Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2016-02-29

[]不忍池ペリカン 21:04

 今日は4年に1度の2月29日。天気予報では暖かくなるようなことを言っていたような気がするが、それほどでもなかったような…。

 今日の写真は上野不忍池にいるモモイロペリカン

f:id:peepooblue:20160229210232j:image

f:id:peepooblue:20160229210229j:image

f:id:peepooblue:20160229210228j:image

 ユリカモメ

f:id:peepooblue:20160229210221j:image

f:id:peepooblue:20160229210220j:image

f:id:peepooblue:20160229210218j:image

 バードハウスのキビタキカワセミ

f:id:peepooblue:20160229210214j:image

f:id:peepooblue:20160229210212j:image

2016-02-28

[]ゴリラのピーコ 21:34

 上野動物園のゴリラ、ピーコ♀。1970年生まれの46歳。

 布を被るのが大好きで、大抵いつも何か被っている。

f:id:peepooblue:20160228213013j:image

 昼寝中。

f:id:peepooblue:20160228213011j:image

 起きた。

f:id:peepooblue:20160228213009j:image

 また寝た。

f:id:peepooblue:20160228213007j:image

f:id:peepooblue:20160228213004j:image

 むっくりと起き上がった。

f:id:peepooblue:20160228213002j:image

f:id:peepooblue:20160228212959j:image

 おじさんぽい顔つきだけど、おばちゃん。

f:id:peepooblue:20160228212956j:image

 高齢なので、悠々自適の生活で、なかなか会えない。この後、すぐ室内へ帰ってしまった。

2016-02-27

[]多摩川の河口へ 23:25

 午後から多摩川の河口方面へサイクリング

 二子玉川からまずは六郷用水・丸子川沿いの道を行く。武蔵野台地の段丘崖である国分寺崖線の下、多摩川より少し高いところを流れる水路を見ながら走り、世田谷区から大田区に入ったところにある田園調布八幡神社に立ち寄る。

f:id:peepooblue:20160227224059j:image

 田園調布八幡神社鎌倉時代の建長年間(1249‐56)に創建されたと伝えられる古社で、多摩川の低地を見下ろす台地上に位置している。

f:id:peepooblue:20160227224057j:image

f:id:peepooblue:20160227224055j:image

 創建当時は台地のすぐ下まで多摩川の水が打ち寄せる籠谷戸(ろうやと)と呼ばれる入江があり、物資を積んだ舟が出入りする天然の良港だったという。また、高台上には鎌倉街道が東西に走り、河港とも接続しており、この地は交通の要衝として、多くの鎌倉武士が駐屯していたようだ。

 神社の位置は舟の出入りを監視できる港の入口に突き出た台地の上で、そこに源氏守護神である八幡神が祀られたわけだ。

f:id:peepooblue:20160227224053j:image

(昔、眼下は多摩川の入江だった。今でも土地が低い。) 

 籠谷戸戦国時代には世田谷城主・吉良氏(足利氏の支族)の河港でもあったようだ。

 その後、天正18(1590)年に小田原北条氏が滅亡し、八王子城主・北条氏照の旧臣・落合某がこの地に庵を結び、主家の冥福を祈り、江戸時代に入って新たに社殿が建てられ、御神体が祀られたのだという。

