栃木県宇都宮市のパソコンサポートPCわんだ修理日記

2018-07-11 栃木県佐野市 PC買い替え後の電子入札・インターネットバンキングの

時の流れとは早いもので2018年7月でWindows10がリリースされてから3年が経ちます。


windows10.jpg


かつてに比べればWindows10の利用者も増えてきており、これまでPC市場をけん引してきたWindows7

利用する方は日に日に少なくなっているのが訪問サポートをしている視点からも如実に感じられるようになりました。

今回は長年業務で使用してきたWindows7のPCを最新のWindows10搭載PCへ入れ替えるにあたりお困りのお客様

より出張サポートのご依頼をいただきました。


お伺い先は栃木県佐野市

佐野ラーメン厄除け大師、そして 佐野アウトレット で有名な栃木県南エリア屈指の観光都市でもあります。


栃木県佐野市 (佐野市公式サイト)


さて今回ご依頼をくださったのは佐野市で建設業を営む会社様からでした。

以外にも思われるかもしれませんが、屋外や現場作業が先にイーメジされる土木・建設・測量業の世界ですが

PC無しでは業務が成り立ちません。

設計や補償業務、積算見積の試算、作業完了後の電子納品

そして地方の土木建設業の重要な経営の柱にもなっている公共工事の受注

この受注体系が電子入札という仕組みを利用しております。

そのため入札に参加するためには

1.オンライン環境

2.対応ICカード

3.ICカードリーダー

4.電子証明書

5対応PC

の4点が必須になります。

勿論導入にあたり初期設定は必要で、これがマシンが変わると再設定が要求されるのも業務に携わっている

人間からすれば面倒の一言。

お客様は社内で使用している基幹PCの動作がここ最近不安定で導入から年数も経過していることから稟議の末

マシンの入れ替えを敢行されたそうです。

お客様自身PCの初期設定などは経験があり、自身の力でセットアップを進めてみたそうです。

順調にいくかのようにみられたセットアップでしたが大きな壁が行く手を阻みます。

公共工事を受注する際に一番重要な 「 電子入札 」 の設定でとん挫してしまい,入札の期日も迫っていたことから

慌てて当店へ依頼をされたそうです。

当店ではこれまでにも土木建設業の電子入札の設定で数多くの実績があります。

国や県、各市町村などなど

導入のお手伝いをスムーズにさせていただきますので頭を抱え悩むより、お気軽にお問い合わせください!!


さて公共工事の受注の際に必須となる電子入札ですが、ながらくWindows10環境では非対応とされてきました。

※お役所はこの辺の対応が1世代遅いことは業界内では以前から知られています。

そのため新しく導入されるPCは

「 家電量販店に並ぶWindows10のマシンでは駄目だ 」

ということで、当店にはWindows7を搭載したカスタマイズPCの注文が時たま入っておりました。

それはこのような理由からだったのですね。


 ・

  ・

   ・


お客様の会社へ即日中にお伺い

佐野市までは宇都宮からだと下道利用でも約1時間弱でアクセスできます。

新しく購入されたPCは既に定位置にスタンバイ済み。

電子入札以外の設定はすべて終えられており、この辺りからお客様の手際の良さが感じられました。

本題の電子入札の導入設定

電子証明書 という仕組みを利用してるため、マシンが変われば再設定は避けられません。

そのため新しいマシンで電子証明書なるものを取得する必要がございます。

この電子証明書は数社が発行しております。

各社料金やサービス内容に若干の差はありますがどの会社を選んでも実質問題は無いようです。

今回は帝国データバンク社提供の電子証明書サービスを利用させていただくことになりました。

あの調査会社で有名な帝国データバンクさんです。

利用する電子証明書サービスは

TDB電子認証サービス TypeA

TypeBもあるのかというと残念ながらありません。。。。


TDB01.jpg

帝国データバンク社の電子認証サービスTypeAの公式サイト

こちらのサイトから導入に必要なソフト 「 TypeA 」 を入手します。

帝国データバンク TDB電子認証サービス TypeA (公式サイト)


TDB02.jpg

導入設定を進めるために 「 TypeAご利用ソフト 」 をサイトからダウンロードします。

ページ内の 番号 「 1 」 のみダウンロードして置けば問題はないでしょう。

心配な方は併せて取扱い説明書もダウンロードして置くいた方が無難かもしれません。


TypeAダウンロードページ (公式サイト内ダウンロードページ)


TDB03.jpg

ダウンロードされたファイル 「 TDB_TypeA_V5_2_1.exe 」

を実行すると画像のようなファイルが出現します。

この中の 「 TypeA.exe 」  が電子認証サービスのソフト本体なのですが先にこちらを実行されると途中でエラー

を吐きます。

必ず同梱されている 「 JRE 」 内の 「 JAVA Runtime 」 を導入されることを忘れずに。

ちなみにお馬さんのJRAではありません。

JREです。

JR東日本でもありません悪しからず。。

TDB04.jpg

帝国データバンク社が提供する電子認証サービスTypeAに同梱されている JAVA Runtime

java01_20180811011931aef.jpg


バージョン違いで

・Ver 8.65

・Ver8.101

の2つのバージョンが同梱されおりました。

ちなみに2018年7月時点でのJAVA Runtimeの最新は Ver8.181 です。

JAVA なんて最新版をYahooGoogle で検索すればいいのでは?

とお思いになる方もいることでしょう

しかしこれはNGです。

電子入札を発注する側の自治体様の殆どが最新版となるJAVA Runtime での入札システムの動作に対応して

いないからなのです。

この辺りもお役所的な対応の遅さが否めませんが、こればかりは指示に従う他ありません。

今回は利用PCがWindows10ということもあり、Ver8.101 のJAVA を導入いたしました。

誤って最新版のJAVAインストールしてしまったという方は、この後の作業を円満に進めるためにも予め

アンインストールおきましょう。


TDB05.jpg

晴れてJAVAインストールが完了しましたら念のためここでPCを一度再起動されることをご提言させていただきます。

その後に同じくサイトからダウンロードしておいた電子認証導入ソフト 「 TypeA.exe 」 本体のインストールを進めていきます。

ここからは基本流れ作業的に進んでいくのでそれほど混乱することはないでしょう。


TDB06.jpg

TypeA本体のインストールが完了すると、すかさずご利用ソフトの「 更新ツール 」 が起動してきます。

先ほどまでのJAVAとは違いこちらは最新版にしておくことを推奨いたします。

その後に電子証明書の取得や参加する自治体様毎のJAVAのルールである「 ポリシー設定 」を行っていきます。

一番の壁であるJAVAの導入さえ躓かなかければ順調に設定は進んでいくことでしょう。

また電子入札ではWIndows10から搭載された新しいブラウザ  「 Microsoft Edge 」 には一切対応しておりません。

Internet Explorer を利用する必要がございますのでお気を付けください!

