Hatena::ブログ(Diary)

ぺかちうのポケモンにっき

2016-08-27

【WCS2016使用構築】ゼルネレック

WCS2016に出場してきました。

世界大会自体は2年ぶりで、Day1からの参加は初めてでした。

結果としては残念ながらDay2でドロップしてしまいました。

パーティ自体は満足いくものが出来ていたのでプレミが悔やまれます。

f:id:pekacchi:20160827111724g:imagef:id:pekacchi:20160508155311g:imagef:id:pekacchi:20160508155337g:image  f:id:pekacchi:20160827111715g:imagef:id:pekacchi:20160508155329g:imagef:id:pekacchi:20150505170926g:image

ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
レックウザガリョウテンセイりゅうせいぐんしんそくまもるきあいのたすきエアロック→デルタストリーム
ゼルネアスマジカルシャインムーンフォースジオコントロールまもるパワフルハーブフェアリーオーラ
ドーブルねこだましダークホールへんしんいのちがけこだわりスカーフむらっけ
ズルズキンねこだましはたきおとすけたぐりファストガードラムのみいかく
ファイアローブレイブバードフレアドライブちょうはつおいかぜいのちのたまはやてのつばさ
モロバレルくさむすびいかりのこなきのこのほうしまもるレッドカードさいせいりょく

テストプレイヤー  コウ(@kou_111111)

調整プレイヤー アルカナ(@alcana_10906)、他たくさんの方


主な戦績

BO3杯 優勝 5-0

第37回あんぐらオフ 3位(コウさんが)

Day1 6-1(個別12-4)

Day2 1-3(個別5-6)




世界大会ではゼルネレックを使用しました。

今回パーティを考えていく上で最初から決めていたことがあります。


1点目はメジャーな構築を避けることです。

VGC2016は比較的プールが狭いため、決め打ちによる対策がそれなりに可能になっています。

僕がジャパンチャンピオンシップスで使用した構築が

f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827132123p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image

(参考記事:あかぽけびより → http://akapoke-maple.hatenablog.com/entry/2016/05/25/182800)

だったのですが、

vs BIG6 f:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image + f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132121p:image

vs BIG-B f:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827132121p:image + f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image

vs BIG-C f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image +f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image

vs グラカイスイッチ f:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image + f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image

vs レックオーガ f:id:pekacchi:20160827132123p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image +f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:image

と、ある程度選出の決め打ちをしていて対策していました。

世界大会でもメジャーな組み合わせは対策されていると踏み、マッチ戦において対策されにくいゼルネレックを選択することにしました。


2点目はパーティーパワーの高さです。

ゼルネアスレックウザは個々のパワーが非常に高く、レックウザは上から高火力を叩き込むことができ、ゼルネアスジオコントロールから盤面を制圧することが出来ます。

またエアロックや乱気流によってグラカイからの披ダメを減らすことが出来るため意外と相性が良いです。


3点目は選出・行動パターンの広さです。

ゼルネアスレックウザは個々のパワーの高さからどのパーティ相手にも選出することが可能となっており、残りの枠をサポートとして埋めてくことによりパーティーパワーを落とさずに多様な選出・行動パターンを実現できます。


