マフスのはてな このページをアンテナに追加 RSSフィード


9月30日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.1」を開催します。上映作品は『純金のキャデラック』(50年以上ぶりの再上映)と『イントゥ・ザ・ホワイト』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です

10月20日(土)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.2」を開催します。上映作品は『キス&ハグ』(日本初上映)と『シュガー』(日本初上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です

1月20日(日)に渋谷ユーロライブにおいて、はみ出し者映画の特集イベント「サム・フリークス Vol.3」を開催します。上映作品は『バッグ・オブ・ハンマーズ』(日本初上映)と『ブレッド&ローズ』(待望の再上映)の2本立てです。前売チケットはPeatixで販売中です


「ダム・インク(Dumb Inc.)」名義での活動も。
バンドキャンプで「隣り合わせ」や「」といった曲などが試聴&フリーダウンロードできます。SoundCloudもあります。

2004年12月までの過去ログについてはこちら

★★★★★=すばらしい ★★★★=とてもおもしろい ★★★=おもしろい ★★=つまらない ★=どうしようもない

2018-08-14 このエントリーを含むブックマーク

pikao2018-08-14

f:id:pikao:20180815121219j:image



ガーンジー島の読書会』の映画化である『The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society』はリリー・ジェームズの最高傑作! いかにも1940年代半ばのワーキング・ウーマンといった感じのパンツルックのファッションの数々が洒落ていて素晴らしい。監督のマイク・ニューウェルのキャリア的にも『魅せられて四月』『白馬の伝説』『フォー・ウェディング』辺りに匹敵する最高傑作の一つだと思う。「ザ・シャンテ映画」といった感じの文芸恋愛作品で、『チャーリング・クロス街84番地』に通じる趣きもある文通映画。日本以外の多くの国だとNetflixで配信されているんだが、日本で配信されていないってことはやっぱり劇場公開するんでしょうか。


D