180-D120メガガルーラ確定2発
A177メガガルーラの親子愛すてみタックル確定耐え/A1↑A194キリキザンの珠ふいうち確定耐え
C222ギルガルドシャドーボール確定3発/C194サンダーの10万ボルト確定耐え
最速

ジャラランガの相方として採用。ジャラランガの通りが悪すぎる時はエースアタッカーとして頑張る。
採用理由からねっぷうとエース展開で大切に扱うためのまもるの2つが確定、
ジャラとの同時選出においてはジャラを立てれば勝ちなのでその展開で役立つおいかぜを覚えさせた。
水タイプばかりの雨パにはリザランガで追い風ソウルビートすると大体勝ちなので雨対策枠でもある。
ラストの枠はリザランガの相互補完ロジックによりサブウエポンをぶつけないといけない相手はジャラランガの餌である為
等倍相手を破壊してビートダウンの動きに最も貢献するであろうオーバーヒートを採用。
配分はジャラランガがエースをはってくれる展開も望める上においかぜでも良い場合があることをふまえて素早さと耐久を重視。
これでも圧倒的な火力があるので流石は一線級メガシンカポケモンである。

f:id:pamela_emuritto:20141211133030p:imageズルズキン
172(252)-154(236)-136(4)-×-137(12)-79(4)
C147カプ・コケコのダブルダメこだわりメガネマジカルシャイン最高乱数以外耐え(チョッキ込)

ジャラランガねこだましの相性の良さを買って採用。ガオガエンと比べて威嚇、カポエラーと比べて対超霊の面がこのPTにとって大きかった。
ジャラランガを立てれば勝ちという試合においてねこだましを打つ為に選出とわかりやすい使われ方が中心だが
それ以外の試合においても有利不利がはっきりしているリザードンとこだわりアイテム持ち2種を抱えている為
ねこだましと威嚇を交えて潤滑油のような動きでPTに貢献する。
どちらの用途にしろこのポケモンは一番雑に繰り出されるためあらゆる対面に出れそうなとつげきチョッキ型。
岩石封じや冷凍パンチを押したい相手は基本的にジャラランガの餌のためトリックルームと積み技構築ピンポメタでドラゴンテール

f:id:pamela_emuritto:20141211133155p:imageギルガルド
143(60)-63-171(4)-112(252)-171(4)-104(188)
シャドーボールでH156-D130メガメタグロス確定一発
無振り85族抜かれ(クレセリア/カプ・レヒレより後に動きたいけどできるだけ早くありたい)

耐性面、打点面とにらめっこして最後に採用。最後の補完枠だけあってそこまで選出はされない。
スカーフカプ・ブルルや眼鏡カプ・コケコを選出してもなお対面負けが想定される高圧的な相手への選出がメインな為
それらに対して最も耐性が高そうな気合のタスキ+かげうち型を採用している。
タスキとはいえ耐性が輝いている試合はCS基調配分であってもしっかり詰め筋として機能するためキングシールドは採用した。
先発に投げればZ技も込みで即死しない上に後発にも普通に添えれる存在は本当に安心感があって非常に良い使用感だった。

f:id:pamela_emuritto:20171229093657p:imageジャラランガ
151(4)-×-145-167(252)-125-137(252)

新時代のハイパーエース。
スケイルノイズZで全体を高打点で殴りながら全能力を1段階上げる」という前代未聞のこの技は味方への負担が圧倒的に少なく
積み構築の一面を持ちながらもサポーターを取り払って全力ビートダウンを可能とするもはや魔法の動きである。
サポーターや暗示役を大量に採用すると普通の積みポケモンと大差ない為今回はズルズキンだけに留めてビートダウン軸にした。
また「スケイルノイズZ」であるおかげで技が4つながら攻撃技2種/積み技/みがわり/まもるを実現できる点を個人的にとても評価している。
以下の要素からダブルにおけるZジャラランガはおそらく世界最強クラスのみがわりの使い手である(持論)
・元から耐性耐久は高めだが積んでしまえば耐久が上がり打点をもらう相手が更に少なくなりみがわりすら割れない相手が存在する
・何故か耐久だけでなく素早さも上がっているため多くの相手より先にみがわりが貼れリスクが低くなる
・そして火力も上がっているので相手は縛り関係を意識して1度守ってから対面を作り出すケースも多い
フェアリーに処理を一任した相手に対してまもみがでひたすら盤面に維持することができる(これが一番強い)
・ついでにぼうおんみがわりのシナジーが美しい
というわけでノイズみがまも型が最強だと信じて疑わないためこの3つの技が確定で残りは対鋼意識と晴れとのシナジー込で火炎放射。
気合玉打ちたい相手は基本的に打点をあまりもらわずむしろ積みの起点な為隣を殴り続けて解決なので不採用。
ヒードラン(特に晴れ下)だけは早急に倒したい気がしたがズルズキンが格闘を担っているのでこちらに任せれば良いと判断。

