Hatena::ブログ(Diary)

世界音楽紀行

2011-03-29

ギター?口琴? いいえ、マウスボウです

今回は口琴とギターが合体したような面白い楽器、「マウスボウ」を紹介します。

名前を直訳すると口弓ですかね?

その名のとおり、弓状の木に弦が張ってあり、それを弾いて演奏します。

f:id:penguincafee:20110329231726j:image

単体では非常に小さな音しか出ない楽器です。

楽器を口にあて、口腔に音を響かせ、倍音を操ります。このあたりは口琴と同じですね。

指で弦を弾いたり、スティックで弦を叩いたりして演奏します。一般的には木で叩く楽器のようですね。このあたりはカポエラで使う「ビリンバウ」に似ているかもしれません。

非常に原始的な楽器で、演奏者もそう多くは無いと思われますが、ダン・ゴッシという人が研究に研究を重ねた超高性能のマウスボウを開発したりしています。(その分お値段も高級ですが)


演奏動画です。

D

金属弦を叩いてるという特性上、ハイがきつめの非常にブライトなサウンドです。弓をたわませることで少し音程がベンドできます。ゴピチャンと同じ理屈ですね。

弦を指でミュートしても面白い音が出せますし、カシシ(ビリンバウと一緒に使うシェイカーの一種)なんかを手に持つのもよさそうですね。同じような方法で発音する口琴とはまた違った、非常に面白いリズムを創り出せる楽器だと思います。口琴プレイヤーはもちろん、パーカッションプレイヤーにもオススメです!

民族楽器の面白いところは、地域が違っても意外と共通点があったりするところ。民族楽器を知ることは、地域同士のつながりを知る近道になるかもしれませんね!

2011-03-06

哲J・ディジュリドゥワークショップ&Live@民族楽器コイズミに行ってきました!

というわけで今日は日本を代表するディジュリドゥプレイヤー・哲Jさんのワークショップ&Liveを京都コイズミ楽器さんで受けてきました!!

私が東京にいるときにも哲JさんのWSは受けたことがあるのですが、必ず何か気づくことができるWSだと思います。

まずは軽くウォーミングアップの後に口の中で作る倍音から。

そしてそれを維持したまま循環呼吸。これが曲者ですね。のどを巧く使って鼻の奥で吸うようにする・・・・うーん難しい。

一人で練習するときも呼吸の際倍音を崩さないように練習してるのですが、まだまだですね。

ディジュリドゥを演奏する上で腹筋とノドの重要性を再認識。

その後はリズムについて。

リズムを創り出す上での「呼吸」の重要性。これがまた深い!

哲Jさんのリズムを聴いてると、体感的には「楕円」のリズムだと思いましたね。

ベースでやるリズムが体に染み付いてるので、新鮮というか新たな発見が。

舌でリズムを作る際に一番難しいのが低音をしっかりつなげること!舌と唇を一緒に動かして音がブツ切になっちゃいけないんですねー。

ここをしっかりとクリアして、常にドローンが鳴っている状態にすることが一種の「ディジュリドゥらしさ」を出すポイントですね。新たな発見がいっぱいのWS

でした。


その後哲Jさんのアコースティック・ライブ。なんと2〜3mくらいの至近距離で、PA無しの生音・そしてディジュリドゥ一本の音をガッツリ堪能できるそれはもう贅沢なライブでしたー。やっぱりディジュリドゥは生で聴く楽器ですね!


小さめのイダキと大きめのジャルーイダキを使われていたのですが、私は小さい方のイダキに圧倒されました。ディジュリドゥの不思議なところで、大きいから音がでかいとかローが出るとかそういうもんでもないんですね。

もう低音がまわっちゃうんじゃないかってくらいヘヴィで、それでいて高音も煌びやか。最高のサウンドでした。

曲は、イダキを使った即興・何曲かの伝統曲。更にディジュリボーンを使ったコンテンポラリーな曲も一曲。

イダキについてや、アボリジニについて、その文化についての話も交えながらの充実の1時間。まさに倍音のシャワーを浴びてみも心もリフレッシュ!

ゆったりといい時間が流れていたと思います。最高の一日でした!



そしてなんと!来月4月には!超絶タンバリン奏者 田島隆さんのライブ&タンバリン教室コイズミ楽器で行われるとか!

これは要チェックですよー!

D

タジバリンを駆使しタンバリンの概念を覆す圧倒的プレイ!ドラムとベースを同時にやってスキャットだと!?化け物かぁ!

教室レギュラー化されるようなので要チェックですね。これを機にタンバリンはじめようかな・・・・