ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ピカードのモンスターハンターフロンティアG日記-MHFブログ

2016-07-24

[] 始種「ヴォージャン」 HRをソロで その3

[始種クエスト] 始種「ヴォージャン」 HRをソロで その3



前回、デイリークエストのヴォージャンに挑んだところ、

それはもうヴォージャンにむしゃぶりつかれ、旦那だけのものだったはずの私の体は

好きなようにもてあそばれてしまいました。結果、私の足の薬指はバールのようなものに変形してしまったのです。

このままではテーブルトークRPGとかでいざというときのアイテムとして利用されてしまうに違いありません。



あまりに悔しいので、今度は武器を変えて再挑戦です。




このデイリークエストの防具は、ガードするたびに攻撃力が増す「濃厚バニラごはん」がついています。

ですから、ガードができる武器にしつつ…穿龍棍よりは、使い勝手がわかっているものにしないと…。


よし、ここはガンランスです!

ガードでしっかり固めつつ、ツンツンとヴォージャンをつついてやりましょう!



f:id:picard_monhan:20160722220809j:image

ガンランスなら、まだ動ける!

気合十分、今度こそいきます!




前進の突きが、結構深く踏み込んでくれるので、一気にヴォージャンとの距離を縮められます。

f:id:picard_monhan:20160722221117j:image

本当は角を重点的に突いて、へし折ってやりたいのですが…。

正直部位をピンポイントに狙うことは今の私には難しいです。

ですので、横を向いていようがなんだろうが、攻撃チャンスがあればツプツプ突きます。




f:id:picard_monhan:20160722221340j:image

ヴォージャンが暴れている時、火の玉を投げまくっているときは、

無理せずガードしながら接近…。そして、暴れ終わると同時に踏み込み突きを繰り出してイきます。

「ズブブッ!」って感じです!そう考えるとガンランスってすンごい卑猥な武器ですね!だって突けるし、熱くなるし、

熱いものを発射するし!ガンランス好きの人に貫かれそうです!


でもやっぱり、前回の記事に書いたように…。


ふいふぃっとヴォージャンが私の背後に行った後が怖い。

「あっ、後ろに行った…火を吐いてくる!」

と思って、振り向くのですが、私が下手なのかガンランスの動きがそもそもそうなのか、

振り向くまでに時間がかかり…。


f:id:picard_monhan:20160722224039j:image

もちろんガードを即座にしようとするのですが、振り向くと同時に火の玉が飛んできたり、

火をまとったヴォージャンの突進を喰らい…。




f:id:picard_monhan:20160722224157j:image

こんな状態に…;



その後、不用意に回復薬を飲もうとすれば、当然そこへ攻撃がくるので、

様子を伺いながら隙を見てゴクゴク飲むわけです。時間がかかるかかる。

あまり攻撃ができない…。日ごろ双剣でザクザクテンポよく切っていることもあり、ヤキモキしてしまいます。



それでも、根気よくガードして、スキル効果で攻撃力を上げたり、つっついたりしていると、

「カシィィン」という音と、アイテムアイコンの光。きたっ…超越秘儀ゲージ満タンです。


ちょうど、先ほどヴォージャンに殴られて瀕死状態だったので…悩むことなく!

f:id:picard_monhan:20160722225021j:image

超越秘儀、発動!


超越秘儀を発動するエレクトな動作の際は、無敵時間が非常に長いので、

ヴォージャンの攻撃にあわせて発動です。イってるときは、周りのことなんか気にしないとこういうわけです。



超越秘儀を発動し、攻撃・防御ともにかなり強化されましたが、まだまだ油断はできません。

なんせ前回は、超越秘儀を発動してもボコボジコにされてましたから;

ぜんぜん攻撃当てられませんでしたから;

しかし、チャンスであることには変わりません。これを契機に逆転を…今度こそ!


次回につづく。まさかの その4へ突入。

  ハンター名:ピカード ハンターID:QZW8C2 当ブログはリンクフリーです。リンクされた時一言コメントいただけると尻汁まき散らしながら飛びます。