ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

印刷通販プリントエクスプレス運営日誌 RSSフィード

印刷通販のプリントエクスプレス ポストカード印刷

2007年04月03日(Tue)

[]重たいPDFをクオリティを極力維持したままで軽くする方法

(注)モニター上で主に文字校正をする場合の設定です。

カラー変換はRGBに

CMYKに変換すると30%以上ファイルが重くなります。

f:id:peh01404:20070403200920j:image

ファイルサイズは画像のダウンサンプルに9割方左右される

f:id:peh01404:20070403201704j:image

上記のファイルをPSファイルに書き出し、ダウンサンプルの指定を97ppi以上を96ppiに変換するように指定して、Distillerで変換すると・・・

f:id:peh01404:20070403202059j:image

ここまで軽くなります。

コストパフォーマンスからいうとJPEG画質は最高でよい

上記のAとBはどちらも十分ファイルサイズが小さくなっていますが容量は倍違います。しかし、視覚上は雲泥の差です。

  • 最低画質

f:id:peh01404:20070403202745j:image

  • 最高画質

f:id:peh01404:20070403202821j:image

拡大するとJPEGノイズの差が著しいです。あとフォントの埋め込みのある無しは一般的なイメージほど容量の削減には寄与しません。とにかくPDFファイルの容量はダウンサンプルの指定がほぼ全てであるといっても言い過ぎではないでしょう。あとは無意味にCMYKに変換せず、RGBに指定すればOKです。

印刷通販