明日のごはん研究所blog

2015-02-03

2015年4月〜家庭料理教室のお知らせ

お待たせしました。

4月からの春夏の家庭料理教室のお知らせです。

各クラス、6名定員です。

お申し込みは電話かHPでも。

但し受講料の納入をもって受講申し込みの完了です。

ビーガンの方も安心して受講して下さい。

動物性のものとは別に作ります。

一般的な日本の家庭料理では肉、魚が登場します。

ホルモン剤や合成飼料で無理な飼育をしている動物を

食べることは、自然からかけ離れているので嫌です。

食材は安全を考えできるだけそういう物を求めています。

放射能は遮蔽する事は困難ですが、

目に見えないものが目に見えるものより多いと思います。

その何かのお陰で「ここに在ること」を感謝しながら

助け合っていけたらいいですね。

◯1年生クラス(初心者クラス)

受講料:月1/6回22000円 *1回のみ4500円

(前回から通しで受講される方は割引あります)

4月 春の野草醗酵ビビンパ。はと麦で肝心要を元気にするスープ。

5月 抗酸化保存食マリネ。季節に添って巡る身体になるお節の料理表製作。

6月 梅の保存食作り。野菜と肉と魚の簡単抗酸化調理。

7月 夏を楽しむ身体を作る。麦と雑穀ナゲット寒天スイーツ

8月 ピンチョス、フルーツサングリア、夏のガーデンパーティ料理。

9月 菊の酢の物、白和えと昆布締め。良質タンパク質でツヤ肌になる。

*8月が都合の悪い方が多い場合は8月をお休みにして10月までとします。

*5月の連休はお休みです。第一週を第三週に変更して開講します。

Aクラス 第一日曜日10時〜13時

Bクラス 第一月曜日19時〜21時

Cクラス 第二日曜日10時〜13時

Eクラス 第三土曜日19時〜21時

スキルアップクラス

受講料:月1/6回33000円*1回のみ6000円

(前回から通しで受講される方は割引あります)

一年生クラスのメニュウーに2、3品目加え作ります。

*5月連休、8月の変更など相談して決めましょう。

Dクラス 第二月曜日10時〜13時 

おいしいことはちょっと幸せ、みんなで楽しみましょう。

お申し込みお問い合わせは

052-251-6949または090-3578-2398

*パソコンが調子悪いのでお返事が遅くなる事がありますが

ご了承下さい。

2014-12-10

12月になりました。

今年も終盤ですね。

皆様はどんな年でしたか。

私は終わった事は忘れてしまっています。

思い出そうとしても…感動した事や心に残った事しか、ありません。

ステキなことは、それがずいぶん大昔のことでも、キラキラしています。

だんだんステキなことの理解力が深まって、味わいが深まっています。

全てが奇跡ですね。

さて、年末年始と食べ過ぎになりがちな環境が有ると思いますが、

お腹がいっぱいにならないように注意して下さい。

有り余るごちそうがあったら、誰かに分けましょう。

自分の幸せをお裾分けしましょう。

お金がある人は誰かにお裾分けしましょう。

幸せの種をまく人になりましょう。

笑顔がある人は笑顔を。

2014-10-24

オーガニックボジョレヌーボー

11月23日、日本酒ワインの新酒の試飲会開催致します。

お酒に合ったお献立をご用意致します。ぜひご予約下さい。

日本酒はお米を醗酵させ、ワインはぶどうを醗酵させたもの。

この醗酵した飲み物を味わいましょう。

昔の日本人のお米を愛する気持は、貴いなあと思います。

それは、お城のある所には、必ずお酒があり、餅やお菓子が発達している事から分かります。

お米を磨いて酒を仕込む。そこで出た余りの米粉はお菓子作りに活かされます。

藁だって無駄にしません。

全てがピッタリと決まった所に納まって無駄が無い。

日本人の美意識とはそういうものだったのです。

今の私たちがその美意識を受け継いでいるのかは疑わしい。

全く失望することが多いです。

戦争で文化をぶっ壊された日本。

従順な鈍感な家畜となるよう育て上げられ

世界一の大事故の原発事故後、情報が操作されても気にしない人になりました。

ですが、今の現在の私たちの身体の奥底に沈んでいる受け継がれたもの。

もし、それがあるのなら

それを立ち上らせるよう、働きかけてみてみましょう。

別に、闘おうとか、政府転覆企てるとかというのではありません。

センスです、第六のセンスを取り戻す。

試してみて損は無いです。

どうするかというと

簡単な事。

味わうことです。

口の中に物を入れ、それを静かに味わう。

香り、舌触り、歯ごたえ、唾液と混ぜる。

口の中で転がす。

それだけで新しい世界が広がるのです。

ところで

ワインは世界で取引される一つのブランドになりました。

それは、ワインに関わる人達が、プライドをもっていたからです。

そして、揺るがないよう伝統を守り上げてきたのです。

日本酒も、酒の価値としては最高の繊細さを持っています。

なので、伝統を守れば、世界のブランドになる時も近いのです。

日本人は、味オンチに調教されつつありますが

なんとか、その手中に落ちる事無く、

繊細な感覚を育てるよう日々精進いたさねばなりませぬ。

お米を醗酵させることが

日本を蘇らせる手だてと

私は思います。

人間にとって有用な菌が活発に働く環境を作る。

それは発酵物をドンドン作る事です。

お酒とワインを味わい、楽しい夢を描きたいですね。

しかも、当然オーガニック!

味わう〜やってみて下さい。

真っ暗で何の音もしない環境にしてすると

より分かり易いです。

2014-10-04

オーガニックでなくちゃ〜ね。

おはようございます。

朝早く起きるのって気持良いですね。

朝ご飯、何かな?

ところでひょっとして、朝ご飯に卵をよくたべていませんか?

毎日食べなくてもいいですよ。

朝は排泄の時間です。

まず、起きたら水でくちをすすぎ、コップ一杯の水を飲みます。

朝は、新鮮なフルーツと野菜を食べましょう。

一日のスタートは気持よく。

今日も元気に!

2014-09-27 子宮を柔らかく

はい、こんばんは。

もうすぐ10月。

さて、今日は大切な子宮のお話です。

男子にとっても子宮は大切な存在です。

(おふくろさんですからね)

女子のみなさんへ

女の大事なお話です。

若いうちは柔らかくても

だんだんに固くなるのが避けられないヒフや粘膜。

いくらアンチエイジングの化粧品や食べ物があってもね。

そこでー

必須栄養素をきちんと摂る事は持ちの論ですが。

子宮や内蔵につながるお下(おしも)は

ふだんはピッタリ閉ざしていますね。

柔軟でないと、ピッタリしないので擦れて傷ついたり

外からバイキンが入ったりする事も有ります。

あそこを鍛えることができるのか?

できます。

昔の女はできていたそうです。

まず、日常生活の中で大切な事は

「歩くこと」です。

歩く事は全部の筋肉を動かします。

もともと四つ足だったのが

二足歩行になったので重力の影響もあり

下がりがちになる内蔵です。

腹筋が弱いと内蔵が下がり子宮が圧迫されて更に下がる事も!

歩きましょう。

姿勢よく、颯爽と歩いて下さい。

また、布ナプキンはいいですよ。

吸水するポリマーと違い、

無理に吸収しないで、受け止めるのでいいんです。

吸収されるということは

必要以上に体液を取って行くという事です。

自然な身体のリズムを狂わせます。

*赤ちゃんのおむつや尿漏れパッドも吸水ポリマーのものは

身体から無理に吸水するので身体を狂わせます。