Hatena::ブログ(Diary)

papandaDiary - Be just and fear not. このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-04-07

"度合い"が、お互いの刺激になる。−勉強会カンファレンスのキックオフに参加してきました。

metaconというコミュニティで、勉強会カンファレンスというイベントが企画されていると知り、そのMTGに参加してきました。

Google グループ

このイベントのターゲット層は、主に"勉強会を開催する人々"ということでした。コンセプトや内容は、まだ

白紙の状態で、これから検討していく、という状況。


"勉強会カンファレンス"という企画そのものへの興味もありますが、今回、特に興味を持っていたのは、

"カンファレンスレベルの大きなイベントをどのように作るか"、というプロセスです。

これまでいくつか、大きなイベントを作ることをしてきました。

そこには、自分なりの型が出来ています。では、他の人はどのようにイベントを作るのだろうか、自分の型と

比べてみたい。これからも、こういったものを自分は作っていくから。

また、カンファレンスの準備では、何かしら貢献できるかもしれない。そう思ってMTGに臨みました。


今回は会のコンセプトそのものを話合うことはありませんでした。

とはいえ、自分なりにでもコンセプトが無いと、なかなかコンテンツのネタも出せない。

というわけで、"勉強会カンファレンス"で何を狙うのかを、考えていました。

自分なら3つあるなと。

1つは、"勉強会を開催する人を増やすこと"

開催者を増やして何か良いことがあるのか、という問いには、"選択の幅が広がる"ことが挙げられる。

2つ目は、"コミュニティの価値を知らしめること"

イベントや勉強会によって、学びや、繋がりが生まれる。こういう活動にある価値を多くの人に、

知って欲しい。それによって、運営している人たちもより活動しやすくなる。

最後に、"参加者にとって刺激になること"

そもそも、勉強会の目的や、伝えたいことは、コミュニティによって異なる。コミュニティにいる人たちが

こだわっているところは、尖がっていて、熱い。変態らしさがもっとも強いところ。

それをこそ伝えて欲しい。お互い変態なだけに、おそらく相容れることはない。

しかし、その"度合い"が、お互いの刺激になることは間違いない。


そうか、変態の度合いだ、という結論に達したとき、時間切れ。本日のMTGは終了しました。

私は、なんらコンテンツネタを出せませんでした。面目ありません。

他の方が出しているアイデアは、興味深いものばかり。これは面白いイベントになりますよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/20090407/1239037790
Connection: close