Hamarimono このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013’02.27, Wed

WBCのテーマソング「Separete Ways」を歌うJourneyの代表曲を振り返ってみる

 TBS系WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)のテーマソングなので、ここのところ連日耳にするJourney(ジャーニー)の「Separete Ways(セパレイト・ウェイズ)」。

 1980年代リアルタイム洋楽を聴いていた私にとっては、「なんか懐かしい歌を持ってくるなぁ〜。選曲は誰だ?」とツッコミを入れたくなりますが、Wikipediaで調べてみれば、Separate Waysは1983年に発表されたシングルで最高位8位を獲得しております。年間シングルチャートでは38位を記録。

 ヴォーカルスティーヴ・ペリーの歌声が印象深いですが、彼は既に脱退。難病と闘っているそうです。現在のJourneyのヴォーカルはフィリピン人のアーネル・ピエダ。もともとは母国バンド活動を行っており、たまたまYouTube投稿された彼が歌うJourneyのカバーニール・ショーンが偶然視聴。それが加入のキッカケだったそうです。アーネル・ピエダが歌うOpen Armsも素敵です。

 現在、よく耳にするSeparate Waysはスティーヴ・ペリーの歌声です。

 ちなみに、Saparate Waysの歌詞は、別れてしまった女性への思いを描いた歌でしょうか。少なくとも、「燃えよ、闘魂!」みたいな曲の内容ではないですが、でも、洋楽ですからね。何となく「イイ感じ」でいけてしまうところがいいのかも。

 プロモーションビデオ(以下PV)については、一時期「ビミョー(^_^;)」ということで話題になっていたりしましたが、Journeyらしさ(?)が出ていてむしろ良いのではないかとも思ったりもします。

 ただ、1980年代のPV全てがこんな感じだったということではなく、1983年の年間シングルチャート1位を獲得したThe Police名曲Every Breath You Take」(放題:見つめたいたい)とか、Duran Duranの「New Moon on Monday」(1984年発表)、Don Henleyの「Boys Of Summer」(1984年)など、オシャレで格好いいPVもあったりします。この辺の話題については、「1980年代洋楽の格好いいPV」等と題して、またいずれまた触れたいと思っています。


D
Separate Ways (Worlds Apart) - Journey: Greatest Hits
アーネル・ピエダの歌声の中音域はスティーヴ・ペリーよりパワフルな気がします。


 ただ、ジャーニーの楽曲には名曲が多く、実写版海猿」の主題歌Open Armsオープンアームス)」など、どこかで聴いたことがあるものが多数。



 以下、筆者が好きなJourneyの曲紹介。



 Journey ベストアルバム視聴はいかが?

D



 「産業ロックバンド」「おこちゃま向け、一般大衆向けバンド」などと言われた時代もありましたが、良いものは良い。実際、こうして25年以上経ってからも人々に聴かれているのですから。

 彼らの代表曲が収録されているアルバム「グレイテスト・ヒッツ〜永遠の旅〜 - JOURNEY GREATEST HITS」(1989年発売)は今も売れ続けているそうです。確かに、こうしてスポット的に彼らの楽曲が取り上げられ、さらに他の曲も聴いてみると....欲しくなるの分かります。私も、久しぶりに聴いて正直欲しくなっています。

BEST OF

BEST OF


【おまけ】

 2013年3月に来日公演が予定されています。東京公演は3月11日。もうすぐですね。意外と若い人がコンサートに足を運ぶのかも。アーネル・ピエダのパワーアップした歌声が聴けますね。→ジャーニー来日公演ページ



【追記】以下引用です。ご興味のある方は観に行かれては?私は観に行くつもりです。

映画『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』、アーネル・ピネダの身に起きた、ロック界のおとぎ話

 1998年、スティーヴ・ペリーが居なくなった時点で、多くの…いやほとんどの人が「ジャーニーはもうおしまいだ…」と思ったことだろう。むしろメンバー本人たちの方がその思いは強かったのかもしれない。そして誰が想像したことだろう…スティーヴ・ペリーの後釜を務めることができる、むしろそれ以上のパフォーマンスを見せる奇跡ボーカリストが現れるなんて。

  映画『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』予告編

 映画『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』が、3月16日(土)新宿ピカデリー他全国順次ロードショーとなることが発表されると同時に、その予告編映像もあわせて公開となった。この映画は、ジャーニーとフィリピン人ボーカリスト、アーネル・ピネダの身に起きた、ロック界のおとぎ話のような実話を追ったドキュメンタリー作品である。

 ジャーニーのボーカリスト、アーネル・ピネダは、YOU TUBEの映像をきっかけに40歳アメリカンドリームをつかむこととなった。計り知れない苦難に遭っても決して夢をあきらめなかった不屈の精神と類まれなる才能は、この映画で描かれるドリーミンな実話だが、彼自身の夢のような成功話であると同時に、瀕死となったジャーニーが再び不死鳥のように羽ばたきだす奇跡のストーリーでもある。(以下略

B00000DG1R
EMI DURAN DURAN
購入: 1人 クリック: 15回
B000197L2A
Sony Music Direct TOTO
購入: 3人 クリック: 31回

