パレットクラブ日誌



パレットクラブ スクール 2016年度 19期開講中!

イラストレーターや絵本作家志望の方のための学校です。

授業見学ができます。メールにてご予約ください。 詳細はHPをご覧ください。


パレットクラブ スクール HP Twitter facebook

お問合わせ E-MAIL TEL/FAX:03-3542-8099

12/08 (Thu)

[]


卒業生の海谷泰水さんの個展が、9日(金)より、表参道のHBギャラリーにて開催されます


「誰でも知っているような、あっちこっちのものがたり。まぜこぜに描いたり、別々に描いたりしました」(ギャラリーHPより)


海谷泰水 個展

「ものがたりの絵」


12月9日(金)〜14日(水)

11:00〜19:00(最終日17:00まで)

オープニングパーティー:12月9日(金)18:00~20:00


HBギャラリー

渋谷区神宮前4-5-4 原宿エノモトビル1F

03-5474-2325

12/07 (Wed)

parekura2016-12-07

[]


パレットクラブ講師&卒業生の信濃八太郎さん、卒業生の太田丈晴さん、得地直美さん、卒業生&スタッフの山下アキさんが参加されるグループ展が、9日(金)より、表参道のギャラリー山陽堂にて開催されます


「好きな本の手触りや匂い、本を読んで感じた世界、あるいは本のある暮らし・・・。5人のイラストレーターがそれぞれ、『本』にまつわる作品を発表します」(ギャラリーHPより)


「五人展」


太田丈晴北村人信濃八太郎得地直美山下アキ


12月9日(金)〜19日(月)

日曜休郎

11:00〜19:00

(土曜・最終日は17:00まで)


ギャラリー山陽堂

港区北青山3-5-22

03-3401-1309

12/06 (Tue)

[]



f:id:parekura:20161206195247j:image:right

パレットクラブでは12月23日(金・祝)にアートディレクター大島依提亜さんをお迎えして映画上映会を開催します

ワトキッチンのお菓子付きです!

今回上映する映画は、ノア・バームバック監督の『フランシス・ハ』。

ニューヨークモダンダンサーを目指すフランシスの「行ったり来たり」を、疾走感溢れるタッチで描いた、とってもキュートな作品です。

上映後に大島さんのトークショーもあります

参加申込はメールにてご予約ください

information@pale.tv

お待ちしております

PALETTE CLUB 映画会

大島依提亜さんと観る『フランシス・ハ』

wato kitchineのお菓子付き

上映後に大島依提亜さんのトークショー

日時:12月23日(金)18時開場/18時半開始

入場料:2000円

会場:パレットクラブ

お申込み:information@pale.tvまで(

お名前、人数、ご連絡先をお知らせください)

フランシス・ハ』公式サイト

http://francesha-movie.net

大島依提亜さん twitter

https://twitter.com/oshimaidea

wato kitchenさんHP

http://blog.watokitchen.

12/04 (Sun)

[]


イラスト卒業生コースのみなさんによる、自主ゼミ第3回。

今回のテーマは70年代のイラストレーションです。


いつもどおり、各自が好きな/影響を受けたイラストレーターについて発表。

今回取り上げられたのは、三輪滋、佐々木マキ林静一エロール・カイン、リスベート・ツヴェルガー、原田治谷川晃一、毛利彰空山基水森亜土東君平でした。


f:id:parekura:20161205214507j:image

f:id:parekura:20161205214505j:image


雑誌「ガロ」の影響や、竹久夢二→林静→中村佑介へとつながる女性画の流れ、ヘタウマ現代美術接続した谷川晃一の話などが興味深かったです。


勉強会も今回で3回目ですが、これまで知らなかったイラストレーターを知るきっかけになるのはもちろん、紹介されるイラストレーターをとおして、各生徒さんの趣味や人柄を知ることができるのもいいですね。

[]


講師:服部一成アートディレクター



2回目の今回は、課題講評でした。

「1.顔の描き方研究、2.色を減らす・増やす、3.画材を変えて描く、4.よいかたち研究

以上の4つのテーマから各自、自分に適していると思うものを選んで制作。


f:id:parekura:20161205232615j:image


今回もひとりずつ時間をかけて、持ち味や特徴的な部分と改善した方がいい部分を指摘していただきました。

じっくりと作品を見ながら、言葉を選んで丁寧にコメントしてくださる服部さんの姿に、生徒さんたちも食い入るように聞き入っていて、とても緊張感のある授業でした。

[]


