Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2018-10-12

[]オオカミ 22:11

 多摩動物公園タイリクオオカミ。兄弟姉妹ばかりで、外部からの新しい血の導入ができず、ただ高齢化していくばかり。1頭、また1頭と数が減っていくのも寂しい。

f:id:peepooblue:20181012220919j:image

f:id:peepooblue:20181012220915j:image

f:id:peepooblue:20181012220911j:image

numapynumapy 2018/10/13 10:38 「哀しい瞳が人類を見つめている」・・・これは後輩が書いた小学館の
絶滅動物図鑑のキャッチフレーズです。このタイリクオオカミ、まさに
そんな目をしてますね。哀しい目ですね。

peepoobluepeepooblue 2018/10/13 17:49 numapyさん
多摩のオオカミたちは高齢化が進んで、まさに滅びゆく群れのように見えてしまいます。
新しい個体を入れて繁殖をめざすべく、世界中の動物園にオファーを出しているようですが、うまくいかないようで、このまま子孫を残せずに消えていきそうな気配です。
兄弟姉妹ばかりのいびつな群れで、すでに群れも崩壊状態。悲しいですね。

2018-10-10

[]リキ 21:49

 多摩動物公園オランウータン、リキ。もうすぐ6歳。

f:id:peepooblue:20181010214754j:image

f:id:peepooblue:20181010214749j:image

f:id:peepooblue:20181010214745j:image

f:id:peepooblue:20181010214740j:image

f:id:peepooblue:20181010214735j:image

f:id:peepooblue:20181010214730j:image

 弟のロキといつになったら一緒に遊べるだろう。

2018-10-06

[]アピ 20:48

 東京築地市場豊洲への移転のため本日正午をもって営業終了。83年の歴史に幕を閉じる。

 この「はてなダイアリー」も2019年春で終了するようだ。当ブログも近いうちに「はてなブログ」へ移行するつもり。

 今日の写真は多摩動物公園のアピ。

f:id:peepooblue:20181006204747j:image

f:id:peepooblue:20181006204744j:image

f:id:peepooblue:20181006204742j:image

f:id:peepooblue:20181006204740j:image

 姉のミンピー

f:id:peepooblue:20181006204737j:image

2018-09-20

[]アフリカゾウのアコ 20:57

 今日の東京は午前中から雨がぽつぽつと降りだし、午後には本降りになる。気温も下がって、夕方には20℃を下回ったようだ。

 写真は多摩動物公園のアフリカゾウ「アコ」。

f:id:peepooblue:20180920205527j:image

f:id:peepooblue:20180920205524j:image

 推定1965年生まれの53歳。国内最高齢のアフリカゾウ。1967年にケニアから来園した、多摩動物園に初めて来たアフリカゾウでもある。ということは、僕も子どもの頃から見続けているアフリカゾウということになる。

 昔は親に連れられて多摩動物公園に来ると、昆虫園やアフリカ園を見ただけで、アジア園へは足を延ばさずに帰ることが多かった。最近はアフリカ園へは行かずに、ほとんどオランウータンばかり見ていることが多いので、このブログでもアフリカゾウは滅多に登場しない。

f:id:peepooblue:20180920205522j:image

f:id:peepooblue:20180920205519j:image

f:id:peepooblue:20180920205515j:image

 これは少年ゾウの砥夢。

f:id:peepooblue:20180920205512j:image

2018-09-16

[]長寿のお祝い 20:27

 敬老の日を前に多摩動物公園で長寿動物の敬老イベントが行われている。

 今日はオランウータンのジュリー(53歳)とキュー(49歳)の長寿祝い。

f:id:peepooblue:20180916194847j:image

 イベント前にジュリーとキューのために用意されたケーキがお客さんに展示される。集まった人間の子どもたちがみんな食べたそうにしている。

f:id:peepooblue:20180916194845j:image

 スポンジ部分は食パンの内部をくりぬいて、ニンジンで支柱をつくり、おからや味なしのポップコーンが詰めてある。生クリームの代わりにはおからとプレーンヨーグルト。それに季節のフルーツや野菜。

f:id:peepooblue:20180916194843j:image

 ちょうどスカイウォークから帰ってきたミンピーやアピが上から見下ろしている。

f:id:peepooblue:20180916194840j:image

 きっとあとで食べる気満々のはずだが、彼らには関係ないので、食べられない。

f:id:peepooblue:20180916194838j:image

 飼育員さんが第一放飼場にジュリーのためのケーキなどをセッティング。

f:id:peepooblue:20180916194835j:image

f:id:peepooblue:20180916194832j:image

f:id:peepooblue:20180916194830j:image

 準備完了後、扉が開くと、養女のチェリア(3歳)をおんぶしたジュリー登場。

 真っ先にチェリアがケーキめがけてやってきた。

f:id:peepooblue:20180916200101j:image

 今日はお客さんの数がものすごく多く、以前はこういう時、チェリアは緊張して、ジュリーの背中から離れなかったものだが、今ではすっかり慣れたようだ。

f:id:peepooblue:20180916194827j:image

 ジュリーはガラス前に置かれたフルーツ皿へ。

f:id:peepooblue:20180916200058j:image

 それからケーキのほうへやってきた。昨年9月に母親のジプシーが他界して、国内最高齢となったジュリー。1965年5月6日、多摩動物公園生まれ。

f:id:peepooblue:20180916200056j:image

 ジュリーは数年前には一時体調を崩していた時期もあったそうだが、チェリアがやってきてから、見違えるほど元気になった。チェリアを立派に育て上げることが彼女にとって一番の生きがいになっているのだろう。

f:id:peepooblue:20180916200054j:image

f:id:peepooblue:20180916200052j:image

f:id:peepooblue:20180916200049j:image

 チェリアのためにも、母親のジプシーの長寿記録(62歳)を更新するぐらい長生きしてほしい。


 少し遅れて第三放飼場にはキューのためのケーキ。なぜか大漁旗が飾られている。これをバックに座ってくれたら、最高なんだが・・・。

f:id:peepooblue:20180916200047j:image

 推定1969年生まれのキューはボルネオで密猟され、横浜港で保護されたという経歴を持つ。当時はやせ細って、長くは生きられないかもしれない、と思われたそうだが、1971年に多摩にやってきて、すでに47年。オスのオランウータンとしては国内最高齢になった。

 登場すると、ケーキには直行せず、まずはガラス前でアイスなど食べる。

f:id:peepooblue:20180916200040j:image

 それからケーキのところへやってきたのだが、真っ先に大漁旗を「邪魔だ」と言わんばかりに払い落としてしまった。

 まずはりんごジュースを一杯。

f:id:peepooblue:20180916200043j:image

 それからケーキをのんびりと味わう。

f:id:peepooblue:20180916202442j:image

f:id:peepooblue:20180916202440j:image

f:id:peepooblue:20180916202437j:image

f:id:peepooblue:20180916202715j:image

 満足そうな表情。

f:id:peepooblue:20180916202718j:image