ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自転車で遠くへ行きたい。 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-11-09

自転車小説を書きました。タイトルは「追い風ライダー」

13:23 | 自転車小説を書きました。タイトルは「追い風ライダー」を含むブックマーク 自転車小説を書きました。タイトルは「追い風ライダー」のブックマークコメント

f:id:pedalfar:20121109124250j:image:w240:left三年ぶりに本を出します。初めて小説を書きました。自転車小説です。タイトルは「追い風ライダー」。

ロードバイクに乗り始めてから走った様々なコース、沢山見た景色、そこで出会った人たち、自転車を通じて知り合った多くの自転車乗りの方々、そんな記憶の断片が重なり合い、つながり、このストーリーになりました。

帯に書かれたコピーは「自転車は、人生も遠くまで連れて行く。彼と彼女と自転車の、勇気と再生のストーリー」。ちょっと気恥ずかしいコピーですが、著者的には、まさにそういうストーリーを書いたつもりです。

前の二冊は「事実だけを書く」と決めて書きましたが、この本は小説として僕の自転車乗りの夢(妄想?)も交えて書きました。いろいろ苦労しましたが、書いていて楽しかった(^^

内容は、緩やかにつながった5つのストーリーで構成されていて、それぞれのストーリーにモチーフとなるコースがあります。

・奥多摩大回りコース(武蔵五日市から鶴峠、奥多摩湖を通って青梅まで)

駒沢公園サイクリングコース

・荒川サイクリングコース

・ランドヌールクラブ埼玉 チャレンジ霞ヶ浦200km

ツール・ド・おきなわ 市民210kmレース

登場人物はなんらかのカタチでそれぞれのコースを走り、何かを感じ、それを「追い風」として前に進んでいきます。

最初のストーリーは、僕自身のある体験を元に書き始めたストーリーです。そして、このストーリーを書いていたちょうど一年ほど前に、ある自転車友だちが亡くなりました。ほんの一日前にネット上で見かけた彼の書き込みは、そのままぷっつり途絶えました。このストーリーは彼に捧げたいと思います。

2つめのストーリーは、自転車と猫と女の子同士の友情という、私の「好きなもの」満載のストーリーです。書いていて一番楽しかったのがこれ。

3つめのストーリーは、人生の折り返し地点に立った二人の中年男性の、それぞれの人生の「折り返し方」をテーマにしています。ストーリーを考えながら何度も荒サイを走りました。

4つめのストーリーは、あるブロガーの方が書いてくれた「ロングライドに出かけよう」の書評が発端になっています。そこに書かれたエピソードからイメージが広がってストーリーが出来上がりました。コースのモデルはオダックス埼玉のアタック霞ヶ浦200km。オダックス埼玉のブルベを走ったことのある方ならば、くすっと笑えるところもあるはず。

そして最後のストーリーは、東京と沖縄をつなぐラブストーリーです。これは8年前に某巨大掲示板某スレッドに思いついたプロットのアイデアを書き込んだことが発端になりました。その時はアイデアが続かず頓挫したのですが、構想8年(?)を経て、やっと完結しました。そして僕が二十代のころ大好きだった作家さんのある作品へのオマージュも込めています。その作品を読んだことがある人ならば、きっと気がついてもらえるでしょう。

今回の装丁は数々のベストセラー作品を手がけている鈴木正道さん、そして表紙のイラストは安倍吉俊さんリューシカ・リューシカ!)にお願いしました。鈴木さん、安倍さん、ステキな本に仕上がりました。ありがとうございました。

また取材に協力してくれた皆さん、ステキな写真を提供してくださった方々にも感謝します。ありがとうございました。

自転車が好きな人、自転車に興味があるすべての人に楽しんでもらえるストーリーだと思います。そして過去に書いた二冊と同じく「読み終わった後にはサドルの上にいたくなる本」を目指して書きました(^^ 沢山の人に読んでもらえれば嬉しいです。そして読んだあと、皆さんに僕がこのストーリーに込めた「追い風」の意味が伝わったならば、著者冥利に尽きます。