講師:秋重羊偕成社 編集部)


講義「ノンフィクション絵本の作り方」


f:id:parekura:20161205232844j:image


ノンフィクション絵本とは何か?なぜノンフィクション絵本を作るのか?写真ではなくイラストで見せることの意味とは?ノンフィクション絵本を作る時に大事な2つのポイントなどについてお話ししていただきました。


途中、イラスト卒業生コース在学中の小和瀬さんがゲストとして登場。

小和瀬さんは12期イラストコースを卒業後、ザ・チョイス展やボローニャ国際絵本原画展で入選、展覧会を見た秋重さんから声をかけていただいたそうです。

これまでに「まえとうしろ どんなくるま?」シリーズ三冊の編集を秋重さんが担当され、その制作話を聞かせてくださいました。


f:id:parekura:20161205232843j:image


最後に、生徒さんが持ってきたノンフィクション絵本を発表。

次回の授業までに「ノンフィクション絵本のラフを作る」という課題が出されました。


てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録

てつびん物語―阪神・淡路大震災 ある被災者の記録

12/03 (Sat)

[]


講師:信濃八太郎イラストレーター

http://www.tis-home.com/shinano-hattaro/works/16


f:id:parekura:20161205032559j:image

〈実技〉

「墨汁」で遊びながら「人」を描いてみよう。

まず最初に信濃さんがイラストレーターになるまでのお話をしていただきました。

そして、今回の実技のお手本として、墨汁を使った技法を実演していただきました。

実技では筆などの筆記用具に加え、普段画材として使ったことのないような道具を使って描きました。

「描きづらさ」を「楽しさ」に変えて、遊ぶことも大切とのことでした。

みなさんの自分の予想を超えた面白い作品ができました。




生き延びるための世界文学: 21世紀の24冊

生き延びるための世界文学: 21世紀の24冊

女のいない男たち

女のいない男たち

[]


講師:黒田潔イラストレーター


f:id:parekura:20161205025102j:image


<課題>

あなたが思う「好きなもの」と「嫌いなもの」を選んで、その両方を絵にしてくる。


それぞれが好きな理由と嫌いな理由説明して作品講評していただきました。

今回の課題は対象物の印象、イメージをどう絵に置き換えられるかがポイントでした。

作品ファイルを見ながら、今後のモチーフについてやテクニックなどアドバイスをしていただきました。

舗装道路の消えた世界

舗装道路の消えた世界

森へ

森へ

11/29 (Tue)

parekura2016-11-29

[]


イラスト基礎コースイラストコース講師のいとう瞳さんの個展が、本日より、原宿のギャラリー・ルモンドにて開催されます


作品展示の他、グラスやバンダナ、いとうさんおなじみ nohon doll などのグッズもあるそうですよ。


いとう瞳 個展

" Five Colors Peoples"


11月29日(火)〜12月4日(日)

12:00〜20:00(最終日〜17時まで)

オープニングパーティー:初日 17:00〜20:00


ギャラリー・ルモンド

渋谷区神宮前6-32-5 ドルミ原宿201

03-6433-5699

11/27 (Sun)

[]


講師:やぎたみこ(絵本作家)


f:id:parekura:20161128210857j:image


最初にやぎさんが絵本作家になるまでのお話をしていただきました。

パレットクラブ在学中の話、講談社のコンペで佳作に入った話、編集者さんとの出会いや初めて出版された話など

とても興味深いお話が聞けました。

また、パレットクラブ在学中に作られた絵本『ほげちゃん』が実際に出版されるようになったときのお話をしていただきました。

後半は、課題「キャラクターを考えてお話を作ろう!」の講評。

一人一人丁寧にアドバイスしていただきました

次回の授業ではこのキャラクターをもとにラフを作り、絵本の一場面を描いてくる課題が出ました。

どんなお話ができるか楽しみですね!

