Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2015-05-06

[]江ノ島鎌倉ツーリング 22:51

 連休最終日、今日もたぶん大混雑であろう江ノ島方面へ自転車で行ってきた。

 9時に出発。いつものようにR246で大和橋まで。ここまではアップダウンの連続で、しかもクルマの排ガスを浴びながらの楽しくもなんともないサイクリング

 大和橋境川サイクリングロードに入る。藤沢市の国道1号まで18.5キロの標識がある。ここからは気持ちのよい道だが、今日は南風なので向かい風だ。でも、風向きがこのままなら帰りは追い風ということになる。ウグイスヒバリの声が聞こえた。

 向かい風といっても先日の荒川のような強風ではないので、時速25〜30キロ程度で快調に走る。自転車はやはり普段より多めか。

 途中で一般道を走る区間もあり、そこに「高層住宅前」というバス停があった。どんな高層ビルがそびえているのかと思えば、5階建ての団地だった。

 境川遊水地で最初の休憩。ここまでちょうど40キロ。オオヨシキリの声を今季初めて聞いた。ほかにハクセキレイキジなど。

f:id:peepooblue:20150506213431j:image

 向こうの丘もいい感じ。

f:id:peepooblue:20150506213429j:image

f:id:peepooblue:20150506213428j:image

 キジがいた。

f:id:peepooblue:20150506213425j:image

 ケンケンと鳴いてバタバタッと羽ばたいたところ。キジが鳴く時は「ケンケン、バタバタ」でワンセットである。

f:id:peepooblue:20150506213420j:image

 遊水地をあとにすると、サイクリングロードの終点はもうすぐ。

 この空の広い感じがいい。

f:id:peepooblue:20150506213827j:image

 遊行寺前を通って藤沢市街に入り、江ノ電江ノ島駅前までやってきた。

f:id:peepooblue:20150506213825j:image

 駅前の車止めの小鳥も新しい服を着せてもらっている。

f:id:peepooblue:20150506213823j:image

 江ノ島駅もすごい混雑だったが、すばな通りも観光客だらけ。なので、自転車を押して歩く。中国語もたびたび耳に届く。

 自宅から52キロほどで江ノ島の入口までやってきたが、あまりに人が多いので、島へは渡らず、とりあえずどこかで食事をしよう。しかし、ちょうどお昼で、どこの店も人があふれている。行列のできている店も多い。

 ということで、腰越の方まで行って、電車通りを通って再び江の島へ。

f:id:peepooblue:20150506213822j:image

 今度は島へ渡り、湘南港の灯台へ。ここは好きな場所なのだ。

f:id:peepooblue:20150506215504j:image

f:id:peepooblue:20150506215501j:image

 人間が多いせいか、お弁当などを狙うトビもたくさん飛んでいる。

f:id:peepooblue:20150506215459j:image

f:id:peepooblue:20150506215458j:image

f:id:peepooblue:20150506220211j:image

 靴を脱いで歩く足ツボ刺激ロード? こんなのは前回はなかった気がするが…。みんなとても痛そうだったので、僕は歩かず。

f:id:peepooblue:20150506220213j:image

 そして、ここではいつもテトラポッドイソヒヨドリがいるので、今日も探してみたら、すぐに見つかった。

f:id:peepooblue:20150506220206j:image

f:id:peepooblue:20150506220210j:image

f:id:peepooblue:20150506220208j:image

 江ノ島の路地。

f:id:peepooblue:20150506220204j:image

 文佐食堂に空席がありそうだったので、ここで昼食。この店って「モヤさま」に出てこなかったっけ? 違ったかな。

f:id:peepooblue:20150506220203j:image

 つい「しらす丼」を注文してしまったのだが、「かつ丼」にすればよかったとちょっと後悔。いや、しらす丼はもちろん美味しかったのだが、しらす丼(釜揚げ)が1,000円でかつ丼が700円である。自分で作るとすれば、どう考えても、しらす丼の方が安上がりだと思うのだけど…。カレーラーメンもちょっと気になったな。そのうちまた来よう。