 とにかく神社で手を合わせ、再び自転車に乗り、多摩川沿いの道に出て、あとはひたすら河口をめざす。

 箱根駅伝でおなじみの六郷橋右岸川崎市側に渡り、多摩川河口まで走る。途中、痛ましい中学生殺害事件の現場を通る。今日も花束を手にした人が訪れていた。

 蕭条たる葦原が広がる多摩川の対岸に羽田空港が見えてきた。羽田の漁師町にある水門も見えている。

f:id:peepooblue:20160227224048j:image

f:id:peepooblue:20160227224044j:image

f:id:peepooblue:20160227224042j:image

f:id:peepooblue:20160227230157j:image

 ユリカモメ

f:id:peepooblue:20160227230154j:image

f:id:peepooblue:20160227230153j:image

 アオサギ

f:id:peepooblue:20160227230151j:image

 釣り船とモノレール

f:id:peepooblue:20160227230150j:image

f:id:peepooblue:20160227230148j:image

 多摩川の河口。干潮で、干潟が広がっている。

f:id:peepooblue:20160227230145j:image

f:id:peepooblue:20160227230816j:image

f:id:peepooblue:20160227230144j:image

f:id:peepooblue:20160227230142j:image

f:id:peepooblue:20160227230819j:image

f:id:peepooblue:20160227230813j:image

 ドイツへ旅立つルフトハンザ機。

f:id:peepooblue:20160227230811j:image

f:id:peepooblue:20160227230807j:image

 サイクリングロードの終点。道の先に多摩川河口水位観測所

f:id:peepooblue:20160227230805j:image

 少しずつ潮が満ち始めているのかな。

f:id:peepooblue:20160227230803j:image

 アオサギ

f:id:peepooblue:20160227231603j:image

 ヒドリガモ

f:id:peepooblue:20160227231601j:image

 カワウ。盛んに水に潜って、魚を追っている。

f:id:peepooblue:20160227231559j:image

 多摩川の猫。

f:id:peepooblue:20160227231557j:image

f:id:peepooblue:20160227231555j:image

f:id:peepooblue:20160227231552j:image

 川崎の工業地帯を走る神奈川臨海鉄道の線路。

f:id:peepooblue:20160227231550j:image

 タンク車を連ねた列車がやってきた。

f:id:peepooblue:20160227231541j:image

f:id:peepooblue:20160227232132j:image

f:id:peepooblue:20160227232131j:image

f:id:peepooblue:20160227232128j:image

f:id:peepooblue:20160227232125j:image

 六郷橋から世田谷区の古道好きしか知らない「六郷田無道」のルートを帰る。

 閉園後の池上梅林

f:id:peepooblue:20160227232448j:image

 走行距離は57.4キロ。

2016-02-26

[]今日の夕空 20:41

 隣で小さな女の子が父親と一緒に太陽が沈んでいくのを見ていた。彼女にとっては初めての経験。

f:id:peepooblue:20160226203428j:image

 女の子「お日さま、あのお山に沈むの?」

 父親「あの山よりずっとずっと遠くだよ」

f:id:peepooblue:20160226203423j:image

 女の子「あの山に登ったら雲にさわれる?」

 父親「さわれるよ」

 女の子「登りたーい!」

f:id:peepooblue:20160226203421j:image

f:id:peepooblue:20160226203419j:image

f:id:peepooblue:20160226203417j:image

 僕が生まれて初めて目にした日没というのはいつのことだったか、全然覚えていないなぁ。

f:id:peepooblue:20160226204405j:image

 ところで、24日に北海道美瑛の「哲学の木」が倒されてしまったそうだ。

 畑の真ん中にぽつんと1本、傾いて生えていたポプラの木。まるで何か思索しているような姿から哲学の木と呼ばれていた。

f:id:peepooblue:20160226210533j:image

f:id:peepooblue:20160226210532j:image

 木が老化して弱っていたこともあるようだが、何よりも観光客やカメラマンのマナーの悪さが最大の原因であったらしい。

 美瑛が観光地になったのは1980年代以降で、今は世界中から観光客が訪れる国際的観光地になっているが、最大の観光資源である「丘の風景」は基本的にすべて農地、つまり私有地であるから、そこに観光客が押し寄せることによって問題が生じるのは必然ではあったのだろう。

 上の写真は2000年8月のものだが、当時から農地内に立ち入らないように、と日本語と中国語で書かれた札が立っていた。

 土地の所有者にとっては苦渋の決断だったのだろうけれど、状況があまりにひどくて、我慢も限界にきていたようだ。老木は重機で簡単に押し倒されたそうだ。

 美瑛の丘にはまだまだ有名な木がいろいろあり、どこでも同じような問題が起きているそうだ。これをきっかけにそうした木々がバタバタと切り倒される、なんてことになるのかもしれない。

  

2016-02-25

[]淡雪 20:29

 昨日、今日と真冬の寒さ。昨夜の雨が夜中に雪に変わったようで、今朝、起きたら屋根や地面がところどころうっすら白くなっていた。

f:id:peepooblue:20160225202716j:image

f:id:peepooblue:20160225202714j:image

f:id:peepooblue:20160225202713j:image

f:id:peepooblue:20160225202710j:image

 きょうの夕空。

f:id:peepooblue:20160225202707j:image

(きょうの1曲)Virginia Astley/Melt The Snow

D

numapynumapy 2016/02/26 08:51 おはようございます。
季節が戻ってしまいましたね。ただ、
・淡雪や定着する間なく溶ける
状態ですね。コチラでは、今朝−19℃。昨日陸別では−34℃を記録したようです。
戻り方がちがいますねぇ〜。やれやれです。

peepoobluepeepooblue 2016/02/26 21:01 numapyさん
こんばんは。
このぐらいの雪で騒いでいたら、雪国の人に笑われますね。
実際、あっという間に消えてしまいました。
東京では真冬よりも2月、3月のほうが雪が降りやすいので、これも春の兆しということなのかもしれませんね。
道東は寒さのレベルが違いますね。
でも、−34℃は近年の北海道では相当な冷え込みではないでしょうか。
僕が知っている雪と氷の北海道といえば、2月下旬〜3月末なので、真冬を知っているとは言えません。

2016-02-24

[]湯島天神猿回し 21:56

 湯島天神猿回しをやっていた。

f:id:peepooblue:20160224214916j:image

 7歳のジュニア君。

f:id:peepooblue:20160224214914j:image

f:id:peepooblue:20160224214912j:image

 志村どうぶつ園に出演したり、ももクロや嵐と一緒に仕事したりもした芸達者の人気者。

f:id:peepooblue:20160224214910j:image

f:id:peepooblue:20160224214909j:image

f:id:peepooblue:20160224214907j:image

f:id:peepooblue:20160224214904j:image

f:id:peepooblue:20160224215320j:image

f:id:peepooblue:20160224215319j:image

 大技に挑戦。

f:id:peepooblue:20160224215317j:image

 大技成功、撮影失敗。

f:id:peepooblue:20160224215315j:image

f:id:peepooblue:20160224215312j:image

f:id:peepooblue:20160224215310j:image

 ひと仕事終えて、みかんで一服。

f:id:peepooblue:20160224215309j:image

f:id:peepooblue:20160224215306j:image

suijun-hibisukususuijun-hibisukusu 2016/02/24 22:47 湯島の梅は見頃だったのではないでしょうか。

来週、お茶の水の大学病院に通院なので
上野方面を散策しようと考えています。

peepoobluepeepooblue 2016/02/24 23:11 suijun-hibisukusuさん
こんばんは。
湯島天神では来週末まで梅まつりをやっていますね。
でも、花は思ったほどではなかったような…。
盛りを過ぎてしまったのか、これからなのか。
今の季節の散歩は暖かいといいですけど、寒いとけっこう辛かったりもしますよね。