 

t-calsec.jpg

その後日々お使いになっている栃木県電子入札システムへ問題なく参加できるかをお客様自信にしっかりと確認

していただきました。

これにてミッション完了です。


・ ・ ・ ・

  ・ ・ ・ ・ 

    ・ ・ ・ ・


退室の準備をしつつお客様としばし談話

ここで一つ気がかりなことが浮上します

お客様がこれまで利用されていたPCのデスクトップ上にあったショートカットアイコン

その中に金融機関様のインターネットバンキングらしいものがあったからです。

念の為お客様へ確認をとると

「 そうだった!ネットバンキングも利用していたんだった!! 」

ここでネットバンキングをご利用の方はご存知かと思いますが利用方法が大きく2通りございます。

1.IDとパスワードを利用した旧来からある 「 ログインID方式

2.ログインID方式に加えてセキュアな電子証明書まで採用した 「 電子証明書方式

今回お客様がご利用のインターネットバンキング上記 「 2 」 の電子証明書方式によるものでした。

そのため電子証明書を利用する都合上、ご利用PCの変更や追加が生じる場合はやはり初期設定が必須になります。



ashigin00.jpg

お客様がご利用になられていたインターネットバンキングは地元栃木県最大の銀行である足利銀行様のもの。

これから行う手続きは必要な情報が揃っていればすべてオンライン上で完結します。

必ずインターネットバンキングをご利用になられている元PCから事前の操作を行ってください。


ashigin02.jpg

ご利用PC変更に伴い金融機関様の発行された電子証明書の 「 停止 」と「 発行 」 という作業を行います。

足利銀行様の法人向けインターネットバンキングへアクセスし、画面左側の 「 ログイン 」 をクリックします。

ashigin03.jpg

その後に表示される 「 電子証明書ログイン 」 をクリックします。

管理者業務 」 → 「 利用者管理 」 → 「 証明書失効

という流れで元PC向けに発行された証明書の無効化を行います。

インターネットバンキングのご利用者の多くが利用PC1台で登録されているかと思います。

利用台数やユーザー数が複数に設定されている場合は今回ご案内する 「 証明書失効 」の手続きは必要ございません。

またご利用になられていた元PCが起動しない、故障しているなどイレギュラー発生時は、金融機関様へお電話もしくは窓口で

その旨をお伝えください。

行員の方が必要な手続きを進めてくださるはずです。


元PCでの証明書失効手続き後に、新PCにて 「 証明書発行 」 手続きを、「 証明書執行 」手続き同様に足利銀行様の

法人向けインターネットバンキングのサイトから行うことができます。

以上すべての環境移行が完了

県への電子入札への参加、金融機関様の法人向けインターネットバンキング

いずれもセキュアな電子証明書を使用したサービスになります。

これらはほんの一例で電子証明書を利用したサービスは多岐に渡ります。

保険代理店を営む方が保険会社様の専用サイトへアクセスする際にも、電子証明書を利用されているかと存じます。

PC買い替え後、入れ替え後の面倒な電子証明書による環境移行や導入設定もパソコンサポートPCわんだまで

ぜひぜひご用命ください!!


参考までに今回発生した費用です。

作業料 6,300円   

割引  -1,000円

合計  5,300円

作業時間1時間以内でのご案内料金となります。


logo2.jpg




無事作業も終わりましたので束の間の休息を満喫します。

鍾乳洞や洞窟好きの私ですが調べてみると佐野市には「 宇津野洞窟 」 と呼ばれるちょっとした鍾乳洞があるようです。

これに興味を惹かれた私

お昼の時間もそっちのけで宇津野洞窟へGo!


佐野市の旧葛生町に位置する宇津野洞窟

幸い駐車場が数台分ありましたので車を停める場所には苦労しませんでした。

DSC_0123_201808110125189d2.jpg

駐車場を降りるとご覧のような光景が目に入ります。

きちんと行先が表示されておりこの階段の先にお目当ての洞窟があるようです。


DSC_0124_201808110125185e0.jpg

階段を登ったら待ち構えていたのはご覧のような林道のごとき一本道

天候が悪い日はぬかるみそうなので動き易い服装で来られることをおススメいたします。


DSC_0126_201808110125071da.jpg

林道のごとき坂道を登りきるとここでやっと入り口と思しきものが見えてきました。

こちらの鍾乳洞は係員さんも不在で無人となっております。

入場料は な・な・なんと!

無料でした。

ほとんどの鍾乳洞で平均1,000円近い入場料をとっているにもかかわらず、この心意気には感服いたします。

※入場の際には入口に名前を記入するノートがありますので、遭難防止の観点からも必ず記帳してから

 洞窟探索をしてください。


DSC_0130_2018081101250817c.jpg

洞窟の中です。

観光用に通路も整備されており照明も十分。

この明るさならばライトなどを携帯しなくともよいかなと。


DSC_0131_2018081101251392b.jpg

如意輪観音菩薩に見える石柱です。

如意輪観音菩薩とは手にしている器具の役目から

願い事を叶えてくれる右手の宝珠、煩悩を破壊するとされる左手の法輪

から祈願成就煩悩打破に非常にご利益のある菩薩様と言われています。

ありがたや!ありがたや!!


DSC_0135_20180811012516da4.jpg

天の川と案内版に載っていた石柱

空に浮かぶ天の川に見えなくも無いっっ?

...なかなかの出来栄えでした。


DSC_0141_201808110125170d2.jpg

洞内はご覧のようなトンネル状の通路がと所々に散見します。

切り立った岩肌で怪我をされませんようご注意ください。


DSC_0143_20180811012628208.jpg

暫し進むと 「 滝の白糸 」 呼ばれるあの有名な滝を模したような光景を楽しめるスポットがあなたを待っています。


DSC_0144_20180811012632cb6.jpg

洞内は日光がほぼ入り込まない暗闇の世界ですが、僅かに差し込んだ日差しを糧に岩肌には苔が生している箇所も

ございました。

苔が生している箇所はまとまっているので、この辺りが洞内では最も栄養素が高いのだと思われます。


DSC_0146_20180811012630d45.jpg

続いて見えてきたのは 「 乳房石(ちぶさいし) 」

長い年月をかけて天井部から垂れ落ちた水滴が作り上げた鍾乳石の形状が逆三角錐になっているので

このような名称がつけられたのだそうです。

更に長い長い年月をかければ先端部が地につき柱になる模様。

これを見ると人間の一生に比べはるかにスケールの長い時代を見てきた鍾乳石の壮大さに酔いしれそうになります。


DSC_0151_201808110126321ea.jpg

洞内には地下へ通じる階段があります。

もちろんき照明により明かりが灯されていますので心配は無用です。


DSC_0152_2018081101263286e.jpg

階段の先にはご覧のように 「 賽(さい)の河原 」 と呼ばれる場所がございます。

文字通りお亡くなりになった方が冥土へ渡る三途の川にあるあの河原です。

石が多く積まれており賽の河原の光景に見えることからこの名が付けられたそうです。


DSC_0155_20180811012620af3.jpg

洞内も見どころもいよいよクライマックスに。

乳白色に石灰化した岩肌が続く場所が見えてきました。

滴る水滴が光を反射し神々しくも感じられます。


DSC_0162_20180811012623652.jpg

さぁすべてを見終えあとは入口へ戻るのみ。

この宇津野洞窟は入口と出口が共通なので帰りは元来た道を戻ることになります。

行きと違って上り基調になるため御注意を!

