Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2015-12-13

[]都民の森(その1) 21:48

 今週末、檜原村都民の森で開催された自然教室イベント「ふたご座流星群哺乳類の観察」にまた参加してきた。

 金曜日に忘年会があり、夜中に帰宅して、急いで寝て、急いで起きて、12月12日、土曜日の朝6時半過ぎに家を出て、電車で武蔵五日市駅へ。先月はここまで自転車でやってきた。

 数馬行きのバスは9時発で、30分以上前に着いたのに駅前バス乗り場には登山客の行列ができていた。しかし、バスが3台出たので、余裕で座れた。しかも、ほとんどの人が途中の停留所で下車。先月、僕も登った浅間尾根あたりへ行くのだろう。

 五日市から檜原村の最奥の集落・数馬まで行き、その先、標高1,000メートルほどの都民の森までは路線バスが冬期運休中のため、無料の送迎バスが出ていた。

 10時過ぎに都民の森に到着。初夏だと、最初からミソサザイオオルリの声が聞こえてくるのだが、冬の山にはそういう賑わいはない。天気は晴れ。昨日の東京は12月とは思えない暖かさだったが、今日も山の上でもそんなに寒くはない。2年前の12月に同じイベントに参加した時はずっと氷点下だったが。

 森の拠点施設・森林館で受付。保険料200円を支払う。参加費はこれだけ。

 今回は参加者が多く、すでに顔なじみの人も含めて、老若男女40人ぐらいはいるようだ。参加希望者多数で抽選になったらしい。

f:id:peepooblue:20151213202736j:image

f:id:peepooblue:20151213202721j:image

 ということで、今回もいつもと同じように午前中は研修室で動物写真家・中川雄三さんのレクチャー。野鳥や動物の写真や動画も貴重なものがいろいろあった。

 モグラの標本。手触りが最高に気持ちいい。

f:id:peepooblue:20151213203308j:image

 森林館にやってきたヤマガラ

f:id:peepooblue:20151213202732j:image

f:id:peepooblue:20151213202734j:image

 コガラ

f:id:peepooblue:20151213202730j:image

 昼食後、13時から野外観察へ。

 今回は定番の三頭大滝方面の道ではなく、裏の鞘口峠方面へ。

 上空を旅客機が次々と通過して、静かな山にその音だけが降ってくる。

f:id:peepooblue:20151213203307j:image

 モモンガのまだ新しい食痕。杉の雄花。たくさん落ちている。

f:id:peepooblue:20151213203305j:image

 野生のモモンガはまだ見たことがない。

 ミソサザイの古巣。

f:id:peepooblue:20151213203303j:image

 キセル貝の仲間。

f:id:peepooblue:20151213203302j:image

 カラス科の鳥、カケスの古巣。

f:id:peepooblue:20151213203300j:image

 森の中にはクリの巨木がたくさん生えている。カケスが栗のイガが青いうちに中の実を取り出し、土の中に埋めておいた内、食べ残した(食べ忘れた)ものが芽を出して育ったものだという。

f:id:peepooblue:20151213204811j:image

 ツルリンドウの実。

f:id:peepooblue:20151213204234j:image

 一列になって山道を行く。シカの足跡があちこちで横切っている。最近はツキノワグマの目撃情報も西多摩全域で増えているらしい。

f:id:peepooblue:20151213204231j:image

 鞘口峠からみた東京都の最高峰・雲取山(2,017m)。

f:id:peepooblue:20151213212037j:image 

 シカに樹皮を食べられたリョウブの木。幹のまわりをぐるりと剥がれてしまうと木は枯れてしまう。

f:id:peepooblue:20151213204810j:image

 シカが角を研いだ痕。

f:id:peepooblue:20151213204808j:image

f:id:peepooblue:20151213204806j:image

 分厚く積もった落ち葉を踏みしめながら進む。

f:id:peepooblue:20151213204805j:image

f:id:peepooblue:20151213204803j:image

 ブナの木に着生したヤドリギ

f:id:peepooblue:20151213212033j:image

 きれいな実がついて、クリスマスリースみたい。

f:id:peepooblue:20151213212027j:image

 この実はヒレンジャクキレンジャクが好んで食べるらしい。

 ネズミが木の実を集めて食べた痕跡。外敵に襲われないように岩陰や木の根元の穴などにこのような食痕がたくさん見られた。アカネズミとかヒメネズミとか都民の森にはたくさんのネズミの仲間が生息している。ヤマネもたくさんいるらしい。

f:id:peepooblue:20151213213059j:image

 発見するのは大変難しいアオバトの巣。山の中で葉が茂っていると、まず見つからない。キジバトなどと同じで、作りは雑。

f:id:peepooblue:20151213213057j:image

 急斜面に生えたイタヤカエデ。

f:id:peepooblue:20151213213055j:image

 頭上からヤマガラコガラシジュウカラエナガなどの声が聞こえてくる。日が翳ってきたのに、そこだけ日が当っているかのようにオレンジ色っぽく見えるツルウメモドキの実など観察。

 都民の森シンボルツリー、トチノキ。

f:id:peepooblue:20151213213052j:image

 15時45分頃、森林館に戻る。

 長くなりそうなので、本日はここまで。続きはまた明日。

[]第67回阪神ジュベナイルフィリーズ香港国際競走 13:49

 今年デビューした2歳牝馬のNo.1を決定する阪神ジュベナイルフィリーズ阪神競馬場・芝1600メートルで行われ、18頭が出走した。1番人気はここまで3戦2勝のメジャーエンブレム。

 レースはそのメジャーエンブレムが好スタートを切ると、外から先頭に立ったキリシマオジョウの直後を進み、4コーナーで早くも先頭に立ち、最後の直線で後続を突き放して快勝。1番人気に応えた。

 メジャーエンブレムはダイワメジャー娘。ということは、あのダイワスカーレットの姪でもあり、実際、スカーレットのレースぶりを思い出すような強い勝ち方だった。

 最近の日本競馬界は強い牝馬が次々と出現するが、メジャーエンブレムにも活躍を期待したい。

 1着 メジャーエンブレム(ルメール)  2着 ウインファビラス  3着 ブランボヌール

 4着 ペプチドサプル  5着 アットザシーサイド

 さて、今日は香港シャティン競馬場でもロンジン香港国際競走が開催され、4つの国際GIレースが行われた。日本からも10頭が遠征して3つのレースに出走し、2頭が優勝した。

 芝1600メートルのロンジン香港マイル(出走14頭)では、今年の安田記念マイルチャンピオンシップを制した日本のマイル王、モーリス(R.ムーア騎乗)が中団の外から最後の直線で突き抜け、強さを見せつけた。

 また、芝2000メートルのロンジン香港カップ(出走13頭)では、逃げたエイシンヒカリ武豊騎乗)が最後に後続を突き放す強さで逃げ切り勝ち。後方から追い込んだヌーヴォレコルトが2着と日本馬が1・2着。

 芝1200メートルの香港スプリントには日本馬3頭が参戦したが、ミッキーアイルの7着が最高。これがラストランとなったストレイトガールは9着に終わる。