卵かけご飯、うすくちしょーゆ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

日々の出来事はTwitterで。つぶやきlogはTwilog

おっぱいを応援するブログ
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!

2013-02-18 げふげふ

一年放置いやっふー

さあ仕事仕事

2011-11-24 ふっかちゅ

5ヶ月以上放置してたのか。

前回の記事が6月12日でしたな。ラブリケの体験版的な。ラブリケのアペンド毎月リリーズしてくれて嬉しいよね。しかも無料ですし。無料といえばゆずソフトさんの最新作ドラクリオットの早期予約色紙が秋葉では予約開始当日〜3日以内に壊滅してて泣きそうになった。まあ6月の20日前後に就職先も決まりましてゴリゴリ遊んだり研究したりしてるんですよ。修論だよ。数日前にホークス完全優勝日本一になって嬉しいね!主力選手の流出が報じられているけどなるようにしかならないよね。息抜きで記事書こうとして何書こうとしたのか忘れた。まあいいか。さあそろそろ自動車教習と研究に戻ろう。んちゃ!

2011-06-12 Wondering Truth / 榊原ゆい

結構ブログネタは溜まってたりするのですがtwitterが便利なんでこっちの更新サボりがちになるよねぇ。

というわけで今日は6/24に発売するLOVELY×CATIONの体験版レビューでもしてみます。

ぶっちゃけこの記事書いたの4月中旬なんだぜ…?

まず体験版容量が0.4GBくらいで窓サイズが1028x772という謎のサイズ。

最近ワイドエロゲ増えたけど、これはほぼ4:3比率です。

でも画面が大きいぶん意外と使いやすので捗るぞ。

始めに名前入力。

そう、このエロゲの売りである「ラブリーコールシステム」ですね。

アテクシは割と普通の名前なのですが150種以上あるしそれこそあだ名っぽい呼び方もあるのであんまり変な名前じゃなければ大丈夫じゃね?

んでいそいそと開始…したはいいんですがなんかこの主人公が俺過ぎて困る。

だって冒頭から叔父に彼女を作れ!という叱責を受けるってねぇ。

学園に行くとヒロインたちと邂逅。

ここはさすがキャラデザ原画唯々月たすく、みんなおっぱいでかい!

おっぱいマイスターな俺によし!

体育教師の月岡先生とかたまんないよね。

CVまきいづみだしね。

んで進めると選択肢が…多いなおい!

でにけりみたいな意味じゃなくて「選択肢」が多い。

まあ各ヒロインに分かりやすい目印出てるので問題ないな。

選択肢は分かりやすいシンプル設計が一番親切でいいよね。

とか思ってたら体験版終わってた…!

いや結構イイトコまでいってたんですよ月岡先生と。

そろそろくるかなって思ってたらここまでよ♪っておいっ!

まあちゃんとおまけがあってそこでエロ分を体験します。

ちなみにここでラブリーコールシステムが発動し、名前を呼んでくれます。

不意打ちだから焦ったw

昔ときめもかなんかで名前を読んでくれるギャルゲがあった気がしますが、あれは未完成と思っていい。

ラブリケはかなり自然に名前を言ってるんですよこれが。

すげーな日本技術

エロにかける情熱世界一ぃ!

ってところで体験版終了。

いや、早いかと思うけど多分他のが長すぎるんだよ。

このゲーム、作り自体はシンプルなんだけどちゃんと恋愛シミュレーションしてていいよジャンルはADVだけど。

会話が多いからテンポもいいし、最近多い初めから好感度MAXハーレムやでぇ状態じゃないので恋愛過程を楽しむって感じです。

しかも恋人になった後も結構いちゃラブしまくりでラブリーコールシステムのおかげもあってラブ○ラスのエロゲ版ってこんななのかなぁってちょっと思った。

というわけで短いけどLOVELY×CATIONの体験版レビューでした。

発売日まであと2週間切ってるけど出来は良さそうなので今すぐ予約だ!