外界から差し込む日差しの明るさと洞内との暗さとでいい具合にコントラストが生じており見入ってしまいました。

無料でここまでの感動を与えてくれた宇津野洞窟

ありがとう!!


宇津野洞窟 (とちぎ旅ネット公式サイト)

栃木県佐野市Windows10搭載PCへ買い替え後の電子入札の設定、法人向けインターネットバンキングの設定で困ったら

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!

line_qrcode.png

友だち追加

2018-07-03 茨城県つくば市 スマート家電コントローラーによる外出先からのエア

7月に入り気温も一気に上り夏らしさが日に日に増してきました (ノ><)ノ ヒィ

こんな時にはエアコンの元で涼むに限ります。

かつてエアコンは電気代が高いだの、贅沢だの叫ばれてきましたが、我慢や無理をして熱中症になっては

本末転倒です。

それに新型のエアコンは24時間つけっ放しでも電気代は昔のように驚くほどは掛からないのですから。。。


さて今回は私たちの生活には欠かせない エアコン に関する内容で作業のお問い合わせをいただきました。

PCでなく エアコン ?なぜ??

と思われる方もいらしゃることでしょう。

それについては追々説明をさせていただきます。

今回お問い合わせをくださったのは茨城県つくば市にお住いのお客様

お問い合わせの内容は

「エアコンを外出先から自由に操作できるようにしたい」

というもの

なぜPCサポート店の当店にエアコン絡みの相談が来たのかはこの時点では不明でしたが、どうやら最近販売されている

ネットワークに対応したスマホからの操作も可能なエアコンの影響を受けてだと思われます。

端的に

「エアコンをネットワーク対応製品に買い換えればいいのでは?」

とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。

しかしお客様のお住まいは賃貸物件。

もちろんお客様からは事前に

賃貸物件なのでエアコンの買い替えはNG

とお言葉をいただいております。

エアコンの買い替えはNG

ではどう対応すれば???

困惑するところですが世の中には便利な商品があるんですね。


茨城県つくば市  (公式サイト)


世の中の常識を覆す最近はやりの スマート家電

音声認識による スマートスピーカー の台頭は記憶に新しいことと存じます。

これを切り口に世の電化製品はすべてスマホにつなげようと各メーカーがしのぎを削っております。

誰しも外出先からエアコンをつけたいとお思いになられたことでしょう。

帰宅してからエアコンをつけてもいいのですが、部屋が冷えるまでに時間が掛かります。

その間は無論不快指数は下がることはありません。

すぐに冷えないことからイライラは募ることもあるでしょう。

そんな中登場したのが外出先からのスマホからエアコンをはじめ多数の電化製品のコントロールを可能にした

スマート家電コントローラーです。



IMG_3286.jpg

お客様のリクエストを満たすために当店が手配したスマート家電コントローラー

ラトックシステムズというPCの周辺機器ではお馴染みのメーカー様からリリースされた製品。

実際に当店スタッフも利用してみて定評があったため自信を持ってお客様へご提案させていただいた次第です。


スマート家電コントローラーRS-WFIREX3 (ラトックシステムズ公式サイト内紹介ページ)



IMG_3287.jpg

パッケージの中はこのように極めてシンプル

少数精鋭の布陣のごとし


IMG_3293.jpg

ラトックシステムズさんのスマート家電コントローラーですが、サイズも手のひらにすっぽり納まるコンパクトさ。

本体部への給電はMicro USB Micro-B タイプになっております。

Micro USB Micro-B とはAndroidスマホなどで多く使われている普及モデルになります。

IMG_3296.jpg

スマート家電コントローラーの多くはスマホから制御することが多いので当然のように専用アプリインストール

が必要となります。

でも大丈夫!

製品付属のQRコードを読み取れば一発でアプリダウンロード画面までジャンプします。


IMG_3297_201808100932133bd.jpg

QRコード読み取り後ご覧のような専用アプリダウンロード画面にジャンプします。

※画像はiPhoneでの場合です。

ここでは画面右上の 「 入手 」 をタップします。


IMG_3298_201808100932145dd.jpg

ダウンロードに成功すると先ほどまでの 「 入手 」 の表示が 「 開く 」 に変わっているかと。

この後 「 開く 」 をタップすればアプリが起動します。 


IMG_3299_20180810093215977.jpg

アプリを起動すると初期設定の画面が表示されます。

ここではご利用のスマート家電コントローラーのモデル名を選択します。

基本流れ作業的に進めていくのですが、それほど難しくは感じませんでした。


IMG_3300_2018081009321704d.jpg

ネットワーク設定は基本ご利用のスマホを通して行います。

そのため予めスマホWi-Fi等へ接続しておく必要がございます。

ここでの注意点は2.4GHz帯の周波数に接続させることです。

5.2GHz帯だとうまく接続できませんのでくれぐれもご注意を!!

IMG_3301_20180810093218e10.jpg

次いでスマート家電コントローラーを"ネットワーク環境へ接続するためご自宅内のWi-Fiと接続させる設定に

移ります。

まずは製品をコンセントへつなぎ給電可能な状態にしておきます。

IMG_3302_20180810093220e22.jpg

スマホから製品が検出されるとご覧のように設定画面も次のステップへ移行します。

ここではお使いになる電化製品の登録をしていきます。

ざっと見ただけでもかなりの数の家電に対応しているのがお分かりになるかと

今回はエアコンの制御がメインですので 「 エアコン 」 をタップします。


IMG_3305_20180810093221d27.jpg

「 エアコン 」 タップ後にご利用になられているエアコンのメーカー名や型式名を選択する画面になります。

ご利用のエアコンのメーカー名や型式名はエアコンの本体部を見ればご確認いただけます。

上手く確認できないよ〜という方は説明書があればそちらに目を通された方が早いかもしれません。

ここでの注意点はアプリ内にご利用のエアコンの型式名が表示されていない場合です。

型式が多少違っていてもモデル名が近ければ動作自体は問題ないようです。


IMG_3303.jpg

無事アプリへご利用のエアコンの登録が完了するとご覧のような操作をするための画面が表示されます。

きちんと 「冷房」 「暖房」 「除湿」 「自動」 と必要な項目を網羅しております。

また画面中央部では温度の変更も可能です。

下部の 「運転停止」 「運転開始」 からエアコンの 「オン/オフ」 が可能となっています。

これは便利に違いありません。


IMG_3307_20180810093224b70.jpg

お客様のリクエストもありその後いくつかの電化製品も追加で登録してみました。

TVにレコーダーに照明などなど

スマホオールマイティーなリモコンに早変わり!?


IMG_3306_201808100932224c3.jpg

ご覧のように追加した分だけアプリ内に家電のアイコンが増えていきます。

このアイコンが増えるのも収集癖のあるユーザーの心理をうまくついていると思います。

私の知人は追加しすぎて画面がアイコンでいっぱいいっぱいになっておりましたが...


