Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2015-10-12

[][]さよなら、アイ&センチメンタルサイクリング 22:48

 我が家のお婆ちゃんボタンインコ、アイが天国へ旅立った。

f:id:peepooblue:20151012215607j:image

(今年の4月、13歳の誕生日に撮影)

 13年余りの生涯のうち12年半をうちで過ごしたことになる。

 前日まで少なくとも見た目には普段通りに思えたのだが、朝になったらカゴの床にうつぶせ状態で動かなくなっていた。

 先に天国へ行ったダンナや子どもたちから「いつまでもそんな狭いカゴの中に独りでいないで早くこっちへおいで」と呼ばれていたのだろう。

 きっと天国は遠いところだろうから途中の食料として好物だったソバの実と一緒に柔らかい紙にくるんで、5年前の10月に旅立ったダンナのブルと同じ墓に埋葬。

 この12年半、朝起きたらまずインコに餌をやり、水を換えるのが日課だったが、もうその必要もなくなってしまった。

 空っぽになったケージのアイの最後の食べこぼしや糞を掃除しながら、うつろな気分になる。

 さて、気を取り直して、体育の日なので、また荒川方面にサイクリングに出かけてきた。

 9時50分に出発し、いつものように環八笹目通りを北上し、20キロ走った笹目橋から荒川サイクリングロードに入る。ススキとセイタカアワダチソウが目立つ。あちこちでモズが高鳴きしている。

f:id:peepooblue:20151012220846j:image

 彩湖では水面に見慣れない鳥。潜水と浮上を繰り返しながら、どんどん遠くへ行ってしまったのだが、カンムリカイツブリか。アイがいなくなっても、この世界にはまだまだ鳥がたくさんいるんだなぁ、と鳥の姿を目にするたびに当たり前のことを何度も思う。

f:id:peepooblue:20151012220844j:image

 いつものように上尾市榎本牧場までやってきた。ここまで45キロ。いつも以上に人が多く、サイクリストもたくさんいる。自転車置き場も満車状態だ。みんな特製のジェラートを食べている。僕も食べた。

f:id:peepooblue:20151012220842j:image

 ここに来るたびにポイントカードを作りますか、と聞かれ、そのたびに断っていたのだが、前回(今年の春)、初めてカードを手に入れた。でも、家に忘れてきた。

 ミニブタ販売中。価格は応相談って大体いくらぐらいなんだろう?

f:id:peepooblue:20151012220839j:image

(この4匹はゴールデンボンバーと一緒にテレビに出演したらしい)

f:id:peepooblue:20151012222546j:image

f:id:peepooblue:20151012222544j:image

 榎本牧場をあとにさらに進む。桶川市北本市鴻巣市…。

f:id:peepooblue:20151012222541j:image

 先月の大水害の時に荒川の氾濫水を被ったのか、サイクリングロードにもところどころに泥が溜まっていて走りにくい。

f:id:peepooblue:20151012222535j:image

 田圃はほとんどが収穫を終えているが、まだ刈り入れ前の田圃もある。

f:id:peepooblue:20151012222539j:image

f:id:peepooblue:20151012222537j:image

 鴻巣市では河川敷にコスモスがたくさん咲いていた。

f:id:peepooblue:20151012223200j:image

f:id:peepooblue:20151012223202j:image

f:id:peepooblue:20151012223157j:image

 ここで折り返してもよかったが、もう少し進む。

 気持ちよさそう。

f:id:peepooblue:20151012223602j:image

f:id:peepooblue:20151012223600j:image

 高く澄んだ空を見上げながら、アイは今頃どのあたりを飛んでいるかなぁ、などとおかしなことを何度も考える。小さな体で精一杯羽ばたきながら天に向かって高く高く飛んでいくアイの姿が目に浮かぶ。