『LOVELY×CATION』を応援しています!

2011-04-18 SUPER∞STREAM

お久ー。地震から1ヶ月以上経ってもう4月ですよ4月アニメ新番組もおおよそ揃いましたね。

そんな俺ですがTwitterでもつぶやいたけどちょろっと入院してましたよ。就活中だというのに。こないだ最終面接受けたのでそろそろ結果が出て終わるといいね。

ああそんなのはどうでもいいんです。知りたい人はTwitterで絡んでください寂しがりなので反応しまくるよ。


アニメ地震の影響もあって放映がバタついたけど面白かったよね。まどかとかISがおもしろすげぇ。今日はそんななかでわすが超お気にいったISに関する記事です。

ISはいいね。シャルルんはあざとエロいし千冬姉が意外にツン姉だし山田先生おっぱいでかいしセシリアさんは尻がプリプリで黒下着で金髪でちょっとおバカでちょろくてお嬢様で声がゆかななので俺が好きにならないわけがないですよほんとセシリアエロいなぁ。

そんなISのヒロインズと主人公の一夏さんでスタメンを組んでみました。


1番:ラウラ・ボーデヴィッヒ(遊)

2番:セシリア・オルコット(中)

3番:シャルロット・デュノア(二)

4番:篠ノ之箒(三)

5番:布仏本音(右)

6番:織斑千冬(捕)

7番:篠ノ之束(DH)

8番:凰鈴音(左)

9番:山田真耶(一)

先発:織斑一夏

中継ぎ:クラリッサ・ハルフォーフ

抑え:谷本癒子


理由は以下の感じです。


1番:ラウラ・ボーデヴィッヒ(遊)

相手を確実に分析し、自らを有利にできるプレーが特徴。相手を揺さぶり仕留める能力はメンバー随一。昔は冷酷すぎるあまり感情を抑えられなくなって荒れたプレーもあったが最近は大人になったよう。小柄だが器用で足がかなり早いので遊撃を担当。

2番:セシリア・オルコット(中)

パンチ力はあまりないが引き出しの多さを生かした状況に応じたプレーが得意。ちょろいが口癖で実際しっかりとこなす優等生。立ち回りがうまく、信頼感もあるので若くしてチームリーダーを任せられるがあまりに自由奔放すぎるメンバーに結構頭を悩ませてるとか。守備では守備範囲の広さと正確無比なレーザービームを生かして中を任せられる。セシリアエロいなぁ。

3番:シャルロット・デュノア(二)

ここぞという場面でのHRイメージが強いがそれ以上に堅実な打撃が魅力。パンチ力とミート力を兼ね備えており、打点を着実に積み重ねるうえ、次につなげることもできる。足もそこそこで小回りが利くので二塁を任せられる。

4番:篠ノ之箒(三)

メインヒロインとしてやはり主軸は譲れないと思ってたので一安心。一人だけハブられたり他のヒロインに出し抜かれるなどで危機感もあったが才能が一気に開花し、4番の大役を任せられる。少し調子にのることもあるが、当たればでかいのをぶちかませる、まさに大砲級。おっぱいロケット級。剣道経験からか手首のスナップが柔らかいので、三塁を守る。

5番:布仏本音(右)

本来なら6〜8番のはずが意外にでかいおっぱいと一部ヒロインを凌ぐほどの圧倒的存在感によりクリーンナップに大抜擢。何を引き起こすか分からない分、当たり外れも大きい。が後ろに最強すぎる人がいるので結果的に成績を残している。

6番:織斑千冬(捕)

一度現役引退している。しかし今なお圧巻の能力を誇り4番の打診もあったが若い世代の成長に期待という本人の意向により自らバックアップ的な6番に収まる。女房役としても圧倒的な安心感がある。

7番:篠ノ之束(DH)

