第三の波平ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-06-02 なぜ「VIPPERvsVIPブログ連合」は聖戦なのか

pikarrr2006-06-02

[]なぜ「VIPPERvsVIPブログ連合」は聖戦なのか  なぜ「VIPPERvsVIPブログ連合」は聖戦なのか を含むブックマーク なぜ「VIPPERvsVIPブログ連合」は聖戦なのか のブックマークコメント

「VIPPERvsVIPブログ連合という聖戦


流行りは、「VIPPERvsVIPブログ連合*1らしい。簡単にいえば、2ちゃんねるVIPネタを自分のブログでまとめて人を呼び、アフィリエイトなどで小銭を稼ぐのはけしからん、ということだ。(詳細はこのあたり*2*3

のま猫問題の再来といってもいいだろう。のま猫問題のときに、ボクはこれは宗教戦争だ」といった。

このような意味で、2ちゃんねらーにとってオマエモナー」は、単なる流行フレーズ以上の特別な意味を持つ。

そしてモナーとはこのような最強神としての偶像化である。のまネコ問題とは、その神が「無断で」金儲けに使われたのであり、神聖な神への冒涜の意味がある。これはある意味ちゃねらーにとっても宗教戦争なのである。そうこれは宗教戦争というネタであるが、またマジなのだ。

のまネコインスパイヤ問題はなぜ戦争なのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20050914

ネットはとても「自由」自分勝手な世界と思われているが、ここで見せる面は「我々の象徴(モナー)を守れ!」という閉鎖的、村社会的、呪術的な世界である。




ネット住人の共有財産


ネットはそのはじめに、「タダであること」からはじまったとされるが、現在も「タダであること」が維持されるのは、ネット特有の特徴があるだろう。小さな労働力が容易に集まる世界では、塵が積もれば山となるが容易に実現される。それはオープンソースなどのソフトの開発だけでなく、情報全般が、小さな山が無造作に積まれて、いつのまにか山となっているのがネットの世界である。たとえば今回のまとめサイトもその一つの例である。

この塵の山はネット住人」「共有財産である。だからネット財産(塵の山)で、お金を稼ぐことは間違ったことであるというように、のま猫問題、最近ではVIPEERまとめサイト問題では、このような「共有財産一部の人間が搾取することへの反発である。

しかしネット住人」とは誰だろうか、「共有財産とはなんだろうか。ここにはそのような明確なものがあるように、転倒されている。そしてこの転倒こそが、閉鎖的、村社会的な、呪術的な世界観である。




繋がりの価値化


このようなことを考える上で、「なぜネットにおいて人々がダタで労働するのか」を考えることが重要ではないだろうか。ネット上では、実社会労働以上の労働力がつぎ込まれている。このような労働者はどのような対価があるのか、「交通様式」がなりたっているのか。そのキーワード「繋がりの社会性」である。

繋がりの社会 http://ised.glocom.jp/keyword/%e7%b9%8b%e3%81%8c%e3%82%8a%e3%81%ae%e7%a4%be%e4%bc%9a%e6%80%a7

一般的な送り手の意図に着目すれば、社会性」とはコミュニケーションとは送り手と受け手の間にある誤解の可能性を減らすためのルールコンセンサスということになり、これを「秩序の社会性」と呼ぶ。一方、ともかくコミュニケーション連続することが重視されるとき、これを北田は「繋がりの社会性」と呼ぶ。そこでコミュニケーションのフックになるのは、コミュニケーション意味内容やメッセージではなく、感情的な盛り上がりや、形式的な作法といったコンテクストである。

ネット不特定多数の繋がりを容易にする。ネットでは、実社会のようにただいることができない。いることはコミュニケーションする(繋がる)ことである。だからネットでは、「繋がり」が価値化し、「どれだけ」繋がっているかが重要視される。



まなざしの快楽


この「どれだけ」はなにか明確なものではない。あるいは繋がりを必ずしも求めていなくとも、ネットに入ることで無意識「繋がり」の価値化が作動している。これをボクは「まなざしの快楽」と呼んだ。

その対極において、なぜネットではただで労働が行われるのか、がある。ネットでは様々なものがただで手に入る。労働の成果がただで公開されている。労働の提供者が得ているものは、「まなざしの快楽」である。それは他者からの感謝であり、賞賛であるが、それは必ずしも実質的なものではない。それは「見られたい人から見られているだろう」という神性へと転倒されている。

なぜエビちゃんはかわいいのか http://d.hatena.ne.jp/pikarrr/20060601

そのためにネットは多くにおいて匿名不特定多数であるにもかかわらず、なにか強力な内部=村社会があるように錯覚される。そしてこのような村社会への帰属意識というドライブが、最近ではWeb2.0と言われる、塵も詰まれば山となる(創発性)を可能にしている。そして「タダ」の世界の維持、かつての未開社会のような疑似的な「互酬」を可能にする「交通様式」を演出している。それがネット住人」「共有財産である。

