明日のごはん研究所blog

2014-03-17

春ですね、でものんびりはできません。

明日のごはん家庭料理教室のお知らせ

お問い合わせ、お申し込みをいただきますが、もうしわけありませんが、単発受講のみとなります。また、後期の講座をお待ち下さい。有り難うございます。

さて、5月は「端午の節句」男の子が強く優しく良い男に育つように(大人の男もね)4月の教室では「男が元気になるごはん」を作ります。ご期待下さい。男と言えば肉とうなぎと思う方もありますがそうではありません。世の中のそういう刷り込みコマーシャルに乗ってはいけません。良い男は女が作るのです。良い男とはどういう男でしょう〜ということで、まあご期待下さい。

さて、3月29日(土)「紅茶の時間in名古屋 水野スウさんのお話会」のお知らせです。

参加費1500円、ご予約下さい。

あなたも私も取り替えがきかないたった一人の大切な存在です。このことを伝えながら30年続いているオープンハウス「紅茶の時間」のお話と、スウさんが歌っている「ほかの誰とも」憲法13条をわかりやすい言葉に置き換えた歌のこと。お茶を飲みながらお話を聞きましょう。今、戦争への道を作ろうとしている動きや、高濃度放射能を出し続けている福島原発を安全といい原発を推進する政府はおかしいです。なので、春だけどのんびりできません。日本の素晴らしい自然と文化を子供達に残したいですね。日本という国を愛しているからこの国の良い所を守って行きたいのです。

2014-01-27 2014、2月16日、手前味噌作り

自分で作った味噌はうまい!なので、「手前味噌ですが…」と自慢話を始めるという落語のフレーズもありますね。

そうです。味噌作るのってはまります。ともかく簡単です。

無農薬の米麹と大豆と塩で仕込みます。何人かで、こどもと一緒に仕込むとまた楽しいですよ。

昔は、味噌や豆腐、こんにやく、漬け物など村の衆が集まって協力して作ったものです。

家だって、田んぼだって、里山だって、船だって、防波堤だって、地域で力を集めて作りました。

赤ん坊を取り上げるのはばっさがやり、だれの子という区別無くしかって育てたちょっと昔。

年寄りが死んだら、若い衆が棺桶を担いだもの。

そういう運命共同体という感覚がいつの間にか失われてしまった。

さあ、味噌くらい一緒に仕込んでみませんか。

材料、昼ご飯付き4500円の参加費。

容器はご用意下さい。出来上がり量が3キロちょっとになります。

煮上がった大豆を潰すための、

マッシャーやすりこぎ、フードプロセッサーがあるかたはお持ち下さい。

お申し込み下さい。

☆こども料理教室は4月からに変更します。

詳細は後ほどお知らせ致します。

☆ご希望が多いので第二日曜10時からのクラスを増やしました。

◯初心者向け1年生クラスです。

お申し込みはお早めにお願いします。

052−251−6949

2013-12-15

2014年明日のごはん「家庭料理教室」受講生募集

調理することは人間が長い歴史の中で生き延び進化できた大きな要素です。

食べ物の栄養素をうまく取ることを考えて練り上げられたフランス料理和食、薬膳料理は

昔、国の指導者(お殿様)のための食べ物でした。

今はトップアスリートがその肉体と頭脳を最大限に発揮するために、

「何をどう食べるか」ということを考えられています。

あなたはご先祖様から受け継いだ知恵と身体を十分に使ってイキイキしていますか。

「何をどう食べるか」大切です。

ゴミ(私は化学調味料添加物、農薬、ホルモン剤等の入っている大量消費品をこう呼びます)

を自分の身体には入れたくない。自分はゴミじゃないから。と思っています。

そして、あなたも私も誰一人、ゴミじゃないと思っています。

なので、ちゃんとごはんを食べ自分を大切にしてほしいのです。

自分のごはんは自分の手で作る、家族のために作るということ。

ちゃんとごはんを食べるだけで、それだけで健やかに、そして世界が美しく変わります。

近くで採れた旬のものを食べれば遠い国から運送したものよりはるかに新鮮です。

(しかも、フードマイレージ無し。農家を応援できて山青き水清き故郷になる)

パックされた弁当はいつ何を使ってどう作られているのでしょうか。

それはお金と交換されるモノで、そこに愛はあるのかい?