2016-02-23

[]豊後22:02

 豊後梅が咲き始めた。

f:id:peepooblue:20160223215647j:image

 梅とあんずの交配種とも言われ、実は大きく、熟すとなんともいえない甘い香りがする。

 去年は梅干しにしたのだが、今年はどうしようかな。

f:id:peepooblue:20160223215645j:image

f:id:peepooblue:20160223215643j:image

 こちらは紅梅。

f:id:peepooblue:20160223215641j:image

 実は小さくて、果肉は少なそう。

(きょうの1曲)KHAN/Stranded

D

2016-02-22

[]ホトケノザ 21:45

 花壇の隅でシソ科のホトケノザが咲いている。といっても、栽培しているわけではなく、雑草

 葉っぱの形が仏様の蓮華座に似ていることから、この名前。

f:id:peepooblue:20160222214056j:image

f:id:peepooblue:20160222214054j:image

f:id:peepooblue:20160222214050j:image

 春の七草の「ほとけのざ」(コオニタビラコ)とはまったくの別種。

(おまけ)明治神宮マガモ

f:id:peepooblue:20160222214415j:image

2016-02-21

[][]雨上がりの沈丁花 17:36

 沈丁花が数日前から咲き始めた。

f:id:peepooblue:20160221173305j:image

f:id:peepooblue:20160221173304j:image

 紅梅とワカケホンセイインコ♂。今日はこの1羽だけ。

f:id:peepooblue:20160221173302j:image

f:id:peepooblue:20160221173301j:image

 人間にとってはあまり美味しくなかったリンゴを食べるヒヨドリ

f:id:peepooblue:20160221173449j:image

 美味しいですか?

f:id:peepooblue:20160221173258j:image

 キジバト

f:id:peepooblue:20160221173448j:image

 紅梅とスズメ

f:id:peepooblue:20160221173540j:image

f:id:peepooblue:20160221173542j:image

[]第33回フェブラリーステークス 17:54

 中央競馬2016年最初のGIレース、第33回フェブラリーステークス東京競馬場ダート1600メートルで行われ、4歳から10歳までの16頭が参戦した。昨日の雨のおかげで馬場は重。

 コパノリッキーの3連覇か、それともダート界の世代交代か、が注目されたが、6歳馬コパノリッキー単勝4番人気で、1・2番人気には4歳のノンコノユメモーニンが推される。

 レースはコーリンベリー、スーサンジョイらが引っ張る速い流れで進み、最後の直線に入ると、先行勢の直後にいた2番人気のモーニンが楽に抜け出し、そのまま先頭ゴールイン。1分34秒0はレコードタイム。1番人気ノンコノユメは後方から追い込んだが届かず2着。コパノリッキーは自分の競馬ができず7着に終わる。

 米国産馬モーニンはこれで7戦6勝。ダート界にまたスゴイ馬が出現したかもしれない。

 騎乗したデムーロは日本のGI、これが15勝目。そのデムーロ騎乗で昨年の皐月賞ダービーを制した後、骨折で休養していたドゥラメンテが来週の中山記念で復帰するようだ。それも楽しみ。

 1着 モーニン(M.デムーロ)  2着 ノンコノユメ  3着 アスカノロマン

 4着 ベストウォーリア  5着 ロワジャルダン

2016-02-20

[]ジョウビタキ21:13

 今日の東京は朝のうちは日も差していたが、だんだん曇って、昼前からは雨。そのままずっと降り続く。

 今日の写真は明治神宮ジョウビタキ♀。

f:id:peepooblue:20160220211206j:image

 先日のオスに比べると地味ではあるけれど、かわいい。

f:id:peepooblue:20160220211204j:image

f:id:peepooblue:20160220211202j:image

f:id:peepooblue:20160220211200j:image

f:id:peepooblue:20160220211154j:image

2016-02-18

[]ドングリの発芽 21:05

 明治神宮ドングリが芽を出しているのを見つけた。

f:id:peepooblue:20160218205805j:image

f:id:peepooblue:20160218205802j:image

f:id:peepooblue:20160218205758j:image

f:id:peepooblue:20160218205800j:image

f:id:peepooblue:20160218205757j:image

f:id:peepooblue:20160218205755j:image

 ヤマガラが見ている。

f:id:peepooblue:20160218205745j:image

 ドングリの殻を剥いて手にのせると、やってきた。

f:id:peepooblue:20160218205740j:image

 今日の夕空。

f:id:peepooblue:20160218210350j:image

f:id:peepooblue:20160218210348j:image

f:id:peepooblue:20160218210347j:image

f:id:peepooblue:20160218210345j:image

 夕暮れのグラデーション

f:id:peepooblue:20160218210344j:image

 今夜の月。

f:id:peepooblue:20160218210342j:image

numapynumapy 2016/02/19 11:38 おはようございます。
ふえ〜っ、いいなぁ、どんぐり。
これ、ナラの木のどんぐりですかね?

peepoobluepeepooblue 2016/02/20 09:10 numapyさん
おはようございます。
形状からすると、コナラあたりですかね。
堅い殻を割って、芽を出す生命のエネルギーの強さを感じました。

tomo508tomo508 2016/02/20 15:02 こんにちわ!
フレンドリーなヤマガラ♪ かわいいですよね。。
ドングリの実も 食べるのですね!
ヤマガラには 殻、割れないですもんね!??

peepoobluepeepooblue 2016/02/20 21:21 tomo508さん
こんばんは。
明治神宮のヤマガラはちょっと人に馴れすぎ、というぐらい馴れていますね。
スズメとかシジュウカラとかメジロとかエナガとか、いろいろいますが、手乗り化しているのはヤマガラだけのようです。
餌がなくても、手を出すとすぐ飛んできます。餌がなければ、すぐ飛んでいってしまいますが。
殻を剥いたドングリ、咥えていって、木の上でつついていますが、すぐに落としてしまい、それきり興味を示しません。あまり好みではないのかもしれませんね。