ほげちゃんとこいぬのペロ

ほげちゃんとこいぬのペロ

おにぎりがしま

おにぎりがしま

11/26 (Sat)

[]


講師:飯田淳(イラストレーター)


f:id:parekura:20161128125241j:image


実技の授業。他コースでもやる授業なので、内容はヒミツです。


f:id:parekura:20161128125245j:image

[]


講師:黒田貴(新潮社装幀部)


f:id:parekura:20161128130602j:image


課題「装画を描く」

書店店頭取材し「これは装幀イラストが素敵なので実際に売れてそうだ!」という本を何冊かチェックした上で、本の装画を1点描き下ろす、という課題でした。


前半は、出版界の現状についての講義。

画像を見せていただきながら、現在、売れている本のデザインやイラストの流れについてお話ししていただきました。


f:id:parekura:20161128130558j:image

後半は、課題&作品ファイル講評。

ひとりひとり丁寧に見ていただきながら、特に出版社に売り込むときのファイルの作り方についてアドバイスを下さいました。

11/25 (Fri)

parekura2016-11-25

[]


講師の網中いづるさん、卒業生のあずみ虫さんが参加されるグループ展「犬と猫とくらすとき Vol.4」が、28日(月)より外苑前のGALLERY DAZZLEにてにて、12月7日(水)より池袋のマルプギャラリーにて開催されます


「犬や猫と暮らしたいと思ったときに、保護シェルターなどにいる、飼い主のいない犬や猫を譲り受ける選択肢があることを知ってほしいという願いから、この展示はうまれました。イラストレーターと絵本作家による、犬と猫の保護活動へのチャリティー展です」(DMより)


「犬と猫とくらすとき Vol.4」


11月28日(月)〜 12月4日(日)

12:00〜19:00 (12月3日・4日は18:00まで)

オープニングパーティー:初日18:00〜


GALLERY DAZZLE

港区北青山2-12-20 #101

03-3746-4670


12月7日(水)〜 12月26日(月)

10:00〜19:00 (最終日17:00まで)

土日祝休み

特別開廊日(作家在廊):12月18日(日)


マルプギャラリー

豊島区池袋3-18-5

03-5926-6772

11/24 (Thu)

parekura2016-11-24

[]


16期イラストコース卒業生のこたに千絵さんが参加されているグループ展が、都立大学のCretative Space 890にて開催されています。


人物を魅力的に描く6人のイラストレーターによる企画展です。それぞれの個性あふれる作品たち。お気に入りの『Nice People』を見つけにぜひご来場ください」(DMより)


「Nice People #3」


辰巳菜穂・牛久保雅美・こたに千絵・相馬涼・一桝香欧・原口祥絵


12月4日(日)まで

12:00〜19:00(最終日は18:00まで)

休廊:月・火・水


Creative Space 890

目黒区八雲2-5-10

03-5726-8290

11/23 (Wed)

[]


パレットフリマ、無事終了いたしました!!

f:id:parekura:20161125014300j:image


ご来場いただき、誠にありがとうございました!

f:id:parekura:20161125014243j:image



卒業生もたくさん来て下さり、再会がとても嬉しかったです。

f:id:parekura:20161125014455j:image



出店された講師の方々、19期生のみなさま、お疲れさまでした。

f:id:parekura:20161125014442j:image

誠にありがとうございました!

11/20 (Sun)

[]


講師:名久井直子ブックデザイナー

f:id:parekura:20161121114857j:image

課題

1回目の授業※のときの作品を見て名久井さんがそれぞれに出していた課題の講評。


◎有名童話の前夜シリーズ(かぐや姫の前夜、ももたろうの前夜など)

◎海外名作シリーズ3部作

挿絵を3,4点

物語のシーンを描く

などなど、名久井さんの独自の切り口で更に面白い課題が出されました。

次回はブラッシュアップして仕上げてきます。



※1回目の課題

(だいたいの人が知っているであろう物語(例:赤ずきんちゃん、シンデレラ桃太郎アリス…など)をテーマにして、イラストを1点。そしてそのタイトルも描いてくる。』)

[]

講師:黒井健(絵本画家)


f:id:parekura:20161121114855j:image

前半はプロジェクターで『ごんぎつね』や『手ぶくろを買いに』のラフスケッチなどの画像を見せていただきながら

作る過程エピソードをお話していただきました。

後半はそれぞれが見て欲しい絵本のラフや一枚絵を見せて相談しました。

一人一人丁寧にアドバイスしていただきました。

そのなかで、『絵本の一番大事なところは、次のページをめくらせなければならない』という言葉が印象的でした。




手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)

ごんぎつね (日本の童話名作選)

ごんぎつね (日本の童話名作選)

11/19 (Sat)

[]


