Hatena::ブログ(Diary)

世界音楽紀行

2011-03-29

ギター?口琴? いいえ、マウスボウです

今回は口琴とギターが合体したような面白い楽器、「マウスボウ」を紹介します。

名前を直訳すると口弓ですかね?

その名のとおり、弓状の木に弦が張ってあり、それを弾いて演奏します。

f:id:penguincafee:20110329231726j:image

単体では非常に小さな音しか出ない楽器です。

楽器を口にあて、口腔に音を響かせ、倍音を操ります。このあたりは口琴と同じですね。

指で弦を弾いたり、スティックで弦を叩いたりして演奏します。一般的には木で叩く楽器のようですね。このあたりはカポエラで使う「ビリンバウ」に似ているかもしれません。

非常に原始的な楽器で、演奏者もそう多くは無いと思われますが、ダン・ゴッシという人が研究に研究を重ねた超高性能のマウスボウを開発したりしています。(その分お値段も高級ですが)


演奏動画です。

D

金属弦を叩いてるという特性上、ハイがきつめの非常にブライトなサウンドです。弓をたわませることで少し音程がベンドできます。ゴピチャンと同じ理屈ですね。

弦を指でミュートしても面白い音が出せますし、カシシ(ビリンバウと一緒に使うシェイカーの一種)なんかを手に持つのもよさそうですね。同じような方法で発音する口琴とはまた違った、非常に面白いリズムを創り出せる楽器だと思います。口琴プレイヤーはもちろん、パーカッションプレイヤーにもオススメです!

民族楽器の面白いところは、地域が違っても意外と共通点があったりするところ。民族楽器を知ることは、地域同士のつながりを知る近道になるかもしれませんね!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/penguincafee/20110329/1301408308
Connection: close