Hatena::ブログ(Diary)

pausety123の日記

2016-10-17

宇宙鳩がまた何か

双方あの手この手と考えているんだろうけど工事が遅れたことに対する損害賠償請求かね。確かに承認の撤回となると、「それはそっちの都合だろう。どうしてくれるんだ」と言われるわなあ。いつまでもそんなことしていないでとりあえず普天間の危険除去で辺野古移設合意すればいいじゃないか。宇宙鳩がまた何か言っているようだけどPretty renew 旺角、・・。


稲田朋美防衛相は14日の記者会見で、中国韓国政府閣僚による靖国神社に反対していることについて「いかなる国であっても、いかなる歴史観を持とうとも、自分の国のために命をささげた方々に追悼の意を表することは国民の心の問題だ」と語った。ただ、自身の参拝については改Pretty renew 旺角めて明言を避けた。

 
17日から始まる靖国神社・秋の例大祭での自身の参拝に関しても問われ、「参拝するかしないかは心の問題で、行くか行かないということは言うべきではない。安倍晋三内閣の一員として適切に判断して行動していきたい」と述べるにとどめた。


今年で戦後70年。テレビや新聞、雑誌などでも70年前の戦争を振り返る特集を数多見Pretty renew 旺角かけるようになった。その多くは政治のあり方や人々の生活に着目するが、一方で「企業は、技術者は、戦争にどう向き合ったのか」という視点もあるだろう。

 
戦前の技術者といえば、零式艦上戦闘機ゼロ戦)の主任設計者を務めた三菱重工業堀越二郎氏が有名だ。日本は少なくとも、太平洋戦争前半までは数多くの戦闘機を輩出する「航空大国」だった。戦争中盤からは戦局悪化に物資不足が重なり、航空機の開発は鈍るようになったが、それでも終戦間際に二つの画期的な航空機を開発。量産されなかったものの、飛行試験にこぎつけていた。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pausety123/20161017/1476674038
リンク元