Hatena::ブログ(Diary)

Debian GNU/Linux 3.1 on PowerMac G4 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-10-15 Raspberry Pi の Arc Linux を Mac を使ってセットアップしてみた

[]Arc Linux で SD Card の余り領域を使えるようにする 22:47 Arc Linux で SD Card の余り領域を使えるようにするを含むブックマーク Arc Linux で SD Card の余り領域を使えるようにするのブックマークコメント

次に 16G の SD Card の使っていない部分を使えるようにしてみた。

参考にしたのは以下のページ。

まずは fdisk コマンドで確認。

[root@alarmpi ~]# fdisk /dev/mmcblk0
Welcome to fdisk (util-linux 2.21.2).

Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


Command (m for help): p

Disk /dev/mmcblk0: 16.1 GB, 16130244608 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 492256 cylinders, total 31504384 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x000c21e5

        Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1   *        2048      194559       96256    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2          194560     3862527     1833984   83  Linux

Command (m for help): 

2番目のパーティション(/dev/mmcblk0p2)の Start は 194560。これを覚えておく。

次に d コマンドで2番目のパーティションを削除する。

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2
Partition 2 is deleted

次に n コマンドで新しくパーティションを作成する。

パーティションタイプは primary で、パーティション番号は 2。

First sector は先に覚えておいた数字。(とは言ったけど、ここでデフォルト値として表示される)

Last sector はデフォルトの値。

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (1 primary, 0 extended, 3 free)
   e   extended
Select (default p): p
Partition number (1-4, default 2): 2
First sector (194560-31504383, default 194560): 194560
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (194560-31504383, default 31504383): 31504383
Partition 2 of type Linux and of size 15 GiB is set

最後にパーティション情報を w コマンドで書き込む。

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.
[root@alarmpi ~]# 

w コマンドには結構時間がかかって約25分で終了。

メッセージにもでてるけど、ここで reboot が必要。

[root@alarmpi ~]# reboot

Broadcast message from root@alarmpi on pts/0 (Sun, 14 Oct 2012 09:39:54 +0100):

The system is going down for reboot NOW!

[root@alarmpi ~]# Connection to alarmpi closed by remote host.
Connection to alarmpi closed.
iMac-i3-27:raspberry-pi paraches$ 

リブート後に再度 ssh で繋いで、resize2fs コマンドで設定。

[root@alarmpi ~]# resize2fs /dev/mmcblk0p2
resize2fs 1.42.5 (29-Jul-2012)
Filesystem at /dev/mmcblk0p2 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
Performing an on-line resize of /dev/mmcblk0p2 to 3913728 (4k) blocks.
The filesystem on /dev/mmcblk0p2 is now 3913728 blocks long.

df -h で確認してみる。

[root@alarmpi ~]# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
rootfs           15G  407M   14G   3% /
/dev/root        15G  407M   14G   3% /
devtmpfs         92M     0   92M   0% /dev
tmpfs            92M     0   92M   0% /dev/shm
tmpfs            92M  272K   92M   1% /run
tmpfs            92M     0   92M   0% /sys/fs/cgroup
tmpfs            92M     0   92M   0% /tmp
/dev/mmcblk0p1   94M   37M   58M  39% /boot
[root@alarmpi ~]# 

というわけで、残りの領域も使えるようになったよ!


この後にまだシステムのアップデートとかもあるのだけど、とりあえずここまで。

sudo も入ってなかったりするので、色々と入れたりしなきゃならないものが多い。

あと、ちょっと困っているのは 2012-09-18 バージョンの Arc Linux に /etc/rc.conf がない!ってこと。

このバージョンから systemd を使うようになって無くなっちゃったらしいのだけど、pacman で落としてくるサービスが rc.conf がないよ!ってアラートだしたりして気持ち悪い…。

この辺りをちゃっちゃとできる人じゃないと Arc Linux は使っちゃいけないのかな〜。

素直に「Raspbian ”wheezy”」をインストールするべきなのか?

このブログのタイトルにも Debianって入ってることだし!

リンク元
Connection: close