つぶやきの延長線上 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-02

読書月間と意気込んだつもりだったが‥‥

8月は映画ばかり観てないで、たまには本でもしっかり読むかなと思ってたのですが、いつもと変わらない結果に‥‥
8月に読んだ&買った本でも‥‥

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

三池監督が『悪の教典』を映画化すると聞いて、ちょっと過去の本も読んでみようと思い読んでみました。
後日『悪の教典』も読んだんですけど、あちらの方が”映画的”内容で映画として映えそうな気がします。
こちらの方が、ホラー色が強いですね。ちなみに映画化もされているらしい。

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈上〉 (文春文庫)

悪の教典〈下〉 (文春文庫)

悪の教典〈下〉 (文春文庫)

映画の予告を観て、これは面白そうだ!と、まんまと映画業界と本屋の策略にはまり購入。
『黒い家』同様にサイコパスのお話ですが、『黒い家』の時に、この人って最後にサイコパス否定していたわりにまた同じ題材か!と、ちょっと残念な気持ちもありましたが、とても映画的な内容だと思いました。
『黒い家』だとホラー色も強いし、被害者側からの語りなので被害者側に情が移ってしまうんですが、『悪の教典』は、犯人側(サイコパス)側からの視点なので、「いけ!殺せ!!どんどん殺せ!!」と、道徳に反しそうですが、ハスミン教に入れそうなくらいにファンになってしまいました。
読み終わって、くそ!全員殺せないのは何事か!!とか思ったり‥‥
映画は伊藤英明が主演ということです。ニヤつきながら生徒を惨殺していく姿を思い浮かべると、はまり役な気がします。
全く僕の想像だと映画は、

教室が血だらけで生徒が全員倒れていて、そこにニヤニヤしながら「Excellent !!」っていいながら猟銃を持っている伊藤英明‥‥
そこから、フラッシュバックで事件までの説明‥‥
最後に、冒頭と同じシーンになるんだけど、違うシーンに‥‥みたいな。
おまけで、警察に捕まるんだけど、なぜかアメリカに潜入していて前勤めていた会社のCEOを惨殺!
そんな殺戮映画になれば面白そうだなーと思います。はい、勝手な想像でした。

となりの怪物くん(10) (KC デザート)

となりの怪物くん(10) (KC デザート)

となりの怪物くん』は、少女漫画の中でも群を抜いて面白いなーと思っている漫画です。(そんなに少女漫画には詳しくないですが‥‥)
ハルと優山の関係もわかったし、何より夏目ちゃんきゃわわわーんなのです。

それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 10 (ヤングキングコミックス)

それ町は安定して面白いですね。言うことないです。

キングダム 27 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 27 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム』は個人的に、10年・11年と2年連続で、面白い漫画No1に輝いております。
27巻は、ちょっと戦闘描写より精神的な部分が多かったので、個人的にはいまいちでした。

チャンネルはいつもアニメ―ゼロ年代アニメ時評

チャンネルはいつもアニメ―ゼロ年代アニメ時評

ゼロ年代アニメ時評ということで購入。
しかしながら、ゼロ年代といいながらも04ー10年までの内容となります。
というのも著者が雑誌『Newtype』の中で連載したので04〜というのはしょうがないか。
リアルタイムで書いた記事が本になっているので、その後の関係性とか調べたりするともっと面白く読めるんじゃないかなーと感じました。
一記事に大して、3ページと短く適切に評されているので、パラパラっとめくりながら読めてしまう。
なかなか面白かったです。

新房語

新房語

魔法少女リリカルなのは』('04)や、最近だと『化物語』('09)『魔法少女まどか☆マギカ』('11)の新房監督のインタビューコラム本。
全く手を付けていません。そろそろ読もうと思ってるんですが‥‥

新世紀読書大全 書評1990-2010

新世紀読書大全 書評1990-2010

これは本か!?電話帳か!?と唸る、翻訳家映画評論家等で活躍する柳下毅一郎氏の90−10年までの書評

f:id:paranoid3333333:20120901223452j:image:w640
f:id:paranoid3333333:20120901223356j:image:w640

(厚いしでかいのです!!)

こちらも殆ど読んでませんが、びっくりしたのが、『ブラックメタル血塗られた歴史』まで読んでいたこと!(どんだけジャンルレスなんだ‥‥)

ちなみにこの本は、立ち読み時にちらっとしか読んでません。と言うのも僕はブラックメタルが好きだし、高校の頃から聞き始めて10年以上経っているので、今更血塗られた歴史と言われても大体の事は知っているからである。
そう考えると、(書評読んでみるとわかるけど)柳下氏はブラックメタルが好きな訳ではなくて、”宗教”というポイントで手に取ったんじゃないかなーと思います。
人殺しに、教会放火に‥‥やってる本人は犯罪だと思ってやってるわけじゃないしね。

9月こそ読書月間に‥‥