講師:都築潤イラストレーター


f:id:parekura:20161124234343j:image


3種類のサイズの厚紙をそれぞれが選び、『自分の部屋に飾りたくなるような絵』を描きました。

それを都築さんがカッターで切って(トリミングして)絵を完成させます

描く人と切る人とがコラボーレションすることで、構図が変わり絵の印象がガラッと変わりました。

この実技でデザインの重要性が良く分かり、他者(デザイナー)の手が加わることで偶然性が生まれ

より良いものが出来ることが分かりました。


f:id:parekura:20161124235113j:image

                       

[]

講師:服部一成アートディレクター

f:id:parekura:20161121114858j:image


課題「『桃太郎』『赤ずきん』それぞれ、表紙の絵を描く」の講評。



桃太郎』も『赤ずきん』は全く別のタイプのキャラクターです。

描き分けたときに、同じ作家が描いているかが分かることがポイントとなりました。

そのなかで、自分なりの表現ができていることが大事だそうです。

また、『桃太郎』も『赤ずきん』も、世の中にすでに様々なイメージがあるので、どれくらい自由に、オリジナリティのあるものをつくれるか、ということでした。

講評では「魅力的な『顔』をいかに描くか」というご指摘がありました。

11/18 (Fri)

[]f:id:parekura:20161118040349j:image:right



パレットフリマのお知らせ*


11月23日(水・祭)にフリーマーケットを開催します!

場所パレットクラブ

時間・13時〜18時

出店者・飯田淳上田三根子石川三千花大島依提亜・黒井健・天明幸子・100%ORANGEパレット19期生(敬称略)


19期生のオリジナルグッズやZINEコミックポストカードカレンダー手ぬぐいなどを制作中です。

服、靴、本、画材などなど。。掘り出しものがあるかもしれませんね!お楽しみに〜。

パレットクラブを一度体験したい方も是非遊びにいらしてくださいね🌟

講師の方々にもお会い出来るチャンスです。

11/17 (Thu)

parekura2016-11-17

[]


現在、19期イラストコースに在学中のみしまゆかりさんの個展が、外苑前のGALLERY DAZZLEにて開催中です。


「机の上で空想妄想?)の産物を展示します。何気ない景色の中に非日常的なモノが紛れ込む、ちょっと不思議な世界をお楽しみください」(ギャラリーHPより)


しまゆかり個展 「机上の空想


11月15日(火)〜 20日(日)

12:00〜19:00 (最終日17:00まで)


GALLERY DAZZLE

港区北青山2-12-20 #101

03-3746-4670

11/16 (Wed)

parekura2016-11-16

[]


卒業生のイナガキマコさんの個展が、曙橋のcoffee & gallery ゑいじうにて開催中です。


新作「眠ラナイ町の絵」や「おしゃれイズム」に展示した50号キャンバスの絵の展示、 ハンドメイドぬいぐるみポストカードなどの販売もあるそうです。

また、200円で似顔絵も描いてくださるそうですよ。

ぜひお立ち寄りください。


イナガキマコ 個展

『眠ラナイ町』展


11月15日(火)〜24日(木)

11:00〜19:00(最終日のみ16:00まで)


coffee & gallery ゑいじう

新宿区荒木町 22-38

03-3356-0098

11/13 (Sun)

[]



講師:100%ORANGEイラストレーター



f:id:parekura:20161114051600j:image


課題『「地面」をテーマにした絵を描いてくる』の講評。

「地面」をテーマにしたのは、子どもの目線になって絵を描いてみることが目的だったそうです。

普段から散歩をして地面や草花をみていると絵本の種になるようなものが発見できるそうです。

作品講評ではひとりひとり丁寧に良い部分を伸ばして下さるようなアドバイスをしていただきました。

最後質問の時間を設けました。

そのなかで絵本とイラストレーションの違いについての質問に対して、

絵本は子どもを中心に考え、イラストレーション大人意識するということが印象的でした。




思いつき大百科辞典 BOOKS POOKA

思いつき大百科辞典 BOOKS POOKA

ひとりごと絵本

ひとりごと絵本

[]


講師:藤田総宣WEBクリエーター)


f:id:parekura:20161114121929j:image



プロジェクターを使って、藤田さんのお仕事を見せていただきながらデジタル全般についてお話していただきました。

デジタル現場での言葉や役割サービスについてなどを講義していただきました。

デジタル特別ものに捉えないで紙やペンと同じ感覚で一つのツールとして使って欲しいとのことでした。

ただ仕事をする上での条件としてサイズ感など最低限の知識必要とのこと。

それはメディアで発表されたときに一番良いサイズでより良い仕上がりになることが大事からだそうです。

媒体によってサイズ意識することはデジタルでもアナログでも同じだということなんですね。


f:id:parekura:20161114122238j:image

11/12 (Sat)

