Hatena::ブログ(Diary)

Mattari Memo RSSフィード

2010/01/30

PulseAudioを使うとリモートサーバーになると聞いてWindowsもクライアントになるのか調べてみた

追記:2010/02/01

すいません、下記内容は誤りで参考にならないかと思います。

まず、Ubuntu Weekly Recipe(以下UWR)のテーマと、その次のリンクの方のテーマ

が全く違いました。

UWR側では、手元のPCからスピーカーをつなげたサーバーに音を送信するというもの。次のリンクの方では手持ちのPCにリモートサーバーの音を受信させるというものです。テーマが全く違います。

誤りを起こした理由としては、リンクの内容を良く読まなかったことが原因です。申し訳ないです。


というわけで、PulseAudioを使いWindowsが音を送信してLinux側で音を受信させる方法は今のところよくわかっていません。

以下は試してみた結果わかったことを追記しています。

次に、PulseAudioのバイナリは32bit版でした。64bitの環境で動作させてみましたが、64bitでは動かないようです。(win32オーディオデバイスを探しに行っているらしい。)プログラム自体を64bit向けに変更されないとだめかもしれません。

(もしWindowsで32bit環境を整えられましたら再度確認してみたいと思います。)

Ubuntu同士で行えるなら、仮想環境のOSで行ったらどうなるか。音を送信する側をVirtualbox側のUbuntuとして実験し直しました。

接続を試みましたがUWRのやり方では失敗しましたので、Virtualboxのサウンドデバイスについても何か問題があるように思います。


以下は内容に誤りがあります。履歴として訂正していません。

Ubuntu Weekly Recipe:第106回 PulseAudioでリモートスピーカを使う|gihyo.jp … 技術評論社

これ目から鱗というか、こんな使い方あるのかよとびっくりな記事を見かけました。前からPulseAudioはサーバーがどーとかこーとか聞いたことがありましたが、こういう使い方も出来るとは。

うちの環境もPCから離れたところにコンポがあります。そこから音を出したいと、ちょうどサーバーに接続できるところにあるならそのサーバーへリモートで音を飛ばせたらなあと考えていたところにこの話を見たのでこれはやってみる価値がありそうだ!


Ubuntu Weekly Recipeでは、クライアントサーバーUbuntuを扱っていますが、たとえばクライアントWindowsに出来ないかなと調べていると出来るそうです。PulseAudioにはWindowsバイナリもあるとか!

リモートサーバのサウンド出力を手元のPCで再生する


以下からダウンロード出来ます。ちなみにGUIではないそうです。

(まだ実践してはいないので、試してみたらまた報告します!)

Cendio AB - PulseAudio Binaries

ちなみにPulseAudioのWikiでもWindowsについて言及があります。そこで紹介されてるWinESDは結構古めのソフトのようなのでメンテもされていないようです。(で公式Wikiからも、Windowsバイナリは上のcendio.comにいってくれといわれてますね。)

FAQ – PulseAudio

2009/11/02

Ubuntu 9.10をEeePCに導入

導入しました.といってもインストールで特に苦労することも無く,大事なのはバックアップぐらいです.

EeePCには,バッファローSSDSHD-ES9M32Gを入れていたのですが,SSDとして認識しました.SSDの対応も進んでいるようです.

今回もクリーンインストールと/homeを復元させるとして,全く使ってないデュアルブートXPは残しておいてLinuxパーティションだけ削除.今回はパーティションエディタを使うよりディスク・ユーティリティで消すだけの方が簡単でした.その後インストーラーで最大容量を利用.これでデュアルブート環境は終わり.まぁ一応内容の確認はしつつインストールして無事に起動します.


利用感は9.04よりいい感じに.確実によくなっている印象です.

起動と終了は笑っちゃうほど速くて,別のPCに入れたWindows 7なんて目じゃないです.SSDだからなのかもしれませんが.

Ubuntuソフトウェアセンターができたことで,よりソフトウェアを探す方法がわかりやすくなりましたね.ソフトウェア名以外にも説明文も検索対象っぽいので,何となく探しても見つかる率は高そう.


ちょっと注意することといったら,

タッチパッドはインストール当初はエッジスクロールの設定になっています.二本指スクロールは設定で変更可能.あと9.04までは二本指タップは中クリックだったのですが9.10だと右クリックになっていました.中クリックは3本指です.設定で変更可能なのかは今のところは不明です.


移行の時にAIRアプリでちょっと面倒なことを経験しました.

