Hatena::ブログ(Diary)

二面楚歌 断章

2011-11-08

奥仲麻琴写真集「RUN RUN まこと」を買うの記

日曜の夕方、趣味の集まりの有った本郷から上野へ出て、置いていそうな本屋を二軒廻ったが置いていない。

秋葉原か神保町へ出るのが確実なのだけれど、万年筆のインクを切らしていたのを思い出したので、地下鉄で日本橋丸善へ。


地下の文具売り場でインクを購ってから三階の写真集売り場へ。

川島小鳥の写真集は旧作がどちらも平積みになっているのに「RUN RUN まこと」は置いていない。

売り場の老嬢に訊くと、二階の文芸書売り場(要するにタレント本の置いてある辺り)にあるとのこと。

出ているのを把握はしているが陳列はしていない、この辺りにアイドル写真集の置かれている状況が表れている。

写真集ではあるが、写真集として認められていない。


複数購入前提の接客イベントで部数を捌くだけでなく、どうしたらより広く売れるのか、集英社の営業は考えたほうが良い。

川島小鳥の写真集を求める層にも届くような売り込み方も出来た筈だ。

非常に良く出来た写真集だけに、売り方の雑さ加減が気になった。

Connection: close