以上の理由からゼルネレックを持ち込むことを決めました。




【個別解説】

※一応理想値換算


f:id:pekacchi:20160827111724g:image

レックウザ

実数値: 180-202-99-171-110-161 → メガシンカ後: 180-232-108-201-120-183

伝説枠その1。上から高火力を叩き込んでいきます。

持ち物は1回は安全に行動してもらうために気合いの襷を採用しています。

りゅうせいぐんを採用したのはグラードンをより削れる点、威嚇をいれられてもボーマンダレックウザに対して強気に動けるからです。

オーバーヒートクチートへの処理ルートが増える反面それ以外では腐りやすく、剣の舞は積むより殴る動きの方が強く感じたので採用を見送りました。


f:id:pekacchi:20160508155311g:image

ゼルネアス

実数値: 233-x-126-180-118-128

伝説枠その2。ジオコントロールを積み、盤面を制圧します。

ほぼテンプレですが、最速グラカイ抜きよりも火力と耐久を優先した方が粘り強く戦えたので控え目HCベースにしています。


f:id:pekacchi:20160508155337g:image

ドーブル

実数値: 162-40-56-36-65-139

マッチ戦のパーティを研究しているとスカーフドーブル対策に薄いパーティが多いと感じたのと、盤面をひっくり返せるポテンシャルを持ち合わせているため採用しました。

マッチ戦におけるスカーフ猫だましはガルーラマニューラに対する初見殺しが一番の利点ですが、その後のマッチ戦にも影響を与えます。

次マッチで初手ガルーラを出されたときにダクホとの択を相手に迫ることでプレイングの幅が広がったり、終盤で再度ドーブルを出す展開になったときに猫だまし守る読み変身を決めることが出来たりと2-3戦目でより効果を発揮する技だと思っています。

 いのちがけはちょうはつやトリックガードをくぐり最大162のダメージを与えることができます。苦手なクチートワンパンしたり、ドータクンをいのちがけ+マジカルシャインで処理したり、クロバットを神速+いのちがけで倒したりと、多様な使い道があります。


f:id:pekacchi:20160827111715g:image

ズルズキン

実数値: 172-156-136-x-135-56

ドータクンナットレイディアルガへのメタ、威嚇猫だましによるゼルネアスのサポートをするために採用しています。

ドータクントリックルームに合わせて出すとジャイロのダメージを減らしながら重力催眠の動きを猫だましと叩き落とすで防ぐことが出来るのがとても強いです。

けたぐりはナットレイディアルガガルーラへの打点はもちろん、グラカイに対してもそこそこダメージが入ります。

ファストガードゼルネアスから先制技やボルトロス電磁波から守るために便利な技です。

催眠されても安全に動けるようにラムの実を採用しています。

f:id:pekacchi:20160508155329g:image

ファイアロー

実数値: 154-146-91-x-89-178 or やや耐久振り

採用理由は以下の3点です。

 1点目は追い風を使える点です。

レックゼルネは上から殴れる形を作れないと弱いため、相手の追い風でワンサイドゲームにならないよう、こちらも追い風で切り返せるようにしています。

 2点目はレックアローによる上からの制圧力が高いことです。

レックウザ以外のポケモンは初手から高火力を出しにくいため、初手からビートダウンのプランを選択したい場合はファイアローで火力で補っています。

 3点目は鋼やゼルネアスへの打点です。

今回の構築ではレックウザオーバーヒートを採用していないため、パーティ単位で重いクチートナットレイファイアローで倒せるようにしています。



f:id:pekacchi:20150505170926g:image

モロバレル

実数値: 221-x-98-105-137-31

基本的にはジオコントロールを積んだゼルネアスレッドカードで吹き飛ばし、そのままゼルネレックを守るという使い方になります。トリル対策はズルズキンを優先するため、選出回数はそこまで多くありません。

ちなみに草結びの枠は元々クリアスモッグだったのですが、ここを変えたことでレッドカードを踏まし損ねた場合のゼルネレックミラーが辛くなったので今回の反省点だったかもしれません。

この枠は正直ものすごく悩んで、Day2開始ギリギリまでギルガルドにするか悩んでました。







【選出パターン】

vs BIG6

1戦目:

f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:image + f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image

2戦目以降:

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827135837p:image

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:image + f:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827135837p:image

1戦目は絶対にアローレック先発と決めていました。

ドーゼルネ先発でグラアローを出されると厳しいためビートダウン形式の攻め方を見せておき、2戦目以降のドーゼルネ先発の障害を極力除くと共にボーマンダ選出を狩ります。

2戦目以降はドーゼルネベースの選出をしてスカーフドーブルを有効活用していく形を取りますが、相手の選出を見ながら決めていけば良いと思います。

ドーブルの初手の動きは猫だまし、ダークホール、いのちがけと沢山択を仕掛けることが出来るので状況に応じたベストな選択をしていきましょう。


vs クロバット入り

f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827135837p:image + f:id:pekacchi:20160827132118p:image

f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827132118p:image

ほぼ確実に先発で出されるので追い風の切り返しを出来るようにしたり早めに処理し安全にゼルネアスジオコントロールを積めるようにしましょう。


vs グラカイドータ

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135836p:image

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135836p:image(ドータゲンガー入りの場合)