Tweetdeckを入れて9.04の設定を引き継いだ時(/homeの中身をコピペ)にアプリが動かない(ローカルストア?がセキュリティの問題で動かせない,)と言われました.アクセス権限の話かわかりませんが,AIRでローカルストアの暗号化されたものを使っている場合は気をつける必要ありです.

TweetDeck Support :: Oops! Tweetdeck cannot find my data

追記

あとたまにスタンバイからの復帰から無線LANが使えないことがありました.

たぶんたぶんドライバモジュールを読み込み直せば使えますが,再起動しても復帰できます.

リリースノートにそんなの書いてあったっけ?

2009/10/17

Ubuntu Karmic Koala Betaを使ってみた

Virtualbox3.0.8で使いました.ノートPCのとメモリが3Gしか使えないもので割り当てれるのは348MBでしてまぁぎりぎりな環境でUbuntu KarmicのBetaを試してみた.

・・・というちびちびと箇条書きをしようかと思ってたら,

Karmic Koalaベータ版試用レポート:高速になったUbuntu - builder by ZDNet Japan

【レビュー】ディストロ勝負! まもなく登場のUbuntu 9.10とopenSUSE 11.2を試してみた (1) Linuxシェアの上位に位置するUbuntuとopenSUSE | エンタープライズ | マイコミジャーナル

まぁ他の人もやってるし,自分の感想でも感想書きでも.


  • 起動画面がシックになった

Karmicだからでしょうかね :)


  • でもデスクトップのデザインが明るすぎる

Karmicだからでしょうかね :(

でもウィンドウの境界がブラウンなのとアイコンはわかりやすくて良かったです.

その辺はどうにでもできるはずなので良いとして


  • 起動時間は確かに少ない

ブート環境が変わったそうですね.initからUpstartになったらしいです.という自分もわけわからんので検索すると.

Upstart - Wikipedia

Debian、ブートシステムで「Upstart」採用へ - SourceForge.JP Magazine


UsStartはinit代替のイベントブートシステムらしいです.initはシーケンシャル(順番に処理を行う)ブートだったのに対し,イベントブートはあらかじめこのイベントがあるとこのように処理しろとしたもの.

・・・要は,シーケンシャルは頭から処理するので細かい内容の追記などで複雑化してしまうので,あらかじめこのイベント(システムの構成が変わったときとか)にはこう動けを分類しておける.メンテナンス面でも便利になるということ?でしょうか.

いちいち頭から処理させるより,この変更があったらこう動けという具合で,必要のない処理をすること無くブートが高速化出来るようになったということのようです.そう自分は理解しました・・・

まぁとにかく高速でブート出来るときはそうしてくれるので,その恩恵は受けられそうですね.

Upstart とは - Linuxキーワード:ITpro



Firefoxも現行の3.5.2

OOo.orgも3.1.1

Gimpも(ry

Gnomeも2.28になったようで体感速度は良いらしいですが,自分の仮想環境だとさすがにわからない.

inkscapeは0.47pre1が入っていました.正式バージョンが公開されたらアップされるのかな?

    • これは場違いですが,inkscape 0.47の縦型の機能アイコンバーが省略可能となっていまして,解像度が低い環境でもウィンドウがすべて収まるようになっていました.この辺はネットブック利用者としてはうれしい限り.

  • 日本語入力がiBusに変わった

まだ試してません.ATOKにすると思うのであまり使わないかも・・・


  • Ubuntu Sofware Centerの導入

これはかなりわかりやすいなと感じます.簡素なのも良いです.

必要なソフトは検索やカテゴリで見つけられますし,インストール中もそのウィンドウで統合されていました.

インストール済みのソフトウェアも一覧に出せます.(見るといろんなソフトで構成されてるんだなと実感します)


  • 壁紙がたくさんある.

Windows 7並ではありませんが選べる程度に増えていますよ.

フォルダを登録すると複数の壁紙が何らかのタイミングで変更されるようですが,どのタイミングかは謎


  • ところで,ログイン画面の設定とかどこでやるんだ?

  • ログインの設定が簡素化されてる

Login Screenというもので新しくなったようですね.自動ログインの設定が出来る程度

音の設定は・・・あれどこでやるんだ?(汗


  • 適当にいじってたらiBusが落ちたりした

ということもあってまだBetaですからね.


  • OSインストール,VBoxの専用スクリプト(VBoxGuestAdditions)を入れて,inkscapeを入れたぐらいで2.66GBの占有でした.
  • ところで,システムの警告音(代わりがビープ音になる音)がぶにょっていって気持ち悪い→サウンドで変えられます.