かつてブログで、ムラ社会モヒカン族の対立が語られたが、これらは村社会という内部の出来事である。この村社会の内部と差異化された「外部」とは、資本主義的実社会である。だからネット上では資本関係を排除する傾向が思想化されている面がある。




「内部」の共通財産「外部」へ売り払うな


以下のように主張はとても「正しい」のだが、そんなことはわかっていながら怒っているのであり、問題の本質ではない。問題の本質は、「内部」の共有財産「外部」へ売り払うな」ということである。

まり理解されていないことだけれども、マスコミ報道の過半は情報の集約・整理・取捨選択によるもの。ウェブでは何かというと「一次情報に当たれ」といわれるし、私もそう書いてはきたのだけれども、現実問題、そんなことは不可能だというところに中間情報産業の存在意義がある。新聞スクラップをまとめただけの雑誌とか、専門分野の世界にはたくさんあること、ご存知でしょうか? 

新聞スクラップをまとめた雑誌新聞社著作権料を支払っているでしょうが、その新聞社が**研究所無料で公開した**調査報告を記事にする際、お金を払うか? 当然、払いません。でもその新聞記事は有料で売られる。おかしい、と思います? 調査報告から面白そうな部分を抜き出して紹介する手間暇に対価を払ってもいいと私は考えますが、怒る人は怒るのかな。

中間情報産業への無理解 http://deztec.jp/design/06/05/29_information.html

中間情報産業は大きな内部(情報産業、あるいは産業そのもの)の一部である。中間を含めて、情報産業がなりたっている。しかしネットはその外部にあるのだ。だから情報産業からかってに収奪し、ネット内部へ広く、コピーペーストすることは容認される。それは、個人的な利益でなく、ネット内部のための行為である。

のま猫問題でのエイベックスの主張はぶっちゃけるとネット著作権アバウトのコピペの世界でしょ。おもしろければ良いんじゃないの?なんで君たちよはよくて、俺たちがやるとキレるの?だってエイベックスっていっても俺たち普段は2ちゃねらーみたいなもんだよ。仲間ジャン」ということではなかったか。エイベックスの社員がネットの住人であっても、情報産業へ流通させようとするときにそれは「外部」となるのである。

VIPまとめサイト情報をまとめ公開することは、内部のための行為である。しかしアフィリエイトで小銭を稼いだときに、それは共有財産を「外部」へ流通させた裏切り行為である。確かにこれは「のま猫」問題と比べると微妙である。アフィリエイトというシステムは内部と外部の微妙な位置にあるシステムである。しかしVIPPER「有罪」を突きつけたのである。




ネット住人は野蛮人へ回帰したのか


ボクはこのVIPPER「有罪」を偏狭な判断だというのは違うと思う。それは程度の問題でしかない。

創造性、そして著作権を重視するなら、ネット住人は外部(資本社会)からの安易なコピペ(収奪)を止めるべきである。しかし奪うのは歓迎され、奪われるのには反抗する。これはとても都合のよい考えである。しかし呪術的な神性によって支えられているネット社会では、内部が重要視しされるのである。

今回のVIPPERの「有罪」を偏狭な判断だと考える人も、「「内部」の共通財産を「外部」へ売り払うな」という思想の元にあり、それはそのときに立場、程度の問題でしかない。外部(資本社会)からの安易なコピペ(収奪)を禁欲する、たとえばYouTubeTV番組コピペさえも問題視する人のみが、VIPPERの判断は偏狭だと言うべき事である。

ではネット住人は野蛮人へ回帰したのだろうか。マルクスは、資本社会における商品の呪術性とそれを元にした資本の収奪を問題にした。ネット社会の転倒とは、このような資本社会に内在する「まなざしの快楽」を元にした呪術性と同様のものである。

資本社会「正しさ」が絶対の正しさではない。しかしボクたちはネットのみで生きられないし、生きていない。あるのは関係であり、立ち位置である。そして対立は内部と外部の「聖戦」として現れる。そして今後も続くだろう。

hasevehaseve 2006/06/05 16:06 長谷部です(笑)はてなに登録したのでこうなりました。
「資本」に対して彼らがVIPBLOGを笑い飛ばさないということが、自分は不思議であり不満です。ムラ社会が本当に成立した上で内と外が区画されているのであれば、外で何が行われようと権利侵害を訴える必要性がないのではないかと思うのです。現実に、明日から2ちゃんねる内部で不可能な何事かが起こるわけではない。2ちゃんねらはそれらを笑って冷ややかに見過ごすことだって出来たのではないでしょうか。
現実にはそうはなりませんでした。神的な世界を侵犯せんとする蛮行に対しては、有罪判決を送らねばならないと強く息巻いています。僕はここにおいて非常に2ちゃんねらー達に不満を持っていて、彼らがどこかで狡猾なのは、(Pikarrrさんが仰る以外の点での)都合のいい両面性を持っていると思えるからです。
というのは、VIPや2ちゃんねるがユートピアを生み出しているのは、資本的に抜き出すことが出来ないあの場所だけではないかと思うからです。それらを抜き出したものにまで自分達の権利侵害を突きつけるのは、お門違いというものではないでしょうか。自分がスタジアムで観戦した野球の試合を、いいところだけ抜き出したダイジェストで朝のニュースで流されたって、腹を立てる人間は居ません。ところがVIPPERはそれに腹を立てるのです。
彼らが資本的な権利を訴える必要性があるのだとしたら、彼ら自身がまさしくムラ社会の神性を侵しているのではないでしょうか。BLOGで抜き出される情報価値=VIP板を始めとするレスの情報価値ということを認め、資本関係がそこに潜んでいることを認めるのですから。というか、そもそもVIPPERにせよ2ちゃんねらーの嗜好というものは、そういった資本的な売買可能性の有するものばかりに傾いているように思えます。資本的な視線しかないからこそ、そういったものの搾取に対して過敏になっているのではないでしょうか。だったら素直にお前らも金を払うべきものだけを享受しろよ、こういいたいですね(笑)