基本はこの形。ドータクンのトリルのタイミングに合わせてズルズキンを出します。相手の動かし方からレッカドータクンにも警戒しておくこと。

ゲンガードータ入りはメガゲンガーロックから神秘で詰む可能性が高いためバレルでケアしておくこと。


vs レックオーガ

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135836p:image

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image

f:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135836p:image

f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:image

基本はこのどれか。取り巻きによってどの選出を優先するか変えています。

レックドーブル選出の場合はドーブルの変身も視野に入れておきます。


vs ゼルネレック

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image

f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:image + f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:image

多分一番苦手なミラー。

基本は上記先発にしてますが、バレルがレッカだったりラムバコウだったりプレイングで悩む場面が多くてこれに対する解答を用意してなかったのは今回の反省点です。レッカ警戒でお互いムンフォを打つ嫌な試合になります。



【WCS結果】

Day1

R1 f:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827135836p:imagef:id:pekacchi:20160827143826p:imagef:id:pekacchi:20160827143827p:image ○×○ 勝ち
R2 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827144029p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image ○×○ 勝ち
R3 f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827144858p:imagef:id:pekacchi:20160827144857p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image ○○ 勝ち
R4 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827145543p:imagef:id:pekacchi:20160827144855p:imagef:id:pekacchi:20160827144856p:image ○○ 勝ち
R5 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827145552p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image(たっぴーさん) ×× 負け
R6 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827144907p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image○○ 勝ち
R7 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827145552p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image(じーんさん)○○ 勝ち

序盤こそ苦戦したものの、たっぴーさん戦でプレミした以外はしっかり勝ち星を積み上げられたと思います。


Day2

R1f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827144029p:imagef:id:pekacchi:20160827132122p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827150710p:image○○ 勝ち
R2f:id:pekacchi:20160827135837p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:imagef:id:pekacchi:20160827132123p:imagef:id:pekacchi:20160827150937p:image×○× 負け
R3 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827132118p:imagef:id:pekacchi:20160827145552p:imagef:id:pekacchi:20160827132119p:imagef:id:pekacchi:20160827132120p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image(MDKさん)○×× 負け
R4 f:id:pekacchi:20160827132121p:imagef:id:pekacchi:20160827144029p:imagef:id:pekacchi:20160827135838p:imagef:id:pekacchi:20160827150945p:imagef:id:pekacchi:20160827150936p:imagef:id:pekacchi:20160827144128p:image ×○× 負け

負けた試合は全てプレイングミスです。

負けた3戦の内訳は2戦がモロバレルの処理を誤り、1戦は変身するのが一番の正解択だったのに守られることを恐れダークホールを打ってしまい結果として外して負けてしまったこと。

某プロプレイヤーが言った

「プレイングに良いプレイや悪いプレイなどない。あるのはたったひとつの正解だけだ」

という名言がありますが、結局正しいプレイングをしなかったから負けたというパターンがほとんどでそれ故に悔しさが残ってしまいました。





反省点

雑記程度に。

・基本的に少数で構築の話をしてた。もっと色んな人の意見を聞ける環境を持ったほうがいいのかなと思った。

SDをやりすぎた。原案はenosh氏のPTではあるが、1ヵ月半このパーティを回し続けたことにより色々な人に構成を把握されてしまった。プレイングに変化をつけて誤魔化していたが、やはりグループ内で調整できる環境は欲しいと思った。


まだまだ見直す点が多いと感じたので、アローラダブルはしっかりと頑張っていきたいですね!

2015-05-05

ジャパンカップ2015 使用パーティ

1年ぶりの更新となります。

ジャパンカップ2015に参加し、メインが1755(最高1775)程度で終了しました。

某所ではL999(ryという名前で2〜4位に入っていました。

また、コウさん(@kou_987)がこの構築を使用し、見事1791 という結果を残しています。

今年はリアルが忙しくORASを触り始めたのは4月始めからとなってしまったのもありますが、それ以前に今までの結果に満足してしまった部分がありモチベーション不足に陥っていたため、単純に実力不足だったと思っています。

今月から関東住まいとなりオフ会にも参加しやすくなったので、悔しさをバネに1から勉強していきたいと思っています。




 【使用PT】  バンギドリュウズ(ORAS ver)

f:id:pekacchi:20150505170915g:image f:id:pekacchi:20150505171155g:image f:id:pekacchi:20150505171205g:image f:id:pekacchi:20150505171141g:image f:id:pekacchi:20150505170926g:image f:id:pekacchi:20150505170904g:image

ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
バンギラス岩雪崩噛み砕く馬鹿力冷凍パンチ拘りスカーフ砂起こし
ドリュウズ地震(ドリルライナー)岩雪崩アイアンヘッド守る命の珠すなかき
ボーマンダハイパーボイス流星群火炎放射守るボーマンダナイト威嚇→スカイスキン
ギルガルドシャドーボールラスターカノンワイドガードキングシールド防塵ゴーグルバトルスイッチ
モロバレルギガドレインヘドロ爆弾キノコの胞子怒りの粉ゴツゴツメット再生力
ロトム10万ボルトハイドロポンプ電磁波守るオボンの実浮遊




◆個別解説◆

f:id:pekacchi:20150505172713g:image バンギラス (陽気 185-176-131-*-121-124)

砂起こしの起動役。

不意打ちやブレイブバードを半減し、スカーフを持たせることによって霊獣ランドロスのスカーフ判別をしたり、後出しガルーラにも格闘技で先制することができます。

あとは岩雪崩でヤンキープレイが出来るのも魅力です(



f:id:pekacchi:20150505172712g:image ドリュウズ (陽気 186-187-80-*-85-154)

砂エース。

陽気にすることで非砂下のヒードランよりも速く、耐久に振ってるリザードンにも先制することが出来ます。

技構成は地震・岩雪崩・アイアンヘッドにしました。

持ち物は命の珠か襷で悩みましたが、後出しが多いのと珠アイアンヘッドによりサーナイトニンフィアに対して上からの強力な打点が入るため命の珠にしました。

浮いてないポケモンが2匹守れないのとギルガルドのワイガを考え、地震はドリルライナーでも良いと思います。今回はイージーウィンとドランバレルの並びを想定して地震にしました。



f:id:pekacchi:20150505172709g:image ボーマンダ (臆病 171-*-100-162-100-167 → メガシンカ:171-*-150-172-110-189) *コウさんは控えめ

物理寄りのパーティにしたくなかったので、特殊型で採用。バンギラス同様、霊獣ランドロスのスカーフ判断が出来ます。

メガシンカ後はハイパーボイスを中心に全体技で削っていきます。

配分はメガシンカ後に陽気テラキオンを抜きたいのと、メガボーマンダミラーで少しでも勝ちたいので臆病CSぶっぱにしました。ただ火力がしょっぱいのが辛いです。

羽休め+めざ地が欲しい場面もありましたが、上記の4つの技がベストだと思ったので今回は入れませんでした。



f:id:pekacchi:20150505172708g:image モロバレル (呑気 221-*-134-105-100-31)

バンギラスドリュウズの苦手な水・格闘技を怒りの粉でサポートするために採用しました。

最遅のため、トリパ相手にもキノコのほうしで圧力をかけることができます。

技構成は守るを切ってヘドロ爆弾を入れるという特殊な構成になっています。

守るを切ると立ち回りが若干不安定になりますが、PTで重い襷キノガッサを砂ダメと合わせて確実に狩るために採用しました。バンドリに入っているモロバレルからヘドロ爆弾は読まれなかったのでよく刺さりました。



f:id:pekacchi:20150505172710g:image ギルガルド (冷静 167-*-171-112-170-58)

岩耐性・フェアリー耐性やワイドガードでのサポートとして採用。アタッカーとしてももちろん強いです。

配分はそこまで拘らなかったためHCぶっぱにしましたが、S含めもう少し考えたほうが良いかなと思いました。

持ち物は防塵ゴーグルと特殊なものになっています。

これはPT単位で苦手なモロバレルキノガッサに隙を見せたくないのと、サナバレルのような並びに対して安定した打点を入れたかったためです(基本的にトリル下のゴーグルヒードランが重いため、トリルはさせないようにしたい)

ヒードランを考えればラスカを抜いて残飯身代わりもいいかなと思っています。ただそれだとガルーラ殴れないので悩ましい枠



f:id:pekacchi:20150505172711g:image ロトム (臆病 156-*-128-130-131-144)