ともあれ,何かおもしろいソフトがあるとかそういうものではなくて,性能の向上を図ったとされるkarmic.

公開は29日を予定しているそうなので,早速サーバーとネットブックに入れてみようかと思います.コミュニティの皆様頑張ってください!

2009/10/01

HP Pavirion notebook dv4a/CTにUbuntu 9.04(Wubi)をインストールして異なる解像度のデュアルディスプレイを実現する

Ubuntu9.10もそろそろな時期.思い切ってUbuntuに乗り換えようという人も多いのではないでしょうか.(7もほしいけどなんか決断出来ずに悩んでます)

私はiPod+iTunesのおかげで当分はしないことにしておいて,でもノートブックでもUbuntuしたいなあと密かに潜めていた心もあります.

で,自前のノートブックはHPのPavirion notebook dv4a/CTというモデル.HP製のAMDプロセッサ搭載にM780G内蔵グラフィックチップセット搭載の製品.

ATIドライバUbuntu運用となるとなかなかの鬼門であったのは,よく知られていると思いますし,自分も経験していて苦労していました.

特に異なる解像度のビックデスクトップ(デュアルモニター,デュアルヘッド,デュアルディスプレイ)設定がやっかいでした.

ubuntu 8.04 でATIのドライバを使ってデュアルディスプレイ環境を作る!→うまく行ってない - Mattari Memo

wubi ubuntu8.04でデュアルディスプレイ環境を作る その二 - Mattari Memo

inspiron 1501上のubuntuでデュアルディスプレイを実現する  - Mattari Memo


・・・が今回はリンク先の設定を試すとすんなりうまくいった

ふと思いついた欲求で,とりあえずネットで調べる.というか調べる前にUbuntuインストールしてしまっておいてw

これまた思いついたWubiでの導入でした.WubiはWindows上から仮想パーティションを作ってデュアルブートとしてUbuntuを導入出来るツールです.(詳しくはぐぐれ

  • 存在を忘れていたのですが,今になってよく思い出したなーと思いつつすらすら導入.実に簡単にできるので是非お試しアレ(宣伝)

導入後に,「Ubuntu 9.04 ATI big desktop」とこれまた思いついた検索ワードで絞り込むと上位にたくさんそれらしいものを見つけます.

でちょうどぴったりな方法を見つけました.

Different Sized Dual Monitors in Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope with ATI Video Card - Micah Nolte


で,自分の環境に合わせて(ノートブック側が1280*800,外部モニタ側が1440*900)設定,再起動.なんとまああっさり利用出来るようになった.

どうやらCompizの利用も問題無い模様.詳しい検証はしていませんが,デスクトップのホイール切り替えが出来たことは確認.

3Dも行けるかもしれない.前に頑張って設定した時なんかと比べると楽な上にサポートする機能も多いようです.

ドライバのバージョンアップが進みうまくいったのか,リンク先がとても優秀なのでしょう.

数分試した程度で簡単にできあがったのにはとにかく驚いた.

ただ一つ気になるといえば,↓の写真の通り,黒の余白が随分あることです.左側の下部余白はしょうがないのですが,右側は設定を煮詰めればぴったり納められるかもしれません.現在は1440*900を2枚並べた状態がそれらしいもののようなので.

ただ実際の利用にはほとんど不便はありません.なんかメインで利用したくなってきた雰囲気w


設定後の写真

f:id:piropati:20091001090804p:image:w600


詳しい設定として

ということで,自分でコピペしつつ書き直した xorg.confを公開.

あと一応環境を細かく書いておくと

  • ノートブックのグラフィックボード名:Radeon 3200HD(チップセットはM780G)
  • ノートブックの解像度:1280*800
    • Ubuntuのデスクトップとしては左側に配置
  • 外部モニタの解像度:1440*900
    • 右側に配置

前準備として,xorg.confのバックアップはしておきましょう

sudo cp /etc/X11/xorg.conf /etc/X11/xorg.conf.bak

それで,geditなどで編集

sudo gedit /etc/X11/xorg.conf
xorg.confのコピー
  • 注意:リンク先のconfと大して変わりません.

