Hatena::ブログ(Diary)

ふぉと彩時記

2017-09-21

葡萄棚

f:id:photo-saijiki:20170921183306j:image
※この写真はDaisuke Teranishiさんからもらいました。

秋の果物のひとつ葡萄は、棚をつくりそこにぶら下がるように生ります。葡萄棚の下での葡萄狩、楽しいですよね。


《老いてゆく恋人よ葡萄棚の下/今井杏太郎》

★前に書いた「葡萄」
http://d.hatena.ne.jp/photo-saijiki/searchdiary?word=%C9%F2%C6%BA

2017-09-19

秋茄子

f:id:photo-saijiki:20170919173143j:image
※この写真は、師匠西村和子先生からもらった十全茄子です。

あまりにおいしいせいか、「秋茄子は嫁に食わすな」なんてことわざがあるくらい。焼いたり、漬物にしたりと、まさに食欲の秋を代表する食材のひとつですね。

《その尻をきゆつと曲げたる秋茄子/清崎敏郎》

2017-09-06

葛の花

f:id:photo-saijiki:20170906155918j:image
※この写真はSheena Fujiharaさんから頂きました。

秋の七草の一つだそうです。夏から秋にかけて穂状花序が立ち上がり、下から上へと赤紫色の花を咲かせるとのこと。

《葛の花むかしの恋は山河越え/鷹羽狩行》

2017-07-14

半夏生

f:id:photo-saijiki:20170714150913j:image
※この写真は丸山智慧子さんから頂きました。

ドクダミ科の多年草で7月初旬に葉の付け根に花を咲かせます。

《半夏生咲かせ半信半疑かな/山田みづえ》

2016-10-20

通草

f:id:photo-saijiki:20161020121530j:image:w360
※この写真は玉手のり子さんから頂きました。

「あけび」と読みます。約6センチの楕円形で熟すると果皮が裂けて黒い種子を多く含んだ白い果実が見える。果肉は甘いんだそうです。

《あけびの実軽しつぶてとして重し/金子兜太》

2016-10-18

竜胆

f:id:photo-saijiki:20161018183334j:image:w360
※この写真は丸山智慧子さんから頂きました。

リンドウ科の多年草。9〜11月に筒状の鐘形の花を数個つけます。青紫色の花は日が翳ると閉じてしまうそうです。

《りんだうの午後は目を閉づ花時計/秋元不死男》

2016-09-06

f:id:photo-saijiki:20160906194417j:image:w360
※この写真は岡島愛さんから頂きました。

ブナ科落葉樹の実、見たことも食べたこともあると思います。剥くのがちょっと面倒w。

《三つほど栗の重さを袂にす/篠田悌二郎》

2016-07-24

メロン

f:id:photo-saijiki:20160724203338j:image:w360
※この写真はMari Hataさんからいただきました。

ウリ科の一年草の実、原産はアメリカだそうです。日本には明治のころに入ってきたとか。高級なイメージのある果物ですよね。実は私、大人になるまで食べられませんでしたw。

《あどけなさ残るくちびるメロン食ふ/津野利行》

2016-07-23

蓮の花

f:id:photo-saijiki:20160723093800j:image:w360
※この写真は川越歌澄さんからいただきました。

ハス科の多年生水草で、池や沼などに早朝咲いて四日ほど美しく大きな花を咲かせているみたいですね。

《蓮の花遠くにばかり見えてをり/久保ともを》

2016-07-14

木下闇

f:id:photo-saijiki:20160714233308j:image:w360
※この写真は女流棋士の船戸陽子さんからいただきました。

夏木立の鬱蒼と茂る中は昼でも暗く闇のようで、その様を木下闇(こしたやみ)と言います。

《街騒に隣り合せの木下闇/多賀たか子》