Hamarimono このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016’02.24, Wed

2014年度と10年前の2004年度の食費を比較。内訳の変化を考えてみる

 5年ぐらい前になるのでしょうか?

 興味を持って執筆していた食費の話

 というのも、我が家はもしかしたらエンゲル係数が高いのではないか?という不安から統計局ホームページより、家計調査の4項目の詳細結果表Excelシートをダウンロード

 当時、自分なりにあれやこれやと考え、自作の表を作ってみたわけですが....。

 途中、サーバー引っ越しがあり、さらにパソコンを買い換えがあったため、当時頑張って作った自作のExcelシートを紛失。どうしても見つからないので、探すこと、思いだすことを諦めました。

 ここは仕切り直しということで、いま現在疑問に思うことを解決するため....もう一度新たな視点で考えてみることにしました。

 ご興味のあるかた、少しお付き合い下さい。管理人はもともと数字は苦手なので、数字は参考程度にし、ざっくりと考えてみたいと思います。

 今回は「2014年度と10年前の2004年度の2人以上の勤労者世帯の収入支出を比較」→さらに「2014年度と10年前の2004年度の食費の内訳の変化を比較」してみることにしました。


 まずはこちらの表からどうぞ。


f:id:pandapanko:20160224020006p:image


 いかがでしょう?

 2014年度と2004年度ではまず世帯主の収入が減っています。物価は上がるのに、世帯主の年齢は上がっているのに、お給料は増えていません。

 持ち家率も上がっていて、配偶者の有業率も上がっている。配偶者の収入も増えていることから....様々な要因が挙げられそうです。またきちんと調べて何か別の形でアップできればと思います。

 支出についても、収入が減った分だけ支出が減るのは当然のことかと思います。まず気になったのは、通信費。はおそらくスマホなのでしょうか? 増えていますね。

 ほぼ横ばいの項目があるなか、その他消費支出が大きく減っているのに注目。内訳を出してみました。


f:id:pandapanko:20160224030159p:image


 お小遣い交際費が大きく減っていました。お父さんたち、お小遣いが減らされて頑張っている姿が数字だけからも想像できます。

 ただ、食費に関しては大きな変動がありません。

 消費税率アップ(1989年に3%、1997年に5%、2014年に8%)や物価上昇などがあり、普通に考えても食費が増えるのではないかと思うのですが、そこで今度は食費の内訳を出して、2014年度と2004年度を比較してみます。



f:id:pandapanko:20160224021022p:image


 お気づきでしょうか?

 穀類、魚介類、乳卵類、野菜海藻、蔵物、酒類が2004年度に比べて減っています。

 特に、穀類のお米が大きく減っていますね。パンがお米よりも増えています。我が家はパンをあまり食べないのでびっくりしましたが、昔に比べてお米を食べなくなっているのは数字からも明らかです。

 また、魚介類と肉類を比較したときに、2014年度では「肉類>魚介類」と逆転。ひとつには魚介類は割高...というイメージがありますが、実際どうでしょうか?

 この数字から見えてくることはいろいろとありそうです。

 それから、この食費は3〜4人家族の平均的なものであって、家族構成が大人だけと育ち盛りのお子さんが2人いるとでは大きく異なってくると思います。あくまでも目安です。過度な食費削減は健康を損なう可能性もあるので、参考程度にしたほうがよろしいかと思います。


 最後に、単身者の食費の内訳比較もしてみたいと思います。



f:id:pandapanko:20160224020942p:image


 食費が45000円弱なのは変わっていませんが、その内訳が面白いですね。外食以外は増えています。ということは、10年前は外食していた単身者がいまは家で食べる機会が増えている....ということでしょうか?

 調理食品飲料菓子類が大きく増えているので、やはりそいうかも。でも、生鮮食品も増えているので自炊派も増えているということなのでしょうね。

 さて、これから10年後の食費の内訳はどうなっていのでしょうか?

 それを知るのが楽しみでもあり...不安でもあり。

2016’02.23, Tue

絵本「パパ・カレー」の感想

 お腹が空いているときに絵本の予約を図書館にしてしまった絵本「パパ・カレー」です。

 表紙の絵に瞬殺でした。


パパ・カレー


パパ・カレー (ほるぷ創作絵本)


 なんのことはない、お父さんが「よーし!今日はパパがカレーを作っちゃうぞ」というノリでお話はスタートします。

 材料が紹介され、野菜を切っていき、炒める。お鍋に入れて煮る。カレー粉を入れて、最後には果物のアレを入れて出来上がり。

 すごくシンプルな構成。

 でも、声を出して読んでいくとすごく面白いです。

 この絵本はおそらくお父さんが声に出して「ごろん、ごろん」「さくさく」「ざっくざっく」『ジューーーッ」「ぐつぐつ」といった擬音を読むとより子どもは喜ぶような気がしました。

