Hatena::ブログ(Diary)

フォト(写真)コンテスト情報とともに周辺の観光情報も纏めたブログ

2018-02-14

第5回志賀高原ナイス!フォトコンテス:長野県志賀高原

冬の信州、群馬県との境を接する志賀高原の自然を存分に堪能し、撮影した写真を応募してみよう!

第5回志賀高原ナイス!フォトコンテスト

f:id:photo_kankou:20180214104555p:image:w360

第5回は冬の写真限定で募集!
ネットでカンタンに応募もできるからおすすめです!

長野県のおすすめ観光名所(撮る旅)

四十八池
自然あふれる志賀高原には数多くの湖沼が点在します。

なかでも特におすすめしたいのが池の水面に映りこむ山々。
また、霧の中の幽玄な湿地帯などなどもシャッターポイントとしてはおすすめ。

冬には一面真っ白な静寂がひろがる世界になります。

・妻籠宿
かなり南になりますが日本で最初に街並み保存がなされた妻籠宿もおすすめ!
古くからの街道にできた宿場町で江戸時代の風情をたっぷり堪能できます。

諏訪大社および諏訪湖
冬の信州で外せないのがココ!
諏訪湖の氷が盛り上がってできあがる御身渡りは毎年必ず出現するわけではないのでとってもレア!
せっかくなら近くの温泉に宿泊して諏訪の銘酒でほろよいに・・・なんて愉しみ方がおすすめです!

2017-08-30

いばらき自然環境フォトコンテスト

いばらき自然環境フォトコンテスト&周辺観光情報
参加条件:特になし
受付期間:平成29年9月29日(金)
詳細:https://www.ecodane.jp/
主催:環境保全茨城県民会議
主な観光名所(撮る旅)
袋田の滝
奥久慈のシンボルとも言われ、別名四度の滝と呼ばれる滝。春、夏には若々しい新緑に包まれ、秋には色とりどりの紅葉に飾られ、冬は雪景色の中で凍結する滝で写真家にはもってこいのスポットと言えます。是非とも滝自体の美しさとともに周囲の自然の美しさも織り交ぜた素敵な一枚を撮影してみてください。
大洗海岸
日本三大民謡の「磯節」で知られる茨城県の代表的な観光地。特に大洗岬にある大洗磯前神社は太平洋から登る日の出を大洗海岸の荒波が砕ける岩場の突端に建てられた神磯の鳥居から迎えられるなど、写真家にもたまらないスポットと言えます。その神々しいまさに神を迎えるような様をカメラで切り取ってみたいものですね。

f:id:photo_kankou:20170830152527j:image:w640

結城
鎌倉時代に城下町として開かれた街。昔ながらの街並みが残っており風情のあるさまを醸しています。紬のふるさと歴史の道として整備された通り沿いには春、桜が咲き乱れ歴史ある城下町の風情とともに春の営みを感じることができます。是非、古くからの歴史を感じることのできる一枚を撮影してみたいものですね。



花園神社
征夷大将軍、坂上田村麻呂の創建とも伝わる神社。高野槙の巨木や樹齢500年を越える大杉が立ち並ぶ風情や、春はシャクナゲが境内を覆い、初夏には新緑の鮮やかな彩りを、秋には錦秋に彩られ、一年を通して写真家にオススメできるスポット。太古の浪漫を感じられる一枚をそのカメラで切り取って欲しい場所と言えます。

2017-08-28

第2回いわいずみInstagramフォトコンテスト〜俺の岩泉を知れ〜

第2回いわいずみInstagramフォトコンテスト〜俺の岩泉を知れ〜&周辺観光情報
参加条件:特になし
受付期間:2017年8月7日(月曜日)〜9月24日(日曜日)24時まで
詳細:https://www.pref.iwate.jp/saigaijouhou/057538.html
主催:岩手県
特徴
・インスタで応募
主な観光名所
北山崎
北部陸中海岸にある高さ200m前後の断崖絶壁が8kmもの区間に続く海岸線。公益財団法人日本交通公社の観光資源評価において、日本一の海岸美と評価されている。春から夏の美しい緑に囲まれた絶景から、秋の紅葉に彩られた海岸線、冬は白く雪化粧をまとった絶壁、夜の満天の星とのコラボレーション、早朝の朝もやに包まれた幻想的な海など様々なタイミングでそのときだけの美しさを堪能できます。是非、何度も通って移り変わる表情を切り取り愉しみたいですね。
f:id:photo_kankou:20170828095559j:image:w640
遠野ふるさと村
懐かしい、のどかな古きよき農村を再現した場所。そののどかな風景の中で様々な農村体験を楽しめるスポット。江戸時代から明治時代に立てられた茅葺屋根の曲り家を数件移築しており、奥州の山里を風情の中に入り込めます。ぜひとも厳しい自然と折り合って生きてきた山里の暮らしを体感できるような一枚を切り取りたいものですね。
台温泉
14世紀に開湯されたとされる、古い歴史の鄙びた湯治場の雰囲気を楽しめる温泉街。その雰囲気を愉しみながら散策し溶け込めばシャッターポイントは無数に沸きあがってくることでしょう。是非とも、古くからそこにある、温泉街の風情を余すことなく切り取った一枚を撮影してみてください。
羅須地人協会
宮沢賢治が1926年に農学校を退職し、青年や篤農家を集め稲作法や農民芸術論などを講義するために設立した羅須地人協会を復元した地。宮沢賢治が夢と理想に燃えて自給自足を目指すものの、わずか7ヶ月で瓦解してしまった夢の跡。儚くも夢と希望に燃え、そして潰えた宮沢賢治の夢、ロマンを感じられるような一枚を撮影したいものですね。
f:id:photo_kankou:20170828100235j:image:w640

