Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2018-04-15

[]第78回皐月賞 20:10

 クラシック三冠レースの第1戦・皐月賞中山競馬場・芝2000メートルで行われ、3歳牡馬16頭が出走した。前日までの天気予報では嵐の中のレースになるのではないかと心配したが、朝のうち強かった風雨はおさまり、午後には天気も回復し曇り空、馬場やや重

 圧倒的な人気になると思われた2歳王者ダノンプレミアムがケガでレースを回避。1番人気は前哨戦弥生賞ダノンプレミアムの2着だったワグネリアン、差のない2番人気は前哨戦・スプリングSを勝ったステルヴィオ、3番人気は2戦2勝のキタノコマンドール

 レースはアイトーンなど3頭がハイペースで他馬を大きく引き離して逃げる展開。人気馬は後続馬群の後方に位置。そして最後の直線、馬群の先頭でずっと逃げる3頭を見ながらレースを進めていた7番人気のエポカドーロがいち早く抜け出し、逃げた3頭の中で最後まで粘ったジェネラーレウーノをとらえて先頭に立つと、2着に2馬身の差をつけてゴールイン。1冠目を手にした。後方から追い込んだ有力馬は届かず、ステルヴィオの4着が最高で、ワグネリアンは7着に敗れる。

 勝ったエポカドーロは三冠馬オルフェーヴル産駒で、これで皐月賞父子制覇となった。通算では5戦3勝。オルフェーヴルの子どもたちはこれが最初の世代で、G1を制したのはラッキーライラック(阪神JF)に続いて2頭目

 1着 エポカドーロ(戸崎)  2着 サンリヴァル  3着 ジェネラーレウーノ

 4着 ステルヴィオ  5着 キタノコマンドール

2018-04-08

[]第78回桜花賞 22:00

 中央競馬の3歳牝馬三冠レースの第一戦、桜花賞阪神競馬場・芝1600メートルで行われ、1頭が出走取消で17頭が出走した。

 1番人気は昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝った2歳女王で、あのオルフェーヴルの娘、ラッキーライラック。ここまで4戦4勝。2番人気は前走シンザン記念で牡馬を破ったアーモンドアイ。

 レースはラッキーライラックが絶好のスタートから好位につけ、最後の直線で先頭に立つ安定した強さを見せたが、それを後方にいたアーモンドアイが1頭だけ次元の違う豪脚で並ぶ間もなく差し切って優勝。桜の女王の座を射止めた。

 アーモンドアイはロードカナロア娘。あまりにも鮮烈なレースぶりで、新たなヒロインの誕生を感じさせた。

 1着 アーモンドアイ(ルメール)  2着 ラッキーライラック  3着 リリーノーブル

 4着 トーセンブレス  5着 マウレア

2017-12-24

[]第62回有馬記念 13:50

 中央競馬の一年をしめくくるグランプリ、有馬記念が今年も10万人もの観客を集めた中山競馬場・芝2500メートルで行われ、スターホース16頭が出走した。

 今年の注目はこのレースがラストランとなるキタサンブラック(牡5歳)。前走ジャパンカップでは途中落鉄の不運もあり、シュヴァルグランの3着に敗れたが、誰もがブラックが有終の美を飾り、歴代最多タイのGI7勝目を挙げるだろうと予想し、期待して、断然の1番人気となった。2番人気は3歳のスワーヴリチャード、3番人気はブラックと同じ5歳馬シュヴァルグラン。

 レースは事前の抽選で武豊騎手が絶好の1枠2番を引き当てたキタサンブラックが好スタートを切って、あっさりと先手を奪うと、マイペースに落として楽に先頭を行く展開。そのまま坦々とレースは進み、ブラックはライヴァルたちに何もさせないまま先頭で最終コーナーを回ると、直線で一気に加速して後続を突き放し、激しい2着争いを尻目に逃げ切った。現役最強馬と呼ばれるにふさわしい圧倒的強さを見せつけて、3度目の有馬記念で初優勝。7つ目のG1勝利を挙げ、獲得賞金でも今日の3億円を加算して18億7千万円超となり、テイエムオペラオーを抜いて歴代1位となり、まさに歴史に残る名馬となった。

