Hatena::ブログ(Diary)

Peepooblue’s Notebook

2018-10-01

[]台風一過の夕景 09:28

 いやぁ、すごかった。

 台風24号は970㍱という強い勢力で深夜から未明にかけて関東の北を通過して東北へ駆け抜けていった。

 恐怖を感じるほどの暴風。八王子市で観測史上1位の最大瞬間風速45.6m/s。東京都心でも39.3m/sを観測。

 朝には青空が広がっていたが、首都圏JRは全路線で始発から運転見合わせ。安全が確認された路線から順次運転開始。小田急京王も一部区間運転見合わせとなり、朝から大混乱。

 そして、日中は最高気温が都心で32.3℃まで上昇。今日から10月なのだけど。ツクツクボウシの声をずいぶん聞いた。

 真夏の暑さではあったが、空気は秋なのか、朝は都内からも富士山がくっきり見えた。

 今日の夕景。

f:id:peepooblue:20181002092647j:image

f:id:peepooblue:20181002092658j:image

f:id:peepooblue:20181002092656j:image

f:id:peepooblue:20181002092649j:image

f:id:peepooblue:20181002092653j:image

f:id:peepooblue:20181002092645j:image

2018-09-07

[]きょうの夕空 21:49

 朝から雨がパラついたり、止んだり、また降ったり、晴れたり、曇ったり、というようなスッキリしない空模様。

 夕方の空。

f:id:peepooblue:20180907214857j:image

f:id:peepooblue:20180907214854j:image

f:id:peepooblue:20180907214852j:image

 それにしても、いつのまにかずいぶん日が短くなった。

2018-08-18

[]きょうの夕空 06:40

 秋のようにさわやかな一日。東京都心の最低気温は今月初めて20℃を下回って18.3℃。最高気温も27.2℃。

 きれいな夕焼けが広がり、たくさんの人が同じ場所で写真を撮っていた。

f:id:peepooblue:20180819063609j:image

f:id:peepooblue:20180819063606j:image

 この夏初めて富士山を見た気がする。

f:id:peepooblue:20180819063603j:image

 昼間は銚子方面へ出かけてきたのだが、その話はまた明日。ちなみに銚子市の今日の最高気温は24.7℃。

f:id:peepooblue:20180819064047j:image

2018-02-15

[]きょうの夕空 10:45

 日中の気温が東京都心で15.1℃まで上がり、暖かな一日。

 オオイヌノフグリをあちこちで見かけるようになった。

f:id:peepooblue:20180217103624j:image

 今日の夕空。西に雲が立ち込め、はっきりしない夕陽。富士山も見えず。

f:id:peepooblue:20180217103636j:image

f:id:peepooblue:20180217103631j:image

f:id:peepooblue:20180217103628j:image

 

2018-01-10

[]きょうの夕景 20:16

 穏やかな冬らしい晴天。夕空も雲が少ないと、夕陽がまぶしいだけで、あまり見ごたえはない。

f:id:peepooblue:20180110200428j:image

f:id:peepooblue:20180110200424j:image

f:id:peepooblue:20180110200421j:image

f:id:peepooblue:20180110200418j:image

 1月4日に英国のロックバンドThe Moody Bluesの設立メンバーで、フルート&ヴォーカルのレイ・トーマス(Ray Thomas)が76歳で亡くなったそうだ。高校生の時に初めて聴いて、今でも好きなグループだが、そういうバンドのメンバーが次々とこの世からいなくなってしまう。

ムーディー・ブルースといえば、とりあえず、これか。個人的にはもっと好きな曲がいくらでもあるのだが、代表作だし、名曲であることも間違いない。

 The Moody Blues/Nights in White Satin

D

 R.ThomasとJ.Heywardの共作、Watching and Waiting

D

 そして、トーマス作 Eternity Road

D

 こうやって改めて聴くと、やっぱりいいなぁ。

 最初は地元の小さなレコード店で、ジャケットに惹かれて買ったのだったが、あの頃はどこの町にもレコード屋が何軒かあって、そこでこんな作品と普通に出会うことができたのだった。

あの時、最初に買ったのがこれ。

EVERY GOOD BOY DESERVE

EVERY GOOD BOY DESERVE