# xorg.conf (X.Org X Window System server configuration file)
#
# This file was generated by dexconf, the Debian X Configuration tool, using
# values from the debconf database.
#
# Edit this file with caution, and see the xorg.conf manual page.
# (Type "man xorg.conf" at the shell prompt.)
#
# This file is automatically updated on xserver-xorg package upgrades *only*
# if it has not been modified since the last upgrade of the xserver-xorg
# package.
#
# Note that some configuration settings that could be done previously
# in this file, now are automatically configured by the server and settings
# here are ignored.
#
# If you have edited this file but would like it to be automatically updated
# again, run the following command:
#   sudo dpkg-reconfigure -phigh xserver-xorg

Section "ServerLayout"
    Identifier     "Default Layout"
    Screen      0  "aticonfig-Screen[0]" 0 0
EndSection

Section "Files"
EndSection

Section "Module"
#	Load  "glx"
EndSection

Section "Monitor"
    Identifier   "aticonfig-Monitor[0]"
    Option        "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
    Option        "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
    Option        "DPMS" "true"
EndSection
 
Section "Monitor"
    Identifier   "aticonfig-Monitor[1]"
    Option        "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
    Option        "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
    Option        "DPMS" "true"
EndSection

Section "Device"
    Identifier  "aticonfig-Device[0]"
    Driver      "fglrx"
    Option    "EnableRandR12" "false"
    Option        "DesktopSetup" "horizontal"
    Option        "OverlayOnCRTC2" "1"
    Option        "Mode2" "1440x900"
    Option        "VideoOverlay" "on"
    Option        "OpenGLOverlay" "off"
    Option        "EnableMonitor" "tmds1,lvds"
    Option        "PairModes" "1280x800+1440x900"
EndSection

Section "ServerFlags"
	Option	    "Xinerama" "off"
EndSection

Section "Screen"
    Identifier "aticonfig-Screen[0]"
    Device     "aticonfig-Device[0]"
    Monitor    "aticonfig-Monitor[0]"
    DefaultDepth     24
    SubSection "Display"
        Viewport   0 0
        Virtual   1280 800
        Depth     24
        Modes    "1280x800"
    EndSubSection
EndSection
 
Section "Screen"
    Identifier "aticonfig-Screen[1]"
    Device     "aticonfig-Device[0]"
    Monitor    "aticonfig-Monitor[1]"
    DefaultDepth     24
    SubSection "Display"
        Viewport   0 0
        Virtual   1440 900
        Depth     24
        Modes    "1440x900"
    EndSubSection
EndSection

保存して再起動してください.うまくいかない場合は多分テキストモードで起動するはずです.違う場合はCtrl+Alt+F1でテキストモードに切り替えましょう.

先ほどバックアップしたものをコピーし直して再起動すれば多分設定前に戻ってこれますので設定を確認し直しましょう.

2009/09/15

Tonkyデスクトップを構築中 ー 半分ぐらいできた

最近更新してないなあとTwitterが楽すぎて思考も意見もだだ漏れしっぱなしですが,ブログは本当にネタが無いと更新出来ないなあと実感するこの頃

f:id:piropati:20090915172405p:image

ということで,Tonkyデスクトップの画像を見てから,デスクトップカスタマイズに再び目覚めたっぽいので試行錯誤していました(前はSamurizeではまりました,懐かしい)

アイコンは黒いやつでなくても角張ったやつなら雰囲気としては合うのかもしれません.

あとは--enable-imlib2オプションを有効でコンパイルしたconkyを使えばいいらしいです.がパッケージがあればいいなーと思うへたれでした(依存関係が怖いなあと思っていたという言い訳ですが)


Tonkyデスクトップ 〜究極のデスクトップを求めて : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

Tonky Desktop v0.5 by ~BigRZA on deviantART

再現する際の注意点

  • AGM(advanced gnome menu)はSVNのものを使うといいです.debの最新パッケージだとメニュープラグインが出ない事があります.in ubuntu jaunty
  • ただ,標準でついているっぽいshutdown pluginがなぜか無いです.なのでシャットダウンオプションは別途アイコンを作るかPCのボタン操作が必要になりそうです.なんかインストールをまずったか?
  • アイコンは,外観の設定からのインストールは出来ません.RADEMEに従って~/.icons/に奥のが一番です.


あと何か思い出したら書いておきます.

追記:2009/09/30 14:16:53

DockbarXはPPAのリポジトリがありました.入れておくと便利かも?

PPA for Dockbar Main Group : “Dockbar Main Group” team

Conkyは暇があったら導入するとして.Conkyは多分オプションを適応してコンパイル差せる必要があるのが面倒のようなそうでないような.PPAのリポジトリで誰かくばってませんかねえ.

で今のところはこれだけでも満足ってます.DockbarXは小さいアイコンで別メニューにタスクが出てくるのもGood.AGMはほかのメニューランチャーでも良いかもしれませんね.元々Windows 7風を目指されていたTonkyデスクトップでしょうか.