別冊宝島Real, 070

『謀略の昭和裏面史』黒井文太郎[編著]よりピックアップ:


統一教会はもともと韓国人牧師文鮮明昭和29年に創始した新興宗教だが、昭和36年韓国朴正煕クーデターによって政権を奪取した直後から、情報機関「韓国中央情報部」(KCIA)と協力関係を結び、その庇護を受けて勢力を急速に拡大した。


戦後ソ連共産党アジアでの工作活動に対抗すべく、アメリカでも反共団体CIAが中心となって、アジアでの反共ネットワークの構築を画策していた。昭和29年にはCIA肝煎りで「アジア人反共連盟」(APACL)が結成されていたが、昭和40年に日韓条約が締結されると、その院外団的勢力として、各国の民間右翼団体によるネットワークの結成が模索された。そこで中心的な役割を果たしたのが、韓国では統一教会、日本では笹川良一だった。


統一教会KCIAと手を結んだ直後から、崔翅翼(日本名・西川勝)という幹部を日本に送り込み、「原理運動」を開始した。このとき崔に協力したのが笹川だったが、そこにはおそらくKCIAと米CIA、あるいはアメリカ反共団体の協力要請があったものと推測される。


笹川は昭和38年統一教会の顧問となり、支援した。統一教会は笹川の影響力によって政財官界、とくに自民党と警察組織に浸透したといわれる。


一方、「原理研究会」を組織して若者を勧誘した。昭和37年立正佼成会の幹部の久保木修己統一教会に合流し、昭和39年に会長に就任する。


昭和41年に、統一教会がホストを務めて「世界反共連盟」(WACL)が韓国で結成された。世界中から反共団体が参加したが、それらは事実上、CIAと米反共団体が組織していたネットワークだった。


昭和40年代半ばから昭和60年頃まで、WACLの会長を務めたのが、極右軍人のジョン・シングローブ米退役少将である。


KCIAの公認で、統一教会が「国際勝共連合」を創設したのは、昭和43年1月だった。日本での組織化の後ろ盾となったのが、またもや笹川良一岸信介だった。日本でも、久保木修己を会長とする国際勝共連合が活動を始める。笹川は名誉会長となった。


昭和53年に米下院国際関係委員会のレポートで、統一教会勝共連合KCIAの深い関係が暴露された。


日本でも日本共産党統一教会系の政治家のリストを公表した。当時の福田赳夫首相をはじめ、現職閣僚から16人、自民党議員155人、新自由クラブ議員4人、民社党議員5人というリストだった。


関係が深いのは、韓国ロビーに近いか、反共右翼色の強い人脈ということになる。政治家では岸信介福田赳夫、椎名悦三郎、中曽根康弘、財界人あるいは右翼や学者では、これらの政治家の周辺にいる面々ということになる。


http://ffeck.tsuchigumo.com/ishihara.html

コメント
0件
トラックバック
2件
ブックマーク
0 users
pick-up
pick-up