Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2017-10-10

[][]甲府盆地の端っこサイクリング(その2) 21:22

 10月9日、体育の日青梅街道柳沢峠を越えるつもりで山梨県までやってきたわけだが、予定変更で甲府盆地内をウロウロしている。甲斐大和駅をスタートして、勝沼を経て、山梨市までやってきたところから。

 それにしても、周囲をぐるりと山に囲まれて、しかも山の姿がそれぞれにいい。山梨はいいところだな、と思う。山梨市といえば、最近、市職員採用試験での不正問題によって市長が逮捕されて話題になったばかりだが。

 山梨市駅前をあとに笛吹川を渡り、万力公園というところにやってきた。ここには動物園があるらしい。動物園好きとしては立ち寄らねばなるまい。

f:id:peepooblue:20171010165851j:image

 木々の間をシジュウカラエナガが飛び回っている。

 「万力動物広場」の入口の前にはニホンジカの放飼場。けっこう広い。井の頭や多摩ヤクシカより大きいホンシュウジカが飼育されている。

f:id:peepooblue:20171010165838j:image

f:id:peepooblue:20171010165833j:image

f:id:peepooblue:20171010165827j:image

 園内にはシマリスやヤギやニホンザルウサギ、マーラ、セキセイインコオカメインコカメなど地方の小動物園らしいメンバーがいたが、なかでも人気はアライグマらしい。

f:id:peepooblue:20171010171738j:image

「〇〇すぎる、アライグマ!」「すいません、基本小屋で寝ています!」の文字がまず目に入る。「TV、ネット等で大人気!!」だそうだ。

 よくみると、「大きすぎると話題なアライグマの『ぷうた』君。グウタラで寝てばかりで見る事ができない事があります」とのこと。

 どれどれ、と覗いてみてビックリ。本当にでかい。まるまると太ったアライグマ。ちゃんと外に出ていた。

f:id:peepooblue:20171010171728j:image

f:id:peepooblue:20171010165815j:image

 これが「ぷうた」か。あしあとが可愛い。

 寝小屋の中にもう1頭いる。こちらは「ぽんた」で、普通のサイズか。

f:id:peepooblue:20171010171713j:image

 と思ったら、「ぽんた」もけっこうでかい。

f:id:peepooblue:20171010171720j:image

f:id:peepooblue:20171010171707j:image

f:id:peepooblue:20171010171653j:image

 餌を洗って食べる「ぷうた」。太っているというより、太らせすぎのような気がしないでもない。

f:id:peepooblue:20171010171646j:image

f:id:peepooblue:20171010172501j:image

f:id:peepooblue:20171010172456j:image

f:id:peepooblue:20171010172453j:image

 カピバラも人気。水中を覗けるようになっていたが、この時は水に入らず。

f:id:peepooblue:20171010172449j:image

 置物のようなフラミンゴ

f:id:peepooblue:20171010172439j:image

 本物である。

f:id:peepooblue:20171010172431j:image

f:id:peepooblue:20171010172435j:image

 インドクジャク

f:id:peepooblue:20171010172427j:image

 さて、走っていると、甲州名物ほうとう」を出す店がたくさんあり、心を惹かれるのだが、山登りに備えておにぎりを買ってしまったので、万力公園のベンチでそれを食べて、荷物を減らして、また走り出す。

 次にめざすのは山梨市駅前の観光案内所のおばちゃんに勧められたフルーツ公園である。山の上にあるらしいが、おばちゃんは僕が自転車であることを承知の上で勧めたわけだから、なんとかなるだろう。それにしても10月とは思えないほど暑い。

 市街地を抜け、フルーツ公園の案内標識に従って、また上り。扇状地の上にあるらしい。再び周囲はぶどう畑ばかりになった。ちなみに平地は桃の畑ばかりである。

 これは街灯なのか? 夜は点灯するのだろうか?

f:id:peepooblue:20171010174853j:image

 側溝のふたもフルーツ。

f:id:peepooblue:20171010174849j:image

 街灯は途中から、これ。なんだろう?

f:id:peepooblue:20171010175408j:image

扇状地の斜面は見渡すかぎりのぶどう畑。 

f:id:peepooblue:20171010174842j:image

 「名前のない展望台」。ただ休みたくて立ち寄る。景色はいいが、暑い。この日の甲府市最高気温は28.2℃。勝沼は27.1℃。

f:id:peepooblue:20171010174837j:image

f:id:peepooblue:20171010174834j:image

 ぶどう畑。

f:id:peepooblue:20171010174830j:image

 直売所。

f:id:peepooblue:20171010174826j:image

 途中で「ぶどう食べ放題。30分1900円」というのがあった。持ち帰りはまた別料金なんだろうね。

 すっかりバテて、笛吹川フルーツ公園に到着。標高は600メートル以上の急傾斜地に造成された公園。ここからの夜景は「新日本三大夜景」のひとつに選ばれているらしい。それは綺麗だろうなぁ、とは思う。

