Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2018-07-03

[]食と農の博物館 05:25

 日曜日に散歩がてら出かけた東京農大の食と農の博物館

f:id:peepooblue:20180704051312j:image

 すぐ隣の馬事公苑東京オリンピックの会場整備のため長期休苑中で足が遠のき、博物館も久しぶりだったが、オホーツク展というのをやっていた。

 これは常設展示のクリオネ水槽クリオネは貝殻をもたない貝の仲間で、なめくじの親戚みたいな生き物。和名の「ハダカカメガイ」だったら、こんなに人気は出なかっただろうなぁ。

f:id:peepooblue:20180704050352j:image

f:id:peepooblue:20180704050334j:image

 オホーツク展。農大は網走市にもキャンパスがある。

 牧草ロール。

f:id:peepooblue:20180704051322j:image

f:id:peepooblue:20180704050402j:image

f:id:peepooblue:20180704051316j:image

f:id:peepooblue:20180704050359j:image

f:id:peepooblue:20180704050355j:image

 アザラシの毛皮。顔がコワイ。

f:id:peepooblue:20180704051326j:image

f:id:peepooblue:20180704050348j:image

f:id:peepooblue:20180704050345j:image

 隣接するバイオリウム。

f:id:peepooblue:20180704051258j:image

f:id:peepooblue:20180704051302j:image

 クロレムールの赤ちゃん。

f:id:peepooblue:20180704051253j:image

 馬事公苑

f:id:peepooblue:20180704051305j:image

 既存の施設は全部解体して、すべて新しく建設しているようだ。

f:id:peepooblue:20180704051309j:image

2018-05-20

[][]深大寺サイクリング 21:59

 今日はすっきりとした青空が広がり、最高気温も22℃ほどと、さわやかな風の吹く一日。

 午後からサイクリングに出かけ、また野川に沿って深大寺方面へ。

 深大寺のある谷戸の東隣の谷戸にある深大寺自然広場にやってきた。道の右手の丘は「かに山」と呼ばれ、キャンプ場がある。すぎにエナガの声が聞こえてきた。

f:id:peepooblue:20180520210017j:image

 野草園。園内を湧水が流れている。

f:id:peepooblue:20180520210013j:image

 ムシトリナデシコヨーロッパ原産

f:id:peepooblue:20180520210417j:image

f:id:peepooblue:20180520210413j:image

 ヒルザキツキミソウアメリカ原産。

f:id:peepooblue:20180520210357j:image

 野草園というわりには外来種が目立つ。

 シジュウカラ一家が賑やか。

 ミツガシワが育つ池にはトンボ。

f:id:peepooblue:20180520210402j:image

 これはどうやらクロスジギンヤンマというらしい。

f:id:peepooblue:20180520211836j:image

 蝶も多くて、モンシロチョウアゲハクロアゲハアオスジアゲハ、コミスジなど。

 アオスジアゲハが水辺の地面で水分補給。

f:id:peepooblue:20180520210353j:image

f:id:peepooblue:20180520210343j:image

 ここではホタルも飼育していて、6月には観察会もあるらしい。

 つづいて、また深大寺谷戸にある水生植物園へ。そろそろハナショウブが咲くころかな、と思って。

f:id:peepooblue:20180520212739j:image

 咲き始めていた。

f:id:peepooblue:20180520212732j:image

f:id:peepooblue:20180520212735j:image

f:id:peepooblue:20180520212728j:image

f:id:peepooblue:20180520212708j:image

f:id:peepooblue:20180520212701j:image

 田植えが終わった水田。

f:id:peepooblue:20180520212712j:image

 ミズキンバイ

f:id:peepooblue:20180520212720j:image

 菖蒲田とそのそばを流れる湧水の小川ではムクドリが水浴びをしたり、餌を探したり。

f:id:peepooblue:20180521053309j:image

 ミミズを捕まえた。ムクドリが地中から獲物を見つけ出す探知能力はすごいといつも思う。

f:id:peepooblue:20180520212724j:image

 菖蒲田のカルガモ

f:id:peepooblue:20180520214846j:image

f:id:peepooblue:20180520214039j:image

f:id:peepooblue:20180520214035j:image

 ドジョウ

f:id:peepooblue:20180520214053j:image

 ザリガニ

f:id:peepooblue:20180520214046j:image

f:id:peepooblue:20180520214042j:image

 その後、深大寺を参拝。相変わらずの賑わい。

 無料で自由に拝観できた白鳳仏が昨年、国宝に指定され、その後、訪れた時は「志納」を求める貼り紙があり、僕は100円を入れた記憶がある。それがいつのまにか拝観料300円になっていた。前回はけっこうな行列ができていたが、今日は行列はなかった。僕ももう何度も拝んでいるので、今日は素通り。