最後にお客様にはスマホでの操作説明を実演

これで暑い日に帰宅してからの ”” もわぁ〜 ”” とした部屋の悩みから解放されるということでお客様も大満足

今回チョイスしたアイテムはお値段以上の仕事をしてくれる某ドラ〇もんも真っ青のマル秘アイテムでございました。


参考までに今回発生した費用です。

作業料   6,300円   

遠方交通費  4,200円

RS-WFIREX3 機器代 7,560円

割引   -1,060円

合計  17,000円

作業時間1時間以内でのご案内料金となります。


今流行のスマート家電コントローラーやスマートスピーカーの設置や設定で困ったら

宇都宮市のパソコンサポートPCわんだまでお気軽にご相談ください!!

ご利用環境にマッチした機器の選定から親身になってご相談にあたらせていただきます


logo2.jpg




無事作業も終わり折角つくば市まで足を運んだのですから、このままとんぼ帰りでは気が引けます。

ここは市内観光を時間の許す限り満喫したいと思います。

という訳で会社へ帰還が遅れる旨を報告。

理解力高い上司には本当にいつも頭が上りません。。。。

1960年以降から学園都市としての前身になる開発が進み、その後1987年に周辺市町村合併

現在のつくば市が誕生しました。

つくば市は今では名実ともに日本最大規模の学園都市となっており、市内には研究者エンジニア、そしてその卵となる

学生さんたちが多く生活しております。


DSC08873.jpg

市内を走る幹線道路

片側5車線にも及ぶ道路がつくば市の凄いところ。

北関東でもなかなかこのような車線数の多い道路に出くわすことは無いだけに初見だと相当驚かされます。

ちなみにこの界隈は市役所移転まではつくば市の中心でありました。


DSC08875.jpg

つくば市の玄関口となるTXつくば駅近くのショッピングセンター 「 つくばクレオスクエア 」

この一角だけで結構な数の店舗があり日常の買い物には不自由しません。

長らく鉄道空白地帯であった茨城県つくば市

そこへ彗星の如く舞い降りたTXつくばエクスプレス

彗星の名にふさわしい走りっぷりで東京秋葉原まで最短約45分で結ぶ韋駄天列車の開業に周囲は大いに沸きました。

DSC09047.jpg

さてTXつくばエクスプレスの駅舎を拝もうと周辺を散策するも駅舎らしい建造物は見当たりません!?

さてどうしたものかと途方に暮れているとTXと記載された円柱状の建物を発見。

近付いてみるとしっかりとTXつくば駅と表記されておりました。

なんとTXつくば駅は地下にあったのですね。

これは予想外。


DSC08881.jpg

地下へと通じる階段。

この先に探していたつくば駅があるらしいのですが。。。


DSC08883.jpg

まだまだ階段は続きます。

階段を降りていると一つの考えが脳裏に浮かびあがってきます。

それは紛れもなく地下鉄のような駅の造りだと。


DSC08884.jpg

階段を降りるとここで地下に設けられた開けた空間が顔を表します。

中は東京地下鉄でも見かける地下街のような構造になっており売店コンビニも併設されておりました。

地元の食材やご当地商品を扱った物産館ではお弁当(駅弁??)なども販売されています。


DSC08886.jpg

TXつくば駅の改札へと通じる通路

折角ここまで来たのですからホームまで見てみようと思います。

しかし入場券らしいものが見当たりません。

な・な・なんと!!

TXつくばエクスプレスでは入場券の販売はしていないのだそうな。。。。

これは予想外っっ!

しかしここまで来たのですからホームを見ずしては帰れません。


DSC08888.jpg

最寄駅までの往復の乗車券を購入へ改札へGo!

結構な数の自動改札機が設置されており利用者の多さを物語っております。

ニュースでも拝見しましたが利用者は右肩上がりで経営も好調のようです。


DSC08889.jpg

改札を抜けるとご覧のような通路がしばし続きます。

ここから階下への階段もしくはエスカレーターを降りると念願のホームへと到達します。


DSC08890.jpg

階段を降りていきます。

どうやらこの階段の真下がTXつくばエクスプレスのホームのようです。

エスカレーターも設置されていましたが、日ごろの運動不足を解消するため敢えて階段を利用。


DSC08891.jpg

ホームまで降りるとここが始発終着駅であることが分かる行先表示版が掲示されておりました。

現在は始発終着駅ですが将来的には最寄りの茨城空港まで延伸される計画もあるとのことです。

現在の行き先表示版もいつかは書き換わってしまいますので早いうちに見納めを済ませておきましょう。

DSC08892.jpg

ホームの最東端部です。

TXつくばエクスプレスは徹底したコスト削減により開業したためホームには一切の無駄なスペースがありません。

よってホームへ入線した列車を先頭部から撮影することはスペースの関係から極めて困難となります。

DSC09038.jpg

つくば駅はその構造からホームへ入線した列車の姿を撮影することが叶いませんでしたので、少し先の「みらい平駅」にて

入線して来るTXつくばエクスプレスの下り列車を撮影しました。

やってきた車両はTXつくばエクスプレスの2代目車両となる 「 TX-2000形

2020年には3代目の車両となる 「 TX-3000形 」 の導入が予定されています。

興味がある方は今のうちに車両の見納めと記念乗車を済ませておきましょう。

初めて乗車したTXつくばエクスプレスは思った以上にスピードも出ており時速130kmは伊達ではないと思い知らされました。

時間があれば終点の秋葉原まで向かいたいところですが、さすがに今回はそこまでの時間はとれなく敢え無く断念。。。

TXつくばエクスプレスいつかは全線乗車したいと思います。


TXつくばエクスプレスつくば駅 (つくばエクスプレス公式サイト内)


茨城県つくば市でスーマトスピーカーやスマート家電コントローラーの導入や設置設定で困ったら

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!

line_qrcode.png

友だち追加

2018-06-26 栃木県矢板市 輸送事故による iMac MC309J/A のガラスパネルの交換

栃木県宇都宮市と県北部那須町とのほぼ中間に位置する矢板市

市内には物流の要となる東北自動車道国道4号線が走っており中でも、東北道インターチェンジ

国道4号線が限りなく近いという好条件からインターチェンジ付近はいつもたくさんのトラックが行き来しています。

東北道インターチェンジ国道4号線が近い場所として福島県白河インターチェンジもありますが、より首都圏

近い矢板インターはドライバーさんたちには地理的に打ってつけの場所のようです。


栃木県矢板市 (公式サイト)


さて今回は矢板市にお住いのお客様より修理のご依頼をいただきました。

トラブルの状況をお伺いすると何だか深刻なご様子。

極めて異例

これは訳ありだと察したのでした。



ここで本題に入る前に恒例のゆるキャラ紹介

過去にも紹介させていただきましたが、矢板市ゆるキャラといえば 「 ともなりくん 」

かつて矢板市一帯を治めていた塩谷朝業(しおのやともなり)公

彼からありがたくその名を頂戴したのがともなりくんなのです



tomonari.jpg

矢板市の生んだゆるキャラ 「 ともなりくん 」

矢板市内では、じつに多くのともなりくんのポスターや看板、垂れ幕を見ることができます。

これだけ郷土に愛されているキャラクターも珍しいのではないでしょうか?


