ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

理想未来はどうなった? このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-10-11

スワップ領域の操作 mkswap / swapon / swapoff

Linux基本のおさらい。
スワップ領域の操作についてまとめてみました。

スワップ領域の作成

スワップ領域を作成するにはmkswapコマンドを使います。

# mkswap /dev/sda3

システム構築時にスワップ領域を構築していなかった場合でも、スワップファイルを作成するこでスワップ領域を追加することも可能です。

# dd if=/dev/zero of=/var/tmp/swap.img bs=1M count=1024
# mkswap /var/tmp/swap.img



スワップ領域の有効化

作成したスワップ領域を有効にするにはswaponコマンドを使います。

# swapon /var/tmp/swap.img

/etc/fstabに記載することで、システム再起動後でも使用できるようになります。

/var/tmp/swap.img         none                    swap    defaults        0 0


fstabに記載された全てのスワップ領域を有効にするには-aオプションを指定します。

# swapon -a


スワップ領域の確認


スワップ領域は /proc/swapsを表示することで確認できます。

# cat /proc/swaps
Filename				Type		Size	Used	Priority
/dev/sda3                               partition	2096440	0	-1
/var/tmp/swap.img                       file        524280    0    -2

swaponコマンドでも-sオプションを指定することで確認することができます。

# swapon -s
Filename				Type		Size	Used	Priority
/dev/sda3                               partition	2096440	0	-1
/var/tmp/swap.img                       file		524280	0	-2


スワップ領域の無効化

作成したスワップ領域を無効にするにはswapoffコマンドを使います。

# swapoff /var/tmp/swap.img

優先度の指定

スワップ領域は優先順位の高い順に使用されます。
違う優先順位の場合、優先順位が高いものの空き領域が無くなった場合に次の優先順位のものが使用されますが、優先順位が同じ場合は分散して使用されます。


優先順位を指定するには、swaponコマンドの場合-pオプションで指定します。

# swaopn -p 3 /var/tmp/swap.img


fstabの場合 priオプションで指定します。

/var/tmp/sdb1         none                    swap    sw,pri=3        0 0
/var/tmp/sdc1         none                    swap    sw,pri=3        0 0
/var/tmp/sdd1         none                    swap    sw,pri=3        0 0
/var/tmp/sde1         none                    swap    sw,pri=1        0 0

上記の場合、sdb1、sdc1、sdd1については同じ割合で使用されていきますが、sde1についてはsdb1、sdc1、sdd1の空き領域が無くなった場合に使用されます。

関連記事

[Linux]ionice -- I/Oスケジューリングクラスおよび優先度を設定/変更する
[Linux]inotail -- パフォーマンスが良いtailコマンド
[Linux]sarコマンドによるリソース使用状況推移の確認
[Linux]Linux メモリ解放のおまじない
[Linux][レンタルサーバー]お名前.com レンタルサーバーVPSのスペック

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pcmaster/20101011/p1
Connection: close