Hatena::ブログ(Diary)

えむえむでえ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-11-17

Radeonのグラフィックボード使用時にMMDのavi出力を高速化するツールが公開

マジで高速になります(※当社比)

RadeonでMMDのAVI出力を超高速にするツールを作りました - らくさん

なにはともあれこちらからMMD Radeon Output Boosterをダウンロード


セットアップは簡単

readmeの記述に従い、MikuMikuDance.exeのあるフォルダに"d3d9.dll"をコピーする


  • MMEを使っている場合

MMEに付属しているもともとのd3d9.dllをd3d9_mme.dllとリネームし、MMD Radeon Output Boosterのd3d9.dllをコピーする


これだけで、後はMMD内での操作などは一切必要ありません


性能テスト

・グラボ RadeonHD5770

・OS WindowsXP


他の条件で高負荷になることを防ぐため、サンプルきしめん(ミク単独)で実験。

画面サイズは1024*768、0から733フレームまで30fps出力。

コーデックはUtVideoCodecRGB。

手元のストップウォッチで計測なので細かくは気にするな!


  • 通常出力 約2分56秒
  • ブースター使用 約18秒

10倍程度速くなってますね。



続いてMMEでとりあえずAutoluminousなぞをかけて出力してみる。

  • MME通常出力 約3分15秒
  • MMEブースター出力 約27秒

こちらも7、8倍程度の速度アップ

色々なMMEと併用しての実験まではしてませんがとりあえずMMEと合わせても動作してますと。


Radeon大勝利?ってことではないよ

もともとGeforceに比べてラデはavi出力が遅い。directXの処理ではなくaviデータにする際の処理でなんやかんやあって遅いということらしい。

体感ではこのツールを使うとゲフォと同等程度の速度になるという感じ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/penciler/20111117/p1