 自転車で来ているのは僕だけのようで、駐輪場も見当たらないので、トイレの裏に自転車を残して園内散策

f:id:peepooblue:20171010175404j:image

f:id:peepooblue:20171010175400j:image

 カツラの木がきれいに色づいていて、ハート形の黄葉がキャラメルのような甘い香りを放っている。

f:id:peepooblue:20171010175356j:image

f:id:peepooblue:20171010175351j:image

 リンゴもなっている。

f:id:peepooblue:20171010175344j:image

f:id:peepooblue:20171010203013j:image

f:id:peepooblue:20171010204441j:image

 公園内には「ウォーターガーデン」や「アクアアスレチック」もあり、子どもたちがびしょ濡れになって水遊びに興じている。10月とは思えない光景だ。

f:id:peepooblue:20171010175340j:image

f:id:peepooblue:20171010203041j:image

 ブドウは至るところに実っている。手が届きそうだが、もちろん勝手に食べてはいけない。しかし、野生の猿でも出てきたら、あっという間に全部食べられてしまいそうでもある。時折、どこかの農園からか爆竹のような破裂音が聞こえてくるのは、猿除けだろうか。

f:id:peepooblue:20171010203005j:image

 園内は高低差が大きいので、下の駐車場から一番上までロードトレインというのが運行されている。

f:id:peepooblue:20171010203035j:image

f:id:peepooblue:20171010203026j:image

f:id:peepooblue:20171010203021j:image

f:id:peepooblue:20171010203017j:image

f:id:peepooblue:20171010204514j:image

f:id:peepooblue:20171010204510j:image

f:id:peepooblue:20171010204506j:image

 ブドウやナシ、桃、リンゴなどの果樹園の中をどんどん上っていくと、富士屋ホテル温泉施設、物産館などがあり、足湯もあった。「恋人の聖地」という夜景をバックに写真が撮れるスポットもある。

f:id:peepooblue:20171010204459j:image

 ここまで登ってくると、それまで雲に隠れていた富士山が山の彼方に姿を見せた。ここからだと裾野は見えない。

 100円の足湯富士山を眺めながら休憩(座布団付き)。お湯はややぬるめだが、今日はそれが嬉しい。

f:id:peepooblue:20171010204451j:image

f:id:peepooblue:20171010204455j:image

f:id:peepooblue:20171010210701j:image

 足湯でのんびり時間を過ごし、また坂や階段を下って、途中、「くだもの館」の展示室(果物についての科学、歴史、文化に触れられる展示スペース)で、フルーツ公園の写真展なども見て、フルーツ公園をあとにまた自転車の人となる。

 帰りは延々と下りだ。今日は上ったり下ったりで、平坦な道はあまり走っていない気がする。山梨市駅から電車で帰ってもいいが、もう少し走ろう。甲府までは行かないまでも、石和あたりまでなら余裕で行ける。行っても、温泉につかるわけではないけれど。

 山梨市春日居町間の跨線橋から。

f:id:peepooblue:20171010210657j:image

 同じ場所からフルーツ公園を眺める。扇状地特有のなだらかな斜面に見えるが、自転車で上ると大変だったのだ。

f:id:peepooblue:20171010210653j:image

 春日居町駅付近の踏切より。

f:id:peepooblue:20171010210649j:image

 このあたりは平地で、桃畑ばかり。

 春日居町駅前のトイレ。春日居町は以前は別田(べつでん)という駅名だった。

f:id:peepooblue:20171010210646j:image

 桃畑の中を坦々と走って、石和温泉駅北口に到着。温泉街は南口にあるようで、北口には何もない。

 ちなみに石和温泉駅も以前は単に石和駅だった。

f:id:peepooblue:20171010210642j:image

 自転車を分解・袋詰めして16時06分発の高尾行きに乗車。今日はものすごい数のブドウを見たけれど、一粒も口にしなかった。

f:id:peepooblue:20171010210638j:image

 今日の走行距離はたった40キロ。

[]モモコ出産 16:38

 上野動物園のゴリラの「モモコ」(34歳)が昨日無事出産した。本日発表。赤ちゃんの性別は不明。父親は「ハオコ」(24歳)。

 昨日の朝、いつも通り群れと一緒に運動場に出たモモコだったが、急に産気づき、開園直前の9時22分に家族が見守るなか、出産したそうだ。ちょうど1年前の4度目の出産は残念ながら死産だったが、今回は母子とも健康だという。モモコの娘の「コモモ」(7歳)と「モモカ」(4歳)の姉妹は興味津々で、赤ちゃんの顔をのぞき込んだり、触ったりしているらしい。モモカもようやくお姉ちゃんになれた。

 モモコと赤ちゃんは今日も群れと一緒に運動場に出ているそうだ。とにかく、赤ちゃんには無事元気に育ってほしい。