f:id:peepooblue:20151012223557j:image

 結局、熊谷駅の一つ手前の行田駅(JR高崎線)まで行って、折り返してきた。

f:id:peepooblue:20151012223555j:image

f:id:peepooblue:20151012223553j:image

 帰り道、ヘビが道を横断しようとしていて、近づいたら、こちらの気配を察したか、引き返して草の茂った側溝の中に頭を隠してしまった。ヤマカガシらしかった。

f:id:peepooblue:20151012223552j:image

f:id:peepooblue:20151012223550j:image

f:id:peepooblue:20151012223547j:image

 いつもの場所のヤギ。

f:id:peepooblue:20151012223537j:image

 さいたま市あたりでもう夕暮れ。

f:id:peepooblue:20151012224506j:image

 まだまだ家は遠い。

f:id:peepooblue:20151012224502j:image

 彩湖の夕暮れ。

f:id:peepooblue:20151012224459j:image

f:id:peepooblue:20151012224458j:image

f:id:peepooblue:20151012224456j:image

 ようやく笹目橋まで戻ってきた。あと20キロ。疲れた。

f:id:peepooblue:20151012224454j:image

 今日の走行距離は141キロ。  

numapynumapy 2015/10/13 10:33 おはようございます。
「アイちゃん」ご愁傷様です。
きっとこれから喪失感に襲われるんでしょうが、
元気をお出し頂きますように…。
追悼サイクリングを拝見していて、4年前に他界した義弟のことを思いだしました。
追悼旅行で川湯に一泊旅行に出かけたことも…。世の中、無常ですね。

peepoobluepeepooblue 2015/10/13 19:47 numapyさん
こんばんは。ありがとうございます。
確かに喪失感は大きいです。
もう老鳥でしたから、最近は新しい餌を購入するたびに、アイのために餌を買うのもこれが最後になってしまうかもしれないなんて、ふと思ってしまったりしたのですが、ついに現実になってしまいました。置き土産の餌は庭にやってくるスズメたちにまいてやろうと思います。
昨日、荒川河川敷の大空の下を走ったおかげで、アイは死んだのではなく、家族の待つ空の彼方へ旅立っていったのだと思えたぶん、救われてはいます。

tomo508tomo508 2015/10/13 22:29 こんばんは。
13歳、ボタンだとほぼ寿命でしょうか?
長生きしてくれたことは嬉しいけど…でも、寂しいですね。。。
きっと 狭いカゴの中とはいえ、幸せな一生だったのだと信じて。
サイクリング、いいですねー!最近は…全然してないです。MTBも埃被ってます(汗)。。。

peepoobluepeepooblue 2015/10/14 06:22 tomo508さん
おはようございます。
一応15歳を目標にしていたのですが、まぁ、早すぎる、ということはないと思います。
こういう日が来ることは初めから分かっていたわけですが、それでもやっぱり寂しいですね。
幸せな一生だったかどうか分かりませんが、いまは天国で家族と再会して、楽しく過ごしていると思いたいです。
オカメちゃんたち、末永く可愛がってあげてくださいね。

サイクリング、いいですよ〜(笑)

2015-04-12

[]アイ13歳 21:01

 我が家のボタンインコ、アイ(藍)が13歳の誕生日を迎えた。実は正確な誕生日は分からないのだが、2003年4月12日にうちに来て、その時、ちょうど1歳ぐらいという話だったので、この日を誕生日にしているのだ。

f:id:peepooblue:20150412210049j:image

f:id:peepooblue:20150412210047j:image

f:id:peepooblue:20150412210045j:image

 ダンナや子どもに先立たれて、もうお婆ちゃんなのだが、まだまだ長生きしてほしい。

TpongTpong 2015/04/12 21:30 我が家のボタンインコが逝ったのは昨夏でした。
未だに日常のちょっとした音が彼女の鳴き声に聞こえることがあります。
たかが小鳥、されど小鳥ですね。
13歳といえばご老体もいいところですが、末永く可愛がってください。

peepoobluepeepooblue 2015/04/13 06:25 Tpongさん
子どもの頃からたくさんの命を見送ってきましたが、大人になればなるほど精神的な痛手が大きくなるものですね。
もう13歳となれば、いつまたそういう日が来てもおかしくない、と心の奥で思っている自分がいることも確かなのですが、同時にいつまでも元気でいてほしいと願っている自分もいます。
毎朝、窓の外の野鳥の声に反応して叫び声をあげるのを聞いて安心する日々です。

tomo508tomo508 2015/04/13 11:54 こんにちわ!
かわいい。13歳って言うとかなりの高齢ですよね。
ほんと 鳥って外見では年齢わかりませんね!
家の娘たちはまだ6歳。長生きして欲しいなぁ。。。
アイ婆ちゃんも まだまだがんばって欲しいですよね!

peepoobluepeepooblue 2015/04/13 19:20 tomo508さん
こんばんは。
オカメは平均寿命が18〜20年ぐらいと書いてあるのをよく見ますから、もっと長生きみたいですね。でも、こういう数字は飼い主としてはちょっとプレッシャーにもなるような…。
平均寿命に届かなかったダンナや子どもたちのためにも長生きしてほしいです。
ちなみにアイは普段接していても可愛いというよりは気位が高い子のように感じます。