[]



講師:赤勘兵衛(イラストレーター)

f:id:parekura:20161114034500j:image



『パースを使った絵を描いてくる』の講評。

前半は『パース』の講評でした。

風景、室内、文字などさまざまなパースを使った絵が並びました。

正確にパースを使って描くことよりも、自分自身が感じることが一番大切とのこと。

絵を描くことは正解も不正解もなく素直に自分が感じたものをを描くことが面白さにつながるというお話でした。

他の人と感じ方が違うことが面白いのですね。

後半は赤さんの原画を見せていただきながら、前回の課題だった『足のデッサン』も講評していただきました。


f:id:parekura:20161114034943j:image

見せていただいた赤さんの原画


四季の描き方 (玄光社MOOK)

四季の描き方 (玄光社MOOK)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

[]


講師:長崎訓子イラストレーター

f:id:parekura:20161114042135j:image

<課題>

利き手と反対の手で、画材を使わずに(注1)自分の好きなモチーフを(注2)100枚以上描く。

その中から1枚、自分で気に入ったものを選び、利き手ブラッシュアップする。その作品使用、展開した印刷物を作ってくること。

注1)

  筆、鉛筆、マーカー、クレヨンパステルペンなどの、いわゆる「描く道具」は使わない。

  墨汁、インク、各種絵の具などを「つけて」描くのはOK。

注2)

  生き物、植物、のような有機物。車、静物などの無機物

  水面、雲、のような現象キャラクターなど、なんでも可。

  ただし、なるべくワンテーマで。

  実物や写真などを参照し、空想だけで最後まで進めないこと。





「100枚描いたもの」「ブラッシュアップしたもの」「印刷物」をすべて並べて講評していただきました。

100枚描くことで自分の線の練習にもなるし、一つのテーマを利き手ではない手で描くことで思いもよらない線が描けて、

新しい発見があり面白もの出来るきかっけになるそうです。

100枚描いたものモチーフにしてブラッシュアップするときに自分の絵のどこが魅力的か判断できるかが講評のポイントとなりました。

途中の線の面白さを生かして自分では考えつかないような作品を作ることも大切とのことでした。

みなさん、それぞれ新しい発見があったようです。

f:id:parekura:20161114042223j:image



 

11/11 (Fri)

parekura2016-11-11

[]


17期イラストコース卒業生のいしいひろゆきさんの個展が、明日12日(土)より、自由が丘のKIAN ART GALLERYにて開催されます


今回の展示では、紙に描いた作品だけでなく、タペストリーやクッションなど様々なグッズの展示・販売もあるそうですよ。


「いしい ひろゆきの絵展2」


11月12日(土)〜23日(水)

12:00〜18:00


KIAN ART GALLERY

目黒区自由が丘1−3−21 2F

03-5731-6980

11/06 (Sun)

[イラストレーションゼミ]


イラスト卒業生コースのみなさんによる、イラストレーションの歴史を学ぶ自主ゼミ第2回。

各自が好きな/影響を受けたイラストレーターについて調べて紹介する形で、今回は60年代のイラストレーションがテーマです。


取り上げられたのは、伊坂芳太郎水田秀穂、和田誠渡部明美、灘本唯人、主に絵本で活躍した山本忠敬、寺島龍一でした。

f:id:parekura:20161107000038j:image

f:id:parekura:20161107000036j:image


プッシュピンスタジオなどのアメリカのイラストレーションからの影響やポップアートとの関係、「話の特集」や「平凡パンチ」といった雑誌の創刊など、世の中にイラストが浸透していく様子が話題に。


「MURDER」や「みんなのうた」の和田さんのアニメーションをyoutubeで見ることもできました!