2016-02-17

[]きょうの夕空 21:33

 夕空には少なくともこのぐらいは雲があったほうがいい。

f:id:peepooblue:20160217212705j:image

f:id:peepooblue:20160217212703j:image

f:id:peepooblue:20160217212701j:image

f:id:peepooblue:20160217212659j:image

f:id:peepooblue:20160217212658j:image

 夕月。

f:id:peepooblue:20160217212656j:image

(きょうの1曲)Moumoon/Moonlight

D

2016-02-16

[]大都会カワセミ 21:34

 新宿御苑の池で見かけたカワセミ

f:id:peepooblue:20160216213301j:image

f:id:peepooblue:20160216213257j:image

 ツグミとのツーショット。

f:id:peepooblue:20160216213255j:image

 コサギ

f:id:peepooblue:20160216213259j:image

 寒桜。

f:id:peepooblue:20160216213252j:image

 そういえば、けさ、近所でウグイスが初鳴き。まだ練習中で、へたくそ。 

numapynumapy 2016/02/17 10:50 おはようございます。
最近、大都会では共生が進んでるんですかねぇ…。
地方のほうが疲弊してるみたいです。

peepoobluepeepooblue 2016/02/17 21:21 numapyさん
こんばんは。
東京の場合、高度成長時代の公害まみれの状態を考えると、ゼロからのスタートどころかマイナスからのスタートですから、ちょっとしたことでも自然が回復したと感じるのでしょう。
でも、カワセミについては都心でもまったく珍しい鳥ではなくなりました。大抵の水辺で見かけます。

2016-02-15

[]ジョウビタキ 21:02

 今日の東京はポカポカ陽気だった昨日とは一転して寒い一日。春一番が吹いた後はいつもこうなる。しかも、今日は弱い雨もポツポツと降る。

 それでもエアコンの室外機の前という過酷な環境でヒヤシンスが咲き始めた。昔、咲き終わった球根を埋めておいて、それが分球を繰り返したもの。だから花もこんな具合。

f:id:peepooblue:20160215205541j:image

 朝、庭にジョウビタキ♂が来ていた。

f:id:peepooblue:20160215205558j:image

f:id:peepooblue:20160215205556j:image

f:id:peepooblue:20160215205543j:image

2016-02-14

[][][]春一番に誘われて 21:11

 未明から強い風が吹き荒れ、雨粒が窓を激しく叩く荒れた天候。関東地方を含む各地で「春一番」が観測された。

 都心の最高気温は23.0℃。

 庭のいつ植えたのか分からないクロッカスも咲き始めた。

f:id:peepooblue:20160214203854j:image

 昼前には天気も回復し、風もおさまったので、ちょこっとサイクリング

 神田川沿いに井の頭公園へ。かいぼり中の井の頭池は昨夜来の雨もあり、なかなか排水しきれず、池底を日干しにするという段階までいかない。

 井の頭公園でもクロッカスが咲いている。

f:id:peepooblue:20160214203848j:image

 春の到来を喜ぶように咲く花だね。

f:id:peepooblue:20160214203846j:image

 吉祥寺の町を抜け、適当に北へ向かい、武蔵野市から練馬区へ。大泉学園あたりまで行って、引き返し、石神井公園三宝寺池へ。

 三宝寺池は井の頭池、善福寺池(杉並区)などとともに武蔵野台地の傾斜が緩やかになる標高50メートルラインに点在する湧水池のひとつ。今は湧水はほとんど涸れてしまい、人工的に地下水を汲み上げて給水しているが、個人的には東京の池の中でもNo.1だと思う。池の中の浮島にハンノキが林をつくる野趣あふれる風光が素晴らしい。

f:id:peepooblue:20160214203828j:image

f:id:peepooblue:20160214203839j:image

 野鳥がたくさんいる。

 アオサギ

f:id:peepooblue:20160214203844j:image

 キジバト

f:id:peepooblue:20160214204957j:image

 バン。

f:id:peepooblue:20160214204959j:image

f:id:peepooblue:20160214204955j:image

 ハシビロガモ

f:id:peepooblue:20160214205001j:image

f:id:peepooblue:20160214204944j:image

f:id:peepooblue:20160214204940j:image

 はばたくカイツブリ

f:id:peepooblue:20160214204949j:image

f:id:peepooblue:20160214204951j:image

f:id:peepooblue:20160214204936j:image

 カワウ

f:id:peepooblue:20160214210105j:image

 ダイサギ

f:id:peepooblue:20160214210103j:image

 ほかにカルガモオオバンオナガガモキンクロハジロハシブトガラスシジュウカラエナガヒヨドリムクドリ、ワカケホンセイインコなど。ヒキガエルの声も聞いた。

f:id:peepooblue:20160214210107j:image

 こちらは三宝寺池の下流側にある石神井池。こちらは人工的に造られたボート池。

f:id:peepooblue:20160214210101j:image

 その後、杉並区妙正寺池に立ち寄り、荻窪駅前を経由して、善福寺川沿いに出て、和田堀公園にも寄って、カワセミをみて帰る。

 和田堀公園キンクロハジロカルガモ

f:id:peepooblue:20160214210059j:image

f:id:peepooblue:20160214210057j:image

 走行距離は36.9キロ。

(おまけ)春一番が吹いた日には毎年、この曲の動画を紹介するのが恒例になっている。

D

 この曲がシングルカットされ大ヒットする1年前にアルバムに収録されていたヴァージョン。シングルヴァージョンではキャンディーズがきちんと鼻濁音を使っているのに対して、このアルバムヴァージョンでは鼻濁音と濁音が混ざっている。というか、ほとんど濁音。

 もう1曲。今日みたいな2月なのに5月並みの気温の日にぴったりな(?)曲。

 Peter Hammillの「The Birds」。

D

2016-02-13

[]せたがや梅まつり 21:34

 今日の東京都心の最高気温は21.8℃、体を動かすと暑いぐらいの陽気。ただ、午後から風がだんだん強まって、春一番かと思ったが、まだ関東では発表なし。四国では春一番が吹いたそうだ。