 深大寺境内に保存されている道標

f:id:peepooblue:20180520214839j:image

 正面には「厄除 御自作 元三大師」と彫られ、右側面には「是ヨリ大師尊参詣道」とある。元禄16(1703)年に建てられ、文政3(1820)年に再建されたもので、もとは甲州街道の滝坂上にあり、そこで甲州街道から分かれる深大寺参詣道は今もそのままのルートが残っている。江戸時代から信仰と行楽の地として深大寺江戸市民に人気だったのだ。帰路はその参詣道を通って帰る。途中に庚申塔馬頭観音などあり。

 走行距離22.0キロ。

2017-08-14

[]最後の開渠 06:33

 世田谷区内の古道「滝坂道」の支線「滝坂北道」について調べていて、ついでにこの古道が横切っていた北沢川(目黒川の支流)上流域の水路跡もいろいろ見て歩いた。

 最近まで水路が残っていたところも暗渠化されたり、水路に蓋をしただけの暗渠を埋めて、かわりに土管を埋設したり、という工事が行われたりで、今でも水路を目視できる箇所はもう残りわずかになっていた。

 たぶんここが最後の開渠区間。

f:id:peepooblue:20170815062004j:image

 北沢川(北沢用水)の分水路「江下山堀」。

f:id:peepooblue:20170815061956j:image

 北沢川水系の水路跡。

 「水車堀」

f:id:peepooblue:20170815061949j:image

f:id:peepooblue:20170815061945j:image

 京王線桜上水駅付近からの流れの跡。

f:id:peepooblue:20170815061941j:image

f:id:peepooblue:20170815062601j:image

 北沢川の月見橋付近。

f:id:peepooblue:20170815061937j:image

f:id:peepooblue:20170815062609j:image

 八幡下橋付近。

f:id:peepooblue:20170815062613j:image

 幾筋もの水路が流れ、古道も避けて通った低湿地は今、日大の陸上グラウンドになっている。

f:id:peepooblue:20170815062605j:image

 滝坂北道 http://peepooblue.web.fc2.com/takisakakita.html

  滝坂道 http://peepooblue.web.fc2.com/takisaka1.html

(おまけ)カボチャ

 先日はピンポン球ぐらいの大きさだったが、テニスボール大に成長。

f:id:peepooblue:20170815061952j:image

 

2017-04-02

[]民家園 13:51

 吹く風がちょっとひんやりするものの、春らしい一日。

 世田谷区喜多見の次太夫堀公園内にある民家園。世田谷区内の古民家を集めた公園。

f:id:peepooblue:20170403134201j:image

f:id:peepooblue:20170403134159j:image

 江戸後期から明治初期の建物が集められている。

f:id:peepooblue:20170403134153j:image

f:id:peepooblue:20170403134158j:image

 下の写真の家は平成の初めまで現役だったらしい。

f:id:peepooblue:20170403134155j:image

f:id:peepooblue:20170403134156j:image

2017-03-04

[]すみれば自然庭園 22:04

 世田谷区桜丘にある「すみれば自然庭園」に行ってきた。

f:id:peepooblue:20170304215209j:image

 タチツボスミレがわずかながら咲き始めていた。

f:id:peepooblue:20170304215208j:image

 サンシュユ。

f:id:peepooblue:20170304215211j:image

f:id:peepooblue:20170304215213j:image

 アトリが来ていた。

f:id:peepooblue:20170304215204j:image

 今シーズンはいろいろな場所でアトリを見る。

f:id:peepooblue:20170304215203j:image

 尾羽が切れてしまったけれど、かわいいので。

f:id:peepooblue:20170304215206j:image

 ヒマワリのタネを食べるアトリ。

f:id:peepooblue:20170304215943j:image

f:id:peepooblue:20170304215942j:image

f:id:peepooblue:20170304215940j:image

 ほかにはシジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリなど。

 オオイヌノフグリ。

f:id:peepooblue:20170304215937j:image

(おまけ)うちのヒヤシンスも咲き始めた。もうずっと前に球根を花壇の隅に植えつけて、そのまま放置したままのヒヤシンス。

f:id:peepooblue:20170304215217j:image

f:id:peepooblue:20170304215215j:image

 ホトケノザ。

f:id:peepooblue:20170304215219j:image