ごめんね日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-03-04

[]「お勢登場」

江戸川乱歩短編再構成した舞台。「お勢登場」「二銭銅貨」「D坂の殺人事件」「二廃人」「押絵と旅する男」「木馬は廻る」「赤い部屋」「一人二役」の8本の短編から構成されています

普段、芝居を観るときに「予習」というものをまったくしない(原作を読んでいくとか)タイプなんですが、これは読んでいったほうがより楽しめたかなーという気がしました。というのは取り上げられている作品のうち読んだことのある作品の部分がぐっと面白く感じられたからなんですよね。特に物語を形作る大きな枠になっている「二廃人」と「お勢登場」は読んでいた方がいろんな仕掛けに気が付けて面白かっただろうなーという気がしました。

黒木華ちゃん、ファム・ファタールとでもいうべきか、小悪魔的な役柄でよかったです。あの長押しのカギをかけてしまうシーンの揺れる感じが印象に残ってます千葉さんとはいりさんのやりとりはさすがの安定感。例によって全キャストを把握しておらず、席も遠かったので、若い男の子が二人いるけど声で判別できない…と思ってたら川口覚さんと水田航生さんでした。二銭銅貨の話はこのふたりがメインだったのですが、自分が好きな話というのもあって楽しかったです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/peat/20170304/p1