お母さんが、お父さんが、お兄ちゃんが、おむすびを握る、そこには愛があります。

その違いはどんなに大きい事でしょう!

ごはん作る事ってぜんぜん大変じゃありません。

外で売ってるものより絶対おいしくて安上がりなんです。

(もちろん料理教室では、食材はこの土地の旬の無農薬野菜、無添加伝統製法調味料など最高のものを使います)

なので、お料理教室で一緒にやりましょう。

◯各クラス定員6名 2014年2月から月1回全6回  

受講料を添えてお申し込み下さい。お早めにご予約下さい。

お申し込みはメールでも電話でも受け付けます。

電話 052-251-6949

メール pincooking@gmail.com

●1年生クラス ◇受講料ー6回¥18000(1回受講¥4000)

初心者歓迎。お母さんから受け継いだ味を大切にしながら、家庭料理の基本を身につける。

2月 身体を温める味噌、韓国風味噌ドレッシングサラダ。豆腐と里芋の田楽。

3月 新生活を迎えるためのデトックス。もやし作り。こんにゃくを使ったおかず。

4月 新芽を食べる。アンチエイジングの代謝促進に役立つ豆と新芽の酵素サラダ。

5月 お節句に黒豆おこわ。

6月 梅酢や柑橘酢で殺菌。お弁当には酢飯を入れよう。お弁当作り。

7月 真夏のカレー。自分で調合してカレースパイス作り。

Aクラス(第一土曜日18:00〜21:30)

Bクラス(第一日曜日10:00〜13:30)

cクラス(第一日曜日18:00〜21:30)

dクラス(第一月曜日19:00〜22:30)

スキルアップクラス ◇受講料ー6回¥30000(1回受講¥5500)

それぞれの家庭の味の意味と、マクロビオティックな考え方と醗酵料理の調理法。

2月 味噌作り。味噌浸け床と味噌鍋(味噌の仕込みは別の日、材料は別料金です)

3月 酵素ジュース作り。低温で作るスープとグラッセの作り方。

4月 摘み草ビビンバ水餃子山菜天ぷら

5月 梅仕事。黒豆おこわ。

6月 ピクルス作り。フルーツとハーブのニース風サラダ。豆のディップ。

7月 アジアンハーブの手打ち麺と点心と寒天デザート。

Eクラス(第二月曜日10:00〜13:30)

●こども料理教室「リンゴぐみ」 ◇受講料ー6回¥18000

保険料別途・単発参加なし

こどもだってつくれます。そのときにあるものをみてみんなでなにをつくろうかきめます。

おはなしがきけるひとがさんかできます。

リンゴぐみ(第二日曜日10:00〜13:30)

ビーガンのお菓子教室 ◇受講料ー6回18000(1回受講¥4000)

乳、卵、白砂糖無しでデザート作り、クッキーからデコレーションケーキまで。

*軽食付き(お菓子はお持ち帰りもあります)

お菓子クラス (第二日曜日18:00〜21:30)