f:id:pamela_emuritto:20171229093654p:imageカプ・コケコ
149(28)-×-106(4)-142(212)-97(12)-200(252)
A200カプ・ブルルウッドハンマー最高乱数以外耐え
C154カプ・レヒレのこだわりメガネムーンフォース最高乱数以外耐え
(C211メガリザードンのダブルダメ晴れ熱風確定耐え)
(↑ウソでした。(!?) S補正割った後に熱風でワンパンされた人がいたら本当に申し訳ねぇ…そんな試合のBV送ってくれたら7thハンテールの考察記事をもってして詫びます。)
最速

順序としては5番目に採用したポケモンだが選出率はトップの圧倒的強ポケ。
ジャラランガリザードンはしばしば片方がお留守番するけどコイツはトリパに当たらない限りほぼ選出される。(なんならトリパでも出る
ビートダウンを体現したようなポケモンであり「相手は1発で倒れるけどこちらは1発なら耐える」というケースが多くシンプルな強さ。
上記の性能を電気Z無しで獲得する為眼鏡で採用したが裏目となる地面ポケモンランドロスジャラランガが起点にできる形。
技は安定高打点の10万ボルトと相手のジャラランガへのPT内最有力カードとしてマジカルシャインが確定、
対雨での天候奪取やジャラランガ選出だと多少厳しくなるクレセリアを削りながら対面を作れるボルトチェンジを3つ目に採用し、
最後は猫+ジャラランガを見てよく選出される両方がジャラランガを縛れる並びのコケコマンダやコケコグロスに対して有効なエレキネット。
配分はワイルドさんの配分↓をそのままお借りしました(感謝)(超つよかったです)(ありがとうございます)
第11回ぽちゃオフ使用パーティ〜リザードン+ズガドーン〜 - あっ!やせいのひとりごとがとびだしてきた!

f:id:pamela_emuritto:20171229093647p:imageカプ・ブルル
147(12)-178(220)-136(4)-×-118(20)-139(252)
ウッドハンマーでH177-B136カプ・レヒレ確定一発(グラスフィールド無し)
C182ヒードランのダブルダメねっぷう確定耐え
最速135族+3(メガライボルトは抜きたい

奇跡とも言われた圧倒的ロジックを掲げて3番目に採用したが割と似た役割が担えるメガネコケコくんに選出率を下げられた可哀想な子
それでもそんなコケコと一緒に出ていく黄金選出ズキンランガコケコブルルで多くのガルーラスタンを破壊してきた実績持ち。
草というタイプ上出せる試合は限られてくるのはブルルをもってしてもやはり同じであったが出した試合で活躍しなかった例なし。
技に関しては9割5分は草技しか押さないので要検討。PTの兼ね合いで馬鹿力は数度ヒードランに押したが岩雪崩は60戦程度で一回も押さなかった。


60戦とちょっとでちょうど勝率7割5分ぐらい 最初の方無理やりジャラランガを出してひどい目にあってたので
コツ(?)として硬いフェアリー複数とかジャラランガを縛れるやつが2体以上いたら先発はやめましょう
初手きつそうだけどジャラランガ出したい感じの時はコケコやリザから入ってエレキネットや追い風からのジャラランガが◎です
イケそうなときは積極的にズキンジャラランガでいーじーうぃん!

QRレンタルチーム】
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4844-97B5
レンタルがどうこうとかよりPTの画像手に入るのがマジでありがたいよね(ほんと感謝)

パメラリスナーパメラリスナー 2017/12/30 00:51 カプブルルの個別紹介2行目の「ウッドハンマーで〜」の文章、H177-「D」136カプ・レヒレとなってますがH177-「B」136ですよね…?

pamela_emurittopamela_emuritto 2017/12/30 02:22 ありがとうございます、一応僕のカプ・ブルルだけが世界で唯一特殊なハンマーに目覚めていた可能性も考慮してチェックしてみましたがそんな事は全くもってなかったのでしっかりBに修正しておきました。

パメラリスナー2パメラリスナー2 2018/01/13 23:06 今いろんなパーティーを試しているのですがこのパーティーが一番自分にしっくりきました(*゜▽゜)!是非参考させて頂きます!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pamela_emuritto/20171229/1514510684