Hatena::ブログ(Diary)

papandaDiary - Be just and fear not. このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-02-12

感情の海で溺れてしまう前に。

id:everpeaceさんが翻訳された、The Core Protocolsの記事を読んだ。

[ 技術紹介 ]The Core Protocols〜チームワークの最強兵器〜 | オブジェクトの広場


チームで仕事をすることは、綺麗ごとばかりではない。

状況が混沌の度合いが増すごとに、苛立たしさが顔を出し始める。

無力さを味わいながら、なんとか切り抜けようと努力をするが、

感情の海に流される。


そう、コミュニケーションの場は、それぞれの感情によって海の如く満たされている。

「人と人の間で真実を伝えるための媒体となるもの、それは感情である」

感情が、人と人とのコミュニケーションの間に存在し、時として、不必要な苛立ちを生み、時として、想像以上の結果をもたらす。

この感情をコントロールできれば、我々が悩まされ続けてきたコミュニケーションの

問題を解決できるはずだ。

他人の感情を直接的にコントロールすることができれば、それは可能だろう。

でも、自分の嫁さんの感情もうまくかわせない私に、そんなことが

到底できるはずがない。

せっかく、「素晴らしいソフトウェアのため一致団結したい」と思っていても、

コミュニケーションの方法が悪ければ、相手の感情を悪い方向に刺激してしまい、

真実(本当に伝えたいこと)が伝わりません。

自分がコントロールできるのは、コミュニケーションの方法なのだ。

相手とのコミュニケーションで、声の調子だったり、態度だったり、言葉の内容

だったりするものが、大切な理由はそこなんだ。

これらのことを考えるほうが、他人の感情をどうこうしようと考えるより、

よっぽど建設的だ。傲慢になってはいけない。


この文章で、紹介されている、Core コミットメントをできれば去年の夏くらいに

読んでおきたかったなと切に思う。

感情の海で溺れてしまう前に、是非読んでおきたい内容だ。

mayakanamayakana 2008/02/12 15:53 その本は、”スイマーよ!!”で言うところの「感情の海を横切る」ための「クロール」なのでしょうね。
# 感情の海というフレーズで思い出した。

papanda0806papanda0806 2008/02/13 09:02 なつかし〜でも好きでした

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close