Hatena::ブログ(Diary)

音波の薄皮 Twitter

2014-06-17 (火) くもり

未完成未完成 / bloodthirsty butchers (1999)

本日は面接なり。書類の用意をしていたら、急に「ファウスト」のイントロギターが頭の中を回り出したので再生。朝からbloodthirsty butchersということは、それなりに緊張感があったのだろう。それを打ち崩してくれる音楽がたまたまこれだった、と言うわけだ。

TRYANGLE (通常盤)(イベントチケット優先販売抽選申込券)TRYANGLE / ALTIMA (2014)

面接への往路に。うっかりして大江戸線の乗る方向を間違えてしまった。どっか心が覚束なかったのだろうか。しっかりしろよ、自分。

ALIVE (通常盤)(SHM-CD)ALIVE / 上原ひろみ (2014)

帰り道に上原ひろみ。ZX1がしっかりドライブしてくれるので、地下鉄の中でもストレスなく聴ける。耳に厳しい音質ではないので、ボリュームを上げても快適。上原ひろみはハイレゾを十分に満喫出来る音源だ。

Aloha PolydorAloha Polydor / Fishmans (1999)

帰宅後に。すっかり気が抜けてしまったので、昼間からビールなぞを空けてまったりと。「ゆらめきIN THE AIR」の辺りでは、もうすっかりアルコールも頭から抜けてしまった。

NEVER SOLD OUT 2NEVER SOLD OUT 2 / LUNA SEA (2014)

今さらなのだが、河村隆一というのは実は滅茶苦茶歌の上手いおじさんなのではないかと思い始めてきた。このライブ盤を聴いていると、まずピッチが全くぶれない。歌ごとに歌唱スタイルを変えながらも、特性は一貫している。どんなBPMの曲を歌わせても、相当に安定している。表現力が強いと言ってもいいかもしれない。このおっさん、ちょっと見直してしまいましたよ。

氷の世界-40th Anniversary Special Edition (DVD付)氷の世界-40th Anniversary Special Edition / 井上陽水 (1973/2014)

ポリドール4部作の中では、実は最も聴いていないアルバムなのだけれども、何度も聴いていると段々と説得力を持って訴えかけてくるものがあるな。でも付属DVDを見ても、なぜこのアルバムがそこまで支持を得たのかが見えてこない。それはきっと、40年後に宇多田ヒカルの『First Love』を初めて聴いた人が同じように感じるものでもあるかもしれないな。そのシチュエーションを見届けたいとは思うが、その前に自分の寿命が来ている気がしてならない。

First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)First Love / 宇多田ヒカル (1999)

CDにて再生。

うん、やはりシングル曲以外の楽曲の印象がもの凄く軽いのだよね。これは発売当時から印象が全く変わっていない。時が経てば化けるかとも思ってもみたけれども。果たして700万枚売れる価値があったか?となると結構な疑問が残る。やはりそれは作品のクオリティ云々ではなく、尋常ではないインパクトでデビューしたアーティストに対する期待値での売り上げだったのではないかと今なら思える。

fo:rest / Ann Sally (2010)

子守歌ですな。