Pater’s Shop & Gallery

PATER'S Shop and Gallery
〒150-0001 渋谷区神宮前2-31-18
TEL.03-3475-4947
FAX.03-3408-5127
patersato@paters.co.jp
http://www.paters.co.jp

2017-06-09 「ねぶか展」

2017年6月9日(金)〜6月21日(水) 木曜定休

「ねぶか展」

7年ぶりに「ねぶか展」やります。

7年ぶりに「ねぶか4」を作ります。ねぶかとは、オールカラーの絵の冊子です。

ねぶかに意味はありません、それぞれが好きに描いています。

新しい人も加わって、2017年のねぶか展です。

ぜひ、見にいらしてくださいね。

大竹悦子 https://ohtake-etsuko.jimdo.com/

蒲田育  http://ikukabata.web.fc2.com/works.html

井上亜矢子 http://home.a09.itscom.net/heboso

岩永達矢 http://iwanagasan.jimdo.com


f:id:paters:20170609135235j:image

f:id:paters:20170609134913j:image

f:id:paters:20170609134909j:image

f:id:paters:20170609134853j:image

f:id:paters:20170609134850j:image

f:id:paters:20170609134843j:image

f:id:paters:20170609134839j:image

f:id:paters:20170609134836j:image

2017-06-02 日隈和久 個展「生物画展」

2017年6月2日(金)〜6月7日(水)

「生物画展」

日隈和久

頭に浮かんだ生き物を捕獲し、標本画のように画面に定着する作業を開始して、約 1 年。 そこから集積されたイメージはとりとめもなく、すこし手に負えなくなりました。 人間の未来の形はどうなっているのだろう? 昆虫や、魚類のように、数億年もの間、形を変えずに存在する生命体に、体の一部を変化させ たら最強じゃないか? 空を飛び、地中に潜り、海底に潜み、無駄のない代謝機能と、攻撃性を持った生物に、人類が 進化しているかもしれない。生殖 / 交配による遺伝的な変化、進化に意味はなく、作為的な改 造が、遺伝子操作などで簡単に行われ、飛躍的な発達が成されるにちがいない。 また、個のアドバンテージを求める反面、あるものは慈愛により、他の人間の食料になるよう な体躯をわざわざ開発し、アイデンティティーを求めるかもしれない。

あぁキリがない。 答えは遠い雲の上かもしれません。 さて、この機会に、捕獲した生物 (イキモノ) 画を、展示させていただけることになりました。 どうぞお誘い合わせのうえ、ふるってご参加、ご高覧くださるようお願い申し上げます。

Kazuhisa Higuma

Born in tokyo, Japan in 1959. Worked for Japanese advertising and design production Bear’s Inc as a

Representative director/creative director/art director. Began painting on acrylic on canvas since last year.

“ Awards ” 1982 PARCO Japan Graphic Awards. Competition selected. 1985 Gold Picture Book Award(kin no ehon syou). Competition selected 2016 Modern Artists Association. Competition selected 2016 Daiithi bijyutu Association. Competition selected 2016 Kanagawa Prefecture Art Exhibition. Competition selected and more

HP http://higuma.net/higuma_art FB https://www.facebook.com/kazuhisa.higuma

檄文

タマグラ(多摩美術大学グラフィックデザイン学科 )時代の朋友、アートディレクターデザイナーの「ヒグマ」が個展をやるという。それもポスター展とかではなく絵画展。「ヒグマ」の タマグラ時代の描写力はピカイチで、タマグラ名物、基礎課程絵画表現演習においては他の学 生の追従を許さない、まさに神ってる「ヒグマ」であった。そこから一転、タマグラ卒業後は 広告及び出版等のアートディレクター & デザイナーとなり、グラフィックデザインの分野で輝 かしい実績を残してきた。その「ヒグマ」が再び絵画に戻ってきたというわけだ。一年程前に 絵を描きたいという衝動にかられて、描き 始め、描く絵のサイズも50号、80号とだんだん大 きくなってきているという。その衝動の要因には社会的な背景、個人的な事情などがあったの かもしれないが、そんなことはどうでもいい。60歳近い人間が絵を描きたいという衝動にから れること自体がかなり素敵なことなのだから。そしてその後の作品を作り続けていく持続力。 そのエネルギーの喪失量たるは若者が作品制作をする場合よりもかなり大きいものであるはず だ。しかし、そのエネルギーの喪失なんていうマイナス要因も「ヒグマ」にとってそれはすで にどうでもいいことになっていて「絵を描いている時は楽しい。」といってしまえるぐらい、「ヒ グマ」にとってプラスの状況に転化させてしまった。そんなわけなので、今回の「生物 (イキモノ ) 画展」は純度の高い、類稀な本物の展示だ。エスプリの効いたタイトルはもとより、近未来的 な不思議な世界を、学生時代から全く衰えていない巧みな筆致で描いた数々の素晴らしいアク リル画。それはポップでクレイジー & アメイジングでワンダフォー ! 是非ともペーターズ・ギャ ラリーに足を運んで生の「生物画」と向き合って堪能していただきたい。そしてさらに、精力 的に描き続けるであろう「ヒグマ」の今後の活躍にも大いに期待しよう。