前の人が打席に入ったあと残り香を吸い込むためにこの打順を奪った。助っ人だがひねくれ者でやる気のムラも大きい。その割に成績をしっかり残せるのはやはり天才がなせるワザか。守備はしないが捕手に近いという理由で審判ならしたいらしい。

8番:凰鈴音(左)

4番とは言わないけど主軸級のどっかにはいるだろうとタカをくくっていたらまさかの8番。当初は5〜6番候補として期待もあったが今の5〜7番があまりに強大すぎてここに収まった。とはいえ能力はあるので将来の成長に期待したいところ。守備もたまたま空いていた左にはめられたが身軽なことが幸いして守備範囲は広い。(本職は三塁)

9番:山田真耶(一)

攻撃力はけして高くないが非常にクレバーなプレーをして1番に繋げるまさに曲者。チーム一おっぱいがでかい上にどんくさいことが仇となって一塁を守る。が意外とそつなくこなしている。

先発:織斑一夏

まだまだ荒削りなものの潜在能力は高い。プレーの幅は狭いが一つ一つが強力で、女房役の巧みなリードによりエースとして活躍する。まあ主人公だしね。

中継ぎ:クラリッサ・ハルフォーフ

戦略を練るのがうまく、たとえエースが崩れてもそこから挽回できるように流れを作れる。スク水は色物の域をでないと言い切った度胸、割り切りの良さも強み。

抑え:谷本癒子(バルクホルン

結んだ髪でセシリアの黒下着を完全シャットアウトしてしまうほどのクローザーっぷりを発揮。某パンツじゃない501小隊でエースを張っていたとかいないとか。他のメンバーに比べて出番は少ないが、出たら確実に仕事するまさに必殺仕事人。束がたまにいなくなるのでDH代打でも出場しているらしい。


今回はアニメで名前があり声がついてる人だけを対象にしてスタメン組みました。ちなみにヒロインのみ、つまり一夏抜きでスタメン組むと先発には五反田蘭がくるかなーと。ポテンシャルは未知数ですがIS適正A判定らしいし人気も結構高いのでポテンシャルはあると期待して先発をまかせてみたい。

ホークスサヨナラ勝ちはよかったけど自慢の中継ぎに不安が残る内容でした。試合数重ねていくうちに安定していけばいいのですが。若手の野手も出てきてほしいね。

2010-11-28 chu chu × 2 / 榊原ゆい

お久しぶりでございますへへへ。

「Chu×Chuアイドる2」情報は特設ページで公開中!

というわけで(どういうわけだ)、Chu×Chuアイドる2の感想を書くことにしました。

全体のボリュームは並ってところでしょうか。いやここ最近の流れからすれば少ないかもしれない…。ルートはルーチュ、雪乃、プリモの3つ。フルプライスで3つは少ないっていわれても仕方ないかな…。

個別ルートでも結構シナリオに波があるというかプリモなんかは結構読んでて面白かった。ほかの2人も悪いわけじゃないんだけどなんつーかパッとしない感じだった。

ただHシーンのボリュームは明らかに減ってました…。無印が濃厚な記憶があり、しこたまとかもかなりエロ路線なだけに「アクセントエロってこんなもんだっけ?」と疑うほど。ここは残念だった。FD補完なんだろうか。

歌やBGMなどの効果面はすばらしい。前作のノウハウがきっちり受け継がれている感じだった。ここは文句なし。

総合してみると無印をやってる人にとっては面白いと感じるだろうけど2から始めちゃうと面白さが伝わりにくいんじゃないかなぁと。アクセントの売り(だと思う)エロが上述の通りだし作品の読みやすさなどは初心者向けだけどアクセント作品の入門としては微妙かな…。悪くはない出来ですし私はChu×Chuアイドるは好きなんでそういう人にとってはかって損はないかと。ライブDVDもつくしねー。


というわけでChu×Chuアイドる2の感想記事でした。ちゃんちゃん