Hatena::ブログ(Diary)

toutétotoc このページをアンテナに追加

メモ

★ 新年

★ 神保町

2008-05-03

photogramme2008-05-03

[]不忍ブックストリート 一箱古本市

4連休初日、一箱古本市に参加してきた。前々から気になっていて、今回思い切って店主の申し込みをしてみたのです。本棚からフランスの小説などを中心に読まなくなった本と、助太刀してくれる姉上の本とあわせて一箱分。スリップもはさんで準備オッケーと思っていたら2日前から風邪をひいてしまった…当日にはなんとか復活するも朝から雨。結構な降りのなか、本を詰めたカートを引っ張って集合場所の古書ほうろうさんへ。雨がやむまでは店内で、とのことなので他の店主さんとじゃんけんで場所を決めてから出店準備。雨なのでお客さんは少ないのかな?と思っていたのだけれど、販売開始の11時前から店内にはブックストリートの地図を持った人が結構いて、11時ちょうどに初めてのお客様が2冊買ってくれた!しかも、こういうのは売れないかなーと思っていた富山房文庫のサント=ブーヴ「月曜閑談」とデュ・カン「文学的回想」だった。午後からは外に移動して、たまの雨などもビニールなどでしのぎつつあっという間に時間が過ぎた。結果は36冊をお買い上げいただいて16.000円ほどの売上。全く売れないかも…と思っていたのでちょっと嬉しかった。

とにかく驚いたのは生憎の空模様にもかかわらず、沢山の人が地図やスタンプラリーの紙を片手に来ていたこと。イベントとして定着していて愛されてるのだなあと思った。何しろ本好きの皆さんが来ているのだと感じられるのが楽しく嬉しい。しかも万事がスムーズで、運営スタッフの皆さんのお力に感服。

もう少しお客さんや他の店主の皆さんともしゃべったりできればよかったな。ちらりとのぞかせてもらった皆さんの箱も個性的で面白かったのに、何しろ自分の箱のことで結構いっぱいいっぱいになってしまったよ。また参加したいなあ。

打ち上げは失礼して、根津まで歩いてNomadeでホットサンドにビールで休んでから帰宅。楽しい一日だった。

Connection: close