炎タイプや地面タイプに耐性があり、雨パにも出していける駒として採用。

ヒードランランドロスニョロトノスイクンとここまで重くなりがちなポケモンに打点があり、かつ追い風パに対しても電磁波等で対抗することが出来ます。

この枠は眼鏡が多いですが、追い風スタンに対して受身で凌ぐのが嫌だったので電磁波入りにしています。控えめだとスカーフランドロスが1発なので楽になりますが、チョッキも多いため火力を抑えた臆病にしました。

配分は身代わり臆病ヒードランや意地っ張り霊獣ランドロスを抜くことが出来るS144と早めにし、D4振りのスカーフランドロスを高乱数で倒せるようにし、残りをルンパッパギガドレインのダメージを少しでも減らす配分にしました。

Sを早くしたことによって、時々リザードンも抜けます(

種族値が低いので積極的には出したくないポケモンですが、パーティの潤滑油として活躍してくれました。



【最後に】

重いポケモンが何匹かいて変えたいと思うところがいくつかあったので、そこを改良できればさらに良くなると思いましたが、バンドリ自体環境に合っていた感じがありました。

今回の構築はコウさんと一緒に話し合いながら完成させたPTなので、とても感謝しています。

もし全国大会いけたら応援したいです!!

2014-05-10

ジャパンカップ2014

f:id:pekacchi:20140510060638p:image

38勝13敗、最終レート1821(8位)でした。


今回はメガバンギラスを軸にしたパーティを使用しました。


レーティングで使用するパーティということで闇に飲まれないように命中率の高い技で固めたり、運ゲーを仕掛けられる前に運ゲーを仕掛けることはできるようにしています(



全国大会頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします!

2014-03-04

スペシャル2期&テスト大会

ビートマニア没頭&リアル多忙であまり息してないですが、生存報告的な感じで



・2期スペシャルレート

f:id:pekacchi:20140303224216j:image:w360

23位でした。


ガルーラが全く使いこなせないプレイングっぷりをなんとかしたい...ガルーラ使ったらレート200下がりました(






・テスト大会

f:id:pekacchi:20140303224215j:image:w360 f:id:pekacchi:20140304005406j:image:w360

3位でした。最初の10戦で5敗しました。。。


忙しくて60戦消化できなかったのが残念。


・使用PT

f:id:pekacchi:20140304013118p:image


PTについてはカロスダブルで使えないポケモンだったり、1日前にアルカナさんにジュエル土下座決めてドリュウズをお借りしたりする有り様だったので細かく書くことはないです(


テスト大会は強い人が少なかったため、上位を狙うというより今後のWifi大会の戦略を確認するために潜ってました。


個人的に気になった点は、仮に今後も対戦数に制限があった場合、


・初日から潜る

・後半から潜る


どっちが得かな?という点でした。


個人的には後半から潜ったほうが効率がいいかな?と思いましたが、結果としてはどっちも変わりないかな?と感じました。


普段のレートの仕様と同じでレート帯が近い人と当たりますし、人数が多いので当たる人のレベルもそんなに変わらない印象です。


私は最終日のみ潜りましたが、忙しくなければ初日から潜ってもいいかなと思っています。






世代はまったりやっていこうかなと思っています。

2013-09-08

ショーダウン+α

自分の記事でブログ書くのはむっちゃ久しぶりな気がします(

ショーダウンの使用PTと結果を書いて、残りを雑記にしたいと思います。



 ・グローバルショーダウン

f:id:pekacchi:20130727045815j:image:w360

<成績>

58勝12敗(切断率10.1%くらい?)


5世代最後の大会であるグローバルショーダウンに参加してきました。

最後だからというのもあるし、XYのテスト大会に参加できると聞いて初日だけ頑張りました。

エラーもそこまでなく、順位も100位とキリ良く5世代を締めくくれました(^o^)



 <使用PT> 

ポケモンポケモン技1技2技3技4持ち物特性
f:id:pekacchi:20130824011133g:imageグラードン地震炎のパンチストーンエッジステルスロック地面のジュエル日照り
f:id:pekacchi:20130824011016g:imageシャンデラシャドーボール大文字置き土産トリック拘りスカーフ貰い火
f:id:pekacchi:20130824011053g:imageアルセウス神速地震シャドークロー剣の舞命の珠マルチタイプ
f:id:pekacchi:20130824011151g:imageカイリュー逆鱗神速炎のパンチ竜の舞ドラゴンジュエルマルチスケイル
f:id:pekacchi:20130824011157g:imageルギア神通力電磁波羽休め吹き飛ばし食べ残しマルチスケイル
f:id:pekacchi:20130824011251g:imageホワイトキュレム流星群竜の波動冷凍ビームがむしゃら気合の襷ターボブレイズ