発売は11月13日。Amazonではすでに予約可能です。

またfacebook「追い風ライダー」ページも作りました。ストーリーにまつわるこぼれ話などをこちらで書いていく予定です。

追い風ライダー

追い風ライダー

優游優游 2012/11/11 16:28 初めまして。ただ今アマゾンで予約しました。
読むのが楽しみです。読んだら感想をブログに書きたいと思います。

nimlothnimloth 2012/11/14 20:21 はじめまして
早速今日、会社帰りに買って、スタバで読んでいます
「桜の木の下で」を読み終えたところですが
いっそう安全運転しようと思いました

pedalfarpedalfar 2012/11/15 01:06 優游さん、ありがとうございます。もし楽しんでいただけたなら、アマゾンの書評も書いていただけると嬉しいです(^^

pedalfarpedalfar 2012/11/15 01:08 nimlothさん、ありがとうございます。実は一話目は私自身の事故体験の反省も込めて書いています。楽しむ前に安全に!ですね。

優游優游 2012/11/18 20:03 ただ今読了しました。大変面白かったです。
感想、ブログにアップしました。
http://youyou-roadbike.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-05d8.html

pedalfarpedalfar 2012/11/19 18:32 優游さん、ありがとうございます!近いうちにこちらのブログで書評を紹介させていただきます。

nekobatorunekobatoru 2012/12/18 10:30 ブロ友さんから この本を プレゼントしていただきました。
その方は 自転車歴 長い方です。 私は 今年の8月から シティサイクルで 走り出し9月末に
クロスバイクを買って ポタリングを楽しんでいます。9月からの走行距離は 1200kmを超えました。

そんな 私に お奨めだよ・・と いただいて読み始めたんですが 最初の数ページで虜になりました。
ゆっくり 味わって読み進めてゆきたいと思います。

takataka 2013/02/19 13:23 こんにちは。今読み終わりました。
私は中年のそろそろ一回ブルベ200Kに出たいなと思ってる自転車のりです。
軽い気持ちで読み始めたのですが、何かすご〜くグッと来ましたよ。
「これで食っていきたい」とか 「勇気の貯金」とか 「なんとなく諦めちゃだめ」とか…
最後は泣いちゃいましたよ。
連作小説としてもすばらしい!(大変僭越ですが)
映画かドラマにして欲しいです。
新作も期待しています。

かんのかんの 2014/07/28 22:35 購入してからしばらくたっていますがKindle化は無いのでしょうか?
各エピソードふとした時に読みたくなるような事があるのですが普段持ち歩いてることは無いのでなかなか読むまでには至りません。
もっと手軽に読めるようになればいいのですが‥

なんだかんだ1番読んでるのツールド沖縄の話です。

シーモシーモ 2015/01/21 09:49 遅ればせながら「追い風ライダー」を読ませて頂きました。
どうしても感想をお伝えしたくてこちらに書き込みすることにしました。
もう、感動の一言です。
中でも「さとうきび畑」は初めて小説で涙しました。
私はロードバイクに乗り始めてまだ半年の新参者ですが、この本ほどではないですが小さなドラマのような経験もし、自転車に乗る事以外にもたくさんの楽しみや喜びがあることを経験しているところです。
「さとうきび畑」、ぜひ映画化してほしいですね!
絶対に面白い作品になると思います。
二人がどうなったかの続きも見たいですしね。

pedalfarpedalfar 2015/01/22 20:39 >シーモさん

感想ありがとうございます。楽しんでいただけたならよかったです(^^
まだはっきりと申し上げられないのですが、今年の半ば以降に続編を出す予定です(今、書いています)。その時はまた書店で手にとっていただけたら嬉しいです。

呑むラー油呑むラー油 2015/06/16 23:28 書店で見かけて迷わず購入したのが夕方。一気に引き込まれてしまって読み終えたのがAM2:00(!)
どーしてくれるんですか!今すぐに走りに行きたくなっちゃったじゃないですか!(笑)
第一話は危なかったです。もう少しで本の上を涙で濡らすトコでした。ギリギリ回避、涙は膝の上に落としました。
全てのお話が爽やかで、胸を熱くされてしまいました。
チャリダ―だからこそ分かる、話の内容。いやー、チャリダ―万歳!
続編、首を長〜くして待ってます。
素敵なお話を有難う御座いました!

pedalfarpedalfar 2015/06/18 23:13 呑むラー油さん
拙い本を読んでくださってありがとうございます。「走りに行きたくなった」というのが一番嬉しい感想です。なかなか書き進んでいませんが、続編はなんとか今年中に!