 武豊騎手は有馬記念3勝目。過去2勝はオグリキャップとディープインパクトのいずれもラストランで、3勝とも歴史的名馬に有終の美を飾らせたことになる。

 2着には激戦の末、5歳牝馬クイーンズリングが入り、3着がシュヴァルグラン。

 1着 キタサンブラック(武豊)  2着 クイーンズリング  3着 シュヴァルグラン

 4着 スワーヴリチャード  5着 ルージュバック

2017-11-26

[]第37回ジャパンカップ 17:19

 東京競馬場・芝2400メートルで行われた第37回ジャパンカップ。海外から参戦の4頭を含む17頭が出走した。1番人気は前走で道悪の天皇賞でGI6勝目を挙げ、引退まで残り2戦となったキタサンブラック(牡5歳)。このレースは昨年も勝っており、連覇がかかる。

 レースはそのキタサンブラックが好スタートから先頭に立ち、マイペースで逃げる展開。そのまま最後の直線に入り、後続を引き離して逃げ切りを図るが、好位置でキタサンをマークしていた5番人気のシュヴァルグランが鋭い伸びでキタサンを交わして先頭でゴールイン。悲願のG1初制覇。キタサンブラックは最後に今年のダービー馬レイデオロにも交わされ、3着に終わる。

 シュヴァルグランはハーツクライ産駒の牡5歳。馬主はあの大魔神・佐々木主浩。

 1着 シュヴァルグラン(H.ボウマン)  2着 レイデオロ  3着 キタサンブラック

 4着 マカヒキ  5着 アイダホ

2017-10-29

[]第156回天皇賞(秋) 17:27

 秋の天皇賞が東京競馬場・芝2000メートルで行われ、出走18頭のうちG1馬が8頭という豪華なメンバーが集結。しかし、今週もまた台風の接近で、激しい雨が降り続く不良馬場でのレースとなってしまった。

 1番人気はあと3走、年内限りでの引退が発表された5冠馬キタサンブラック。前走・宝塚記念で9着に敗れて以来、4か月ぶりのレースで復活なるかどうか。2番人気はその宝塚を制したサトノクラウン。3番人気は昨年ドバイのG1を制し、前哨戦・毎日王冠も勝ったリアルスティール。

 レースは予想通りロードヴァンドールが逃げる。いつも抜群のスタートを切るキタサンブラックは出遅れて後方からになったが、ほかの馬が馬場の悪い内側を避けて外目を走るなか、武騎手がキタサンブラックをあえて内側に入れる。

 泥飛沫が上がり、走りにくい極悪馬場で前半1000メートル通過が64秒台という超スローペースでレースは進み、3〜4コーナーにかかると、相変わらず外を回る馬群の中、内側の最短コースを回ったキタサンブラックがすんなりと上位に進出。最後の直線であっという間に先頭に立ち、他馬を引き離しながら、徐々に馬場のいい外へ出していく。サトノクラウンが逆に内に入って追いすがるが、キタサンブラックがクビ差で先着。勝ちタイムは普通より10秒ほど遅い2分8秒3。ほとんどの馬が実力を出し切れずに大きく遅れてゴールする中で、このレースを勝ったというのはキタサンブラックが本当に強いということを人々に印象づける結果となった。そして、好騎乗が光った武豊騎手の天皇賞14勝目というのもすごいね。

 キタサンブラックはブラックタイド産駒の牡5歳。これでG1レース6勝目、天皇賞は春秋あわせて3勝目。

 1着 キタサンブラック(武)  2着 サトノクラウン  3着 レインボーライン

 4着 リアルスティール  5着 マカヒキ  6着 ソウルスターリング