ごめんね日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-04

[]「三月歌舞伎 夜の部」

「於染久松色読販」。玉三郎さんの土手のお六、仁左衛門さんの喜兵衛の顔合わせ。お染の七役は七之助さんで拝見したことがありますが、そのときも(あの早替えが大きな眼目となっている中)じっくり見せてもらえるこの莨屋のシーンはとっても印象的で、七之助さんのお六も勘九郎さんの喜兵衛もすごく良かっただけに、それを仁左玉でとは!見に行かないわけにいかないでしょコレという。
玉さまお六、伝法な口ぶりだけど情のある感じとか、仁左さま喜兵衛のワルの魅力爆発ぶりが堪能できる莨屋の場はもちろん、瓦町油屋の場でのおふたりの人を食った芝居ぶりがなにしろ最高。ゆすりが見事に失敗したのに強請った方にも強請られた方にも愛嬌があって楽しい場面に仕上がっているのがすごい。花道でのやりとりまで隙なく楽しめました。

神田祭」。個人的に今回チケットをとった最大のお目当てが「於染久松」のほうだったので、そういえば神田祭も仁左玉コンビだったワーイお得きぶん!とか思ってたんですけど、あーた。そんなね、お得!とか言ってる場合じゃなかった。時間にして約20分ぐらいですかね、もう、脳内の開いちゃいけないフタが開きっぱなしになったぐらいすごい20分間だった。眼福とか目の正月とか言いますけどそれを濃縮還元したようなあれだよ(どれだよ)。仁左衛門さまの鳶頭、玉三郎さまの芸者、いい男といい女を絵に描いて3次元化したらこうなりましたみたいな佇まいだし、しかも!芝居の中で!いい男といい女の極北が!じゃらつく!やばい!もう、語彙もしぬよ!客席全員がふたりにあてられて尊い…と手を合わせながら焼け野原になってるイメージでした。実際、ふたりがふっと目線を交わすたびに身もだえしたし、頬を寄せる仕草にいたってはハアっ…!という声にならない声がもれたし、なんなら私の前後左右全員もれてた。ありゃもれる。もれます花道でここぞ!というタイミングで「ご両人!」の大向うがかかって、さっとそれに仁左さまが照れてみせる仕草があったりして、いやもうこれ永遠に観ていられるやつや…と思いました。本当すごい。この私の文章で皆さんが想像する、その想像の100倍ぐらいすごいです。幕見でもいいのでぜひ見に行ってほしいです。そしてキミも一緒に焼け野原になろう!

「滝の白糸」。新派の名作、ということでもちろん名前は知っています初見です。あらすじもあまり把握せずに見ました。歌舞伎をよく見るようになってから、今までこれはちょっと好みじゃないなと思うような舞台でもぐっと好きになれたりって経験が数多くあったのですが、新派にはなかなかふれる機会がなかったんですよね。筋立てとしては面白い所もあったんですが、好みかといわれるときびしいところだなと思いました。自分はああい悲劇に美しさを感じられるタイプの人間ではないのだった。あと、そりゃまあどうしてもそうなっちゃうよねってのはわかるんですけど、場の転換で気持ちが切れちゃう。白糸の最後裁判のシーンは、背中で語らせる非常に難しい芝居で、これは壱太郎くん挑戦しがいがあるだろうなーと思いましたね。松也さんの欣弥も説得力のある芝居ぶりでよかったです。

ひまねこひまねこ 2018/03/10 21:03  本日新国立劇場で「赤道の下のマクベス」を見てきました。これまで見たいと思いつつ逃してばかり、ま、個人的事情諸々で「焼肉ドラゴン」初演も再演も指をくわえて眺めていたのですが、今回朝日新聞だったか鄭さんの記事を見て、チケットを取りました。
 戦時中の捕虜虐待の罪に問われ、死刑宣告を受けたBC級戦犯の話と聞くと、それも朝鮮人が責任を問われた理不尽な事実など辛くて見ていられないか、もちろん目を背けることは出来ないとはいえ・・・と身構えていましたが、芝居として面白い。どんな状況に置かれても、人間は悲しくもおかしな存在で・・・。でも、最後は芝居を観てめったに泣かないけれど・・・・ハンカチを必要としてしまいました。
 というわけで、まだこれから兵庫県立芸術文化センターでも公演があるので、ご都合があうようでしたら、ぜひご覧下さい。そしてピートさんの劇評をぜひお願いしたいです。

peatpeat 2018/03/13 00:25 >ひまねこさん
コメントありがとうございます!すごくよいお芝居だったのですね〜。残念ながら「赤道の下のマクベス」兵庫公演には行けなさそうなのですが、どこかで放送される可能性にかけたいと思います!

ひまねこひまねこ 2018/03/16 19:43 ピートさま
 お騒がせしました、つい、興奮してしまい・・・芝居ってやっぱり面白い、なにしろ演じ手と観客が同じ時間を共有するってことで、アナログの魅力を感じてしまいました。お騒がせしてしまいました。ついつい、興奮の1週間って感じで(トホホ)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/peat/20180304/p1