2014-01-05

[]インコのストレス解消法 21:55

 我が家のブルーボタンインコのストレス解消法。

 ハムスターなど小動物用の「かじり木コーン」を齧りまくること。

 とにかく、なんでも齧ることが大好きで、一度、顔を近づけすぎて鼻を咬まれた時は両方の鼻の穴が繋がったか、と思うほど痛かった。当然、出血。

 普通の鳥かごに備え付けの止まり木なら1時間ももたずに折られてしまったりするので、硬い材質のものしか使えない。

 ということで、「かじり木コーン」を設置したのだが、最初は小さいサイズを買ったら、あっという間に消滅してしまったので、今では大きなサイズにしている。

f:id:peepooblue:20140105214724j:image

 きょう新品に交換したら、すぐに齧り始めた。

f:id:peepooblue:20140105214728j:image

f:id:peepooblue:20140105214709j:image

f:id:peepooblue:20140105214719j:image

f:id:peepooblue:20140105214715j:image

f:id:peepooblue:20140105214705j:image

 齧るペースはインコの気分次第で変わってくるが、とにかく、いずれこうなる。

 グリーンに塗装して、飾りをつけたらクリスマスツリーが出来るかも、そうしたらインコの彫刻家としてデビューさせられるかも、なんて馬鹿なことを考えたこともあった。

f:id:peepooblue:20140105214656j:image

 裏返すとこんな具合。

f:id:peepooblue:20140105214700j:image

TpongTpong 2014/01/05 22:03 わはは、ブルーボタン、やることは同じですね(笑)
鳥籠を掃除しやすいようにチラシ広告の類を敷き詰めているのですが、シュレッダーのように短冊の山を築いてくれます。
どうやらこれはメスの習性らしいですね。
遊んであげると次々紙片や木片を渡してくれます。

tomo508tomo508 2014/01/05 23:09 あはは!♪ボタン君って、そんなんなんだ♪♪
家の娘達もそのくらいしてくれても良いのになぁ。
やはり、鳥種による性格の違いかもですね!

peepoobluepeepooblue 2014/01/05 23:28 Tpongさん
ストレス解消法と書きましたが、基本的には巣材作りなんでしょうね。
紙を細く噛み切るのは、うちでもよくやります。小松菜なども食べるより、細く噛み切ることに熱中していますし。
この子が10年前に卵を孵した時は、ヒナが誕生する頃には巣箱の天井がほとんど無くなって、内部が丸見えでした(笑)。
細く切った紙や木屑は水につけてから、クチャクチャやっています。

peepoobluepeepooblue 2014/01/05 23:30 tomo508さん
オカメちゃんは、やりませんか?
今年で12歳になるお婆ちゃんなんですけど、木に立ち向かう時の目つきはいたずらっ子そのものという感じで、そこがボタンの可愛いところではあります。

栗ママ栗ママ 2014/01/06 13:39 今年もよろしくお願い致します
我が家のオカメにも同じものを与えてます!
小さいのは半日ですよね(笑)
何が楽しいのか・・・・・と思いますが
楽しそうなのでよしとしてます
↑すみません

peepoobluepeepooblue 2014/01/06 20:40 栗ママさん
今年もよろしくお願いします。
オカメでも齧るのが好きな子もいるんですね。
インコはその辺の個体ごとの性格の違いが色々で、面白いですよね。
(最初の投稿、削除しておきました)

2011-10-03

[]プー太、天国へ 17:12

f:id:peepooblue:20100627122713j:image

 我が家のボタンインコ一家のお父さん、ブルがあの世に旅立ってからもうすぐ1年だなぁ、なんて思っていたら、息子のプー太も父親のところへ飛んでいってしまった。父と同じ8歳での旅立ち。

 ボタンインコの平均寿命というのは本によって7〜8歳とか10歳とか12歳とか10〜15歳などという風にばらつきがあるのだけど、やはりちょっと早すぎる。

 朝、動かなくなったプー太をカゴから取り出し、半分開いたままの眼を閉じてやり、生まれた時からずっと一緒だった姉のピーカに最後のお別れをさせたら、ピーカはカゴにしがみついてじっと覗き込んでいた。

 父のお墓の隣に埋葬。

 

2011-07-07

[]プー太も8歳 20:50

 ボタンインコのプー太も姉のピーカに2日遅れて今日8歳の誕生日を迎える。月日の経つのは早いなぁ。

f:id:peepooblue:20110706065854j:image