とあるブログ このページをアンテナに追加

2005-07-03

[]勘違い 勘違いを含むブックマーク

子どもはみなブログを持て!読売新聞

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング読売新聞

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止共同通信


インターネットって匿名性が高いですが、それは個人情報とか公開しちゃうというのはプライバシーを自分で公開するのと同じなわけで、2chとかだと断片的な情報をつなぎ合わせて、直接的な言及はされて無くても間接的な情報から個人の特定までいくことなどいくらでもあるわけで、ネットを見くびっているというか何というか。

だいたい、どれだけインターネットが役に立っている?

今「趣味インターネットです」なんて言えない世の中じゃないですか。そうじゃいけないわけですが、悪の温床なんて言い方がされるのは、情報の取捨選択もできないおバカさんが多いからでしょ。きちんと教育さえしてやればいいんですけどね。ほら、5年くらい前にはあったでしょ、「ネチケット」って言葉。

ブログ教育ツールの一つにすると言う考え方も同じで、ものを言う力を高めるためにブログを使うというのではダメ

確かに文章を書く力とかは上がるかもしれないけど、面と向かって言葉を言うのとは質が違う。要は論を戦わせて説き伏せる力が必要なわけで、そういう方面で有用なのはブログじゃなくてディベートとかじゃないのか。

まあ、今の教員がディベートさせられるかっていうとどうもそういう風にも思えないので、教員の養成から始める必要がありそうですけどね。

Connection: close