 江ノ島をあとにして、鎌倉方面へ。国道134号線も渋滞している。

 なんとなく滑川の交差点を過ぎて、材木座まで走り、光明寺へ。ここのお寺は好きな場所である。

 鎌倉というと臨済宗など禅宗系の厳しそうな寺が多い印象だが、ここは浄土宗で、なんとなく開放的で、落ちつける。

 創建は鎌倉時代の1240年。開山は然阿良忠上人、開基は鎌倉幕府4代執権北条経時。現在地に移ったのは1243年とのこと。

 現存する鎌倉最大の山門(三門)。1847年再建。

f:id:peepooblue:20150506223128j:image

 1698年建立の本堂。国の重要文化財本尊阿弥陀如来

f:id:peepooblue:20150506223127j:image

 この本堂は自由に上がって、仏様を間近で拝むことができ、妙に落ち着く空間。ここでしばらく座っていた。

 庭園。

f:id:peepooblue:20150506223850j:image

 光明寺ネコ

f:id:peepooblue:20150506223846j:image

f:id:peepooblue:20150506223848j:image

f:id:peepooblue:20150506223845j:image

 お寺の門の屋根瓦の隙間にスズメが巣を作っていた。親鳥が何度も餌を運んできては、中から雛たちの声が聞こえる。

f:id:peepooblue:20150506223843j:image

 光明寺をあとにして、今日はもう引き返す。

 由比ガ浜鯉のぼり

f:id:peepooblue:20150506223840j:image

f:id:peepooblue:20150506223826j:image

f:id:peepooblue:20150506223824j:image

 稲村ケ崎

f:id:peepooblue:20150506224518j:image

 帰りは小田急の片瀬江ノ島駅前から小田急に沿うように鵠沼海岸駅、本鵠沼駅に立ち寄りながら藤沢へ。途中で鵠沼(くげぬま)の地名の由来となったという沼があった。

f:id:peepooblue:20150506224834j:image

f:id:peepooblue:20150506224516j:image

 藤沢からはまた境川サイクリングロード。帰りは追い風だったが、後ろからグングン押してくれるほどの風でもなかった。

 境川遊水地付近でまたキジを見つけた。今度はカップル。ホオジロの声も聞いた。

f:id:peepooblue:20150506224515j:image

f:id:peepooblue:20150506224513j:image

 同じ道を帰り、18時50分頃帰宅。途中、二子玉川駅前で走行距離を見たら123.46キロだった。10メートル手前で気がつけば12345だったのに。最終的な走行距離は128.9キロ。

numapynumapy 2015/05/07 06:40 おはようございます。
すっごい遠出ですねぇ。ビックリしました。128.9キロとは!
釧路から帯広の距離ですっ!でも楽しそう…。ウラヤマシイ!

peepoobluepeepooblue 2015/05/07 20:50 numapyさん
こんばんは。
江ノ島までの往復はもう何度もしていますので、だいぶ慣れました。
でも、途中、多摩川を渡ってから境川までの丘陵区間はやはりアップダウンの連続で、特に帰路はきついです。
とはいえ、電車で行けばいいものを何度も自転車で行きたがるのはやはり楽しいから、ということなのでしょうね。
釧路からだと幣舞橋のあたりに「根室122km」の方面標識があったのを覚えています。あの時は二日がかりで走破しました。

yuuko1220yuuko1220 2015/05/07 22:52 お疲れ様でした!
見慣れた光景を こうして遠くの方の記事で見られるのは
なんだか ワクワクします♪
足つぼロード、私 靴下のまま行きますよ(笑)
すっごく痛いけれど 人の目を気にして
痛くて仕方がないけれど、平静を装って歩きます(笑)
身体が温まります!
自転車にもお疲れ様、と言いたいですね(´・ω・`)

peepoobluepeepooblue 2015/05/08 06:41 yuuko1220さん
おはようございます。
足つぼロード、歩きましたか。
身体が温まるんですね。そういえば自然浴さんぽ路と書いてありましたね。
りあさんの地元の方ならではのディープな鎌倉探検記(?)を拝見していると、とても魅力的なのですが、愛車と一緒だととてもそういう鎌倉の奥の奥へと分け入ることができず、いつも表面をなぞるだけの様な鎌倉行になってしまいます。まぁ、何も観光しなくても走っているだけで楽しいということでもあるのですが…。
でも、湘南暮らしというのは羨ましいです!