「美味しいのができたぞーー!」と、ドヤ顔しているお父さんの顔が目に浮かびますね。

 しかし、仕上げに果物のアレを入れるのは初耳。どなたかに実際にチャレンジしてもらいたいです。

 果物のアレ…は絵本を読んでみてくださいね。

絵本「いちごばたけのちいさなおばあさん」の感想

 イチゴが美味しい季節ですね。

 あまおうとちおとめさがほのか、やよいひめに地元のイチゴ….。

 イチゴに目がない私ですが、いまの季節にぴったりの絵本「いちごばたけのちいさなおばあさん」を読んでみました。


いちごばたけのちいさなおばあさん


いちごばたけの ちいさなおばあさん (こどものとも傑作集)


 イチゴ畑の土の中に小さなお婆さんが住んでいました。お婆さんの仕事は、イチゴの実がなると、イチゴに赤い色をつけて歩くことでした。

 ある年、春はまだずっと先なのに、ぽかぽか暖かい日が続き、お婆さんは気になって地面の上に出てみると...イチゴ畑は見渡す限り青々とした葉を広げていました。

 お婆さんは慌てて色をつける準備にとりかかります。大変な作業を経てイチゴに色をつけて歩き回るお婆さん。季節外れの忙しい仕事が終わり眠りにつくお婆さんでしたが…朝目覚めてみると!

 と、続きは絵本でお楽しみください。

 声を出して読んでみるとなかかなの文章量ですが、不思議と「長い」と思うことはなく、お話に引き込まれていました。

 お婆さんのイチゴに色をつけるための準備がとても興味深くて、読んでいてとても楽しいです。

 春のように暖かい日があったかと思えば、でもまだ寒い日が続くいま、イチゴが美味しいいま読むと、よりお話に引き込まれるかもしれませんね。

 さっそく、イチゴが食べたくなりました!

2016’02.22, Mon

カメラへの愛着

 昨晩執筆したスマホiPhone 6)の記事とはベクトルが反対方向を向いていますが、管理人はカメラが好きです。

 カメラコレクターではなく、カメラで写真を撮るのが好きなんですが....何年か前に購入したFUJIFILM X20なるコンパクトデジタルカメラ



f:id:pandapanko:20160222091913j:image


 発売は、2013年2月23日。ほぼ3年前。

 当時持っていたX10を下取りに出してX20をすぐに手に入れました。コンパクトデジタルカメラなのに写りがよく、フィルムカメラのような優しい色合い。すごく気に入って...少しずつですがアクセサリーを買い足していきました。



f:id:pandapanko:20160222092140j:image


 まずは、レンズ保護フィルター。X20のレンズ径が40.3mmという特殊なサイズ。ネットをいろいろ調べてメーカーは失念してしまいましたが、「40-43mm ステップアップリング」をレンズにつけてから(もちろん自己責任で)、「Kenko MC プロテクター NEO 43mm」をつけました。ここまで辿り着くのに相当な時間がかかりました。



Kenko レンズフィルター MC プロテクター 43mm レンズ保護用 343111

Kenko レンズフィルター MC プロテクター 43mm レンズ保護用 343111


 次に、シャッターボタンのねじ穴のところにはめ込むタイプのレリーズボタン。すごく可愛いのを見つけてしまい、これを購入しました。購入先は「レンズメイト」さん。



f:id:pandapanko:20160222093442j:image


 そして、たまたまレンズメイトさんのサイトを見ていたら、サムレストというパーツを見つけてしまい....興味本位で購入。興味本位で購入という割にはお高いですが、でも、満足度MAXでした。なお、X20用のブラックのサムレストは2016年2月22日現在在庫切れ



f:id:pandapanko:20160222093801j:image


 X20は基本方手撮りが多いので首から提げません。ストラップは、たぶんこれもネットのどこかで購入した革製のもの。あるとやはり便利かなと。



f:id:pandapanko:20160222093856j:image


 X20のシルバーモデル2014年5月の時点でディスコン扱いとなっていたので、もうそろそろ「X20用」のアクセサリーを探すのは難しいのかもしれませんが....でもまだまだ壊れるまで使い続けていきたいと思います。

 正直、ここまでアクセサリー類で武装してしまうと、愛着湧いてしまうんですよね。「ここまで手間暇かけた」という気持ちがあるのかしら?