 ・

  ・

   ・

    ・


それでは修理の話題に戻らせていただきます。

今回修理のご依頼を下さったのは矢板市にお住いのお客様と冒頭でもご案内済みですが、

この度長らく生活した東京からご実家のある矢板市へUターンされたのです。


引っ越しに伴い多くの家財道具を運ばれました。

その中には愛用のPC iMac

丁寧な梱包の元、荷物矢板市のご実家へ

生まれ育った矢板市での新生活に期待を膨らませるお客様

荷物をオープン

すると…どうでしょう…

無残にもiMacのガラスパネルには強烈なヒビ割れが



3_20180729082307e15.jpg

お客様が撮影されたお写真です

ご覧のように液晶パネルを保護するガラスパネルがひどくヒビ割れているのがお分かりになるかと

尚今回の破損は荷物運搬中の運送会社様の過失ということで、「修理費用」「現状復帰費用」含め全て

運送会社請求となっております。


当店にはこれまでも多くの運送会社様、引っ越し業者様より輸送中の事故によるPCの修理依頼を多くいただいております。

とりわけ引っ越しや異動の繁忙期となる3月〜4月の時期にこのようなヒューマンエラーが多く発生する傾向があるようです。

作業に慣れないアルバイトさんや短期スタッフさんがやらかすことが多いようです

今回はiMacを運送会社様が推奨する専用BOXで梱包したにも関わらずこのような事故が起きたことでお客様は非常に

ご立腹。

しかしそこは運送会社様

このようなケースに備えてしっかり保険に加入されています。

どうしても人の手が加わる以上輸送事故を100%防ぐことは困難です。


貴重品や高額品などは極力ご自分の手で運ばれることをお勧めいたしします


今回作業は郵送ではなくお客様宅にお伺いし行わせていただきました。

郵送により更に余計な衝撃などが加わるのを嫌気したためです。

液晶パネルの交換やガラスパネルの交換などは部材さえあれば現地で対応可能です。


4_2018072908230911f.jpg

ヒビ割れたガラスパネルを撤去したところです。

割れたガラスパネルで怪我などせぬよう細心の注意を図ります。

診断の結果

破損したのはガラスパネルのみで、液晶パネル側にはダメージはありませんでした。

これにはお客様も思わず唸りました。

訪問による初期診断を済ませ交換が必要なガラスパネルの発注を行います。

iMacのガラスパネルは国内に在庫が潤沢にありますので納期はそれほど掛かりません。

※参考までに部材手配後、平均中4日程度で納品可能です。

5_20180729082309929.jpg

国内より手配したiMac用のガラスパネル

21.5インチ用ということでやや重量がございます。



6_20180729082312111.jpg

ガラスパネルの交換も済ませ最後の動作確認の瞬間です。

お客様ご自身で電源を 『オン』 していただき特別感を演出

ガラスパネルに交換されたことでまるで新品のような輝きを放つiMac

お客様も(ニッコリ


今回は運送会社様の輸送事故のためお客様のご負担はございません。

しかし荷造りや梱包方法が運送会社様の定める条件を満たしていない場合は補償適用外となることも。

当店まで郵送修理を希望されるお客様には念を押してお願いしておりますが、可能な限りPCが梱包されていた

元箱での発送を推奨いたします。

「元箱が無いよ!」

というお客様は運送会社様の指示に従い適切な荷造りをしていただけますよう改めてお願い申し上げます。

修理のため到着したPCがさらなるダメージを負い修理費用が増すことのないようご協力何卒よろしくお願いいたします。


参考までに今回発生した費用です。

作業料 6,300円   

再訪料 2,100円

交換用ガラスパネル代 (21.5インチ用)  12,960円  

割引  -1,000円

合計  20,360円

作業時間60分以内時の料金となります。


荷物運搬中の予想外のアクシデントによるPCの故障や破損にお困りのお客様や運送会社様

お困りの際はパソコンサポートPCわんだまで気兼ねなくご相談ください。

メーカー様修理とは違い内部のデータを失うことなく対応することが可能です。






作業も終わり時計をみたら丁度お昼どき

「 腹が減っては何とやら 」 

という訳で市内でお昼を取ることにしました。

矢板市日光市にも近いことから蕎麦処としても知られております。

という訳でお昼は蕎麦をいただくことに決定。

期待に胸ふくらませ向かったのは

” ともなりそば処信生庵 ” さん


3981.jpg

通りからも目立つお店の看板

「 ともなりくん 」 こと塩谷朝業(しおのやともなり)公ゆかりの川崎城跡公園のすぐ目の前「 自然観察ふれあい広場 」 

の一角にある蕎麦処です。 


3982.jpg

お店の正面外観

背後に見えるのは川崎城があったとされる山になります。

ちなみにお店の名の由来はかつてこの地を治めていた塩谷朝業公が出家した際に信生法師(しんしょうほうし)

名乗ったことからだそうな。


3983.jpg

地元矢板産のそば粉を使用し、出汁に添加物を一切使わないというこだわりよう

期待に目を輝かせながら暖簾をくぐります。

店内は昼時ということもあり多くのお客さんで座席が埋まっておりました。

こういったときに一人客だと入りづらいのですが、おいしいお店の前ではそのような考えもどこ吹く風


3984.jpg

注文したのは基本に忠実に天ザルです。

天ぷらは種類も多く彩りみどり。

メインの蕎麦はやや硬めでコシが強い感じでした。

健康に良いとされる蕎麦湯もありますので、もちろんいただきました。

なぜこうも美味しい食事の時間はあっという間にすぎてしまうのでしょうか?

不思議でたまりません。

ご馳走様でした。



IMG_0208.jpg

食事も終えて口中に広がる蕎麦香りの余韻も楽しみながらお店の周辺を散策

するとご覧のような水車小屋がありました。

この水車を利用してそば粉を挽いているのでしょうか?

気になります。


IMG_0213.jpg

水車まで近づいてみます。

残念ながら水車は回ってはいませんでしたが、訪れた時間帯が悪かったから?

それとも元々回っていない??

幾つもの疑問を残しながらも次の現場へと向かうのでした。

ラーメンもいいですが、たまにいただく蕎麦もなかなかのものです。

麺類好きとしてはラーメン蕎麦二刀流体制でこれからも望んでいきたいと思います。


ともなりそば処信生庵 (とちぎ旅ネット内紹介ページ)




栃木県矢板市で輸送事故によるiMacMacbookをはじめとするPCの故障や破損、修理で困ったら

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!

line_qrcode.png

友だち追加

2018-06-19 山口県岩国市 LenovoノートPC L570 Windows10 → Windows7へのダウン

なぜか当店への問い合わせおよび修理依頼が多い中国地方

... 一体何があったというのでしょうか?

