ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

印刷通販運営日誌 RSSフィード

印刷通販プリントエクスプレス ポストカード印刷

2008年12月29日(Mon)

[]窓と林檎の間で

旧・Macの手書き説明書 - FC2 BLOG パスワード認証

Mac側で配慮してもらわなくてもWindows側で解凍するときにStuffIt使えば化けません。仕事がらみの解凍はStuffItにしています。

no title

拡張子sitは確かフリーで解凍出来るソフトもあったと記憶していますが、仕事道具なのでこれは迷わず購入しました。英語ですけど解凍にしか使わないので困ることはありません。拡張子sitを解凍すると,ほぼ間違いなくイラレ8で作ったデータが現れます。つまりOSXでわざわざStuffItで圧縮してくる人は滅多にいないということです。sitxファイルは500回に一回ある程度です。lzhファイルも存外多いです、これはほぼ窓で作ったデータなはずですが有償ソフトウェアだけあってStuffItはこれも綺麗に解凍してくれます。

印刷通販会社のOS

正直なところ私が窓使いだから故、クレームになったことは一度たりともありません。プリプレスの現場は全員MacなんですがDTPに関しては完全にOSの壁はなくなったといってよいでしょう。OfficeネイティヴファイルをPDFにしてくれとの依頼はありますので、解凍ソフトさえ何とかしてしまえば窓の方がよいかもしれません。Webは窓で作って検証した方が問題が少ないですし。

Vistaは駄目ですけどね

OS9化しつつあるXPですけどVistaは道具としてのOSとしては最低だから当面はXPを使い続けることになるでしょう。まぁイラレ8よりWindowsXPの方が若いですから、Windows7を気長に待ちたいです。