 さて、11日から羽根木公園で始まった第39回せたがや梅まつりに行ってきた。

f:id:peepooblue:20160213211041j:image

 梅はかなり咲いている木もあれば、まだほとんど蕾の木もあるといった感じで、全体の印象としては三分咲きぐらいか。

f:id:peepooblue:20160213211031j:image

 会場では群馬県川場村の特産品の販売や模擬店、園芸市など、いつも通りで、ステージでは世田谷区内の大学落語研究会落語をやっていた。

f:id:peepooblue:20160213211039j:image

 「月影」という品種。上品な色だ。ミツバチが数匹、飛び回っていた。

f:id:peepooblue:20160213211037j:image

 ロウバイもまだ咲いている。

f:id:peepooblue:20160213211943j:image

f:id:peepooblue:20160213211948j:image

f:id:peepooblue:20160213211941j:image

f:id:peepooblue:20160213211939j:image

f:id:peepooblue:20160213211930j:image

 咲いている花もいいけれど、もうすぐ咲きそうな蕾もいい。

f:id:peepooblue:20160213211945j:image

f:id:peepooblue:20160213211927j:image

f:id:peepooblue:20160213211923j:image

 羽根木公園の後、豪徳寺へ行ったら、「ブラタモリ」でタモリの行く手に現れる案内役の人みたいなおじさんがいて、閉門時間まで1時間以上も説明を聞きながら一緒に境内を見て歩いてしまった。予想以上に面白かった。

 井伊直弼の墓。桜田門外の変は3月3日の出来事だが、墓石に刻まれた命日は3月28日になっているのは初めて知った。直弼の死は隠されていたらしいのだが、25日間も隠し切れていたのだろうが。

2016-02-12

[][]久留里線の旅その2 22:28

 2月11日、久留里線の旅の後編。

 臨海工業都市のイメージが強い君津市の内陸部にある城下町久留里で城跡や町なかを1時間半余り散策し、もっと見たいところがたくさんあったのだが、列車の都合で13時50分発の上総亀山行きに乗車。

f:id:peepooblue:20160212211531j:image

 久留里から先は山間に入り、列車本数も大幅に減る。

 地形も険しくなり、房総半島で豪雨などがあると、土砂崩れが起きたりして久留里線が不通になったりする区間でもある。

 線路とつかず離れずの小櫃川もぐにゃぐにゃに曲がりくねるようになる。

 久留里を出てすぐ深い谷にかかる鉄橋を立て続けに2つ渡る。これは小櫃川の旧河道に架かる橋である。

 もともと、この地点での小櫃川はΩ形に曲がっていて、それが自然になのか、人工的になのか、今はΩの両端をショートカットするように流路が変わっているのだ。小櫃川に沿う久留里線の線路はその旧河道を続けて渡るわけだが、あとで地形図で確認すると、2つの鉄橋は250メートルぐらいしか離れていないのだった。

 ちなみに大きく湾曲した旧河道に囲まれた台地古戦場で、里見氏と北条氏の激戦地となったらしい。

 久留里の次は平山、その次は上総松丘である。上総松丘駅の近くには線路と平行する国道410号線の松丘隧道がある。昨年12月23日にトンネル内壁のモルタル23.5トンが剥落した事故の現場である。たまたま通行中の車がなく、惨事にはならなかったが、このトンネルは僕も自転車で通ったことがあるのだ。トンネルは今も通行止めで、工事が行われているようだった。

 再び、小櫃川の深い谷が近づいてきて、大きく湾曲した流れによって削られた崖の上を列車は通る。車窓から眼下の水面にオシドリの群れが見えた。

f:id:peepooblue:20160212211529j:image

f:id:peepooblue:20160212211526j:image

 トンネルを2つ抜け、まもなく終点・上総亀山に到着。14時08分。

 この駅にはホームに接した本線のほかに留置線が2本あったが、いつのまにか本線から切り離されて、使えなくなっていた。

f:id:peepooblue:20160212211524j:image

 折り返しの列車は14時23分発。時間があれば、小櫃川をせき止めたダム湖亀山湖あたりを散策したいが、その次の列車は3時間後の17時15分までないので、今日はすぐ引き返すことにする。滞在時間は15分ある。

f:id:peepooblue:20160212215529j:image

f:id:peepooblue:20160212215526j:image

 線路は駅構内のはずれで途切れていて、その前方には山が立ちはだかり、いかにも終着駅らしい。しかし、久留里線は最初から上総亀山をめざして建設されたわけではない。木更津から房総半島を横断して、外房の大原をめざしていたのだ。線路は大原からも木更津をめざして建設されたが、途中の上総中野まで開通したところで工事中断。これが現在の「いすみ鉄道」で、旧国鉄時代は木原線といった。木更津と大原を結ぶ路線という意味である。

 結局、久留里線と木原線が結ばれることはなく、そのかわり、木原線は市原市五井から外房安房小湊をめざして線路を伸ばし、やはり上総中野まで開通した小湊鉄道と接続することで、一応、房総横断ルートを形成することにはなったのだった。

 久留里線は自分と結ばれるはずの木原線(いすみ鉄道)が山の向こうで別の相手(小湊鉄道)と結ばれていることを知ってか知らずか、今日も木更津と上総亀山との間を行ったり来たりしているわけである。

f:id:peepooblue:20160212215544j:image

(本当はこの先も線路は続くはずだったのだ)

f:id:peepooblue:20160212215547j:image

 それにしても、上総亀山は何もないところだ。僕以外に同じ列車でやってきた人たちもほとんどが同じ列車でまた引き返すようだ。

f:id:peepooblue:20160212215542j:image

 この様子で、みんなただ久留里線に乗ることだけが目的でここまでやってきたことが分かる。

f:id:peepooblue:20160212215540j:image

 ところで、久留里線時刻表をみると、朝は木更津からの一番列車が7時36分に到着するより前に上総亀山から5〜6時台に3本の木更津行きが発車することが分かる。なので、かつては上総亀山駅の3本の線路に3本の列車が並んで一夜を過ごしていたのだが、そのうち2本の線路が使われなくなったということは、どういうことなのかと調べてみたら、1列車のみが亀山で夜間停泊し、2本は久留里で夜を過ごして、朝、亀山に順次回送されてくるらしかった。