今回は中国地方最西部の県

山口県岩国市のお客様よりサポートのご依頼をいただきました。

さて岩国市といえば山口県でも最東部

すぐ隣が広島県という立地です。

JR西日本管轄する山陽本線では広島岩国までが広島ティネットワークに指定される間となっております。

このことからも岩国市の人の流れは山口より広島の方が多いことが窺い知れます。

広島シティネットワークとは? (Wikipedia)

また岩国市にある空港の方が広島県西部へのアクセスが良いこともあり、広島へのアクセス空港として機能している点も

見逃せません。



山口県岩国市 (岩国市公式サイト)


ここで恒例のゆるキャラ紹介

岩国市名物である 『 レンコン 』 をモチーフにした愛くるしいキャラ

その名も 「 はあすちゃん 」

頭に咲く蓮の花がチャームポイント

断っておきますがサボテンではありません悪しからず。。。


haasuchan.jpg

岩国市の公式ゆるきゃら 「はあすちゃん」  (岩国市公式観光Webサイト)


   ・

   ・

   ・

   ・


さてお客様より今回ご相談をいただいたのは購入されたノートPCのWindowsOSのダウングレードについてでした。

なんでもネットで購入されたPCをいざ会社で使用したら搭載されていたOSは 「 Windows10 」 

これはこれで良いのですが、困ったことに業務で使用しているソフトウェアが動作しないという問題が発生!!

お客様の希望としては

・使い慣れたWindows7 へダウングレードして欲しい

というものでした。

それでネットで検索されて当店に依頼をされたという次第です。


IMG_3723.jpg

山口県から郵送されてきたノートPC

Lenovo社のメインストーリーム型となる ThinkPad L570 です。

廉価版の 「 ideapad 」 とは異なり ThinkPad はブランド名に大文字が使用されていることが特徴です。



IMG_3724.jpg

こちら ThinkPad L570 ですが型番の僅かな違いにより搭載されているCPU等仕様に変更が生じる点が注意点です。

搭載されているCPU世代によっては下位WindowsOSへのダウングレードができない恐れもございます。

特にWindows7へダウングレードされる際には 第7世代以上のIntelプロセッサを搭載したPCですとサポート外となります。

この点ご注意ください。

※それでも力技でWindows7インストールすることは可能ですが、おススメはしません。


IMG_3725.jpg

それではキーボードに注目!!

赤いボタンのようなものの存在が際立っていますね?

これはPCの出ベソや吹き出物...では無く、トラックポイント と呼ばれるものです。


IMG_3726.jpg

このトラックポイントの搭載はThinkPadシリーズの最大の特徴でもあります。

IBM時代のThinkPadにもしっかりとトラックポイントが搭載れていたので、懐かしいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

このトラックポイントを使用すればトラックパッド以上に作業の効率化を図れるため時間の少ないビジネスマンには非常に

ありがたい機能の一つと言えます。

詳しくは下記Lenovo社のサイトにてトラックポイントの有効な使用方法が解説されています。

トラックポイント・センターボタンの使い方 (Lenovo社公式サイト)


IMG_3727.jpg

PCの電源をオンすると起動してきたのは Windows10 Pro

このまま使用しても良いのですがお客様からのオーダーに従い、Windows7へとダウングレードしていきます。

搭載されていたCPUも第6世代CPU となる 「 Intel Core i5 6200 」 だったためダウングレード自体は特に

問題ありません。

Windows7へのダウングレードを行う前に念の為Windows10リカバリーディスクを作成しておきます。

後々Windows10で使用されたいという時にこの作成したディスクが効いてくるのです。


IMG_3728.jpg

用意したWindwos7 Pro インストールディスクからOSクリーンインストールを進めていきます。



IMG_3729.jpg

無事Windows7インストールが終わりました。

但しこの時点では各種ドライバ適用されていませんので、ご覧のように画面表示もどこか虚ろになっています。


IMG_3730.jpg

デバイスマネージャーを参照するとこのように適用されていないドライバの多いこと多いこと。

これをLenovo社のサイトから不足しているドライバダウンロードしてくのです。



IMG_3797.jpg

すべてのドライバ適用するとご覧のように先ほどとは異なり、画面表示も鮮明になりました。

もちろんワイヤレスネットワークなどへの接続も問題無しです。


IMG_3798.jpg

システムのプロパティを参照します。

きちんとOSのエディションが Winodws7 Pro になっているのがお判りいただけると思います。

もしWindows7へのダウングレードをご検討のお客様がいらっしゃれば可能な限り第六世代Intelプロセッサを搭載した

PCを購入されることをおススメいたします。


これにて修理完了となります。


参考までに今回発生した費用です。

OSダウングレード作業料 6,300円 

割引         -1,000円

合計          5,300円

※機器発送時の往復の送料は別途発生いたします。

リカバリーディスク作成費用は無料です。


当店パソコンサポートPCわんだではLenovo社をはじめ海外メーカーのPCのセットアップや修理にも対応いたします。

他社様では修理不可、対応不可であっても諦めることなくお気軽に当店までお問い合わせください。




さて今回話題に上った山口県岩国市

岩国市といえばなんと言っても錦帯橋の存在でしょう。

岩国と聞いてほとんどの方がイメージする位のネームインパクトを持っています。

今回はこの機会に少しでも岩国市に興味を持っていただけたらと思い当店スタッフの友人が錦帯橋巡りをしてきた際の

画像をさぁっと紹介いたします。


日本三名橋の一つ ” 錦帯橋

歴史感ずる木造の5連アーチが魅力の橋でございます。


IMG_9891.jpg

錦帯橋は錦川に架かる橋で、その先の小高い山の上には岩国城天守があります。

ちなみに錦帯橋はこの地を治めていた岩国藩主吉川広嘉公によって建造されました。

そもそもの建造の理由は岩国城城下町を結ぶための物だったそうです。

しかしながら錦川は氾濫を起すため何度も造り直し現在のような5連アーチの形になったようです。

諸説ありますが

凌雲橋(りょううんばし)」 「五竜橋(ごりゅうばし)」 「帯雲橋(たいうんばし)」 「算盤橋(そろばんばし)

などとも呼ばれていたとも言われております。


IMG_9894.jpg

錦川の水位が低いとご覧のように橋脚の部分まで足を運ぶことが可能です。

石垣によって造られた橋脚は風情がありとてもドラマティック。


IMG_9896.jpg

錦帯橋を渡るには入橋券を購入する必要があります。

往復で大人300円 (子供は150円)