2013’02.26, Tue

docomoスマートフォン Xperia AX(SO-01E)に導入している花粉飛散情報と大気汚染状況(PM2.5の量)表示アプリ

 いよいよ花粉シーズン到来です。

 既に花粉症対策済みですが、今年はそれに加えて中国大気汚染物質PM2.5の量も気になるところ。

 お医者に聞いてみれば、花粉症を悪化させるこのPM2.5。花粉飛来と併せてPM2.5の汚染状況もチェックできたら....と調べてみました。スマホ用のアプリ。


f:id:pandapanko:20130226214228j:image


 「花粉地図」というアプリで、花粉飛散量と風の状況を地図上に表示してくれます。色や表示地域などの詳細設定可能です。そんなに難しくはありません。広告が下部に表示されますが、無料です。


f:id:pandapanko:20130226215330j:image
設定画面



f:id:pandapanko:20130226214826j:image




 一方「花粉地図」の姉妹アプリでしょうか。「汚染地図 (日本のPM2.5)」という名のアプリ。基本的な設定は「花粉地図」と同じ。広告が表示されます。


f:id:pandapanko:20130226215000j:image



f:id:pandapanko:20130226215107j:image

2013’02.20, Wed

docomoスマートフォン Xperia AX(SO-01E)に導入している有料メールアプリ InoMail

 SPモードメール、Gmailの他に、仕事関係でどうしてもマルチアカウント対応のメーラーが欲しかったので、有料(399円)でしたが、InoMailを導入しました。

 最初は、仕事関係で使っているメールアドレスに届いたメールをGmailへ転送させる方法を取っていたのですが、ときどきGmailが読み込めなかったり、どうも使い勝手が悪かったというのも関係しています。

 感想としては....有料でも導入して良かったです。細かい設定については割愛させていただきますが(日本語に対応しているので設定はそんなに難しくありませんでした)、総合受信トレイは非常にすっきりしていて見やすいです。



f:id:pandapanko:20130220181600j:image


 左のラベルの部分に注目してください。予め設定しておくことが必要ですが、Gmailで受信したメールは赤に、仕事関係のメールアドレスに受信したメールはブルーで表示されています。ウジェット機能もありますし、自動受信設定(する、しない。何分毎に自動受信するかetc.)も充実。

 また、メール作成画面もとても見やすく、送信元をGmail、仕事関係のメールアドレスいずれにも設定可能です。署名も各々設定可能。



f:id:pandapanko:20130220181614j:image


 お試しになる場合は無料版もあります(無料版は広告表示されます)。レビューなどをみるとiPhoneから乗り換えたユーザーさんが特に「使いやすい」と感想を述べられているようですね。



f:id:pandapanko:20130220181411j:image

2013’02.16, Sat

docomoスマートフォン Xperia AX(SO-01E)に導入している時計ウジェット

 あまり機能があっても重くなるし、シンプルに見やすい時計ウジェットがないか探した結果、とりあえずこれを導入。しばらく様子見です。


f:id:pandapanko:20130216130645j:image


  • RvClock
    時計表示ウジェット。2×2か2×3。設定画面は英語。色変えられます。広告なし。無料

2013’02.10, Sun

docomoスマートフォン Xperia AX(SO-01E)に導入しているアプリ紹介

 久しぶりのスマホネタです。

 このブログでも何度かお伝えしていたとおり、昨年11月中旬の発売日直後にスマホを富士通のF-12CからSONYのXperia AXに機種変更しました。

 Experia AXを使うようになって約3ヶ月。導入するアプリも固定されてきましたので、紹介してみようと思います。基本、F-12Cで導入していたアプリを継続していますが、追加となったもの、削除したもの、いろいろあります。F-12Cで導入していたアプリは以下過去記事を参照ください。




 さっそく、こちらが現在使っているExperia AX。


f:id:pandapanko:20130210210646j:image



 こちらが以前使っていたF-12C。


f:id:pandapanko:20120814214509j:image



 好みのテイストがあまり変わらないですね...(^_^;)

 ちなみに現在使っている保護フィルムとスマホケースはレイ・アウトのものです。


【送料無料】レイ・アウト docomo Xperia AX SO-01E用 気泡軽減高光沢防指紋保護フィルム RT-SO01EF/C1 【jan 4562356901210】☆◆ レイ・アウト docomo Xperia AX(SO-01E)専用 スリップガード・シリコンジャケット ブラック RT-SO01EC2/B【メール便送料無料】[rakuten:bigstar:10147284:image]


 好みはあるでしょうが、とりあえず満足。このシリコンケースは本当に滑らないです。ひとつ残念といえば、サイドにある電源ボタンが押しにくいかなと。それも慣れれば気にならないですし、ツルンと滑って落とすよりはいいのかなと割り切っています。

 リラックマキイロイトリシリコンケースはつい衝動買い。これもレイ・アウトのもの。ただ、可愛すぎて使えないです。色が蛍光色なのでバックの中で探しやすそうだなとは思うのですが。


 ということで、アプリ紹介。Experia AXはスクリーンショットが撮れるので、その画像を参考にしながら紹介します。




アプリ&ウジェット(画面左上から)


スクリーン1枚目

f:id:pandapanko:20130211142944j:image







 

スクリーン2枚目

f:id:pandapanko:20130211141741j:image





 その他、スクリーンショットにはないアプリ&ウジェット紹介。



【追記】

 日本語入力アプリは、結局F-12Cからの引き継ぎでATOK(1500円)を購入してしまいました。これに慣れてしまうと、他のはダメでした。ATOKが標準装備されていたという点ではF-12Cって偉大だったなぁ〜と改めて思います。


f:id:pandapanko:20130212235830j:image