 すごく大事にしてしまいます。いまのところ、ほかのコンデジへの浮気心は「なし」です。

 

 



 そして、そんなFUJIFILM X20で撮影した、Nikon D7200。D7100を下取りに出して新品を購入しました。

 別に運営しているお弁当ブログで紹介しましたが、いま思えばちょっと場違いだったので以下こちらにも転載します(笑)



f:id:photomekuri:20160216074242j:image


 お弁当は、ホワイトバランスオート、ピクチャーコントロールはビビッド、F4で撮影していますが、ピントばっちり。シャープになっている画像にびっくり。

 もちろん、使っているレンズがもともとシャープな画像を作り出すSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSMだけに納得はできるのですが、D7100よりは確実に画像の質がアップしています。D7100はシアンが強くでる傾向にありましたが、D7200はとにかくホワイトバランスが優秀。

 満足度が非常に高いカメラで撮影に対するモチベーションもアップしそうです。

 ちなみに、わざわざお取り寄せシューカバーをつけてみました。Amazonだと送料無料な上にお安かったです。



f:id:photomekuri:20160216074243j:image


 ストラップはだいぶ前に購入した、Nikon×PORTER オリジナルストラップ。Nikonダイレクト限定品です。



f:id:photomekuri:20160216074244j:image

f:id:photomekuri:20160216074245j:image


「Nikon」と大きなロゴの入っている付属品のストラップが恥ずかしくて使えないのですが、これはNikon感が控え目で気に入っています。



Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

Nikon アクセサリーシューカバー ASC01

Nikon アクセサリーシューカバー ASC01



 とまあ、X20にしてもD7200にしても大好きなんですよね。写真を撮る道具とはいえ、愛着がどんどん増します。

 iPhone 6は生活に必要なものとしての道具、X20やD7200は趣味としての道具だから私自身の感覚も違うのかもしれませんね。

 かといって、iPhone 6に愛着がないか?と聞かれたらそれは違うわけで。....でも、iMacに対する愛着のほうが上かなぁ。

 ↑決して、上げて下げているわけではありません。

2016’02.21, Sun

iPhone 6を使い始めてもうすぐ1年

 過去に散々スマホの話題に触れていたわけですが....

 実は、昨年3月末にキャリアdocomoからSoftBankへ切り替えたのを機に、スマホもExperia ZからiPhone 6へ買い換えしました。

 「今さら」感がありますが、AndroidiOSなど、結局どっちがどう使い勝手が良いのか、考えてみました。



f:id:pandapanko:20160221211457j:image


 買い換えたのはゴールドの64GB。

 どっちがどう良かったかという比較は、1年も経過している為なかなかできない部分はあるかと思いますが、最初に戸惑ったのは文字入力。

 結局1日耐えられなくてATOKインストール。いまもATOK頼みな状態。思えば、iMacにもATOKをインストールしているので当然の結果かなと。



f:id:pandapanko:20160221211718j:image


 iPnone 6が指紋認証に対応しているのは非常に有り難かったです。最初、とっつきにくかったですが、結局複数の指を登録してしまうことに。

 メールは、特に問題はありませんでしたが、とあるプロバイダドメインメールアドレス宛にメールを送ると文字化けしてしまうという報告があり、その人に送るときはサードパーティーのメールアプリibis Mail」で送信。ただ、非常に使い勝手が悪いメールアプリだったので、最近でたばかりの「Airmail」に切り替え。これでようやくメール関連は快適に。

 サードパーティーのメールアプリは正直Androidのほうが充実していたような気がします。



f:id:pandapanko:20160221212054j:image


 自分が持っているメールアドレスを「Airmail」に登録して受信しているので、iPhone 6のメール関連は最近本当に便利になったと感じます。

 webブラウザSafariで不満ないし、そう思うとAndroid搭載スマホを使っていたころよりも純正のアプリで満足しているかもしれません。

 それに機種が違うと、同じアプリでもバグの出方が違うんですよね、Androidアプリは。そういった意味でもiOS用のアプリ情報は非常に多いし、不具合が起きても調べやすいのはいいのかも。

 Androidではは必須だったスマホ内のファイル閲覧アプリも、iPhone 6では閲覧そのものができないので当然存在するはずもなく。なければないでなんとかなってしまうものです。

 「ただiMacを使っていて、スマホがiPhone 6だと同期とか楽」などと思われがちですが、私自身は、あまりその恩恵に預かっていません。

 クラウドそのものに利便性を感じていないからかもしれませんが、SDカードが使えない分、iPhoneはやはり制限がいろいろ多いなとも思いますね。

 確かに安定はしているし、操作系も統一されている分、初心者にはとっつきやすいかなと思いますが、落とすと割れるので全面を覆うフィルターカバーをつけたりといろいろ気を遣う部分も多いです。

 それに↓の写真のように、いろいろとアクセサリーが充実しているため、凝り始めるとキリがありません。あくまでもスマホは道具だと思うので、私の場合は「ここまで」という妥協点を見つけているのだと思います。



f:id:pandapanko:20160221213114j:image


 iPhone 6sが売れていないそうですが、実際のところiPhone 6の機能で十分ですから。壊れない限り私も買い換えないつもりです。

 ...そう思うと、Androidのほうが「今回の端末は使いやすいわぁ」「このアプリはバグが少ないしサクサク」というウキウキ感は多少なりともあったかもしれませんね。

 どっちがハードルが高くて、低いのか....なんとも言えませんが。


 結論:AndroidからiOSへの切り替えは、文字入力だけ慣れればあとは問題なし。メールは文字化けする可能性を考えておくこと。

Connection: close