その先の岩国城まで足を運ばれる場合はロープウェイまでセットになった券を購入したほうがお得です。

※この橋は歩行者専用のため車は通行出きません。


IMG_9903.jpg

錦帯橋の橋の中腹から北側 ” 岩国 ” 方面を眺めた図です。

小雨の降る天気だったため青空を見ることは出来なかったそうですが、靄の掛かったこういったシーンも

旅情が感じられ私は好きです。


IMG_9911.jpg

錦帯橋の手前側、奥のアーチ下はご覧のような木製の橋脚を見ることが出ます。

これだけの橋脚を造るのには多くの技術と時間が使われたことでしょう。

土木技術の発達した現代においても橋を造るのは一筋縄ではいきません。

錦帯橋台風や水害で何度も橋脚の流出などの被害にあってきました。

そのたびに何度も架け替えが行われておりまるで不死鳥の如く蘇ってきたのです。

※現在の錦帯橋は2005年に復旧工事が行われたものになります。

日本が誇る近代技術の傑作として将来に残していきたい遺産 「錦帯橋 」

岩国へお越しの際には是非ともその5連アーチの放つ空間美をご堪能ください。

 

錦帯橋 (岩国市公式サイト内錦帯橋紹介ページ)



錦帯橋を渡りロープウェイで山頂を目指すと岩国城に到着します。

岩国城は典型的な山城で、標高200mもの山頂部に天守を構え、目の前を流れる錦川を天然の堀に見立てた

天然要塞でもありました。

...しかし悲劇の城としても知られます。

初代岩国領主だった吉川広家(きっかわひろいえ)公によって慶長13年 (1608年) に築城された岩国城ですが、

その後の一国一城制により

 な・な・なんと!? 取り壊されてしまったのです。

しかも築城から僅か8年程度で...

そんな岩国城復興天守として内部は博物館として公開されております。


IMG_9951.jpg

ロープウェイの駅から坂道を登ること約10分

岩国城の入口が見えてきます。


IMG_9954.jpg

橋を渡ると眼前には立派な白壁に塗られた天守閣が見えてきます。

こちらが岩国城

三層四階の桃山南蛮造りが特徴の天守は、見る人の目を奪うほどの荘厳さを解き放っております。

ちなみに現在の天守は昭和37 (1962)年に再建されました。

IMG_9960.jpg

天守閣最上階からの眺め

霧が発生しており、かつての城下町を綺麗に見ることは出来なかったようですが、これはこれでアリだと思います。

かえって視界が遮られていることで神秘さが増しています。


IMG_9957.jpg

天守閣を見終えて最後に城の全景を撮影

どうでしょう?

 気になりませんか?

天守の3階部分が階下より張り出しているのがお判りでしょうか?

この作りが南蛮づくり(唐づくり)と言われる建築用法です。

全国でもこのような造りのお城は岩国城をおいて草々お目に架かれないとお聞きしました。


錦帯橋 に 岩国城

見どころ満載の山口県岩国市

広島宮島からも近いのでセットで周遊されると面白いかもしれません。


岩国城 (岩国旅の架け橋 岩国市公式観光サイト内)


山口県岩国市Lenovo製PCのWindowsOSのダウングレードで困ったら

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ

LINEの友だち追加でお得なクーポンや特典をゲット!

line_qrcode.png

友だち追加

2018-06-11 山形県酒田市 iMac MC813J/A (mid2010) 表示に不具合ありの液晶パネ

中学校の歴史の授業で習うかと思うのですが

「 西の堺  、 東の酒田 」

室町江戸時代において、どちらも日本を代表する港町かつ商人の町としてそれはそれは賑わったそうです。

今回は 「 東の酒田 」 こと山形県酒田市にお住いのお客様より修理のご依頼をいただきました。

− 酒田市 −

山形県日本海側に位置し、庄内地方の中心都市にもなっております。

人口は県内第3位

※第2位は同じく庄内地方鶴岡市

 こういった場合に多いライバル関係は無く、お隣の鶴岡市との関係は良好なんだそうです。

山形県酒田市 (酒田市公式サイト)

海に近い立地から海産物はどれも絶品です。

なかでも日本海で水揚げされた魚介類をふんだんに使った海鮮丼は内外に大人気!

なんとも海無し県である栃木県からすれば贅沢な話です。


余談ですが山形県には自動車のナンバーが2つ存在します。

ここ庄内地方は「 庄内 」 ナンバーが付与されています。



ここで恒例のゆるキャラ紹介

酒田市ゆるキャラこと公認マスコットキャラクター 

「 もしぇのん 」  と 「  あののん 」

珍しい二人組のゆるキャラです。

moshenon-anonon.jpg

並び順が逆ですが

赤獅子をかぶった左側が 「 あののん 」 

黒獅子をかぶった右側が 「 あしぇのん 」 

になります。

名の由来ですが

赤獅子「 あののん 」 は話を切り出す時の 「あのの(あのね)」

黒獅子「 もしぇのん 」 は 「おもしぇ(おもしろい)」 から

方言恐るべし!!

またデザインにも利用されている赤獅子と黒獅子ですが、酒田まつりのシンボル大獅子に由来しているそうです。

二人とも大変ラブリーでペットにいたら飼いたいぐらい



・  ・  ・

  ・   ・   ・

   ・   ・   ・

さて舵を本題の修理の話に切らせていただきます。

今回修理のご依頼をくださったお客様が愛用のPCはApple社のiMacでした。

お客様は趣味でイラストの製作をされており、そのためにiMacを購入されたそうです。

イラストやデザインの製作などクリエイティブな作業をされている方に大好評のPC iMac


今回発生したトラブルの内容は画面の表示がおかしい

画面左下にノイズが入ってしまうというものでした。


酒田市は遠方ですから該当機器を郵送にて当店までお送りいただきました。


IMG_2958.jpg

お送りいただいたiMac MC813J/A (Mid2010)

2010年製のiMacになります。

注視してみると画面左下が薄暗くなっているのが分かります。

IMG_2960.jpg

問題個所を拡大してみました。

気が付きましたでしょうか?

ディスプレイの表示がやや黒ずんでいます。

お客様曰く

「日に日に症状が悪化してきたため早めに修理を依頼した」

と仰っておりました。

症状から推測するに液晶パネル側の問題であると考えられます。


IMG_3022.jpg

劣化した液晶パネルを交換するために前面のガラスパネルを取り外します。

取りはずす際は裏側が磁石で固定されているため専用の器具が必要になります。

くれぐれも力任せに引き剥がすことのないようご注意ください。

ガラスパネルですから簡単に割れてしまいます。


IMG_3023.jpg

ガラスパネルを取り外すと、液晶パネルが顔を覗かせます。

液晶パネルはご覧のような星形の形状をしたネジが使用されています。

やはりこちらも取り外しには専用の工具が必要になります。


IMG_3024.jpg

IMG_3025.jpg

液晶パネル取り外し後、内部の基盤やボードが確認できるようになります。

ここで液晶パネルの取り外しにあたりパネルとロジックボードを接続している信合線などを予め取り外していく必要があります。

デリケートな部品ですので慎重に取り外していきましょう。


IMG_3026.jpg

液晶パネルと電源ユニットを結ぶケーブルです。

電源ユニットは非常に熱を帯びていますので、火傷などされぬようご注意ください!