D

[]


講師:飯田淳イラストレーター

f:id:parekura:20161106224843j:image

<課題>

「住んでいる人物想像して、室内を描いてくる」の講評

作品講評しながら、部屋を描くにあたって構成いか大事かというお話をしていただきました。

構図や描いている小物、インテリアによってストーリー演出できて、どんな人が住んでいるかが感じられるそうです。

今回は課題は構図のトレーニングとなりました。

[]


講師:作田真知子(元福音館書店 編集者)

f:id:parekura:20161108001402j:image


課題「『おいも』をテーマに絵本のダミーをつくる」の講評

今の季節にぴったりの『おいも』をテーマに作ってきたラフを発表しました。

それぞれが前に出て声に出して読み聞かせをしました。

作田さんが編集者の立場から良い部分と良くない部分を指摘し、より良くなるようアドバイスしていただきました。



ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)

ピッキーとポッキー (幼児絵本シリーズ)

11/05 (Sat)

[]



講師:赤勘兵衛(イラストレーター)


f:id:parekura:20161106224847j:image

最初に絵を描くにあたって大事なことについてお話していただきました。

『感じる』ことが一番大事で、観念的に描かないことだそうです。

自分の感じ方がその人の個性になるんですね。

その後、資料をみながら『パース』について講義していただきました。

一点透視、2点透視、3点透視など、パースの基本的な描き方を

赤さんがホワイトボードに描きながら分かりやすくご説明していただきました。

次回はパースを使った絵を描く宿題が出ました。

前回の宿題の『足のデッサン』とあわせて講評していただきます!



四季の描き方 (玄光社MOOK)

四季の描き方 (玄光社MOOK)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

[]


講師:布川愛子(イラストレーター)


f:id:parekura:20161106224846j:image

最初に布川さんが初めてお仕事をした装画のお仕事をプロジェクターを使って見せていただきました。

その後、事前に集めた布川さんへの質問にお答えいただきながら、イラストレーターのお仕事についてお話していただきました。

中でも海外でのお仕事のお話はとても興味深かったです。

ひとつひとつのお仕事を丁寧にしっかりとしていくこと。それがまた次のお仕事に繋がっていくお話など

これからお仕事をしていく生徒さんたちに様々なアドバイスをしていただきました。

11/02 (Wed)

parekura2016-11-02

[]


8期絵本コース卒業生で、現在は絵本コースで講師をしていただいている、やぎたみこさんの絵本ほげちゃんシリーズ最新刊ほげちゃんとこいぬのペロ』が、偕成社より発売されました!


明日3日(木)より、神保町のブックハウス神保町にて、刊行記念原画展が開催されます

原画全点、制作ファイル、模型などの展示や「おはなし会&大すごろく大会」もあるそうです。


ほげちゃんとこいぬのペロ」絵本原画展


11月3日(木)〜14日(月)

11:00〜18:30

水曜定休(水曜日が祝日の場合は営業




★やぎたみこ×朗読楽団

「おはなし会&大すごろく大会


朗読楽団のみなさんによる生演奏つきの絵本読み聞かせと、ほげちゃんすごろく(ブックハウス神保町バージョン大会。勝者には素敵なプレゼントがあります


11月6日(日) 13:00〜/15:00〜(各回約70分) 

無料・要予約(各回先着30名)


ブックハウス神保町

千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1階

03-3261-5691


ほげちゃんとこいぬのペロ

ほげちゃんとこいぬのペロ

10/31 (Mon)

parekura2016-10-31

[]


パレットクラブ卒業生で、現在はイラスト基礎コースイラストコースで講師をしていただいている、信濃八太郎さんが参加される3人展が、明日1日(火)より、外苑前のGALLERY DAZZLEにて開催されます


「自分にとって『スポーツイラストレーション』といえば、小学二年生の頃に学校の図書館で見つけた湯村輝彦さんの

作品集にあった絵が原点です。信濃八太郎」(ギャラリーHPより)


信濃八太郎 山崎杉夫 田沢ケン

SPORTS


11月1日(火)〜6日(日)

12:00〜19:00 (最終日17:00まで)


GALLERY DAZZLE

港区北青山2-12-20 #101

03-3746-4670

10/30 (Sun)

[]

講師:伊藤弘グルーヴィジョンズ代表


f:id:parekura:20161031173211j:image

前回の授業でそれぞれに出された課題の講評でした。

キャラクター動画、一枚絵、挿絵プロダクトなど、それぞれが提出しました。

新しい事に挑戦して更にそれぞれの可能性が広がってきたようです。

その作品に伊藤さんがそれぞれにアドバイスし、次回はブラッシュアップしてくることになりました。

f:id:parekura:20161031173245j:image

更なる展開が楽しみです!

[]


講師:立本倫子[colobockle](絵本作家/イラストレーター

f:id:parekura:20161031174205j:image


実技「仕掛け絵本をつくる」

前回考えたアイディアとラフスケッチをもとに描いた絵本を製本する実技をしました。

f:id:parekura:20161031174235j:image


皆さん、さまざまなアイデアで3分割の仕掛けをいかした面白い作品が完成しました!

