マフスのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード


12月17日(日)に渋谷ユーロライブにおいて『マイ・ファースト・ミスター』と『ドント・シンク・トワイス』の2本立て上映イベント「アメリカ映画が描く『真摯な痛み』Vol.2」を開催しまーす。Peatixで前売り券が販売中です



「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「」や「遠回り」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。

2004年12月までの過去ログについてはこちら

★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

2017-11-15 このエントリーを含むブックマーク

pikao2017-11-15

「真摯な痛み」シリーズは来年春のアイルランド映画編で終わらせる予定だけど、もし「フランス映画が描く『真摯な痛み』」をやるんだったら『サンドイッチの年』は絶対に上映するっすね。『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』なんかと並ぶ「あんまり幸せじゃなかった子供時代」もの映画の名作です。「今年は辛いことも色々あったろうが、人生に5度や6度はこんなことがある。残りは何てことない日々の連続だ。人生はサンドイッチのようなもの。カラシが一杯で涙が出ても、全部食べなきゃならんのだ」。


D


なぜか日本語字幕版がYouTubeに全編上がってますね。