IMG_3027.jpg

液晶パネルを取り外した後のパネル裏側の様子。

中央に見えるのはHDD、画面右下に見えるのがロジックボード、左上が電源ユニットとグラフィックボードになります。


IMG_3028.jpg

慎重に慎重に取り外した正面のガラスパネル。

こちらをうっかり割ってしまうと修理費用が余計に掛かることになります。

取り外しに自信が無いというお客様は当店まで気兼ねなくご相談ください。


IMG_3029.jpg

取りはずした問題の液晶パネル。

通電していないためパッと見が異常があるとは思えません。


IMG_3030.jpg

取り寄せた液晶パネル(新品)です。

見えづらいですが新品のパネルということで、正面はフィルムで保護されています。

iMacの液晶パネルは重量がありますので扱いの際は慎重に慎重に。。。

元の場所へと添え付けていきます。

IMG_3032.jpg

パネル交換を済ませ念のために動作試験を行います。

いざという時のために備えガラスパネルの取付はここではまだ我慢です。


IMG_3036.jpg

無事画面表示もなされ、これまで発生していた左下の曇りも綺麗に無くなっているのがお判りになるかと。

この後数回起動⇒再起動 を行い問題ないことを確認し最後の仕上げにガラスパネルを組み戻していきます。

このガラスパネルがまた力の加減によっては簡単に割れてしまうのです。

うっかりミスをしないよう最後まで石橋を叩いて渡るかの如く、ガラスパネルは間違っても叩かぬように仕上げ作業を行います。

これにて修理完了となります。


参考までに今回発生した費用です。

液晶パネル交換作業料    8,400円

交換用液晶パネル機器代   48,600円 

割引           -1,000円

合計           56,000円

※機器発送時の往復の送料は別途発生いたします。

iMacなど大型の機器を発送していただく際は可能な限り商品元箱に梱包の上

 発送していただくことを推奨させていただきます。

 梱包が不十分ですと郵送中にひび割れなどが起きてしまうこともございます。


当店パソコンサポートPCわんだではApple社のiMacMacbookMacbook Pro すべての修理に対応いたします。

他社様では修理不可、対応不可であっても諦めることなくお気軽に当店までお問い合わせください。



無事作業も終わったので酒田市の思い出について語らせていただきます。

それは3年ほど前に訪れた山形県日本海側に面した庄内地方

この界隈の自動車のナンバーは勿論 「 庄内 」 です。

私の地元栃木でもたまに見かけるナンバー。

意外と山形ナンバーより多く見かけるのは気のせいでしょうか?


さて江戸時代においては米の石高(生産量)の大小で、その藩の優劣や力の序列などが決定づけられて参りました。

なかでも石川県金沢市の 「 加賀百万石 」 はよく耳にしますよね?


現代においても東北地方は日本有数の米どころでございます。

それはここ山形県庄内地方においても例外ではありません。

長らく米は日本人の主食でしたが、最近では麺やパンなどの小麦製品に押され気味でコメの消費量

下降気味なのだそうな。。。

※かくいう私も朝食はもっぱらパン食に

内外へ出荷する米を如何に品質を維持しつつ保管させるかというのも重要な問題だったそうです。

そんな折明治時代にかつての庄内藩主である酒井氏 (※酒田氏ではありません) ら有志の手によって造られたのが

現在の 「 山居倉庫 」 なのです。


最上川の河口、酒田港にも近く船への積み出しに適した立地


そんな山居倉庫へ行って参りました。

酒田市までは宇都宮からだと車で約4時間越えの長旅になります。

早く山形県内の高速道路が全通することを願うばかりです。


IMG_4893.jpg

最上川の河口、そして酒田港にも近い山居倉庫

現物を見るまではもっとスケールの小さいものをイメージしていたのですが実際はその倉庫の数に驚かされました。

倉庫というより倉庫群といった方がいいかもしれません。

一歩足を踏み入れればそこは倉庫群の中

現役で使用されているというのですから二度驚きです。

IMG_4894.jpg

倉庫群に入ってすぐ目に入る小型の舟

「 小鵜飼船 (こうがいぶね) 」

かつてはこの船で倉庫から積み荷を運搬していたそうですが、現在は展示のみ


IMG_4897.jpg

蔵の街のような出立が続く山居倉庫

当時から続く佇まいが現役で使用されているという異種な空間

なんだかタイムスリップしたような感じになれます。

このような場所で日の出や沈む夕日を見たらさぞかし映えるに違いありません。

あとから気が付いたのですが、倉庫の屋根が二重構造になっておりました。

これは風通しを良くし倉庫内の米の品質を維持するために造られた仕様のようです。



IMG_4898.jpg

しばし進むと対岸へと渡る橋が見えてきます。

もちろん実際に渡れますのでここから市街へ移動することもできる訳です。

歩行者専用の橋なのでゆっくりと休むことができました。

尚この橋の架かる川は最上川ではなく新井田川になります。



IMG_4899.jpg

橋から眺める新井田川

こちらは海側とは反対の画像になります。

空がどんよりと曇っていたのが少々残。

これも年間を通じ曇りの日が多いの日本海側ならではといったところ。


IMG_4900.jpg

こちらは酒田港側を見たところです。

嬉しいことにこちらは僅かに青空が雲の隙間から見え隠れしておりました。


橋から眺める構図も中々なものです。


そしてやって参りました。

当山居倉庫でも一番人気のケヤキ並木

IMG_4901.jpg

NHKの連続朝の連続TV小説 「 おしん 」 の舞台にもなったこのケヤキ並木

樹齢150年以上、36本が連なるケヤキ並木は見ごたえ十分です。

歩いているだけでドラマのあのシーンが脳裏に再現されそうでした。

元々このケヤキ並木は見映えのためでは無く、日本海からの強風を防ぐ目的を担っております。

吹き付ける強風から倉庫を守るために植林されたそうです。

なるほどためになります。



IMG_4906.jpg

黒い壁が続く山居倉庫

並行して続くケヤキの並木との織り成すコントラストがこれまた格別。

秋の季節などでは紅葉と相まってそれはそれはドラマチックな光景がそこには広がるため多くの観光客で大混雑

するようです。

※実際に紅葉を見に行った方の口コミを伺うと

 「人を見に来たのか紅葉を見に来たのか分からないほど」 と仰ってました。


IMG_4907.jpg

ケヤキ並木に面してオシャレなオープンテラスもあります。

倉庫に合わせて黒に合わせたコントラスト感あふれる空間美

ここでいただくコーヒーはさぞ美味しく感じられることでしょう。

立ち並ぶケヤキの木を保護するために張られた床面にも工夫がなされています。

ぜひとも後世に残していただきたい場所だけにこういった配慮は訪れるものとしては嬉しいですよね

多くの人で賑わう港町 「東の酒田」 は今でも健在のようです。


山居倉庫は 『 やまがた景観物語〜おすすめビューポイント33 』 に選ばれています。

やまがた景観物語 (公式サイト)



山居倉庫 (酒田さんぽ:酒田市観光物産協会公式サイト)


山形県酒田市iMacMacbookの液晶パネルの表示トラブルやグラフィックボードの故障で困ったら

栃木県宇都宮市のパソコン修理はパソコンサポートPCわんだ