f:id:peepooblue:20160212215535j:image

 構内に咲くタンポポ

f:id:peepooblue:20160212215538j:image

 水仙

f:id:peepooblue:20160212215531j:image

 駅前の猫。

f:id:peepooblue:20160212215533j:image

f:id:peepooblue:20160212222152j:image

f:id:peepooblue:20160212222154j:image

f:id:peepooblue:20160212222158j:image

f:id:peepooblue:20160212222156j:image

 先ほど乗ってきたのとほぼ同じメンバーを乗せて、列車は上総亀山を14時23分に発車した。

 次の上総松丘との間で見た小櫃川オシドリの写真を撮ろうと思ったのだが、失敗した。

f:id:peepooblue:20160212222248j:image 

 まだ時間はあるし、もうひと駅ぐらい、どこかで降りてみようかとも思ったが、結局、そのまま木更津まで乗り通し、家路についた。

 

2016-02-11

[][]久留里線の旅その1 22:57

 きょうは建国記念の日独立記念日も含めて国家の創建を祝う記念日は多くの国にあるのだろうけれど、その由来が日本ほど曖昧な国は珍しいのではないだろうか。なぜ2月11日が建国記念の日なのか、西暦何年のこの日に日本は建国されたというのか、その時一体何があったのか、こういうことをちゃんと説明できる日本人もさほど多くないような気がするけれど、どうなんでしょう。安倍首相は何も見ずともスラスラと説明できるのだろうね。

 一応、僕も説明できるが、面倒なので説明しない。まぁ、神話に基づいたものだし、12月25日がキリストの誕生日だというのと同じぐらい根拠は薄弱である。

 ということで、久しぶりにどこかのローカル線に乗りたいな、と思い、JRの総武線内房線を乗り継いで、木更津までやってきた。めあては木更津から房総半島の内陸部へ分け入り、上総亀山(君津市)に通じる久留里線。「くるり」という名前がかわいい、32.2キロの非電化ローカル線だ。過去には2004年の夏に一度乗ったことがある。

 11時12分発に乗車。1両だけのディーゼルカーで、キハE130という新しい車両。

f:id:peepooblue:20160211214326j:image

 この列車は終点までは行かず、途中の久留里止まり。時刻表をみると、終点の上総亀山まで行くのは、朝晩はそれなりに本数があるが、日中は非常に少ない。木更津7時24分発の次は13時01分発、その次は15時48分発である。もう少し列車があるかと思っていたのだけれど。

 とにかく、11時12分に久留里行きは北へ向かって動き出し、右にカーブして内陸へ向かう。次の駅は祇園。こんなところにこんな名前の駅がある。1995年の夏に自転車房総半島を旅行した時にこの駅は通った。というか、久留里線の沿線はほぼ全区間自転車で走ったことがあるのだ。

 冬枯れの田園の中に住宅が点在する平凡といえば平凡な風景の中を列車は走る。

 上総清川、東清川と停まり、次の横田で木更津行きと行き違い。その次の東横田も95年のツーリングで休憩した駅として覚えている。あの時はまだ健在だった川崎木更津間のフェリーで房総半島に上陸し、半島を横断して外房の御宿まで走ったのだった。猛烈に暑くて、バテバテのヘロヘロになったものだ。

 東横田から久留里線は南寄りに針路を変え、相変わらず小櫃川沿いの平坦な風景の中を行く。

f:id:peepooblue:20160211214324j:image

馬来田駅に停車中)

f:id:peepooblue:20160211214322j:image

f:id:peepooblue:20160211214320j:image

f:id:peepooblue:20160211214318j:image

 馬来田(まくた)、下郡、小櫃(おびつ)、俵田と停まって、久留里には11時57分に到着。

f:id:peepooblue:20160211214316j:image

f:id:peepooblue:20160211214306j:image

 久留里城下町であると同時に町の各所に自噴井戸が点在する名水の里として有名な土地だ。上総亀山行きは13時50分発なので、2時間近くある。その間に町を見物してこよう。

 駅のすぐそばにこんこんと水が湧く井戸があり、大量のペットボトルやポリタンクをもって水を汲みに来ている人たちがいた。

 町を歩いていると、あちこちで井戸がある。

f:id:peepooblue:20160211220924j:image

f:id:peepooblue:20160211220922j:image

 この土地で明治時代に始まった上総掘りという井戸掘り技術の成果で、この上総掘りの技術は現在では東南アジアアフリカなどの発展途上国でも活用されている。

 市街を南に抜けると、久留里城への入口があった。このあたりはΩを連ねたように激しく曲がりくねりながら深い谷を刻んで流れる小櫃川が天然の濠となった要害の地で、久留里城はそうした土地を見下ろす山の上にある。

 急坂の自動車道を登り、途中からは城山探鳥路という山道に入る。ただ、野鳥シジュウカラがさえずっていたぐらい。フクロウなども生息しているらしいけれど。

f:id:peepooblue:20160211222859j:image

f:id:peepooblue:20160211220920j:image

 久留里城は室町時代の1456年に上総武田氏の武田信長(こんな名前の武将がいたんですね)によって築城され、その子孫(真里谷氏)の居館となり、戦国期には「南総里見八犬伝」にも出てくる里見氏が城主となり、小田原北条氏と攻防を繰り広げた(一度、北条氏に奪われ、その後、里見氏が奪還)。江戸時代になると、久留里藩の藩庁として、大須賀氏、土屋氏が相次いで藩主となったが、1679年に土屋氏が改易となって久留里城も一度は廃されてしまう。しかし、1742年に黒田氏が藩主となって久留里城は再興され、明治維新まで存続し、明治5年に廃城となっている。

 城山からの眺め。

f:id:peepooblue:20160211222857j:image

f:id:peepooblue:20160211222855j:image

 標高128メートルの二の丸にある資料館をみて、さらに標高145メートルの本丸へ。

f:id:peepooblue:20160211222853j:image

上総掘りの井戸掘り櫓)