2017-08-27

第56回文京区観光写真コンクール

第56回文京区観光写真コンクール&周辺観光情報
参加条件:アマチュアのみ
受付期間:平成29年8月1日(火)〜9月16日(土)当日必着 ※持参の場合は18:00まで
詳細:http://www.b-kanko.jp/gallery/2017.html
主催:文京区観光協会
主な観光名所
文京シビックセンター展望ラウンジ
文京区のシンボルともいえる26階建てビルの25階に位置する展望台。東京大学などの近場からスカイツリーや東京タワー、新宿高層ビル群、晴れた日には遠く富士山や筑波山までも遠望できる。無料開放されており、土日祝日も含め夜8:30まで開放されているため美しい東京の夜景も楽しむことができます。是非、大都市東京を詰め込んだ一枚の画を切り取ってみたいものですね。
東京国立近代美術館
1952年に日本初の国立美術館としてオープンした美術館で多くの近代芸術家の作品を所蔵する。多くの芸術品を愉しむだけではなく、眺めの良い休憩室などからの眺望、さらに建物も楽しめる。特に分室になっているのは旧近衛師団司令部庁舎で煉瓦造で2階建八角塔屋付きの洋風建築となっており雰囲気も十分に楽しめます。芸術品をのんびりと眺めながら愉しみたいものですね。
靖国神社
維新において倒れた志士をはじめ、現代日本に至るまでの戦いによる多くの戦没者の霊をまつる神社。太平洋戦争に関連する話題が目立つ神社ですが、近代日本を作り上げてきた歴史を学ぶこともできるスポットです。元々、明治時代に明治天皇思し召しにより立てられ、特に幕末の動乱からの日本のために犠牲になり、現代の日本の礎となってきた英霊たちの息吹に触れられる地と言えます。近代日本史を身近に感じられるような素敵な一枚を撮影したいものですね。

2017-08-21

「あにあん」フォトコンテスト

f:id:photo_kankou:20170821111327p:image:w640
参加条件:尼崎市、西宮市、芦屋市のいずれかで撮影した写真
受付期間:平成29年7月20日(木)〜平成30年1月14日(日)
(当日消印有効。Eメールの場合は締め切り当日まで。)
詳細:http://anian-club.jp/photo/
主催:あにあん倶楽部運営事務局
特徴
・ネットでカンタン応募
主な観光名所
高山寺
真言宗大覚寺派の別格本山。757年に法道仙人により建立されたと伝わる古刹で、秋にはもみじで境内が彩られる隠れた紅葉の名所。もみじの季節のみならず初夏からの青々とした新緑に包まれた境内も静寂な空気と相まって伝統のある寺院の空間を作り出しています。ぜひともその歴史も垣間見えるような素敵な一枚を遺したいものですね。
新西宮ヨットハーバー
マリーナの風景を堪能できる西宮のスポット。画になるヨットハーバーとしてだけでなくクルージングなども気軽に体験できるので海の写真を撮影するにはもってこいのスポットと言えます。ぜひとも都会の喧騒から少しだけ離れた夏のひと時を切り取った一枚を撮影してみてください。
蓬莱峡
六甲山地にある花崗岩によって形成された地が長い年月をかけて川など自然に侵食された渓谷。日本では珍しい白い無数の剣山が殺伐とした雰囲気をかもし出し、非現実的な風景を作り上げている。ぜひとも非現実的でありながら自然の力を存分に現した一枚をカメラで切り取ってみたいものですね。



白毫寺
705年に開山されたと伝わる古刹。南北朝時代の領主赤松氏の宝篋印塔や春日局の父、斎藤利三筆の下知状が残るなど歴史的にも愉しめるスポット。また、5月には九尺藤が優雅に、ほのかな香りを醸しながら咲き誇ります。その様はまさに滝のようで見事の一言です。

Connection: close