Hatena::ブログ(Diary)

世界音楽紀行

2012-08-27

第3回プログレッシヴ・ロック・フェス 〜真夏の夜の夢〜@日比谷野外大音楽堂

去る8/25、行ってまいりました

「第三回プログレッシブ・ロック・フェス〜真夏の夜の夢〜」

知る人ぞ知るプログレの大物たちが来日するこのフェス。

今回のメンツは

Barclay James Harvest(以下BJH)

VAN DER GRAAF GENERATOR(以下VdGG)

Goblin

というなんとまぁ濃いラインナップ。特にBJHは初来日、Goblinは昨年のイタリアンプログレフェス(秋)から一年空けずに再来日ということで、ワクワクしながら会場入り。

BJHとVdGGは詳しくないのであまり書きません。悪しからず…

1.BJH

正直ほぼ予習をしていかなかったのですが、英国らしい翳りのあるサウンド、段々陽が落ち夜の空気に変わっていくタイミングにはぴったりのバンドでした。まだPAがちゃんとできてなかったのか、ヴォーカルが少し聴こえにくかったのが残念。また野外で聴いてみたい。

2.VdGG

ピーター・ハミルが本当に凄かった。異常。いや、以上、


そして今回のお目当てのGoblin!

Goblinは「サスペリア」や「ゾンビ」といったホラー映画のサウンドトラックで人気を博したイタリアのバンド。クラウディオ・シモネッティ(key) マウリツィオ・グアリーニ(key) マッシモ・モランテ(gt) ティッタ・ターニ(Dr) ブルーノ・プレヴィターリ(Ba)の5人組。

「シャドー」「フェノミナ」等数多くのサントラ作品を残していますが、「ローラー」や「マークの幻想の旅」といった優れた非サントラ作品も世に送り出しています。

セットリストはコチラ

SEMagic Thriller

Mad Puppet

Dr.Frankenstein

Roller

E Suono Rock

Non Ho Sonno

L'alba Dei Morti Viventi

.Zombi

Suspiria

Tenebre

Phenomena

School At Night〜Profondo Rosso

鉄板曲盛り合わせとも言えるセットリストです。

陽も完全に落ち、紫一色に照らされるステージ。おどろおどろしいホラーなSEとともにGoblinのメンバーが登場。一曲目、Magic Thrillerからガツンとハードな音をぶつけてきます。

Goblinは元々ジャズロックに寄った演奏するバンドだったのですが、近年リズム体を若手(といっても40近い)のメタル寄りプレイヤーに入れ替えたことで、かなりヘヴィでメタリックな演奏をするバンドに変身しました。

ゾンビ」や「サスペリア」といったサントラ曲もメタリックにアレンジされててナイス!かなり古いバンドですが音的には同世代のプログレバンドより一回り若い印象を受けます。

そしてなんといってもGoblinはステージングが楽しい。

ドラムとベースの若手二人はメタルバンドかというくらい客を煽る煽る。それにつられるようにしてヒートアップする老人(失礼)3人組。

クラウディオは飄々と演奏し、手が空くと客の方を向いて踊ったり煽ったり。

マッシモは基本的にギターを見てる感じですが、ソロでは吼えるようなしぐさをしたりヘドバン(!)もしてました。そして何故かメロイックサインを連発・・・メタル爺である。こんなアグレッシブなプログレバンドはそうそうない!お客さんは基本座って大人しかったのが少し残念でした。立ってワーワーやりたかった・・・

プログレは基本的に演奏者も観客も小難しい顔をしながら小難しい音楽を聴くジャンルなので、客層的に仕方のないことなのかも。

そんなこんなで畳み掛けるように名曲を披露しライブは終了。ちょっとPAの調子が悪くてギターがハウってたり、グリアーニのキーボードが調子悪くて危ない局面もありましたが期待を裏切らない素晴らしいパフォーマンスでした。

ウワサではまた来日するかもしれないとのことなので、プログレファン以外にも見てもらいたいバンドです。


猛暑のなか無事終わった夏のプログレフェス。次回も開催するらしいです。

もうそろそろ呼ぶ大御所もなくなってきたんだから次はアレア、バンコあたりを呼んでもらえませんかね!?まさかのキングクリムゾン!?

次回も楽しみです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/penguincafee/20120827/1346076461