Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2014-01-26

[][]関東鉄道常総線 22:39

 茨城県の取手と下館を結ぶ関東鉄道常総線に乗りに行ってきた。

 このローカル線の出来るだけ何もなさそうな駅に降りて、ぶらぶらしてみようという趣旨。

 途中、常磐線我孫子駅ホームの立ち食いそば「弥生軒」で360円の唐揚げそばを食べる。唐揚げ1個と2個の2種類あって、とりあえず1個にする。小さな唐揚げが1個のっているのかと思いきや、超特大唐揚げだった。2個ならソバが完全に隠れるサイズ。唐揚げそばというメニュー自体初めて見たが、かなり気に入った。ちなみに昔、ここで山下清がバイトしていたそうだ。

 さて、取手駅で一日フリー切符を購入。1,500円だが、全区間の片道運賃が1,460円なので、かなりお得な切符ではある。

 で、まずは「水海道乗り換え下館行き」2両編成のディーゼルカーに乗車。とりあえず終点まで行ってみるつもり。

f:id:peepooblue:20140126213845j:image

f:id:peepooblue:20140126213839j:image

 常総線非電化私鉄だが、取手から水海道までは複線化されていて、列車本数も意外に多い。

 台地の間に縄文時代には海だった低湿地が入り組む起伏の多い地形で、線路は切通しになったり、築堤や高架になったり、平地を走ったり…。

 雑木林や畑、田圃の中に住宅地が造成され、田園から都市へと変化しつつある眺めが続く。

 東日本大震災の翌日に、祝賀行事もすべて中止されたなか、開業した、ゆめみ野駅。

f:id:peepooblue:20140126213833j:image

f:id:peepooblue:20140126213828j:image

 つくばエクスプレスとの接続駅、守谷を過ぎ、新旧の車両が並ぶ車両基地を右に見て、水海道に到着。

f:id:peepooblue:20140126213823j:image

f:id:peepooblue:20140126213817j:image

 ここで隣のホームで待っている1両編成に乗り換え。この先は単線で、乗客も少なくなるので、ワンマン運転対応の車両になるわけだ。 常総線からは筑波山が見えるはずだが、今日はなぜか東の空が霞んでいて見えない。

 石下付近で謎のお城。

f:id:peepooblue:20140126215235j:image

 ようやくうすぼんやりと筑波山が見えてきて、広々とした田園風景の中をのどかに走り、下館駅に到着。

f:id:peepooblue:20140126215225j:image

f:id:peepooblue:20140126215221j:image

 その列車でまた折り返して、2つ目の黒子駅で下車。何もなさそうな駅。

f:id:peepooblue:20140126215216j:image

f:id:peepooblue:20140126215212j:image

 列車は1時間に2本はあるので、30分ぐらいのつもりで、あてもなく散策

 お寺があったので、訪ねてみたら、慈覚大師円仁が創建との伝承をもつ古刹だった。天台宗の東睿山金剛寿院千妙寺。西の比叡山延暦寺に対して東の仏教教化の霊地として繁栄したとの伝承をもつそうだ。本当だったら、相当スゴイ。

 平将門の乱で焼失し、南北朝時代に現在地に再建されたという。天台宗三昧流を伝える伝法灌頂道場として、最盛期の末寺門徒寺は7カ国に六百余りを数えたといい、灌頂の儀式は延暦寺と当寺にだけ伝わる貴重な宗教行事だそうだ。

f:id:peepooblue:20140126215207j:image

f:id:peepooblue:20140126215202j:image

f:id:peepooblue:20140126221559j:image

 いつの間にかくっきりと姿を現した筑波山を拝み、台地斜面から水が湧きだす駒ヶ滝不動尊にもお参りして駅に戻ると、乗るつもりだった列車が動き出したところだった。

f:id:peepooblue:20140126221555j:image

 昔ながらの関東鉄道スタイルの駅名標。取手から44キロ。

f:id:peepooblue:20140126221549j:image

 なんとなく不穏な雲が出てきた。

f:id:peepooblue:20140126221544j:image 

 両方向からほぼ同時に列車がやってきた。

f:id:peepooblue:20140126221540j:image

 さらに南へ下り、今度は宗道駅で下車。

f:id:peepooblue:20140126222624j:image

 筑波山の見える駅。

f:id:peepooblue:20140126222618j:image

f:id:peepooblue:20140126222613j:image

 ここから次の玉村駅まで歩く。

f:id:peepooblue:20140126222607j:image

 シンプルな踏切。

f:id:peepooblue:20140126222601j:image

 シンプルすぎる踏切。

f:id:peepooblue:20140126222556j:image

f:id:peepooblue:20140126222547j:image

f:id:peepooblue:20140126222541j:image

 1両だけのディーゼルカーが行く。

f:id:peepooblue:20140126222538j:image

f:id:peepooblue:20140126223350j:image

 西日が差してきた。

f:id:peepooblue:20140126223346j:image

 玉村駅。常総線でも最小規模の駅。 

f:id:peepooblue:20140126223341j:image

f:id:peepooblue:20140126223336j:image

 遠くに見える「豊田城」。実は地域交流センターらしい。中世豊田城という城郭がこの地方に存在したそうだが、もちろんこんな天守閣などあったはずがない。

f:id:peepooblue:20140126223332j:image

 下館行き。

f:id:peepooblue:20140126223327j:image

 水海道乗り換え取手行きがやってきた。

f:id:peepooblue:20140126223323j:image

 日没直後の車窓。

f:id:peepooblue:20140126223319j:image

 帰りは取手まで行かず、守谷で下車。

f:id:peepooblue:20140126223314j:image

 つくばエクスプレスに乗り換えようとしたら、富士山が見えた。

f:id:peepooblue:20140126223308j:image  

TpongTpong 2014/01/26 22:55 茨城県民だった時代があるのですが、常総線には乗ったことがありませんでした。
筑波山が懐かしい・・・・

numapynumapy 2014/01/27 07:57 下館に学生時代の友人がいて、
常総線、何度か乗ったことがあります。
もう何十年も前の話ですが、なんだか豊かな地域と
感じたのを覚えてます。

peepoobluepeepooblue 2014/01/27 08:16 Tpongさん
父方の祖父が筑波山の中腹に家を建てて住んでいたので、筑波には何度も行きました。
その頃は常総線はクルマで踏切を横切るだけでしたが、当時、土浦と岩瀬を結んでいた関東鉄道筑波線には何度も乗りました。
なので、筑波山はとても愛着のある山です。

peepoobluepeepooblue 2014/01/27 08:19 numapyさん
あのあたりの農村部を歩いてみると、立派な門構えのまさに豪農といった表現がぴったりの農家がたくさんありますね。
鯉のぼりの季節には鯉の数と大きさにびっくりしたものです。
下館市は筑西市、水海道市は常総市になってしまいましたね。