 途中には「男井戸」(おいど)・「女井戸」(めいど)と呼ばれる2つの井戸があった。伝説によると奈良時代に僧・良弁が掘り、「金剛水」「胎蔵水」と言ったそうだが、戦国時代には城主・里見氏が北条氏に攻められ、籠城戦となって、最後は北条軍を撃退した激戦で、この井戸は籠城を支えた貴重な水源となったという。

f:id:peepooblue:20160211222851j:image

 ちょうど今、吉川英治の『私本太平記』を読んでいるのだが(4回目)、後醍醐天皇鎌倉幕府討伐の呼びかけに応じて挙兵した楠木正成が籠城し、鎌倉方の大軍に囲まれながらも耐え抜いた千早城もこんな感じだったのかな、などと考える。恐らく、久留里城を築くにあたっても、楠木正成千早城を念頭において城塞を構築したのではないだろうか。

 本丸には復元天守閣があった。もちろん、戦国時代にはこんな天守閣は存在しなかった。

f:id:peepooblue:20160211222848j:image

 じっくり見て歩くと、かなり面白そうだが、時間がないので、ざっと見ただけで城山を下る。

 こんな道もあったが、今回はパス。どれぐらいの確率で出るのだろうか、シカとイノシシ

f:id:peepooblue:20160211222842j:image

 上空を頻繁に飛行機が通る。途中でカケスの声を聞いた。

f:id:peepooblue:20160211222838j:image

 小櫃川の旧河道の深い谷。

f:id:peepooblue:20160211225425j:image

 久留里の商店街。駅入り口。

f:id:peepooblue:20160211225423j:image

 久留里駅舎。

f:id:peepooblue:20160211225417j:image

f:id:peepooblue:20160211225416j:image

 13時50分発の上総亀山行きがやってきた。今度は2両編成。

f:id:peepooblue:20160211225414j:image

(つづく)



 

 

2016-02-10

[]きょうの夕空 21:04

 日没には間に合わなかったが、ダイヤモンド富士のタイミングは数日前に過ぎてしまったようだ。

f:id:peepooblue:20160210210229j:image

(おまけ)オシドリ

f:id:peepooblue:20160210210226j:image

2016-02-09

[]シフゾウ 20:25

 多摩動物公園で4頭が飼育されているシフゾウ。

 唯一のオス、アオバは去年12月28日に左右の角が同時に落ちて、今は新しい角が伸び始めている。

f:id:peepooblue:20160209201610j:image

 また、メスなのに生えるはずのない角が生えてしまったエリーの角は年を越してもそのままのようだ。どうなるのだろうか。

f:id:peepooblue:20160209201609j:image

(おまけ)井の頭公園でみつけたパンの缶詰の自動販売機

f:id:peepooblue:20160209201607j:image

 こういう場合はちゃんと購入して、中身がどんなものなのかレポートすべきなのかもしれないが、買おうという気にはならなかった。

 コーヒー味とあずき味が550円、チョコチップ、苺、ミルク、キャラメルが各500円。意外に高い。

f:id:peepooblue:20160209201605j:image

 そして、何よりもこの自販機ではパン以外にも売っているものがある。

 イナゴの甘露煮と蜂の子。イナゴは900円、蜂の子は2300円。

f:id:peepooblue:20160209201603j:image

 買う人、いるのかな。「ここで食べる方はお店でヨウジをもらってください」と書いてある。

 イナゴというのは中学生の時に秋田県ユースホステルで夕食に出て、食べたのが最初で最後かな。同宿の女子大生の分までもらって食べたという記憶がある。

 蜂の子を食べたことはないと思う。たぶん。

numapynumapy 2016/02/10 09:35 おはようございます。
いやぁ、懐かしい限りですが、今やこんなふうに
缶詰になってるんですね、イナゴと蜂の子。
子供時代に獲りに行ったり、軒先のハチの巣
(アシナガ蜂)を落としてよく食べました。
東京、住吉にゲテモノを食べさせる店があって、
そこでは定番メニューでした。
育ちが知れますね。

peepoobluepeepooblue 2016/02/10 21:08 numapyさん
こんばんは。
最近は昆虫食がブームらしいですが、イナゴと蜂の子というのは入門編といった感じでしょうか。
ご出身は信州でしたよね。
だとしたら、蜂の子の本場ですね。あれはアシナガバチなんでしょうか。

2016-02-08

[]福寿草 20:40

 井の頭公園に咲いていた福寿草

f:id:peepooblue:20160208203456j:image

 そばで写真を撮っていたおばちゃんは最初、何の花だか分からなかったそうだが、通りかかった外国人が「フクジュソウだ」が教えてくれたそうだ。

f:id:peepooblue:20160208203452j:image

 「かいぼり」中の井の頭池はだいぶ水がなくなったが、池底の泥はまだたっぷりと水を含んでおり、ポンプを使った排水作業が行われている。

f:id:peepooblue:20160209205356j:image

f:id:peepooblue:20160208203450j:image

 水鳥の足跡。

f:id:peepooblue:20160208203440j:image

 池の底の餌を探すツグミ。嘴の先に泥がついている。

f:id:peepooblue:20160208203449j:image

f:id:peepooblue:20160208203438j:image

 池の中から出てきたもの。

f:id:peepooblue:20160208203436j:image

f:id:peepooblue:20160208203434j:image

numapynumapy 2016/02/09 09:36 おはようございます。
いやぁ、もう福寿草ですかぁ。
コチラは今日から久しぶりに雪です。
大量じゃなければいいんですが…

peepoobluepeepooblue 2016/02/09 20:34 numapyさん
こんばんは。
福寿草の開花が今年は早いのかどうなのか、分かりませんが、やはり春の訪れを感じさせる花ですね。
今朝、摩周湖のライブカメラをチェックしたら、少し吹雪いているようで、湖面はまったく見えませんでした。屈斜路湖もほぼ全面結氷です。
そちらの冬はまだまだ続きますね。

