マフスのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード


9月30日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.1」を開催します。上映作品は『純金のキャデラック』(50年以上ぶりの再上映)と『イントゥ・ザ・ホワイト』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です

10月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.2」を開催します。上映作品は『キス&ハグ』(日本初上映)と『シュガー』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。

2004年12月までの過去ログについてはこちら

★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

2017-10-21 このエントリーを含むブックマーク

pikao2017-10-21

D


「よく見てみろよ/はみ出し者はどこにでもいるぜ」と歌ったのはキンクスのレイ・デイヴィスだが(「Misfits」。キエるマキュウの故MAKI THE MAGICのお気に入り曲でもあったとのこと)、『ニュー・カントリー』で描かれていたのはまさにそういう世界の有り様だ。そんな中ではみ出し者に対して寄り添うこと、(たとえ自分自身がはみ出し者だったとしても)手を差し伸べることこそが本当に意味のあることなんだと思う。『ニュー・カントリー』でのマスードの行動ってのはまさにそういうことでしょ。


D