Hatena::ブログ(Diary)

二面楚歌 断章

2012-02-01

狡兎死して走狗烹らる

四日間のカウントダウンライブの〆の台詞が頭にこびりついている。

正確には思い出せないが

「ライブで会いましょう」

とかなんとか。



空念仏でも「劇場公演が基本」と言っていたのも今は昔。

"ライブ"が指すものは、もはや劇場公演ではなく、大箱でのコンサートやそれに類するものなのだろう。



チーム制公演の崩壊はチームとしての結束を無意味なものとし、劇場公演の激減と出演者の絶え間ない変動は公演としての纏まりを困難にした。

そうなった時、劇場公演の申し子であったあの娘の矜持は何によって守りえただろうか。


何度と無くこうして誰かが石もて追われる光景を見てきた訳であるが、此れまでに無く悲しく、そして寂しい。

自らの寂寥に対してではなく、今回ばかりはあの娘の為に泣きたい。