2016-02-06

[]インドクジャク 22:29

 多摩動物公園ではオスのインドクジャクが放し飼いにされているが、昨年秋に新たに若いオス2羽が放鳥された。いつも一緒に行動している。

f:id:peepooblue:20160206222512j:image

 ピンクの足環は桃太郎2014年にウォークイン・バードケージで誕生。ほんの小さなヒナだった頃から知っている個体。もう一羽は名前不明。

f:id:peepooblue:20160206222510j:image

 猛禽類の保護舎の前で2羽揃って羽を広げる。まだ若いので、こんな感じ。

f:id:peepooblue:20160206222508j:image

f:id:peepooblue:20160206222506j:image

f:id:peepooblue:20160206222504j:image

 シロフクロウのメスにアピール?

f:id:peepooblue:20160206222503j:image

f:id:peepooblue:20160206222500j:image

 見てる、見てる。

f:id:peepooblue:20160206222458j:image

2016-02-05

[]61歳になったジプシー 21:24

 朝、7時41分に神奈川県東部を震源とする地震があり、ちょっとびっくりした。直下型特有の真下から突き上げてくるような震動。町田市などで震度4、世田谷は震度3だったが、印象としては3.5ぐらいの感じ。まぁ、大きな揺れというより小刻みな震動で、短かったけれど。

 19時前には鹿児島県桜島が爆発的噴火。警戒レベルが2から3に引き上げられる。火口から溶岩が飛び散っているように見えたが、あのぐらいは驚くほどの噴火でもないのか。

 さて、今日の写真は多摩動物公園オランウータン、ジプシー♀。1月で世界最高齢の61歳になったが、まだまだ元気だ。

f:id:peepooblue:20160205211257j:image

f:id:peepooblue:20160205211256j:image

 ジプシーの子孫は北海道から九州まで日本各地にいて、子や孫、曾孫、玄孫までいる。

f:id:peepooblue:20160205211252j:image

 これはジプシーの孫にあたるミンピー9歳♀とアピ1歳♂の姉弟。

f:id:peepooblue:20160205212334j:image

 ミンピー。

f:id:peepooblue:20160205211249j:image

 ガラス越しに室内を覗くミンピー。布を被ると、暗い室内が見えやすいということが分かっているのだろうか。

f:id:peepooblue:20160205211247j:image

(おまけ)今日の夕景

 ここ数日、東京では国立競技場が取り壊されたことで明治神宮外苑から富士山が見えるようになり、今がちょうどダイヤモンド富士のタイミングということで話題になっているが、ここからだと富士山の右肩あたりに沈んだようだ。ただ富士山は霞み、夕陽もぼんやり。

f:id:peepooblue:20160205213411j:image

f:id:peepooblue:20160205213407j:image

numapynumapy 2016/02/06 09:49 おはようございます。
地震、大したことなかったようで何よりです。
震源地、川崎あたりだったんですかね。

peepoobluepeepooblue 2016/02/06 22:15 numapyさん
こんばんは。
昨日の地震は震度3という数字以上に、いきなり真下から一撃を食らったような驚きがありました。揺れるというのとはちょっと違う感覚でした。
震源はテレビで表示された地図をみる限り、川崎市の内陸部のようでした。詳しいことは分かりませんが。
今は中国人をはじめ外国人観光客が大勢来ていますから、地震のない国の人たちは驚いたでしょうね。いい土産話になったと思います。
それよりも台湾で大きな地震が起きましたね。被害も出ているようで、お気の毒です。

2016-02-04

[]ニホンカモシカ 21:17

 多摩動物公園ニホンカモシカ、コタロウ。2013年8月、井の頭自然文化園生まれの2歳。

f:id:peepooblue:20160204211429j:image

 夏毛のスッキリとした姿と違って、ふさふさの冬毛。

f:id:peepooblue:20160204211424j:image

 井の頭で2014年に生まれたコタロウの弟は元気に育っていると思っていたのだが、昨年12月に1歳半で死んでしまったらしい。 

2016-02-02

[]雪のサバンナ 21:59

 多摩動物公園アフリカ園のサバンナも1月18日の雪で真っ白になった。

 雪の上のキリンというのは貴重な光景かもしれない。

f:id:peepooblue:20160202215534j:image

f:id:peepooblue:20160202215529j:image

f:id:peepooblue:20160202215520j:image

 シマウマ。昨年生まれたランディにとっては初めての雪。

f:id:peepooblue:20160202215533j:image

 シロオリックスサクラ♀。生後1カ月半で母親を亡くして、十分にお乳をもらえなかったことが影響しているのか、ほかの個体に比べて小柄で角も短い。しかも、群れから離れて、ポツンとひとりでいることが多いような気がする。

f:id:peepooblue:20160202215526j:image

f:id:peepooblue:20160202215524j:image

2016-02-01

[]雪の後のキキ&リキ母子 20:25

 多摩動物公園オランウータン、キキ。15歳。雪を食べてご満悦。

f:id:peepooblue:20160201201719j:image

f:id:peepooblue:20160201201717j:image

f:id:peepooblue:20160201201715j:image

 キキの息子のリキ。3歳。

f:id:peepooblue:20160201201727j:image

f:id:peepooblue:20160201201725j:image

f:id:peepooblue:20160201201721j:image

 こちらはヤギの母子。5歳の母ツキと1歳の娘「もち」。

f:id:peepooblue:20160201202258j:image

f:id:peepooblue:20160201202257j:image

 3歳の母親「きなこ」と去年9月に生まれた「わらび」と「おはぎ」の姉妹。

f:id:peepooblue:20160201202255j:image

f:id:peepooblue:20160201202253j:image

f:id:peepooblue:20160201202251j:image

f:id:peepooblue:20160201202249j:image