合評では、生徒さん同士、質問や感想がたくさん飛び出しました。


ゆきあそび

ゆきあそび

10/29 (Sat)

[]



講師:赤勘兵衛(イラストレーター)


f:id:parekura:20161031162755j:image


実技『手のデッサン

多様化している時代でどのように絵を描いていくかというお話がありました。

自分の見方、自分の価値観を決めて、その対象を描くということでした。

自由に描く』ことが大事なんですね。

デッサンに関しても一つの画面のなかに対象をおさめるという決まりはなく自由に描いていいとのことでした。

後半は、一人、一人丁寧に宿題の手のデッサンを講評していただきました。



四季の描き方 (玄光社MOOK)

四季の描き方 (玄光社MOOK)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

鳥の形態図鑑 (細密画シリーズ)

[]


講師:前田晃伸アートディレクター/グラフィックデザイナー)



f:id:parekura:20161031172102j:image

課題「POPEYEに掲載するイラストレーションを描く」の講評。


POPEYEらしい絵を描いてきて欲しかったわけではなく、素材としてマッチする絵をみてみたかったそうです。

それぞれの作品に対して、具体的に良くなるようにご指摘いただきました。

イラストレーションを描く際に対象洋服人物食べ物など)を良く知ることがとても大事だそうです。

知っておくことで見た人に伝わりやすいんですね。

実践的なアドバイスも多く、生徒さんも『とてもためになりました』との感想がありました。

10/27 (Thu)

parekura2016-10-27

[]


16期イラストコース卒業生のきくちまる子さんの個展が、明日28日(金)より、表参道のオーパ・ギャラリーにて開催されます


「レーンの上を皿に乗った旬の寿司が流れてくる。寿司が流れてゆく姿はまるで川の流れのようである回転寿司からは日本の四季景色が見える気がした。そんな景色が見たくて今回私はこの展示作品を描きました」(ギャラリーHPより)


きくちまる子 個展

「草花山鮨図」


10月28日(金)〜11月2日(水)

11:00〜19:00(最終日17:00まで)

オープニングパーティー:初日 18:00〜20:00


OPA gallery(オーパ・ギャラリー)

渋谷区神宮前4-1-23-1F

03-5785-2646

10/25 (Tue)

parekura2016-10-25

[]


16期絵本コース卒業生の林優希さんと16期土曜イラスト基礎コース卒業生の松尾布祐子さんの2人展が、本日より、東中野のポレポレ坐にて開催されます


『描きたいままに』

絵を描く

ひとりぼっちで描く

わたしの中の

本当のわたしが 目を覚ます

絵の具の触感

墨のにおい

キャンバスを掻く音

にじみ、ゆがみ、まざった色

描き上げた瞬間

ひとつ気もちが落ちつくけれど

すぐに別の気もちが

押し寄せてきて

わたしたちは

今日もねむれない。



優希×松尾布祐子 『描きたいままに』


10月25日(火)〜30日(日)

火〜土:11:30〜23:00/日:11:30〜18:00

入場無料

※作家在廊中は作品販売をします


ポレポレ坐

中野区東中野4‑4‑1 ポレポレ坐ビル1F

03-3227-1405

10/23 (Sun)

[]


講師:松田素子(編集者)


f:id:parekura:20161024232113j:image


まず最初に松田さんが編集された絵本を紹介していただきながら、商業出版するとはどういうことなのかについてお話くださいました。

それから、それぞれが持参した自分にとってのお気に入りの「絵本」について具体的に好きな部分を発表しました。

絵本としてどういいのか、その絵本の表現のなかで、どこか一箇所だけでも「具体的」に、「ここ」が自分は好きだとか、「ここ」に絵本としてのスゴさを感じるとか、

言えるようにしてくることがポイントでした。

発表後、絵本を作るにあたって必要なこと、大事な部分についてお話下さいました。

『絵本の土台作りをしっかっりとあせらずやると、テクニックではなく自分の中にあるもの大事にすること。』

など、松田さんの編集に対する思いなどもお話くださいました。


f:id:parekura:20161024234510j:image

松田さんが編集された絵本の数々

10/22 (Sat)

[]

講師:早乙女道春イラストレーター


f:id:parekura:20161024160502j:image


実技「ミュージシャンをクロッキーする」

今回はBloodest Saxophoneのサックスの伸太郎さんをモデルにクロッキーしました。

f:id:parekura:20161024161341j:image

クロッキーをする意味として、普段私たち観念でモノを見ているので、良く見る事によって人間の体の動き面白さに気がついて欲しいとのことでした。

『絵を描くことに正解はない。描いたもの見て自分でびっくりできたらOK!』という言葉はとても新鮮でした!

f:id:parekura:20161024161342j:image

今回のモデルの伸太郎さんの演奏も素晴らしかったです!

