Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2013-12-11

[]灯油の値段 21:19

 きょう最寄りのガソリンスタンドに灯油を買いに行ったら、1L=100円だった。2週間ほど前に今季初めて購入した時は98円だったのが、すでに2円の値上がり。ただ、それより前に都心方面のスタンドで103円の店があったので、それよりは少し安い。

 また、きょうのニュースでは灯油が全国平均で18L=1850円だそうだ。それと比べてもまだわずかに安いが、それでも数年前は20Lでも1500円でお釣りがくるぐらいだったと記憶しているのだが…。円高とか国際的な需給関係とかいろいろ要因はあるのだろうが、まぁ、節約しろ、という神さまからのメッセージと考えるべきなのかもしれない。

 これからまだまだ値上がりが続くのだろうか…。

 最近は焚き火も自由にできなくなったが、久しぶりに焚き火がしたい。

 今日の写真は井の頭自然文化園の水生物園にいるヤマセミ。いつも天井近くに止まっていて、ほとんどの人は気づかない。下にはカイツブリや亀、鯉、モツゴなどが泳いでいる。

f:id:peepooblue:20131211211743j:image

(きょうの1曲)相対性理論/四角革命

D

ハイファイ新書

ハイファイ新書

tomy2291tomy2291 2013/12/13 00:16 「焚き火」やってみたいですね。
町内会なんかで公園の清掃後にやってるのを相当昔に遭遇した記憶があります。
今時は、洗濯物が汚れる・・・とか、火の粉が飛んで来て火事になる・・・とか、煙たい・・・とか言って大変な事になりますね。
私の子供の頃は、焚き火を始めると、何処からともなく子供達が集まったものですが・・・、遠い昔の話。

peepoobluepeepooblue 2013/12/13 21:00 tomy2291さん
焚き火、すっかり郷愁の彼方になってしまいましたね。
あの童謡も忘れ去られてしまうのでしょうか。
子どもの頃はいうまでもなく焼き芋が一番の楽しみで、みんなで近所の落ち葉を掻き集めて回ったものです。大人にとっても、ガキどもが総出で進んで落ち葉の掃除をしてくれるわけですから、好都合だったと思います。
あの、どっちに逃げても煙が追いかけてくるような感じとか、焚き火が終わった夕暮れ時に微かな残り火に水をかける時のちょっともの寂しい感じとか、いろいろ懐かしいです。