pikarrrpikarrr 2006/06/05 18:50 もしかして、コメントするためにはてなに登録したのですか。最近2ちゃんねるからの荒らしに狙われていて、仕方なくはてなユーザーのみコメント可にしました。

たとえば著作権は資本社会を円滑に運営するためのものです。この公平性が保たれないと発明が促進されず、資本運動(商品交換)が作動しません。しかしこれは絶対の「正義」でなく、資本社会の前に未開社会、封建社会などがあったように、資本社会のためのルールなのです。そして資本社会はそれはそれである意味の村社会なのです。
ネット上で、人はどこまで律儀に著作権を守るでしょうか。たとえばネットを巡回してまわると画像などがキャッシュとしてPC内に残りますが、画像は多くは違法コピーですから、違法画像を保持していることになり、厳密には「窃盗」です。だからキャッシュが残らないように、設定しますか?そこまで神経質でなくても、多くにおいて人々はネット上では著作権に寛容です。ネットでは資本社会の著作権自体が無効であると真面目に考える人たちもいます。
それはテクニカルに規制に限界がある面がありますが、またネット社会は資本運動(商品交換)を目的にできていませんから、資本社会の正義が正義とは限りません。
たとえばボクは、ネットはその互酬性から未開社会に近い面があるのでは、といいました。未開社会では内部を維持するために、外部から収奪することは悪いことではないです。彼らはとても自分たちに「都合のいい両面性を持ってい」ます。だから間違いであるというのは資本社会の倫理です。
ネットの場合は、ネットで完結せずに、ネット住人は裏面で資本社会住人として生きていますので、まったく分離することはできずに、新たな「正義」づくりが必要だと思います。2ちゃんねるは野蛮だ、あるいはVIPPERが正しいではなく、それぞれの形態でのルールづくりがあるということです。「のま猫」にしろ、それぐらいの大きさで考える問題ではないでしょうか。
先にあげた「中間情報産業への無理解」や、その他いくつかのブログで見られたのが、単に資本社会の「正義」で語るものがいくつかありましたが、それはあまり説得力がないのではないだろうかということです。ネットでの「正義」はこれから作られる、だから話題になり、おもしろいのではないでしょうか。

hasevehaseve 2006/06/05 20:12 資本主義下における市場的な道徳というものと、ネット社会の道徳が別であることは勿論です。資本主義の正義を振りかざしても仕方がないし、そういう「お行儀のよさ」を今更ネットに求めたいとは思いません。ただ、今後もこのような「いたちごっこ」が止む気配はまずないであろうという根本的な問題点は何なのだろうかといえば、それはネットの性質云々よりも彼らの嗜好にあるのではないか、というのが僕の考えです。ですから正しい正しくないという論拠よりも、彼らはネットが本当に必要とする新しい人のあり方には不適合なのではないかと思えるのです。
ここに見出されるのは、資本主義のルールの絶対性を侵す反逆者像というよりも、ネット社会に根本的には馴染めない2ちゃんねらーの思考の方法があるのだと思います。彼らがネットに求めるものはネットでしか手に入らないものではなくて、資本主義下に営まれうるようなものでしかありません。それが資本主義的な市場から奪われたものであるかどうかはどうでもよくて、たとえそれが2ちゃんねるオリジナルのものであろうとも、矢張りそのネタは資本主義的な性質のものでしかないのです。だからVIPBLOGがそれらをパクる事ができるし、そういったパクりに対して激昂するVIPPERが現れるのではないでしょうか。
ですから、制度云々ではないのではないかと思えます。彼らの観照能力が大衆のそれと変わらないままであるということこそが問題の前提のように思えるのです。2ちゃんねらーが読む「空気」は大衆のあり方であって、ネットのあり方ではないのではないか。

pikarrrpikarrr 2006/06/05 22:42 そもそも適合、不適合、正しい正しくないというのはどこにもなく、資本社会の規則では解決できないネット上の問題があり、そして「ボクら」がいて「彼ら」がいる、という現実があるだけだと思いますよ。「いたちごっこ」はいつもどこでも止むことはないのですから、まあ、早急に解を求めず、楽しみましょうと、言うことです。(笑)