スージー甘金

f:id:paters:20170602125130j:image

f:id:paters:20170602125126j:image

f:id:paters:20170602125121j:image

f:id:paters:20170602125118j:image

f:id:paters:20170602125114j:image

f:id:paters:20170602125110j:image

f:id:paters:20170602125106j:image

f:id:paters:20170602125102j:image

2017-05-31 日時訂正と6月の展示のお知らせ

※開催中の展覧会『イラストレーション対話展9』ですが、HP等の日時が最終日6/31となっておりました。

本日最終日となります、大変失礼いたしました。

6/2から新しい展示が始まります。

お間違えのないよう宜しくお願いいたします。

 

 

ペーターギャラリー6月の展示のお知らせ*

 

***

2017年6月2日(金)〜6月7日(水)

日隈和久 個展

「生物画展」

http://www.paters.co.jp/schedule/2017/20170602.html

f:id:paters:20170310153927j:image

***

 

***

2017年6月9日(金)〜6月21日(水) 木曜定休

「ねぶか展」

7年ぶりに「ねぶか展」やります。

7年ぶりに「ねぶか4」を作ります。ねぶかとは、オールカラーの絵の冊子です。

ねぶかに意味はありません、それぞれが好きに描いています。

新しい人も加わって、2017年のねぶか展です。

ぜひ、見にいらしてくださいね。

f:id:paters:20170419182709j:image

大竹悦子 https://ohtake-etsuko.jimdo.com/

蒲田育  http://ikukabata.web.fc2.com/works.html

井上亜矢子 http://home.a09.itscom.net/heboso

岩永達矢 http://iwanagasan.jimdo.com

***

2017-05-26 イラストレーション対話展9「震災に向き合う」

2017年5月26日(金)〜5月31日(水)

イラストレーション対話展9「震災に向き合う」

高橋庸平、甲賀正彦

2009年から毎年行っている2人展「イラストレーション対話展」の第9回目を開催します。この企画展では、イラストレーションの2人展という展示形式を通じて、言葉による対話のようなコミュニケーションの形を模索しています。今回は「震災に向き合う」をテーマとしました。ぜひご覧ください。(高橋庸平)

高橋庸平

1981年千葉県生まれ。2005年多摩美術大学大学院博士前期課程デザイン専攻修了。同大学グラフィックデザイン学科助手、東京工科大学デザイン学部助教を経て現在、多摩美術大学非常勤講師、同大学大学院博士後期課程在学。受賞:FUKUDAポスター大賞2005 一般の部 最優秀賞、第2回東京装画賞2013 アルジョウィギンズ賞、日本ブックデザイン賞2016 一般の部 ブックジャケット・文庫判部門 金の本賞、Golden Bee 12 モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ Golden Bee 賞。

甲賀正彦

1965年東京都生まれ。東京藝術大学大学院修了。東京工芸大学デザイン学科 准教授。受賞:第10回グラフィックアート3.3m2展 グランプリ、第23回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ2012 銅賞、日本ブックデザイン賞2015 一般部門 カテゴリーA(四六判北越紀州製紙株式会社賞(特別賞)、日本ブックデザイン賞2016 一般の部 ブックジャケット・四六判部門APM賞〈特別賞〉/国際展参加:ラハティポスタービエンナーレ、ブルノグラフィックデザインビエンナーレメキシコポスタービエンナーレヘルシンキポスタービエンナーレ、4thBlockポスターコンペティションウクライナ)、上海ビエンナーレボリビアビエンナーレ

f:id:paters:20170526122803j:image

f:id:paters:20170526122759j:image

f:id:paters:20170526122755j:image

f:id:paters:20170526122751j:image

f:id:paters:20170526122747j:image

f:id:paters:20170526122743j:image

f:id:paters:20170526122739j:image

2017-04-14 「ペーター佐藤原画展」

2017年4月14日(金)〜4月26日(水)木曜定休

ペーター佐藤原画展」

ペーター佐藤の初期のエアブラシ作品を中心に展示しております。

松任谷由実さんが1975年6月にリリースした3rd アルバム『COBALT HOUR』のジャケット原画などもご覧いただけます。

宜しくお願いいたします。

f:id:paters:20170414140949j:image

f:id:paters:20170414140948j:image

f:id:paters:20170414140947j:image

f:id:paters:20170414140946j:image

f:id:paters:20170414140945j:image

f:id:paters:20170414140944j:image

f:id:paters:20170414141405j:image

f:id:paters:20170414140937j:image