2013-10-28

竹井真澄先生の講座となかじさんの醗酵のお話会その後

この季節は咳をしている人、気になります。

夏は汗で排毒していたのが、急に寒くなり汗が出なくなって、排毒ができにくくなった。

そこで咳で出そうとするらしいです。

排毒って?毒素というのは何か。身体にとって良くない化学物質ですかね。

つまり農薬、化学調味料、合成添加物、放射性物質など、大気汚染によって吸い込んだり、食べたり、皮膚から吸収したりしたもの。

私たちは本来必要でない、むしろ有害なものに取り囲まれていますので、それを避ける事は実際難しいです。

でも、それを排出しているのでなんとか生きて行けてます。出せなくなったら大変です。

必要な栄養素を取り、不必要なものはどんどん外に捨てることをしながら、だいたい3ヶ月で全ての細胞は新しくなる。

どんどん死と再生を続けて行くことが生命活動です。

生き生きしている人と元気のない人では、どちらになりたいですか。

生き生きしている人はニコニコ楽しそう。

元気の無い人は顔色も悪く動くのもだるそうですね。

ちょっとお腹が痛かったりしても元気がなくなります。

身体にはお母さんから受け継いだ常在菌がいて、その菌が身体に合わない菌から守ってくれています。

常在菌が生き生き活発に働くと悪い要素をやっつけるので元気になります。

その常在菌にとってよい食べ物が醗酵したものだと、栄養学の竹井先生も杜氏さんのなかじさんも同じ事を言います。

醗酵したもの、それは、味噌、醤油、酒粕、甘酒、納豆などです。そしてその元になるのがお米に付く糀です。

日本はお米の国で先祖からずっと食べて来ました。だからお米の糀で醗酵したものが身体に合っているんです。

お米ってすごい!

さて、この季節は排泄で排毒しなくてはいけません。

なぜなら、11、12月になると寒さに負けないよう蓄える体制に身体がなるからです。

毒を蓄えたまま春までいたらかなりよくないです。

特に放射性物質は被爆してしまうので蓄えないように早く出してしまわないといけません。

そこで、おすすめは甘酒。しかも自分で作るのが良いんです。

なぜなら、甘酒を作っている間に糀菌が部屋に広がって部屋の中もきれいにしてくれるからです。

カビ菌も退散します。

糀菌が住み着くように毎日甘酒を作っていると、呼吸することで肺炎なんかにもならなくなります。

とくにお年寄りのいるお家では大切です。

私は、子供のときぜんそくでとっても苦しかったのを覚えています。

私や子供達が元気になったのは添加物や農薬のない旬の野菜や本物の調味料でつくる家庭料理のおかげと思います。

祖母や祖父のおかずや民間療法の手当をまねて来たおかげです。

季節の野菜を選び、切り方、火の加減、扱い方の仕草、話してくれた事を思い出しながら。

それだけでなく各地で各家庭で工夫された知恵が、栄養学で理にかなっていることがわかりました。

また、合理的な調理法を知る事が出来ました。

そして、安全な食材が今あるのはお百姓さんの努力や沢山の方のおかげ。

みんなニコニコと助け合い分け合えること、大切にしていきたいですね。

私が残念なのは、食べ物にあまりに無頓着な人も多い事です。

どこでも売っているから、大手が出しているから、宣伝してるから、安いから、それだけで買っていませんか。

よくよく考えて選んで下さいね。

2013-10-20

来年2014年の家庭料理教室について

いつも有り難うございます。

秋というより急に冬に近くなって来ましたね。

すぐにお正月を迎える事に。

さてそこで、来年度の計画を建てましょうか。

1月中は何かと忙しいと思います。そこで2月からスタートしたいと思います。

基礎講座として初心者の方の為のクラスを毎週火曜日。

毎日の献立にすぐに役立つマクロビオティックとして、

雑穀や大豆ミート、麩を使いこなすレシピを楽しむクラスは月曜日。

そして、新たに生活全体を自然に寄り添う暮らしにチェンジする為の講座。

この講座では、料理と共に、花道、茶道作法を習得します。

日時、内容の詳細が決まり次第またお知らせします。

◯空色曲玉は肉、魚、乳製品などないビーガンベジタリアン

名古屋近郊の無農薬栽培、自然農法の旬の野菜料理のお店です。

ケーキももちろんベジです。

私はそんなに働き者でもないし若くもないので、あんまり毎日は働けません。

お店のオープンは水・木・金・土です。

日・月・火は料理教室やイベントにあてます。