[]



講師:河村ふうこイラストレーター

   吉岡ゆうこイラストレーター


f:id:parekura:20161024221458j:image


<課題>

『1.百貨店商業施設ポスター 2.書籍の表紙』

自分のしたい仕事をイメージして、どちらかの一枚絵を描いてくる

本の装幀、雑誌の表紙、絵本の一場面、デパートポスターなどの作品が並びました。

それぞれの良い部分と更に良くするためにはどうしたら良いかを丁寧に講評していただきました。

パレット卒業生のお二人ならではの背中を押してくれるような暖かいアドバイスや、

プロとして仕事をする上での心構えについてもお話くださいました。


f:id:parekura:20161024224421j:image

吉岡さんが手がけられた最近のお仕事

10/16 (Sun)

[]


講師:大島依堤亜(アートディレクター


f:id:parekura:20161017000634j:image


<課題>

『同じモチーフを色々な大きさ、比率で描いてみる。』

好きな題材で、3つのサイズで同じモチーフを描いてくるという課題でした。

お仕事のときは仕上がりサイズ指定がきまっています。

サイズによってタッチトリミングをどう対処するかがポイントとなりました。

トリミングと簡略化の関係性についてのお話はとても興味深かったです。

大島さんが、作品を見て、それぞれに次回の課題が出されることになりました。

次回の展開も楽しみですね!

[]


講師:高畠那生(絵本作家)

f:id:parekura:20161018023859j:image

前半は高畠さんの絵本の作り方についてお話いただきました。

絵本作家になるためには自分が作りやすい絵本のタイプを見極められるようになると良いとのことでした。

後半はプロジェクターを使って、高畠さんのワークショップの活動をご紹介くださいました。

また、高畠さんの絵本を何冊も読み聞かしてくださり、その本についてのエピソードなどをお話くださいました。

f:id:parekura:20161018031601j:image



チーター大セール

チーター大セール

みんなにゴリラ (はじめてえほん)

みんなにゴリラ (はじめてえほん)

まってるまってる

まってるまってる

10/15 (Sat)

[]


講師平澤まりこイラストレーター


f:id:parekura:20161018003351j:image


課題

ハガキ大の紙4〜8枚で自己紹介をしてくる。』

紙はどのように使っても良く、組み合わせても、カードのようにしてもOKという課題でした。

どんなひとなのか、どんなことをしたいのか、それぞれがそのカードを使って自己紹介しました。

紙のサイズを揃えて、同じ形式で描いてみることで内容が際立ったり、個性が出て、自己紹介がより伝わりやすいとのお話でした。

個性あふれる作品が並び、とても面白かったです!


コーヒーの絵本

コーヒーの絵本

[]


講師坂崎千春絵本作家イラストレーター


f:id:parekura:20161017000633j:image


課題

書店キャラクターイラスト制作する』(イラストは、ブックカバー、栞、名刺などに使用することを想定。)

書店は次のAとBのどちらかを選んで描く。

A「ペンギンブックス」   B「シロクマ書房



最初にそれぞれが作品の前でプレゼンしたもの坂崎さんに一通りみていただき

そのあと、課題作品のなかでのコンペをして、坂崎さんも含め、全員が投票しました。

優勝者には坂崎さんの作品集プレゼントされました!

今回の課題クライアント意図に合わせて作品を作るトレーニングとなりました。

また投票する(選ぶ)ことでクライアント側にも立とことができて、とても勉強になりました。


最後キャラクターイラストレーション普通イラストレーションの違いについてのお話をしていただきました。

キャラクターは単体でどこの世界でも成り立つ存在であるというお話が印象的でした。



授業のあとに生徒さんたちと記念撮影

f:id:parekura:20161018003210j:image



イラストのこと、キャラクターデザインのこと。

イラストのこと、キャラクターデザインのこと。

ペンギンゴコロ

ペンギンゴコロ