【配分、採用理由などの解説】


グラードン

性格:陽気

努力値:H4,A252,S252

実数値:176-202-160-x-110-156


日照り要員。剣舞アルセウスの神速を無振りで耐える魅力だったので採用しました。

対面でも地面のジュエル地震地震で勝つことができます。

最速なのはホウオウカイオーガを意識していて、ステルスロックルギアとの技の兼ね合いで採用しています。



シャンデラ

性格:控えめ

努力値:H4,C252,S252

実数値:136-x-110-197-110-132


アルセウス対策・起点作りのためとして採用しました。

シャンデラは神速がきかず、アルセウスに対して後出しができます。

シャドークローで返り討ちになるとは思いますが、トリックで技を固定してこちらのアルセウスカイリューの起点を逆に作ることが可能です。

グラードンとの相性もいいので晴れ大文字で攻めてもいいと思います。



アルセウス

性格:意地っ張り

努力値:H252,A252,B4

実数値:0Vなので割愛w


解説不要のショーダウンでお馴染みのエース。

0Vでもお借りできただけ良かったと思っています><



カイリュー

性格:陽気

努力値:H4,A252,S252

実数値:167-186-115-x-120-132


アルセウスに次ぐ2枚目のエース。

竜の舞からのジュエル逆鱗が非常に強力で、特性もマルチスケイルなため非常に強かったです。

相手のスカーフキュレムなどに注意して動くと良い感じになります。



ルギア

性格:臆病

努力値:H252,C4,S252

実数値:181-x-150-111-174-143


全体的に前のめりであったので、受けとして採用しました。

ステロからの電磁波吹き飛ばしも強いですし、電磁波神通力+羽休めのコンボも強かったです。



■ホワイトキュレム

性格:控えめ

努力値:H4,C252,S252

実数値:201-x-110-244-120-147


安定して動ける襷ドラゴン。

波動と冷凍ビームを採用することにより、wifi大会での安定性も光りました

性格が控えめなのは、竜波動で相手の無振りキュレムが確定になるからです。

起点を作らせないために最後の枠にがむしゃらを採用。





 日本代表決定戦

<使用PT>

f:id:pekacchi:20120418215934g:imagef:id:pekacchi:20120717213946g:imagef:id:pekacchi:20120504194951g:imagef:id:pekacchi:20120504194850g:imagef:id:pekacchi:20120504195036g:imagef:id:pekacchi:20120504195034g:image

書くのがめんどうになってしまったので特には書かないです(

準決勝での選出立ち回りが良くなかったので少し悔しかったですが、初戦のポルンガさん戦は少し運が良かったこともありますし、結果には満足しています。





 ・突発

とりあえず7月以降に参加したやつ全部(


<使用PT1>

f:id:pekacchi:20120504194850g:imagef:id:pekacchi:20130908111958g:imagef:id:pekacchi:20130908111926g:imagef:id:pekacchi:20120731061136g:imagef:id:pekacchi:20121111025534g:imagef:id:pekacchi:20121111025633g:image

ゆういちさんの突発で使用。結果は4位(70人規模)でした。

この手のPTは受けがきかないので私には扱うのが難しかったです;;



<使用PT2>

MDC。結果はベスト4(30人ちょい)でした。

使用PTは全国大会と同じです。



<使用PT3>

f:id:pekacchi:20120418215934g:imagef:id:pekacchi:20120717213946g:imagef:id:pekacchi:20120504194951g:imagef:id:pekacchi:20120504194850g:imagef:id:pekacchi:20110317005521p:imagef:id:pekacchi:20120504195034g:image

昨日の突発で使用。結果は優勝(40人ちょい)でした!優勝は6月以来なので嬉しかったです\(^o^)/

PTは私の推しトレーナーであるアルカナさんのPTをベースにしました。

地味に地雷要素も入れているので、残りの5世代はこれを使おうかなって思います。





ということで久々にブログでした。

しばらくはリアルが忙しかったりモンハン()もあるので、6世代まではマッタリプレイしようかなと思います(^o^)