Hatena::ブログ(Diary)

ペン君流ことわさ日記。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/03/31(月)

読者のわがままを記事にしてみるテスト

ブログというものはブロガーありきの読者か読者ありきのブロガーか?

と言う様なことを考えていたわけです。と、その途中でこんな企画を考えてみました。

記事のネタを読者が決めるブログ

簡単に説明します。タイトルのままです。

コメント欄やブクマトラバなんでもいいのでタイトルを提示してください。それについて想像を膨らまして書いてみます。

記事のタイトルを選ぶ基準は私の好みです。


曖昧であったり、意味不明なタイトルを提示して頂ければ面白いかなと。

例を示しておきます。

タイトル例:

  1. スーパーマリオの髭の本数」
  2. 「もしも『はてな』が『びっくり』だったら・・」
  3. 入社式に持って行ってはいけないもの」

などなど

タイトルをネタに取るか本気に受け取るかは私の気分次第です。

是非、気軽に応募してみてください。くだらない記事を作成してみせます!!

無限ループ

→起きる→仕事→はてダ→寝る→

→起きる→仕事→はてダ→寝る→

→起きる→仕事→はてダ→寝る→

→起きる→仕事→はてダ→寝る→

→起きる→仕事→はてダ→寝る→

→起きる→ボケっとする→はてダ→寝る→

→起きる→ボケっとする→はてダ→寝る→

無性に書きたくなる時とそうでない時

ブログ熱には多少なりとも波がある。

無性に書きたくなる時とそうでない時だ。私の場合、前者が「うおー!!今日はあれ書くぞーー!!」と言う時で後者が「うおー!何書いて良いかわかんねーー!」という時である。書くネタはあるのである。ただ、書いても書いても自分で納得できない時もよくある。今日は割と後者だ。昨日はブログの更新を休んだせいもあるかもしれない。

そんな時に私がやること。

やっぱりひたすら書くこと。何でもいいのでとりあえず、エントリを挙げてみることだ。それは、実はこういう理由だ。自分が面白いものが書けないと感じるのは、記事を書く思考が落ちているのではなく、自分の記事を感じる感受性が落ちているのではないかと思うからだ。要は、面白いものが作れないのではなく面白い記事が分からないのではないかと思うからなのである。実際、面白い記事が書けない場合に面白い記事が少ないなと感じるのはそのせいではないかと感じるのだ。実際に他の記事の質が落ちているとは私には思えない。ただ、余り熱がこみ上げてこない時がやはりあるわけだ。そんな場合はやはり書くしかないと思うわけだ。

ブログというものは不思議なもので書かないでいるとドンドン書けなくなっていってしまう。

私は自分の記事を卑下したくはない。この記事が面白くないとも言わない。だが、今の私には面白い分からないわけである。

しかし後になってそういう記事自分で読みなおしてみると、それはそれで興味深いと感じることがよくある。


そんなこんなで今日も私のブログは更新を続けているわけである。